• ベストアンサー
  • 困ってます

エンドミルの加工条件について

エンドミルのカタログにはそのツールの切削条件が記載されてますが、これに当てはまらない場合はどう考えるのですか? 具体的にいうと、 三菱の超鋼ボールエンドミルで切削条件の表は被削材が合金鋼や焼入れ鋼しかないので、アルミの加工をするときはどのような条件にするといいですか? エンドミル選定目安表にはアルミ合金にも○がついているので使えると思うのですが・・・ 加工機械は立型マシニングで、最高回転速度は25000まで回ります 1刃当たりの送り量や1分間当たりのテーブル送り速度の考え方のアドバイスをいただきたいです

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

三菱ですと、DLCコーティングを施したアルミ加工用の ボールエンドミルのカタログに推奨切削条件が掲載されています http://www.mitsubishicarbide.com/mmc/jp/product/pdf/b/b073j.pdf 過去のご質問で、ワーク材質はA7075と推測いたしますが、上記カタログ の条件を最初のトライアルとして用いて大丈夫でしょう。 ご存じの通り、ボールエンドミルで平面加工を行う場合、中心部は 何百万回転で加工しても切削速度はゼロになります。 どれだけ切り込むか、どれだけ角度をつけて加工するか、さらには どれだけのピックでどれだけの面荒さが必要かで、送り速度を調節して みてください。 あと、溶着がいちばん懸念される問題ですので、徹底的に水溶性クーラ ントを加工点に向かってかけることが重要です。 なお、AC4BやADC12など鋳物・ダイキャストのアルミは、シリコンの含有 量が多く、工具の摩耗が速いので、切削速度を、たとえば2/3~1/2ぐらい に下げて加工した方が良いと考えます。 >エンドミルのカタログにはそのツールの切削条件が記載されてますが、 >これに当てはまらない場合はどう考えるのですか? 正攻法として、オーエスジー、日立、住友、京セラ、三菱、タンガロイ、 ダイジェット、日進、サンドビック、イスカル...etc.といった、 切削工具メーカの総合カタログを2~3冊持っていれば、何かしら類似の 切削工具の推奨条件を見つけることができるでしょう。 とくにソリッドエンドミルは小径の切削条件選定が難しいので、メーカの 推奨切削条件が参考になると考えます。 (ただし、トライ&エラーの結果、大きくかけ離れた条件に行き着くことも 多々ありますが...) 一般的な2枚刃の汎用ボールエンドミルであれば、水溶性クーラント を潤沢に用いることで十分に使用できると考えます。 但し、回答(3)さんご指摘の通り、高硬度鋼加工用ボールエンドミル (とくに4枚刃)は、適さないでしょう。 そこそこの仕事量が有るのであれば、ノンコーティングの2枚刃ボール エンドミルをご購入することも選択肢のひとつと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

リンクまで貼っていただきありがとうございます とても参考になりました 品番に囚われず、同等のツールを参考にトライしていきたいと思います 返事が送れて申し訳ありません コーティングのことを視野に入れながら選定していきたいと思います ありがとうございました

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

アルミ専用エンドミルでない刃物でアルミを削る場合 1)被削材の合金鋼や焼入れ鋼とアルミでは強度・硬度・溶着しやすさが異なる  アルミニウムは低融点,高活性であるため,  切削温度上昇による、工具表面に凝着・溶着しやすい  本来はこの対策の外周磨き・すくい面磨き・コーティング・他が必要。 2)刃の形状が最適でないことへの考慮が必要  合金鋼や焼入れ鋼用エンドミルはシャープエッジ・ハイレーキ・適した切粉ポケット(溝形状)じゃない。 以上から削れるけど、専用品のような条件を期待しないこと まずは、合金鋼や焼入れ鋼と同じ条件(上限値は可能)からスタートが無難 そこから、徐々に上げるトライをしていく

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり適正な形状じゃないと条件も上げられないんですね いろいろ試しながらやっていくたいと思います ありがとうございました

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se060803.html 高速マシニングのばあい まず周速を決め そこから加工条件を出します 加工条件は書いてなくても (S・F で) 周速はだいたい書いてあるものです (メーカーカタログに) ものすごく大雑把ですが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり適正条件は使いながら探していくしかないみたいですね ありがとうございました

質問者からの補足

回答ありがとうございます 周速とは切削速度のことですよね? 切削速度を求めるための主軸回転速度はどうやって決めてますか?

