• 締切済み
  • 困ってます

センタレス・インフィード研削のツヅミ形状

最近、センタレス研削を始めましたが、インフィード研削で研削面がツヅミ形状になってしまいます。取り代(0.08~0.18mm)が多いのが原因の一つだと思うのですが、加工物によってはドレス直後はツヅミ形状でも加工していくうちに直ったりします。先輩に聞いても『わからないけど、公差内に入ってるから問題ない』と言われますが、何か納得できずに悩んでいます。スルーフィードだと傾斜角や修正角で直ると聞いていますが、インフィードでも有効なのでしょうか? 因みに砥石はセラミック系の物を使用し、加工物はSCMです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1093
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんにちわ。 つづみ形状とは中細みと言うことかな?何μ位ですか? スルーでの寸法は容易にでますが停止研削では何μかはバラつきが出ます。 考えられる理由としては、?ドレッサー?ブレード?ローラーです。 ?ドレスは重要です。ダイヤモンドが適正か?弊社でもありましたが、工業用ダイヤモンドなら何処も一緒。安ければと思い痛い目あいました。ドレッサーの条件も色々と試してください。(ドレス切り込み量、ドレス速度) ?ブレードですがどの様なタイプのブレードをお使いですか?また、芯高、砥石との隙間、なども関係してきます。楕円や多角形になるとマイクロメーターで計るとばらつきます。加工したものを旋盤のチャックなどでくわえてダイヤルで見てみてください。変な振り方していませんか? ?ローラーはマメにドレスしていますか?砥石と同じでドレスは大変重要です。 砥石ですがセラミック系はSKHなどの高硬度鋼用などではないでしょうか? 弊社でもバラつき(砥石幅200で2μ位)がでますが、結局は腕でカバーしている状態です。色々とやりかたを工夫してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 つづみ形状とはまさに、中細みのことです。公差20μに対して酷い時は10μ位に(取り代0.18?位)なります。荒研⇒仕上げで取り代を減らして加工すると問題ないのですが、生産性のため一発仕上げをしています。 ?弊社のことなので恐らく安い物を使用しています。ドレス方法も色々試してはいますが改善されません。 ?ブレードは角70°位の物を使用しています。芯高や隙間などはツヅミ形状同様に悩み途中です(聞く人によって回答がバラバラで…)。自分なりに調整している限りでは、ローラー側を広めにすると真円度は良くなりますが、つづみ形状になり易い、狭くするとその逆になるといったところで悪戦苦闘状態です。 ?ローラーのドレスはマメにやっている方だと思います。 砥石やダイヤモンドの選定はは立ち上げ時に(かなり昔だと思います。)機械メーカーさんとの打ち合わせで決めた物だと思います。 わが社も、先輩たちを見ていると結局は腕でカバーしているような状態です。私も、もう少しがんばってみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ドレッサーの調整で改善されると思いますが。 砥石軸と平行にドレスが出来ていなければ砥石はツヅミ形状になります。 停止研削での理論上は 砥石・調整車・ブレード が全て平行が望ましいはずです。 スルーと併用して使う場合はどちらかの設定を犠牲にして 両用 出来る設定にされている為だと思いますが。 センターレスの場合 実際の平行は非常に測定が困難です。 上手く測定出来る治具があれば目盛だけに頼らず調整が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 ドレッサーの調整とは、調整車側のOFFSET位置のことなのでしょうか? 機械メーカーさんの取扱説明書を見るとドレッサーの刃先の位置が目盛の0の位置に来るようにセッティングするように説明されているみたいなのですが(まだよく理解してません)、使用している機械の位置はちょっとズレているような感じです。これが影響しているのでしょか?  ただ、OFFSETの算出方法がわかりません。もしよろしければ、教えていただけませんか? 因みに修正角は0°です。

