• 締切済み
  • すぐに回答を!

SUS440Cの切削加工の加工条件を教えてくださ…

SUS440Cの切削加工の加工条件を教えてください。 縦500×横450 板厚が6?あるプレートの外周を、φ8のエンドミルを使用し厚みが1?になるまで削り込んでいく加工を行いたいのですが(加工後は480×430は6?のままでそれ以外が1?)、どのような加工条件にすればいいのか分かりません、 また切削水は水溶性を使用したいと思いますが、油性の方が良いのでしょうか、また加工中に変形してしまう恐れがあるのか、出来る範囲で教えていただければありがたいです。宜しくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1461
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

440Cは、焼き入れされてなければ、そんなに神経質になる様な被削材質では無いハズです. 高炭素鋼なので、生でも硬いと言えば硬いですが、たぶん、304ほどに削り難くはないですね. 高クロム鋼なので、ねばいといえばねばいですが、ニッケルが無い分、304などよりは楽です. 基本的にオーステナイト系ステンレス鋼ほどの加工硬化は見られませんから、 一度滑ったらどうにも刃が立たない様な事も無く、低い送りでも意外と削れてしまいます. シンプルな高炭素高クロム鋼ですから、被削性はいわゆるステンレスという感じではないと思います. 鋼ですから、無茶な切削をしようとすれば変形はするでしょうが、 304みたいにグニャグニャした感じはなく、鋼としては変形し難い方だと思います. 冷却は水でも油でも構わないでしょうが、とにかくしっかりと量をかけてやる事ですね. 冷却が悪いと切り屑が変色してバネ性を帯びます. ビビリなどがなく、きちんと冷却されていれば、切削速度は結構上がるのではないでしょうか.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削加工の事で教えて下さい。

    露光装置のベースプレートがあるのですが、そのプレートの図面には上下面、外周に切削加工をしています(▽)しかし、それによりコストが上ってる状態です。組立時に問題が無ければ溶断、素材のまま使用したいのですが、何方か方法教えてもらえないでしょうか?どんな方法でも構いませんので。

  • マグネシウム合金の切削加工について

    近日、マグネシウム合金の切削加工を行うのですが、ドリル、エンドミル、フルバック、タップの切削条件がわかりましたら教えて下さい。

  • 高硬度材の切削加工について

    初めて質問させていただきます。 昨日FANUC_ROBODRILLにてDC53(SKD11相当)を焼入れ後、再加工するため焼きなましHRC40~50程度にしたものに、丸100mm深さ53mmのポケット加工を行いました。 ツールはMISUMIの高硬度用6枚エンドミル刃径12mm刃長30mmシャンク径10mm、これをユキワのG1チャックに60mm突き出して使用しました。 条件は丸12mmのドリルで下穴加工後、深さ切込み1.5mm、切削幅6mm、切削速度18m(500rpm)、送り一刃0.1mm(100mm/min)。切削油剤はBlaserのバスコ1000(水溶性)を12%で使用しました(一番多い加工材が非鉄なので水溶性を使っています)。 上記のような加工で、刃が最後まで持たず根元より折損しました。考えられる原因として、 1.切削速度、送りが遅すぎた。 2.水溶性の切削油剤ではなく、ドライ加工をするべきだった。 等があるかなと考え、次はドライ加工を試してみようかと考えていますが、皆さんはどう思われますでしょうか。社内に経験者がおらず、いろいろな所で情報を集め加工しているのですが、どうも自分がやっていることが正しいのか間違っているか自信が持てません。些細なことでもかまいませんので、ご教授願えれば助かります。よろしくお願い致します。 沢山の書き込み、ありがとうございました。短時間でこれだけ多くの反応をいただけると考えていませんでしたので、ちょっとびっくりしています。 その後ですが、現在段取りしていて途中のものを仕上げてしまわなくてはいけませんでしたので、まずは手持ちの工具を使い、ドライ加工と切込み条件の変更をしてみました。 使用した工具は、12mmスクエア2刃TiAlN(MISUMI)、エアブローを使い条件は切削幅0.5mm切込み5mm、2300rpm-200mmで加工してみました。結果2枚刃でしたのでこれ以上条件を上げるのは厳しそうですが、まずは目的とする仕上げ面を得ることが出来、最後まで加工完了しました。 ドライ加工、やってみるとなかなか面白そうなので、他のワークでも使ってみようかと考えています。切粉が流れないので、掃除がちょっと大変なのが難点ですが(^_^;) エンドミル形状は、ラジアスのものを近いうちに購入し、またいろいろ試して見ようと思っています。そして、少しでも早く目的を達するためのベストな方法を見つけられるよう、学んで行きたいと思っています。 今回はお忙しいところアドバイス、ありがとうございました。 また質問することもあるかと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

