• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アルミ加工の切削条件

樹脂の加工をメインにしております。 今回、初めてアルミの加工をマシニングにてすることになったのですが、 既にエンドミルを数本折ってしまっています。 加工内容は、2ミリの角材パイプに穴などを切り抜くといった単純な加工です。 切削条件としては、2ミリのエンドミルで回転数9000(MAX10000回転)、 送り速度200~350、切り込み量は0.3mm~0.4mmです。 樹脂に比べて慎重にやってるつもりですが、それでも途中で折れてしまうことがあります。 エンドミルは樹脂用の超硬を使用しています。 最終的には上記の条件で大丈夫だと思ったのですが、一時間くらいしたら やはりエンドミルは折れてしまいました。 よろしければ加工条件にアドバイスを下さい。 どうぞよろしくお願いします。 補足ですが、クーラントはエアーのみで切削油が使える仕様ではありません。 仕上がり具合もきれいとは言えず、バリもかなり出てしまいます。 アルミ製品のバリの仕上げ方法も合わせてご指導いただければ助かります。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1527
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

折損の要因は溶着...に1票投じます。 工具の改善として、耐溶着性を高めたDLCコーティング エンドミルが挙げられます。 A50**などのシリコン含有量の少ないアルミ材の加工において、 溶着防止と切削面品位の向上に効果があります。 DLCといえば、虹色に輝く住友電工のオーロラコートエンド ミルが有名で、その他にオーエスジーや三菱マテリアルも商品 化しています。 モチロン使用時にはエアブローが必須です。 また、ブルーべや黒田精工などのセミドライ給油装置(微量の合成 油を噴霧...いわゆるMQL)を設備することも一案ですが、 イニシャルコスト+消費エアーのランニングコストが必要となり ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

専門的なアドバイスに感謝いたします。 原因はやはり溶着にあったようです。 ご紹介いただいたエンドミルも参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • アルミ加工条件を教えてください

    今までは研削をメインに加工を行なっていたのですがアルミの切削を 行なう事になりました。そこで、マシニングを使用してアルミを加工する時の 基本的な加工条件、推奨工具等を教えてください。 工具メーカの推奨条件等有りますが実際の所どうなのか解りません。 又、機械によって合う工具メーカがあるかと思います。 宜しくお願いします。

  • 切削条件の言葉がよくわかりません

    三菱のエンドミルでステンレス鋼を切削したいのですが、 カタログに書かれている条件をどのように当てはめてよいか迷ってます。 「MS4MC10」という超硬の刃径10 4枚刃のエンドミルで加工します。 カタログの切削条件には 「回転速度」4500(min-1) と表記されています。 これは切削速度の事でいいのでしょうか? ここから回転数を求めたい時は 回転数(s)=4500/(3.14×10)      =143 と言う事でいいのでしょうか? また、弊社ではアルミの加工も頻繁に行うのですが、 このエンドミルがアルミ専用じゃないせいか切削条件表にはアルミが 記載されていません。 どれぐらいの回転数で加工すればいいと考えるべきなのでしょうか?

  • エンドミルの加工条件について

    エンドミルのカタログにはそのツールの切削条件が記載されてますが、これに当てはまらない場合はどう考えるのですか? 具体的にいうと、 三菱の超鋼ボールエンドミルで切削条件の表は被削材が合金鋼や焼入れ鋼しかないので、アルミの加工をするときはどのような条件にするといいですか? エンドミル選定目安表にはアルミ合金にも○がついているので使えると思うのですが・・・ 加工機械は立型マシニングで、最高回転速度は25000まで回ります 1刃当たりの送り量や1分間当たりのテーブル送り速度の考え方のアドバイスをいただきたいです

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

角パイプということはA5056でしょう。ネバイ材質です。エアーだけではしんどいですね。せめて付け油ぐらいはしないと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 クーラントで油は使えないので、直接、工具に油をつけて 試してみようと思います。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

超鋼といえば 硬いので 温度もきっと高く持つと思われがちですが 添加されているコバルトの影響で600度ぐらいしかもたないそうです 出展が見つからなかった ドライ加工なので冷却が間に合わないんだと思います 溶着&磨耗が進んで折れる ← 切削面がきれいと言えないと言う観点からも そう推測される 回転数を下げる & 送りを下げる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスいただきありがとうございます。 明日、いろいろと試してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

はじめまして 早速ですが、溶着して折れていませんか。 (エンドミルにアルミが熔けて付着している。) クーラントが使用できると防げますが、使用できないのでしたら アルミ用のエンドミルを購入し、そのメーカーのカタログに使用条件が ありますので、その条件の半分の回転、送りで試してください。 切り込みは、そのままの条件で そこから カタログの条件に近づけて 自身で条件を見つけてください。 私のところでは、こんな感じで 加工条件を出します。 もし 上記でも 折れるようでしたら 切り込みも少なくします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的にアドバイスいただきありがとうございます。 言われたとおりに試してみようと思います。 とても参考になりました。

関連するQ&A

  • グラファイト、木の加工の切削条件について

    マシニング初心者です。 エンドミルを使い木を加工しております。 木は楽器などに使われるグラナディラというものです。 (木の中では硬いほうで、加工しやすいものだと思います) 切削条件についてはメーカーカタログなどに記載されておらず、ワークの仕上がり程度や刃の状態を見て判断しています。 今のところ問題は無いのですが、一般的な木の切削条件を知りたく質問させていただきました。 また、ネットで調べると切削条件は「グラファイトと同等と考えて良い」というような情報があったので、 MISUMIのカタログ(機械加工用工具P339)のグラファイト用のエンドミルの切削条件を参考にしようと調べてみました。 その中で、刃径の大小にかかわらず回転速度は8000minで一定、送りのみを変化させている記事があったのですが、グラファイトの加工ではそういうもの(刃径に応じて回転数を変えない)なのでしょうか? ご存知の方、参考意見などありましたら、ぜひご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • アルミ切削時の条件

