• 締切済み
  • すぐに回答を!

真円度(5角形)不良について

ワークが五角形の形状が発生しています。 芯高・ブレードの磨耗等すべて見ましたが再現せず 調整砥石の回転数が77rpmの時のみ五角形形状が発生してその他の回転数を早くしても遅くしても五角形形状が発生しません。 他の質問で研削砥石の回転数/ワーク回転数=5の場合発生するとあったのですが、なぜ5角形が発生するのでしょうか? 研削砥石との同期で発生すると書いてあったんですが同期の意味も教えて下さい。 (研削砥石の回転数1666rpm)(ワーク径8.3?)(調整砥石77rpm) すみません。言い忘れました・・・。 センタレス研削盤で 研削砥石の外径473?・調整砥石の外径246?です。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3121
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

解決致しましたか? しない場合、再度調整砥石の修正を行って下さい。 完全に修正しきれていない場合があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

センターレスの加工では、以前ころがし研作と言いました。 調整砥石で加工品を転がしながら研作する事からですが、一定回転で調整砥石を回転し加工を進めてきますと、調整砥石の磨耗や目詰まりが発生し加工品がスリップし回転不良となります。 この回転不良は、調整砥石の回転速度を変える事でスリップの状態が変る事から変化します。 現在の取り扱い説明書や原理等を記載した本等には、あまり詳しく書いてない場合が多いのですが、古い機械の取り扱い説明書には、大変詳しく書いたものがありました。 特にセンターレスの原理や不具合時の対処方に付いてはミクロン精密の取り扱い説明書に詳しく書いてありましたが、年々各メーカーの取り扱い説明書の内容が簡略されていますね。 私もセンターレス研磨機を使用しピンゲージ加工を始めた時に大変苦労致しましたこの時に各機械メーカーのサービスの方のアドバイスや独自で研究しています。 又、現在でもミクロン精密では、テクニカルサービスにてアドバイス等を提供してくださいます、私も現在協力会社と共に台湾製のセンターレスに日本メーカーと同等の機械精度補償を付け販売を行なっている事から、常々からお問合せがある疑問や加工方法等にお答えしていますので何時でも御連絡くださればと思います。 計算式の御話しがありましたので、一部御紹介します。 送り速度 F=πDr Nsina Dr=調整砥石直径 m N= 調整砥石回転数 r.p.m    a=送り角度    度 一分間当りの研作量 Vt=F X πDw X △d/2 cm3/min Dw=加工物直径  △d=研作代 砥石磨耗 △dg=DwX△d/2XLXn/DGXBX GrX0.8 L=加工物長さ  mm  n=研削個数 DG=研削砥石直径 mm  Gr=研削比   B=研削砥石巾  mm 加工物1回転当りの研削量 △dt=DwXf/DrX60mm/rev ドレスリードとドレスタイム ドレス巾/ドレスリードX砥石軸回転数X60sec 以上となります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

0.15の取り代の場合、送り角度が不足しています。 調整砥石の上に調整砥石修正装置があります、この角度で調整砥石の鼓の形状が変わるのですが、この角度が1度とした場合、御社の加工物の場合 2.5度~3度前後の送り角度となります。 現在御社の場合送り角が緩い事から両砥石軸に負荷が掛り砥石軸の逃げや加工物の回転不良が発生していると思われます。 特に、一台の機械で仕上げや粗研磨を行なう場合、加工取り代に応じて送り角度の変更が必要です。 ご心配の送り速度ですが、上記の加工条件が良好の場合には、毎分6メートル位の速度までは問題無く加工が可能です。 日進タイプで静圧軸受けの場合を除きますが、静圧軸受けは重研作に不向きの機械です、しかし御社の加工品の直径程度では問題は少ないと考えます。 研削砥石と加工品の回転数が同期した場合も発生しますがこの場合、考えられない四角型の芯円となる場合があります。 私の経験から御話し致しますと、一般的に使用する調整砥石の場合加工量を多くする目的等で調整砥石の修正をあまり行わない場合に、芯円不良になり思い付く事を全ておこなっても改善しないと言う場合がありますが、この場合調整砥石の修正が完全で無い場合が多くあります。 ドレスインターバルを延ばす方法は、調整砥石の変更が一番です。 ノートン(旧クレノートン)が販売している高精度用調整砥石のZAに変えるとRの調整砥石の倍位ドレスインターバルを延ばす事が可能です。 又一般的に150番を使用していますが、180や220番に変える事で加工品の仕上がり面が変わります。 何か他に不明の事が有りましたら御連絡下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

