• 締切済み
  • 困ってます

切削油の選び方

これから、鉄・ステンレスを加工したいのですが、切削油はどのようなものが適しているのでしょうか?旋盤加工の本でも調べてのですが、油性のほうが良いのでしょうか。使い勝手的には水溶性のほうが使いやすさ、経済性からいっても良さそうですし、どうなのでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数4050
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

全てについて限界までは油性を推奨します。 トータルコストとして、油性が優れています。 T自動車では、油性が8割と伝わって来ています。 水溶性は、 機械が錆びます。(水蒸気には防錆力が無いため) 塗料がぼろぼろになります。 機械寿命も短くなります。 室内の諸々のものが錆びます。 毎日、水を補給して、濃度を管理が必要です。 飛散した油剤は腐り、悪臭を放ちます。 一年位で大抵、交換作業となります。 優れていることは、 1リットル当たりの値段が希釈により、安いことではないでしょうか。 予算で仕事をする場合は、メリットです。 火災の危険が無いことです。 油性は、 発煙して仕事をするあたりが限界となります。 火災の危険が増大します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削油教えてください

    水溶性の切削油で旋盤加工をしています。被削材はアルミ、鉄、ステンレス何でもあり。一般的ですが以下の点で悩んでいます。1)手荒れ 2)錆 3)泡立ち  現在は某メーカーのソリュブルタイプで¥15000/18L位の物を使っています。 金に糸目をつけなければ何でもあるらしいけれど、そうもいきません。手荒れなど は個人差があるとはいいますが何か万能な切削油は無いものでしょうか?教えてください。

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

こんにちは、結局何処メーカーの切削油が良いと言ったご意見ばかりでしたので・・・・・・。 せんちゃん様の加工では、被削材それぞれの加工条件が存在します。そこで切削条件にあった切削油を選定しなければいけません。 何故、「小径加工する機械or小径エンドミル加工では油性が良い」とは切削スピードが低いから潤滑性重視ですし、研磨加工のようなスピードが速い加工では冷却性を重視するので水溶性を選定します。 製品宣伝に類似した書き込みは避けるべきではないでしょうか。 こんな感じでいかがでしょうか。 詳細については、再度ご質問下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとう御座います。ご意見参考にさせていただきます。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

切削油の使用目的に工具寿命の延長が有ります。また、切削油の作用に潤滑or冷却かが有ります。つまり潤滑効果によって摩擦熱を抑えるか?冷却によって摩擦熱を抑えるかです。この事から油性の方が効果有りと考えられてます。冷却面で言えば水がもっとも適しているでしょう。性能で言えば油性が良いと思います。しかし、作業環境(床の汚れ等)火災等の懸念から水溶性の採用が増えています。それと、水溶性の性能がアップしてきた背景もあります。  水溶性は腐る!との一面のみを見ていられる方がおりますが、所詮、水と油(互いに反発しあっている物質・・・人のたとえも有る位ですけど、、、)を界面活性剤等(仲裁役)で曲がりなりにも体制を保っているものです。だから酸素に鉄が触れれば酸化(錆びる)・・だから酸素を遮断する目的で防錆をすると同じくバランスを保ってあげる、つまり管理が重要なんです。 個人的には、JIMTOF2006・マシニング機器メーカー・等々の情報から、スイスの加工油メーカー(BlaserSwissLube社)の植物油ベースの水溶性(Vasco1000 or Vasco5000)を提案します。この製品は、アルミからインコネルの材質を、切削でも研削でも使用できる特徴が有る様です。勿論、管理面でのアドバイスもしっかりしてます。成分内容も、危険物質は勿論の事、危ないとの情報が有る物は一切使用していない点も評価できます。なんと言っても、環境・安全は世界水準のヨーロッパ品です。最近はハードディスク向け専用クーラント&マグネシウム加工向けのクーラント等を開発し販売しているとも聞いています。日本国内においては、シェアーは低いようですが、専門家・技能オリンピック参加者の間では評判の製品との事です。つまり、プロフェッショナル向け製品なんでしょうね? 交換方法ですが、このメーカーさんは防腐剤・殺菌剤等を使用しない場合が多く。現行油(殺菌剤・防腐剤タップリ)なのは嫌います。(混ぜると折角のクーラント特長が台無し)  そこで、クリーン剤(洗浄剤)の提供をしてくれるようです。現行油へ添加投入し、通常の業務中に機器洗浄・配管洗浄をして、業務終了後に抜き取りする事で配管内等のバクテリア・カビ等を除去洗浄してくれます。あえて、薄めの共洗い用として新液を入れて循環させれば万全との事です。

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スイスの加工油メーカーですか。そういうのもあるんですね。 油屋さんに聞いてみようと思います。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

