• ベストアンサー
  • 困ってます

センタレス研削の基本技術

お世話になります。 このたびセンタレス研削盤を使用することになったのですが、 加工理論や理屈が良くわかりません。 支持刃は何度が良いか、ワークの回転、砥石の回転など、 そこで技術書を探しているのですが、技術書や一般的な 使用方法を提示している本などはあるのでしょうか、 インターネットで検索したらほとんど出てきませんでした。 宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1181
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

携わったとは言えない触った程度で、本を見かけたことは無いです。 それもそのはず、国会図書館の蔵書検索でも僅か2冊しか無い。研削全般の専門書があったとしても、その中で詳しくふれることも無さそう。 1. 心無研磨機 / 秋山武訳 . -- 大観堂 , 昭和17 (N)532 2. センタ-レス研削 / 米津栄著 . -- オ-ム社 , 1953 . -- (OHM文庫) (N)532.5 これ読みます? 国会図書館まで出向かなくとも、市町村の図書館で利用登録して、どうしても読みたいと希望すれば、相談に乗ってくれます。1.は貸出制限があるかもしれない。 あとはメーカ頼みだけど、センタレス研削盤のメーカは中小なので作業教育を実施してるのか心配だが、問合わせされてみては

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 しかし、そんなにマニアックな部類だったとは知りませんでした。 本は諦めて、メーカー等を頼りにしばらくやっていきます。

関連するQ&A

  • センタレス加工の件で。

    センタレス加工(プランジ加工)の件でお聞きしたいことがあります。ブレードの上にワークを乗せた時にワークは調整砥石との接触によって回転するものなのでしょうか?社内でφ14前後のワークをセンタレス加工で行うテストをしましたがワークは回転せずに研削砥石が接触してからワークが回転している状況のようです。一応研削されて真円度も悪くはないのですが、これで正常なのか気になりまして質問させて頂きました。もし調整砥石に接触した場合に回転するのが当たり前ならどこをどのように調整(調整砥石の仕様?ブレードの仕様?)すればよいかなどご教授ください。ブレードは超硬。角度30℃。ワーク材質ハイス熱処理品。φ14長さ100。

  • センタレス研削のワークの芯高について

    センタレス研削盤で硬質クロムメッキ後に軸軽φ16に研削加工(停止研削)を行ってますが、真円度が悪くなります。(3点マイクロで測定して5ミクロンですが、リングゲージに入れると通らない)研削砥石と調整車の芯高とワークの芯高が影響しているように思いますが、芯高の影響を教えて頂けないでしょうか。芯高が低い場合、芯高が高い場合の真円度にどの様な影響がでるのか、また、適正なワークの芯高の決め方をご教示お願いします。研削盤の砥石径は405mm、調整車は250mm位です。現在職人が2名おりますが芯高についての知識が殆ど無いために困っております。宜しくお願いします。

  • センタレス外径研削機のブレード破損にて

    軸受けの外径研削にセンタレス機を使ってます。ワークがすきまなく連続に供給されれば良いのですが、すきまが出来てしまうことがあります。  その際ワークが倒れるなどして、砥石間にあるブレードが破損することがあります。磨耗性を上げるため、超硬の板を張った物を使ったものが多いのですが、このような理由で修理をするので、たいへん修理代にお金がかかってます。同様の機械を使われてる方はどのようにされてるのでしょうか? 現在の機械の仕様 ?センタレス入り口には2本のローラーがねじれ角をつけれられており、そこにワークを立てて、ローラーを回転させることで連続して入っていく。 ?砥石は600mmほどあり、ブレードも両端で機械に取り付けられており、超硬一枚物で500mmほど厚み2mmの物がロウ付けされてます。    センタレス機は連続して供給されると、寸法も安定するのですが、すきまがあいたのをセンサーで確認出来たとしてサイクルを止めてしまうと、寸法が安定するとは思えません。  よろしくお願いします。

  • ミクロンセンタ-レス研磨機 真円度不良5角形 

    ワークの5角形真円度不良で困っています。 研削条件が 60、80番の混粒砥石 加工物Φ11.06~Φ11.08 取り代方肉 0.008~0.023 砥石回転数1250rpm調整車砥石100rpm 日に30000万こ加工して全部真円不良ではなく中に50本前後5角形不良がでており非常に困っております。 良品ですと2μ程度の真円ですが5角形ですと10~40μ程の物が発生しています。 ブレードの交換などで発生工数は現象した様に思えましたが。 未だに発生しています。 まだまだセンターレス研磨機の加工技術が未熟のためご指導アドバイスいただけましたら幸いです。