関連するQ&A

  • アルミの切削条件が記載されていない場合の切削条件

    MISUMIやOSGのエンドミルを使ってマシニングで切削していますが、アルミも切削可のエンドミルで切削条件にアルミ合金がない場合があります。 この場合にアルミ合金(2017や7075)を切削する場合、回転数と送りをどのように計算すれば良いのでしょうか?

  • エンドミルの切削条件マニュアル

    現在、マシニングセンターが10台ほどある工場に勤務しています。 この度、マシニングの使用工具の共通化・マニュアル化(段取り短縮の一環として)を進めている最中です。 皆で話した結果、基本的に「超硬のエンドミルを使用する」という1つの結論がでました。 そこで、どのようは切削条件の基準(使用マニュアル)を作ったらよいか悩んでいます。具体的には、基準を何に置いたらよいのか?回転と送りなのか?切削速度と刃当り送りなのか?ピンポイントで商品を決めてしまうか?など悩んでいます。 機械はBT30、40、50で被削材は低炭素鋼が中心の2次元加工で、特に複雑な加工はしていません。 良い案や例があったら是非お助けください。

  • エンドミル加工条件について

    はじめまして、加工関係は初心者なのでよろしくお願いします。 現在フライスやマシニングセンタでエンドミル加工をするとき、 回転数(S)や送り(F)を次のようにしています。 ここに書くのは、マシニングの場合です。 NACHI AGヘビーエンドミル φ20  加工材料SKD11 S300 F30 カタログではSKD11では、S500 F120 となっています。 このS300 F30は、以前使っていたGコートヘビーエンドミルの 切削条件をそのまま使用しています。 一度、S500 F120で加工をしてみたのですが、機械自体がびびり ワークもびびっていました。 これ以来、加工条件は今までの加工で 安定している S300 F30で加工するようにしたのですが、 上(上司)から エンドミル加工時遅くってたまらない! 止まっているようにしか見えないなどなど。。。 そこで質問なのですが、 みなさんは、エンドミル加工はどのような条件で加工しているのですか? 機械自体の能力もあると思いますし、加工時間とエンドミルの摩耗の関係 もありますし。 よろしくお願いします。

  • アルミ加工の切削条件

    樹脂の加工をメインにしております。 今回、初めてアルミの加工をマシニングにてすることになったのですが、 既にエンドミルを数本折ってしまっています。 加工内容は、2ミリの角材パイプに穴などを切り抜くといった単純な加工です。 切削条件としては、2ミリのエンドミルで回転数9000(MAX10000回転)、 送り速度200~350、切り込み量は0.3mm~0.4mmです。 樹脂に比べて慎重にやってるつもりですが、それでも途中で折れてしまうことがあります。 エンドミルは樹脂用の超硬を使用しています。 最終的には上記の条件で大丈夫だと思ったのですが、一時間くらいしたら やはりエンドミルは折れてしまいました。 よろしければ加工条件にアドバイスを下さい。 どうぞよろしくお願いします。 補足ですが、クーラントはエアーのみで切削油が使える仕様ではありません。 仕上がり具合もきれいとは言えず、バリもかなり出てしまいます。 アルミ製品のバリの仕上げ方法も合わせてご指導いただければ助かります。

  • エンドミル加工でのチッピングについて

    金属加工についての質問です。 マシニングで、材料はADC12、水溶性の切削油を使用しております。 粗削りをφ10超硬DLCコートエンドミルで円がφ18高さ8mmのボス加工をしています。 仕上に別の刃物、φ10超硬DLCコートのエンドミル(強ねじれ)で円がφ17.95の円加工(CW)で高さ8mmで加工しているのですが、仕上の刃物が100ヶ~1000ヶほどでチッピングしてしまうときがあります。良いときで9000ヶほど加工できるときがあります。 切削条件は回転数1900送り220です。 原因として考えられることがありましたら教えて頂きたいと思っております。

