• ベストアンサー
  • 困ってます

加工条件の考え方について

マシニングによる適正な切削条件の考え方をご指導いただきたいです たとえばφ50の4枚刃フェースミルでワークはアルミ 加工方法は複合機でφ90丸棒を角に削ります 工具のカタログでは 切削速度m/min「650(300-1000)」 1枚刃当たりの送りmm/tooth「0.12(0.05-0.2)」 でした 工具回転速度は (1000X切削速度)÷(3.14X工具の切れ刃径) なので (1000X650)÷(3.14X50)=4140min-1 送り速度は 1枚刃当たりの送りX工具の刃数X工具回転速度 なので 0.12X4X4140=1987.2mm/min 回転数が4000ぐらいなのはわかるんですが、送りが2000弱って早いですよね? そもそも1枚刃当たりの送りが0.05~0.2を計算すると828~3312と範囲が広すぎてよくわかりません 皆さんはどうやって加工条件を決めてますか? もちろん切削深さなども考慮しないといけないことはわかるんですが、 今回は40mm幅を深さ3mm削ろうと思います

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

アルミ(過去の質問よりA7075と推定)で、一刃送りfz0.2mm/toothは 普通です。 極端な例を挙げると、航空機の大形アルミ部品の荒加工では、 φ50×4枚刃の高速加工用カッタを用いて、主軸回転速度30,000min-1、 一刃送り0.2mm/tooth(テーブル送り24,000mm/min)ぐらいの切削条件 が日常的に使われています。 ご質問の場合、複合加工機で丸棒の加工なので、ワーク片持ちによる ビビリだけが心配です。 先ずは、切込み3mm、fz0.1で試してみて、ビビらなかったら、fz0.15→0.2 と上げてみてください。 ビビったら、切込み1.5mm×2回、fz0.15→0.2でお試しを。 マシニングセンタでしたら迷わず12,000min-1ですね。 複合加工機の場合は、ワークの大きさと取付剛性の兼ね合いで ケース・バイ・ケースです。 6,000min-1から始めて10,000min-1ぐらいまで試してみては如何 でしょう(くれぐれもワークが吹っ飛ばないよう注意して下さい)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 6000からはじめてみます

質問者からの補足

おっしゃるとおりA7075です 今使ってる複合加工機は工具主軸最高回転速度が12000min-1までしか回らないのですが、 どれぐらいの回転数が適正なのでしょうか? 初歩的な質問ですみません

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

>皆さんはどうやって加工条件を決めてますか?  私の場合ですが、最初に考えるのは、切削負荷のリンクになります。 立てMC例でいうと、 チップ-FM本体-ホルダ本体-主軸頭-コラム-ベッド-テーブル-バイス等の保持具-材料-(チップ)というように負荷にはつながりがあります。 重切削すると弱い所ほどねじれ、或いはビビりが発生し、そのまま続行すると問題が発生する場合があります。 加工条件合わせの多くは、上記の繋がりで剛性の一番低い所、つまりL/D比の大きい工具又は材料等に対し、経験を踏まえて安定して確実に刃先を食い込ませる事ができ、確実に無理のない状態で1刃当たりの送りが安定してできるような条件を探すようになるかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり経験が大切なんですね いろいろ試してみたいと思います

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>>0.05~0.2 理論的表面粗さ(旋盤と一緒) 三菱マテリアルのHPかその辺をググってください 体積も含めた加工条件 http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se060803.html ドリル http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se054076.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

便利なソフトがあるんですね 参考しさせていただきます

関連するQ&A

  • バニシングドリルの加工条件

    こんにちは、バニシングドリルの切削条件を教えて下さい。 加工材 ・・・・・アルミ材(ADC12) 工具  ・・・・・ダイア付超硬バニシングドリル(オイルホール付) 工具径 ・・・・・18ミリ 加工深さ・・・・・20ミリ 現在 回転数・・・1750rpm 送り ・・・0.1mm/min で加工した結果、穴が「がたがた」になります、どうしたら良いでしょう。 送り・・・0.1mm/revでした。

  • 正面フライスの切削条件

    丸材からの六面体加工をしています.そのとき正面フライスを使うのですが,送り速度がいまいちわかりません.正面フライスの切削条件ですが, D80 送り0.2mm/rev 切削速度150m/mim 5枚刃 で加工しています.S45Cです. 回転数=80*150/320=600rpm で,送り速度は600*0.2*5=600mm/min となるかと思うのですが,これでいいんでしょうか.速い気がします.そして切削後は荒いなんてもんじゃないです. なので削るときは送りを100mm/minまで落として加工してます. 仕上げでは0.2~0.05mmの切込で切削しましたが(600送りと比べると明らかになめらかではありますが)見た感じワークの表面が曇っていてきれいになりません. いろいろ調べたところ,削りながら送りを探る,みたいなのですがベテランの方どうかご教授願います.それと,六面体加工のとき,丸材をノコ盤などで角材に近づけてからでも加工できますか?