  • センタレス研削でのワークキズ

    センタレス・スルーフィード研削でФ33、L=80の円筒状の物を加工することになりましたが、出口側でワークが停滞した時に調整砥石が当たり擦りキズのようなものが入ってしまいます。なるべく停滞しないよう連続加工していますが、少しでも停滞すると擦りキズが入ってしまいます。スウィベルで角度調整をすると直る時もありますが、今度はワークが鼓型などになり円筒度が悪くなってしまいます。 会社で初めてスルーフィード研削を行なうため全くノウハウがなく困っています。頂角・修正角を変えて調整車の形状を変更すれば良くなるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?また、もし変更するならばどの程度変更すれば良いものなのでしょうか? 皆様のアドバイスをお願い致します。 因みに加工は仕上げ研(前加工で荒研有)で取り代が10μm程度です。 出口側のガイドは調整車とほぼ平行です。

  • センタレス・インフィード研削のツヅミ形状

    最近、センタレス研削を始めましたが、インフィード研削で研削面がツヅミ形状になってしまいます。取り代(0.08~0.18mm)が多いのが原因の一つだと思うのですが、加工物によってはドレス直後はツヅミ形状でも加工していくうちに直ったりします。先輩に聞いても『わからないけど、公差内に入ってるから問題ない』と言われますが、何か納得できずに悩んでいます。スルーフィードだと傾斜角や修正角で直ると聞いていますが、インフィードでも有効なのでしょうか? 因みに砥石はセラミック系の物を使用し、加工物はSCMです。

  • 両頭研削盤の面粗さ

    両頭研削盤の面粗さについて質問です 現在両頭研削盤を用いて加工を行っておりますが上砥石での加工面はRa0.1~0.2と非常に良い面粗さです しかし下砥石での加工面はRa0.25~0.35と上下で大きな差があります 下砥石側の面粗さも上砥石側と同じレベルにしたく加工のテストを実施していますがなかなかうまくいきません アドバイスいただけたらと思います 〈加工条件〉 砥石:CBN砥石(Φ350 番手は270番) 粗研送り:0.6mm/min 精研送り:0.4mm/min 上砥石回転数:1350rpm(反時計回転) 下砥石回転数:1350rpm(時計回転) ワーク回転数:300rpm(反時計回転) ワーク材質:鉄系材料 粗さ規格:Ra0.35 ワーク形状:円盤型で外周側に段差に両頭研削盤で加工を行う 目立て砥石:WA(白い目立て砥石?) 砥石最高回転数:1500rpm 〈テストした気付き事項〉 ・上砥石加工面は目の細かいアヤメ状(クロス目)になっているが下砥石加工面はアヤメ状になっておらず研削目が円周状についており加工面が曇ったような状態になっている ・送りを落としたところ多少粗さがよくなるが研削目の状態は変わらない ・下砥石の回転を1400にあげた場合は研削目が綺麗に円周状になり粗さは悪くなった 逆に回転を1300落とすと研削目はアヤメ状に近づくが太く光沢のある研削目になり粗さは悪くなる 1200にしても1300の時と変わらずな状態 ・粗さ計で形状を見ると下砥石面は上砥石面に比べ凹凸が激しく平面度があまり良くないと思われる ・ドレス直後でもあまり下砥石の状態は変わらない 可能な限り条件と気付き事項を書かせていただきました アドバイスお願いします

  • センタレス研磨でワークが浮いたり、スムーズに送れ…

    センタレス研磨でワークが浮いたり、スムーズに送れなかったりします。 センタレス研磨でφ50x50長の鉄の円筒品を研磨していますが、ワークが浮いたり、スムーズに送れなかったりします。 砥石輪、支持輪、ワークの関係位置(中心位置)や支持輪の傾斜角等々に就いて教えてください。

  • センタレス研磨の理論

    センタレスを使用して約1年になります。セット方法も覚え、ようやく慣れてきました。ただ、会社の後輩など全く使用したことのない人に「センタレス」について説明する際、おおまかな内容は説明できますが、なぜ丸く削れるのかうまく説明できません。計算式等は文献でありますが、計算式ではなく言葉で言い表すのが難しく困っています。自分が理解していないからだとは思いますが。 「砥石と調整車の2点に接触しながら回転して加工されるワークは幾何学上等径ひずみ円になり、芯高(砥石、調整車センターからの高さ)を上げることによってひずみ円が3角、5角と角数が増え円に近くなっていく」という事で理論上あっているのでしょうか?自分でも考えているうちに訳が分からなくなってきました。すごく簡単に言い表すことはできますか? あと、調整車はなぜブレーキをかくなければならないのに、ワークに回される方向に回転するのでしょうか? 自分なりに考えてはいるのですが、私の説明力のなさもあり、苦労しています。どなたかこんな私を助けてください。

  • セラミックの内外面研削について

    新規の仕事でセラミックの研削を構想しているところです。 外面研削についてですが、センターレスでの研削を予定してるので、1パスで作業するとしての取代、精度はどのくらいになるのでしょうか? ダイヤモンド砥石が高価でなかなか前に進みません。どなたか詳しい方いらっしゃいませんか? センターレスの砥石サイズφ610×205です。 ワークの外径がφ16.2±0.002、真円度0.001、円筒度0.002です。 よろしくお願いします。