センターレス研磨機で加工の場合三角、五角、七角・・・と少しずつ円に近づきます。 心円不良の原因として下記原因があります。 1 調整砥石軸の振れ 2 調整砥石の修正不良 3 芯高の不足 等が一番の原因となります。 芯高は、砥石軸の中心から加工品の中心までの高さです。 以前は、加工物の半径と言う状態でしたが、現在は半径プラス4mmが一般的です。(ミクロン製砥石の場合は構造が違う事から上記は当てはまりません) 加工品が特殊形状の場合、研作液のかかり方によっても変化します。 一般的に研作液は、砥石の目詰まりと加工品の焼けを防止する目的で使用する事から全開にして使用する場合が多いのですが、これは間違いと言えます。 必要以上に研作液があるとこの影響で心円や円筒が悪くなります。 研作液は、調整砥石側に向け適量でOKです。 加工品が2mm以下の場合、上記芯高では無く加工物の半径です。 1mm以下0.06mmの場合等では、加工物の半径でも砥石や調整砥石がブレードに当り加工できない場合が有る事から中心と同等にする場合がありますが、細物の場合、調整砥石が一回転すると太物と比較すると多く回転することから芯円が悪くなる事は少ないと言えます。 加工条件に問題無いと思われる場合。 調整砥石の修正不良や軸振れがあります。 調整砥石のスライドにガタが無いか確認してガタが有る場合、剃刀の調整を行って下さい。 停止研磨加工の場合は、剃刀調整では改善不可能の場合がありますので修理が必要です。 スライド面の確認調整が完了したら、調整砥石の修正用ダイヤの確認を行い鋭角で有るか調べ少しでも丸みが有る場合、新品に交換してください。 調整砥石の修正では、最後の仕上げは、0カットで行なう事でよりいっそう正確に修正が可能となります。 以上を確認し加工を行なった時にまだ不具合が解消しない場合、軸の振れや メタル軸受け機械の場合、軸とメタルの隙間が大きい等から軸が加工時に逃げる等の原因から不具合が発生する場合があります。 御社のセンターレスメーカーや加工条件(調整砥石の修正角度(鼓角度)、送り角度、製品の形状及び直径、材質、加工代等)をお聞かせ下さればもう少しアドバイスは可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 日進機械様のスルータイプです。取りしろ0.15?で全長12?外径8.16?材質はSUM22の鉄です。送り角度は2度です。 調整砥石の回転数は関係ないのでしょうか? 研削砥石とワーク回転数が同期したときにも発生するのでしょうか? 5角形になる計算式もあるのでしょうか? お礼なのに、また質問してすみません。5角形になるメカニズムが本当にわからなく困っています。 何度もすみません。回答ありがとうございます。 送り角度2.5度でした。 これまた不思議なのですが、8500個ワークを加工した後、 見事に調整砥石が77回転のとき15μ~30μの五角形がはっきりでるんですよ。その後回転数を遅くしても、早くしても2μ前後のものしか発生しません。やっぱり回転数が関係しているような・・・・!?。 いろいろトライしました。芯高・段取り等・・・やっぱり出ません。 何度もすみません。同期の件もう少しくわしく教えて頂けませんか?

関連するQ&A

  • ミクロンセンタ-レス研磨機 真円度不良5角形 

    ワークの5角形真円度不良で困っています。 研削条件が 60、80番の混粒砥石 加工物Φ11.06~Φ11.08 取り代方肉 0.008~0.023 砥石回転数1250rpm調整車砥石100rpm 日に30000万こ加工して全部真円不良ではなく中に50本前後5角形不良がでており非常に困っております。 良品ですと2μ程度の真円ですが5角形ですと10~40μ程の物が発生しています。 ブレードの交換などで発生工数は現象した様に思えましたが。 未だに発生しています。 まだまだセンターレス研磨機の加工技術が未熟のためご指導アドバイスいただけましたら幸いです。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • センタレス加工の件で。

    センタレス加工(プランジ加工)の件でお聞きしたいことがあります。ブレードの上にワークを乗せた時にワークは調整砥石との接触によって回転するものなのでしょうか?社内でφ14前後のワークをセンタレス加工で行うテストをしましたがワークは回転せずに研削砥石が接触してからワークが回転している状況のようです。一応研削されて真円度も悪くはないのですが、これで正常なのか気になりまして質問させて頂きました。もし調整砥石に接触した場合に回転するのが当たり前ならどこをどのように調整(調整砥石の仕様?ブレードの仕様?)すればよいかなどご教授ください。ブレードは超硬。角度30℃。ワーク材質ハイス熱処理品。φ14長さ100。