  • 加工条件の考え方について

    マシニングによる適正な切削条件の考え方をご指導いただきたいです たとえばφ50の4枚刃フェースミルでワークはアルミ 加工方法は複合機でφ90丸棒を角に削ります 工具のカタログでは 切削速度m/min「650(300-1000)」 1枚刃当たりの送りmm/tooth「0.12(0.05-0.2)」 でした 工具回転速度は (1000X切削速度)÷(3.14X工具の切れ刃径) なので (1000X650)÷(3.14X50)=4140min-1 送り速度は 1枚刃当たりの送りX工具の刃数X工具回転速度 なので 0.12X4X4140=1987.2mm/min 回転数が4000ぐらいなのはわかるんですが、送りが2000弱って早いですよね? そもそも1枚刃当たりの送りが0.05~0.2を計算すると828~3312と範囲が広すぎてよくわかりません 皆さんはどうやって加工条件を決めてますか? もちろん切削深さなども考慮しないといけないことはわかるんですが、 今回は40mm幅を深さ3mm削ろうと思います

  • エンドミルの条件

    お世話になります。 社長のバカ息子に言われたのですが、メーカーカタログを見て条件を決めてるのか?と言われ否定した所、今後はメーカーカタログの条件にするようにと言ったのですが、腑に落ちなかったので断りました。 自分の持論としては、 メーカーカタログの条件は新品のエンドミルの条件なんで何回か使ったエンドミルは参考にならない。 メーカーが作ったカタログなので短いスパンでの摩耗、破損を想定しての条件になってる。 回転と送りが書いてあって切削速度と1刃送りが書いてないのは、材料によっては条件が合わないのがバレるから。 と言うのが自分が信用しない理由ですが、みなさんはどうやって算定してますか? ちなみに自分はNCフライス→マシニングですのでフライス時代に刃物の寿命、仕上がり具合を見て条件を決めてます。なので加工した事ない材質もあるので、現在もデータ収集中です。

  • 加工条件について

    漠然として、すみません。 旋盤、フライス盤の切削加工の条件について材質や行程、加工方法別に切削速度や送り速度の設定についてまとめてあるサイトや資料本など教えてください。 また加工方法に対する工具(バイト、エンドミル等)の解説資料などご存知でしたら教えてください。

  • 高硬度材のエンドミル溝加工

    円筒形のワ-クを縦型マシニングセンタ-(同時3軸X、Y、Z、A)にてエンドミル溝加工(ねじ切りのようにリ-ドをきる)を行っています。 工程短縮の取組みとして、熱処理前に荒加工せず、熱処理後の高硬度材(HRC 60)からいきなり加工するというテ-マに取組んでいます。 よく高硬度材に適したエンドミルだと紹介されるものは、どれも側面切削ばかりで使えません。 加工形状は溝幅がだんだん狭くなったり、広くなったりするので、エンドミルのパス回数が多く、そのため工具寿命がかなり重要です。 特にエンドミルの底は常にあたっている状態のため、傷みやすいです。 ワ-ク材質はSLDに相当するものです。 高硬度材の溝加工に適したエンドミル(もしさしつかえなければ加工条件も)を教えてください。 よろしく、お願いします。

  • むしれ(ささくれ)の出る条件について

    初歩的な質問だと思いますがアドバイスをお願いします。 金型の加工で加工の仕上り面がささくれたようになる現象がおこりますが、この現象が起こる条件や加工条件の限界点等がありましたら教えていただきたいです。 ちなみに、被削材はSKD61、SKT4で、TialNコートのボールエンドミルを使用しています。 加工条件は周速と実切削工具径によって決めています。ここで、送り速度を決定するのですが Vf(送り)=n(回転数)X Z(刃数)X Fz(一刃当りの送り量) この場合にFzの数値を上げすぎると表面が粗くなったりささくれたような現象が現れます。 ちなみに現在のFzは0.2です。