汎用ですか? NCですか? バシャバシャかけて冷却したいですか? ブラシでチョンチョンつける位ですか? 個人的には水溶性切削剤は嫌いです。 腐るし、腐らないものは臭いし、腐れば当然臭いし、体に悪いです。 管理もいい加減にしていると、機械や工場にカビが生えます。 防錆剤が添加されていても、鉄は水分があると錆びやすいです。 仕上がりも油の方が綺麗です。 NCで無人運転が多い場合は、水溶性は火災の恐れがありません。 油は切粉から絞り切れません。 水溶性剤も色々あります。 数種類試してみるのが一番です。 世の中は環境問題からドライやセミドライを再評価しています。 植物性の切削油もありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりいろいろ試してみるのが一番なのかな。 ただ、交換の手間が面倒なんですよね。 かいとうありがとうございます。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

面粗さを要求するなら油性がよいですが オールマイティーに使うなら水溶性 中でもエマルションタイプがよいでしょう ステンレスのように切り粉の伸びやすい材料には水溶性の方がよい場合がありますし 切り粉による冷却不足から火災につながる心配も水溶性では少なくなります 刃具寿命は油性、水溶性ではケースバイケースです 何でも無難にこなせる水溶性ではユシロ化学 ユシローケン シンセティック#500があります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います。 ユシロのは使った事がありませんが、調べてみたらユシロの代理店が近くにありました。ちょっと行って聞いてみようと思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

どうもです。Chloeさんがおっしゃてますが、加工内容にもよるとおもいます。(油性よりも水溶性のほうが増えていると思いますが)月並みな回答で申し訳ありませんが、一度、御社のことをよくご存知の信頼の置ける油屋さんに相談されてみてはいかがでしょうか?水溶性でも臭いや肌に対する問題や、腐敗等いろいろアドバイスがいただけるのではないでしょうか?ちなみに弊社ではブラザースイスルーブというところのバスコという水溶性の油を使っています。その前はクエーカーケミカルという会社の水溶性油、その前はタイユという会社の水溶性油でした。変えた理由は油の性能というよりも油屋さんの態度が悪かったり、その他、油と関係の無いところで変わってきたみたいです。(ちなみに弊社でも、SUS,SS、SCM、アルミ等の加工をしております)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとう御座います。 油屋さんに聞いてみようと思います

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

鉄といっても幅広いので例えばSCM435とかFC200とかS45Cとか表した方がいいですよ SUSも鉄の一種です 種類も分かれば書いて下さい 大事なのは取りしろがどれくらいかでしょうね これは発熱量に繋がりますので 粗加工がありドンドン切粉が出るのなら 冷却にすぐれた水溶性クーラントが良いと思います 仕上がりは最適なチップを使えば油性でも水溶性でもそう大きな差は出ないと 思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います。まだまだ素人なものでうまく質問できていません。水溶性のもので試しにやってみます。

関連するQ&A

  • 切削油

    汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?

  • シンセティックタイプなどの切削油とは?

    今は、シンセティックタイプなどの切削油が出回ってる様ですが、性能は如何なんでしょうか?コスト面は?管理方法は?是非、お教え願いたいです。  私どもの会社では、水溶性切削油(エマルジョンタイプ)を使用しています。大隈のCNC旋盤を使用して主にSUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、を加工しています。黄銅を加工するときは、切削油は、使用していません。 SUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、全部に使用できる水溶性切削油は、あるんでしょうか? あれば上司に掛け合ってテストしたいと思います。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • 旋盤加工時の切削油

    旋盤加工時の切削油 今、水で希釈し、乳液状になるタイプの切削油を使っています。 SS等鉄系が多いのですが、乳液タイプだと、ハケ塗りでは意味がなさそうで、かといってドボドボとかけると回りに飛び散ります・・・ 何か良い切削油は無いでしょうか? アルミやステンレスを削った事は無いのですが、アルミやステンレスになると、専用が売っていたりしますが、材料に合わせて変えた方が良いのでしょうか?

  • クーラント(切削油)の使い分け

    クーラント(切削油)についてです。 大きく分類して、水溶性と油性クーラントがあります。 それぞれの使いわけのポイントを具体的に教えてください。 susなら油性クーラントの方がいいと聞きました。 根拠を教えてほしいです。 例 材種、加工方法など

  • 切削油に入れる防錆油

    焼結材をNC旋盤にて加工しております。 時期等にもよりますが、稀に製品に錆が発生します。 (平均すれば1万個に1ヶない程度、まとめて発生) 焼結のポーラスに素材状態で錆がでている場合もあるものの、加工面に錆がでている場合もあり、何とか減らす事ができないか検討しています。 ふと思ったのですが、切削油にいれる防錆剤(油?)みたいなものはあるのでしょうか?水溶性の場合は添加剤としていれるケースは珍しくないかと思いますが、油性の場合はどうなんでしょうか? もしご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けないでしょうか?

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。