関連するQ&A

  • センタレス研削でのワークキズ

    センタレス・スルーフィード研削でФ33、L=80の円筒状の物を加工することになりましたが、出口側でワークが停滞した時に調整砥石が当たり擦りキズのようなものが入ってしまいます。なるべく停滞しないよう連続加工していますが、少しでも停滞すると擦りキズが入ってしまいます。スウィベルで角度調整をすると直る時もありますが、今度はワークが鼓型などになり円筒度が悪くなってしまいます。 会社で初めてスルーフィード研削を行なうため全くノウハウがなく困っています。頂角・修正角を変えて調整車の形状を変更すれば良くなるのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?また、もし変更するならばどの程度変更すれば良いものなのでしょうか? 皆様のアドバイスをお願い致します。 因みに加工は仕上げ研(前加工で荒研有)で取り代が10μm程度です。 出口側のガイドは調整車とほぼ平行です。

  • センタレス研削品の円筒度

    はじめまして。インフィード研削機で直径30、長さ700程の丸棒を研削しています。 しかし丸棒の両端から200mm程がテーパー形状(全体的に見ると太鼓形)になってしまいます。 砥石、調整車、両方をドレスしても傾向は変わりません。 何が原因で、また解決策、低減策はありますでしょうか?

  • 平面研削用セラミック砥石について。

    現在、岡本工作機械製平面研削盤PSG-125DX 1997年製を使用して研削加工をしているのですが、新しくかなり硬いワークの研削を行うことになり、砥石メーカーと相談してセラミックと粒を使っている砥石を選定して頂いたのですが、といしのドレススピードをかなり速くして加工するとなんとか削る事は出来るのですが、少しでもドレススピードを遅くすると、研削焼けがあっという間に発生してしまいます。その後、砥石メーカーに相談すると、粒度を変えた物を提案して頂いたのですが、そのセラミック砥石も加工がうまくいきませんでした。弊社の研削加工されている先輩に聞いたら、砥石が機械に合ってないからそうなると言われました。砥石メーカーが、選定した物でも合わないことがあるのでしょうか?しかし、部品納期があるので、現在使用している砥石を使用して加工しているのですが、かなり目こぼれしてしまい、かなり削るのに時間がかかってしまうし、ドレスもかなりの頻度で必要です。加工内容の詳細を記載しますので、同じような加工経験がある方、使われていた砥石を教えて頂きたいです。使用されていた平面研削盤の型式もお願いします。※CBN砥石は金額的に不可能です。加工内容 材質 SK材 油焼入れ SCM材 高周波焼入れ 硬度 HRC60~65 現在のといし 粒度46 と粒PA 結合度 G といしメーカー ノリタケ、テイケン 取り代 0.5~0.8mm 切込み 5ミクロン 是非ともアドバイスをお願い致します。

  • センタレス研削盤の調整砥石摺動台が傾斜している理…

    センタレス研削盤の調整砥石摺動台が傾斜している理由ってなんでしょうか? お世話様です。各メーカーのセンタレス研削盤を拝見していますと割と大型になると調子砥石摺動台に傾斜ついているタイプがあります。同サイズ機で傾斜していないタイプもあります。これらはどのような思想から傾斜しているのでしょうか?性能的に傾斜していない機との差が出てくるものなのでしょうか?

  • センタレスグラインダーでネジ模様のキズが付いてし…

    センタレスグラインダーでネジ模様のキズが付いてしまいます。  いつも勉強させていただいております。 φ25×φ23.8×L400材質SUS305のスルーフィード研削をしております。 タイトルの通り、ネジのようなキズ(たぶん研削焼けだと。)が全体に付いてしまいます。 いくらドレスをしても、ガイドを前後に動かしても付いてしまい、切込みを多く取ろうとすると、すごい音がします。 ただ、スイベルを調整すると、無くなる時があります。しかし取代を多くしたら同様です。 ちなみに別のセンタレスで試しても同様なので、自分の設定が悪いようです。 まだ始めて1年足らずで、よく解ってないところも多いのです。 お忙しいとは思いますが、よろしくお願い致します。 砥石の種類はよく解りませんが、SUS材の加工の実績はあります。 よろしくお願い致します。