前の方々と重複する所も有りますが・・・ 加工による変形は切削時の抵抗が少なければ少ない程起こりにくいと思います。 各種工具形状にもよりますが工具径が小さい程それに合わせた加工条件になりますので切削抵抗も少なくなり、高速加工による高送り&低切り込みなら尚更少なくなると思います。 (他に指定回転数・送りの90%や80%にする等・・・) まあ、依頼品の完成時の要求品質がどのようになっているか不明ですので蛇足となるかもしれませんが・・・ 後は被削材の固定方法にも工夫が必要かもしれません。 被削材も最初から平面度が良い物ばかりではないので、多少歪んだ製品を 歪みの無いテーブルにシッカリ固定して加工し、加工後に固定解除すると元の形に戻った際にどうなるかはイメージできますよね? それと各種工具コーティングにより得意とする切削液が違う場合が有りますから、カタログで調べたり直接メーカーへ問い合わせする事も良いと思います。 カタログに材料が記載されておらず切削条件の判別に困った際は、材料の特性等類似項目等を読み実際に加工して条件を搾り出してみたり、使用予定工具メーカーへ使用条件等を聞いてみたりするのも良いのではないでしょうか? 様々な制約や条件等が有る事と思いますので自分で選んでみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

下記に加工例がありますが...φ8ハイスコーティングエンドミルで乾式でした。湿式なら油でも水でも、もっといけるはずです。 SKD11はよく削りますが、それより若干低めの条件でやります。 それと形状から、縦型マシンの場合、テーブルにベタ置きですね。 支持プレートを置いてクランプを避けて削り、その後クランプ位置を変えて削る方法です。これなら変形は多分大丈夫かと。 縦に置くと1mmまで削ろうとするとビビリ、変形のおそれがあり苦労します。 SUS440Cは焼き入れ前提の材料ですが、SKD11のように空冷でも可能とはならなくて、焼き入れ歪みが大きいはずです。 SKD11なら研削シロは0.25? それでは小さいかナと悩むところです。

参考URL:
http://www.techno-qanda.net/dsweb/Get/Document-16557/%E5%A4%A7%E5%88%86%EF%BC%BF%E5%85%B1%E5%90%8C%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E8%

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答有難うございました。非常に参考になりました。 特に肉厚が1?と小さいの値なので、似たようなクランプの方法で加工を 行って行きたいと思います。 有難うございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

KIYOHIKOさんの言うとおり、工具メーカーのカタログに推奨切削条件は載っていると思います。 当社ではSUS材の切削はしておりませんので、切削油の選定についてのアドバイスはできませんが、熱による変形を心配されるのでしたら、切削条件を落して加工するのが一般的です。 広くて薄いワークのようですから、切り込み量等を小さくして加工されてはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

工具メーカーの、カタログに載ってませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削加工について

    前回も似たようなことで、載せたのですが、高精度切削加工を実現するための条件として、工作機械の高精度化以外に工具、加工現象に起因する条件があり、工具に対する条件を調べてます。 それで、切削加工によるたわみがあげられて、対策として切削抵抗の背分力の現象がありました。 切削抵抗の背分力の減少させるためには、旋盤加工の場合工具の形、刃形はどのようなものがいいのですか???切削抵抗、力を加える方向は変えられるのですよね?何でもいいので教えてください。 お願いします。