    アルミ(ADC12)を専用機にて溝加工を行っていますが、溝部の面に細かいスジが出始めてしまい、困っています。 原因は刃物にあるのですが、新品の刃物に交換しても3000個程度の切削で同じ状態になってしまいます。 刃持ちの悪い原因が分からず、皆さんのご意見を頂きたく投稿致しました。 <条件> 1.主軸回転数:約3000 2.切削時の送り:0.075mm/rev 3.チップ:PCD(旭ダイヤ製) 4.削り代:溝径は径で0.3mm      溝幅は両側で0.3mm になります。 説明足らずな部分もあるかと思いますが、よろしくお願いします。 漏れがありましたので、追記致します。 使用刃物は、特注の総型のバイトを使用しています。 (チップという書き方は、不適切でした) 仕上げ代は、径28.7mmから28.4(径で0.3)削り込みます。

  • アルミ加工について

    今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

  • NC(ロボドリル)でのアクリル切削

    エンドミルでアクリルの切削をする際、どうしても切削面の仕上がりがいまいちです。例えば、5ミリの板材から形を抜き取る加工をする場合、普段は4ミリのスクエアエンドミルを使用し回転数S6500、送りF900くらいの加工条件にしてますが、お世辞にもきれいとは言えない仕上がりです。外周の表面を鏡面もしくはそれに近いくらい滑らかな仕上がりを希望してるのですが、先輩方のアドバイスを頂戴できないでしょうか。加工の際はクーラント油は使えず、エアーで切り粉を飛ばしています。どんなアドバイスでもいいので、どうか宜しくお願い致します。

  • アルミの加工について

    普段はNCによる樹脂の試作をしているのですが、今回アルミの加工をする事になりました。 樹脂加工ではエアブローでキリコの除去をしていたのですが、アルミの場合は切削油を使用しないと加工は無理でしょうか?必要な場合どういった切削油を使えばよいでしょうか? またA-2011が一番切削性が良さそうですが、そのデメリットなどはないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • アルミ加工用の切削液

    アルミ(YH-75)材の加工を複合旋盤にて旋削しておりますが、切削バリが残ってしまいます。また測定顕微鏡の100倍で観察すると青黒く焼けているようにも観えます。切削液にて対応することが出来ないでしょうか? 現在タイユ(株)のハイチップNC-10を使用しています。切削チップはダイヤです。

  • アルミ加工

    エンドミルでアルミ加工をしているのですが、バリが出ない方法はありませんか?

  • 加工条件につきまして

    アルミの金型を加工していますが、仕上げ面が綺麗にあがりません。 皆さんどのような加工条件で加工しているのでしょうか? できれば、フラットエンドミルとボールエンドミルで違いがあればそれぞれ教えて下さい。 できましたら具体例をお願い致します。 まだこの業界に入ったばかりで、右も左も分かりませんが、よろしければお願い致します。

  • 切削条件の求め方について

    切削条件の求め方を教えていただけたら幸いです。対象のワーク、工具の材質、クランプの条件などにより変わってくるのはわかりますが、一般的なことについてアドバイスをいただきたいです。 昔、フライス、エンドミルで加工を行っている際に、上司に仕上では荒のときより回転を10%くらいあげろといわれたことがありました。これはどういう意図があるのでしょうか?仕上げでは送りを落とすのならば粗さが小さくなるのはわかるんですが・・・。回転を上げるのであれば、送りも上がるような気がするんですが・・。 よろしくお願いいたします

  • アルミ切削加工時のバリ取りについてアドバイス下さ…

    アルミ切削加工時のバリ取りについてアドバイス下さい。 はじめまして。 アルミの切削加工を行っています。 下穴φ11.5にφ12.0のダイヤリーマで仕上げ加工を行っています。 円筒状にあいた穴には、スリットと呼んでいる溝があります。 円筒竪穴にスリットは横に開いているのでクロスした感じになっています。 (スリットが平行に開いてるのではなく) もしくは、円筒竪穴が所々切れていると考えてください。 その円筒状の縦穴と溝の交差部(エッジ)に立つバリの除去に困っています。 以前はナイロンブラシを挿入して(機械で)除去をしていましたが、バリが取りきれず後工程で人作業(手作業)でバリ取りを行っていました。 その後、工数削減のためフレックスホーンとゆうブラシ(米国製)を適応しました。 バリの除去性は向上して、後工程のバリ取りの廃止に成功はしたのですが、 円筒穴の仕上げ面にキズを付けてしまい、不良の発生が新たに懸案として上がってきました。(面祖度3.2s) 原因として、フレックスホーンが切粉やバリを巻き込んで(拾って)円筒穴を通るため 発生しているのではないかと分析はしているのですが、うまく対処しきれません。 対処法として、フレックスホーン投入待ち(仕上げ加工中)時間にエアーで切粉を飛ばすなどを行っていますが、一向に良くなる気配がありません。 *フレックスホーンは基本、仕上げ面の研磨用だったと思いますが、当社ではバリ取り用として採用してみました。 そこで知識、知恵をみなさんからお借りしたいのですが。 よい対策方法、もしくはこういったバリ取りに適したブラシをご存知の方は是非アドバイスを下さい。 よろしくお願いします。 なにか必要な情報がありましたら記載ください。