  • 研削

    円筒研削盤の加工について  加工ワークはφ30のシャフトです  研削加工時 1ミクロン以下と思われるリードが 発生してしまいます 100%発生ではないのですが ついています 振動によるものなのか ドレスの跡が 転写されてしまうのか わかりません この件について 誰かわかる方がおりましたら  どうぞ ご教授ください 追加 らせん状の形状になってると思われます ドレススピードを上げてやると 肉眼でも確認できます 面粗度がRy1.7くらいです それよりも小さい形状と推測されるのですが 見えないところが わからないにつながっているかな???  砥石形状が転写することは確実ではないかと思われる

  • ゴムをセンタレス加工したとき、端面の盛り上がりを…

    ゴムをセンタレス加工したとき、端面の盛り上がりを押さえたい いつも勉強させていただいております、お世話になっております。 初めての質問ですが、先輩方よろしくお願いします。 私はゴムをセンタレスのスルーフィード方式にて加工しています。 詳しく言いますと、シャフトにゴムがついているものを加工しております。 それで今困っているのが、そのそれぞれのゴムの端面に、盛り上がりと言いますのか「逃げ」が発生しており、それを極力おさえたいのです。 私はセンタレス加工は初心者ですので、いろいろ資料を調べて検証をしてきたのですが、あまり進歩がなく、被材がゴムなだけに仕方ないのかなと半ばあきらめているところです。 自分でやってみたことは、砥石を荒いものに選定・調整車のドレス角度と傾きの条件出し・送り速度・取りしろ・などです。 ちなみに18型で、研削液は水道水です。 あまり情報少ないですが、なにかアドバイスを頂けましたらとても助かります。どうかよろしくお願いします。

  • SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてくだ…

    SCM 430の内径研削に適した砥石を教えてください 旋削加工後に、研削を要する加工があります。 弊社には、研削盤がないので研削は外注に依頼しております。 加工品の材料は支給材で熱処理済みで、材質欄には、4130と 記入されていますのでSCM 430相当材と思って加工しております。 加工品の寸法は外径φ26、内径φ22、全長25.5です。 内径の公差が±0.01で従来は、旋削で仕上げておりましたが 規格外が発生するため研削仕上げに変更いたしました。 要求面粗度は6Sです。 研削仕上げなら問題なく仕上がると思っていたのですが 研削面には砥石の食い込んだ様な跡があったりして期待通りに 仕上がっておりません。 上記の材質、寸法に適した研削砥石を教えていただけないでしょうか? 現在は、砥粒=HV、粒度=80、結合度=J、組織=9、結合剤=Vの砥石を使用されて おりました。

  • センタレス研削のワークの芯高について

    センタレス研削盤で硬質クロムメッキ後に軸軽φ16に研削加工(停止研削)を行ってますが、真円度が悪くなります。(3点マイクロで測定して5ミクロンですが、リングゲージに入れると通らない)研削砥石と調整車の芯高とワークの芯高が影響しているように思いますが、芯高の影響を教えて頂けないでしょうか。芯高が低い場合、芯高が高い場合の真円度にどの様な影響がでるのか、また、適正なワークの芯高の決め方をご教示お願いします。研削盤の砥石径は405mm、調整車は250mm位です。現在職人が2名おりますが芯高についての知識が殆ど無いために困っております。宜しくお願いします。

  • センタレス研削後の寸法変化

    いつもお世話になっております。 S45C調質材をφ12.3→φ12.01±0.002に仕上げます。 1パス目は取しろ0.1残して、2パス目で仕上げます。 上記条件で研削した際、研削直後は寸法に入っていたのですが 出荷前の検査でほとんどがφ12.005位になっていました。 この件は2回目であり、1回目は夏場だったので気温、水温、油の濃度が原因だと思い、今回は気温等の管理をして寸法をまめに見た矢先でした。 以上のことから、その他に原因があると思い相談させていただきました。 砥石、取しろ、材料、研削送り、ドレス等あると思いますが何かお気づきの点があればアドバイスをお願いいたします。 因みにこの寸法公差で真円度が2μでした。 私は取代が大きすぎたかなと思い、条件を変えて試したいと思いますが まずは納期もなく合格品もあるので今から選別したいと思います(涙)。