  • 真円度形状(花びら状)について

    旋盤加工で加工ワークの真円度が花びら状になります。 真円度としては、1~2ミクロン程度で良好ですが、更なる精度向上を目指すため、この山/谷を小さくするために有効な方法についてアドバイスをお願いします。 また、研削盤では、砥石スピンドルとワークスピンドルの共振で花びら形状が発生すると、本HPで見ましたが、今回はワーク回転、工具は固定バイトです。一般的に発生要因として考えられる点についても、アドバイスをお願いします。

  • センタレス外径研削機のブレード破損にて

    軸受けの外径研削にセンタレス機を使ってます。ワークがすきまなく連続に供給されれば良いのですが、すきまが出来てしまうことがあります。  その際ワークが倒れるなどして、砥石間にあるブレードが破損することがあります。磨耗性を上げるため、超硬の板を張った物を使ったものが多いのですが、このような理由で修理をするので、たいへん修理代にお金がかかってます。同様の機械を使われてる方はどのようにされてるのでしょうか? 現在の機械の仕様 ?センタレス入り口には2本のローラーがねじれ角をつけれられており、そこにワークを立てて、ローラーを回転させることで連続して入っていく。 ?砥石は600mmほどあり、ブレードも両端で機械に取り付けられており、超硬一枚物で500mmほど厚み2mmの物がロウ付けされてます。    センタレス機は連続して供給されると、寸法も安定するのですが、すきまがあいたのをセンサーで確認出来たとしてサイクルを止めてしまうと、寸法が安定するとは思えません。  よろしくお願いします。

  • センタレス研磨機にて多角形が出て困っています。

    K社センタレス研磨機にて多角形が発生しています。(18角形?) 今まで実施した事は ?調整車ドレスユニットのガタ点検。問題なし。 ?調整車送り停止精度。問題なし。 ?クーラントのかかり方。調整済。 ?調整車砥石振れ確認。最大で15μあったため、スピンドル交換後最大1μ。 ?調整車砥石、研磨砥石交換。 ?調整車回転数29rpm,研磨砥石回転数1022rpm,回転数安定。問題なし。 以上6点行いましたが多角形の大きさは変化したものの基本的には 直っていません。 製造メーカーに問い合わせをしましたが明確な解答ないのが現状です。 何か調査方法等ありましたらご回答頂けると非常に助かります。 よろしく御願い致します。

  • 研削盤 真円度不良について

    アンギュラタイプの円筒研削盤で鍛造品Φ25の車軸を研磨しています。 最近、真円度不良(六画花弁形)が突発的に発生した為調査した結果、 ワーク側主軸の回転ベルトのスリップが原因と解りました。 しかし、ワークの回転ムラと六画花弁形形状の因果関係が解りません。 アドバイスをお願いします。

  • 砥石周速にていて

    研削盤を使い始めて1年になる新人作業員です。先輩に聞いても分からなかったので、この場で質問させて頂くことにしました。どなたか教えてください。ドレス後に砥石径の変化に合わせて砥石回転数がどんどん上がっていきます。周速を一定に保つために実施していると聞きました。そこまでは理解できるのですが、ドレス時の砥石回転数は砥石径が最大径付近であっても最小径付近であっても必ず同じ砥石回転数(砥石最大径時の回転数)になります。ドレス時に砥石周速は関係ないのでしょうか?基本的な事で申し訳ありませんが、本を見ていても記載がありません。どなたか宜しくお願いいたします。

  • ドレス時の砥石周速について

    センタレス研削盤のオペレータです。砥石がドレスで摩耗するたびに砥石回転数をあげていく「周速一定制御」という機能があります。砥石径が小さくなるごとに周速がおそくなるため砥石軸の回転数をあげていく機能だそうです。砥石使用幅で6段階の回転数変換ポイントがあります。その点は理解しますが、例えば砥石径が最小径付近で6速目の回転数になっていたとしても、ドレス時は毎回砥石最大径時の1速目の回転数に戻ります。(ドレスはロータリードレスで回転数は固定。)ドレス時は砥石周速よりも砥石とダイヤの回転数の比が重要になってくるから砥石周速とは関係ない、ということでしょうか? どなたか回答おねがいします。

  • 回転数とインバータについて

    ど素人ですみません。 モータ回転数を定格回転1800rpm(60Hz)のを使用している研削盤に 砥石をつけて回したとき、モータと主軸はカップリングで直結、 無負荷のときと比べたところ、砥石をつけて回したときは3600rpm、 無負荷は1800rpmでした。 インバータは負荷が掛かると回転数が上げる性能を持っているのでしょうか?