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • PP材 切削加工方法

    PP材の切削加工方法に関して、答え・アドバイスをお願いいたします。 [問題点] ・切削加工時に焼きついて形状不良・寸法不良を多々起こす。 [設備環境など] ・使用マシン:3軸マシニングセンター(S15000まで回転可) ・エアーをかけて切削 ・使用工具【:コーティングなし(ボールエンドミルとフラットエンドミル)       :ボールエンドミル(R0.2~R5) フラットエンドミル(Φ0.4~Φ10) ドリル(Φ1~Φ6)        タップ(M2~M6)】 ・製品(弱家電製品など) [疑問] ・切削中はエアーをかけるだけで、焼きつきは防げるのか?  エアーでなくミストオイルや他の方法が良いのか? ・一般的な切削条件において、  回転数・送り速度・切り込み量は低回転・低速・浅削り? ・なるべく、バリを抑える加工方法は? ・工具はコーティング仕様が良いのか? またコーティング仕様がむいているのであれば、  どのようなコーティングがむいているのか? 基本的なことでも、何かご返答いただくと助かります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 切削加工について

    分かる範囲でいいので、教えてください。 高精度切削加工をするための、条件として、工作機械の高精度化がありますが、工具に起因する条件を調べてます。 なんでも、いいので教えてください!!!!! お願いします。

  • 水可溶化型切削液とは?

    マシニングで水溶性切削液のユシロEC400を 使っていますが刃の寿命、仕上がり面が油性に 比べて劣ります、 出光のカタログをみておりますと不水溶性、水溶性 とは別に水可溶化型ダフニーセミクールが油性に 近い性能で切削性、消泡性、防錆、が良くて、 しかも不燃性であると書かれていて興味があります。 この切削液を使っている方や詳しい方の 意見を聞かせてください、  加工はプラ型でs55c、NAK55、80等で 切削液を使うのはハイスのエンドミル、ドリル、 タップが多くて、超硬はエアブローで切削液はつか いません。

  • 切削温度

    はじめまして油屋です。 プロの加工屋の皆さん教えて下さい。 NC旋盤で加工する場合、加工油を水溶性にする場合と、不水溶性にする場合とありますよね? その判断(境界)は何処なのですか? 僕は切削条件からなる《切削温度》が関係しているのだと思っているのですが・・・・ 現在お客さんのNCは不水溶性なのですが、油煙がひどく、チップ寿命が悪くて困っています。 この場合、油性の限界を超えているのでしょうか?  是非教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • 円筒切削加工

    いつもお世話になっております。 ABS樹脂にて成形した、円筒状部品の外周部分に切削加工を施し、パーティングラインを無くし、表面を綺麗に仕上ることで商品価値を向上させる加工をしたいのですが、質問です。 完全な円筒部品であれば、旋盤系の機械を使用できるのですが、片側の端面にはブロック状の形状で突起が付いてしまっているような状態です。 それゆえ、ブロック形の箇所を使用して、治具に固定して、円筒箇所をマシニングセンターの刃物を円形に回して切削する方法を取ろうかと考えています。 円筒部品ですが、長さは最大250mmになるものもあり、部品によってブロック型の形状も異なります。 外径はΦ14~16程です。 このMCでの加工ですが、非常に長い刃物が必要になる上、一度に切削する面積が極端に広いため、ビビリ等の原因になるのではないかと懸念しています。 マシニングセンター以外の機械を使った加工方法はありますでしょうか。 円筒研磨も、ブロック部が邪魔をしてしまいそうですし、ABS樹脂では厳しいような気がします。 こういった円筒部品の切削加工に適した、機械・加工方法・工具などに心当たりのある方がいらっしゃれば、何卒お願い致します。 ちなみに従来ではバフ研磨にて表面仕上げを行っておりましたが、技術の低いものだと不良を出してしまったり、工程に時間を取られすぎてしまうので、切削加工の検討をしております。

  • アクリルの切削加工について

    アクリル樹脂をボールやフラットエンドミルで切削加工したいのですが、透明性は保ちたい。切削条件や良い工具を知っていたら教えてください。