  • グラファイト、木の加工の切削条件について

    マシニング初心者です。 エンドミルを使い木を加工しております。 木は楽器などに使われるグラナディラというものです。 (木の中では硬いほうで、加工しやすいものだと思います) 切削条件についてはメーカーカタログなどに記載されておらず、ワークの仕上がり程度や刃の状態を見て判断しています。 今のところ問題は無いのですが、一般的な木の切削条件を知りたく質問させていただきました。 また、ネットで調べると切削条件は「グラファイトと同等と考えて良い」というような情報があったので、 MISUMIのカタログ(機械加工用工具P339)のグラファイト用のエンドミルの切削条件を参考にしようと調べてみました。 その中で、刃径の大小にかかわらず回転速度は8000minで一定、送りのみを変化させている記事があったのですが、グラファイトの加工ではそういうもの(刃径に応じて回転数を変えない)なのでしょうか? ご存知の方、参考意見などありましたら、ぜひご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • 切削加工中に発生する円盤の回転トルクついて

    添付画像のような円盤にΦ25mmのショルダーミルで、下記の条件にて反時計回りに加工した場合、円盤の中心の回転トルクは何N・mになるでしょうか? 円盤はあらかじめ、幅100mm 厚み100mmの溝がある状態からの切削です。 ご回答をお願いいたします。 切削工具径方向切込み  2 mm 切削工具Z方向切込み 2 mm 主軸回転数  5000 min-1 一分間あたりの送り  2500 mm 1刃あたりの送り  0.25 mm 刃数 2 円盤中心からの最大寸法 339.336 mm 切削方向 反時計回り 加工品の材質 鋳鉄 材料係数 鋳鉄0.28 被切削抵抗 鋳鉄100

  • インコネル718のエンドミル加工

    初めて、インコネル718を三菱のMSMHD D2500(4枚刃)で加工しようとしたところ、  切削距離420mm  切削容積45cc 程度で工具寿命となりました。 加工条件はカタログ推奨値の  回転数 230min-1  送り  35mm/min  ae   25mm  ap   5mm で加工しました。 主軸はCAPTO C6 の旋盤系の5軸加工機で水溶性のクーラントを使用しています。 切削条件が合っていないのか、機械がだめなのか良くわかりません。 マシニングではもっと加工できるのでしょうか。 インコネル加工に詳しい方アドバイスをお願いします。

  • 銅合金加工

    銅合金のフェースミル加工で鏡面を出したいのですが、うまく出す事ができません。 現状は、φ80のカッタにPCDダイヤチップを付け、切り込み深さ0.01mm0.8mm、回転速度5,000min-110,000min-1、送り速度0.01mm/刃0.2mm/刃の範囲で色々切削条件を振って試しているのですが、切削面としては十分満足のいく面(面粗度1μm2μm)になるのですが、製品上鏡面状態(まさに鏡の状態)にしたいので困っております。念の為、K種超硬チップでも試してみたのですがダメでした。 銅合金の加工で詳しい方がおみえでしたら、是非おしえて下さい。 宜しくお願いします。

  • sus630のドリル加工についての質問です

    はじめまして。 SUS630の析出硬化処理(H1025)済みの材料に、 Φ12の穴を深さ2Dあけたいのですが、 どなたか、良い工具を御存知の方教えていただけないでしょうか?。 コバルトハイスドリルにて、切削速度7m/min 送りは回転数*0.1、切り込み2mmずつステップ、外部給油にて加工しましたが、 加工に時間がかかりすぎ、また、先端部に欠けが生じてしまいました。 もしよろしければ、この切削条件へのアドバイスもいただけないでしょうか?。

  • 技能検定 1級

    平成18年度のマシニングセンタ1級のペーパーテストで問題5の答えの出し方を教えて頂ける方よろしくお願いします。 ドリル、タップ加工における切削長さ(mm)と切削時間(min)の求め方をお願いします。 条件 ドリル:φ6.8mm 2枚刃 タップ:M8×1.25 食付き長さ2.5山 板厚:20mm×4個穴通し アプローチと逃げ量:2mm  工具   切削速度 主軸回転数 1刃送り量  切削送り速度 ドリル  60m/min   2800min-1   0.1mm/刃   560mm/min タップ  10m/min    398min-1    ―     498mm/min です。 この時のドリル、タップの切削長さ(mm)と切削時間(min)の求め方が分かりません。 ちなみに協会発表の答えは ドリル  104mm   0.19min タップ  217mm   0.44min です。 よろしくお願いします

  • むしれ(ささくれ)の出る条件について

    初歩的な質問だと思いますがアドバイスをお願いします。 金型の加工で加工の仕上り面がささくれたようになる現象がおこりますが、この現象が起こる条件や加工条件の限界点等がありましたら教えていただきたいです。 ちなみに、被削材はSKD61、SKT4で、TialNコートのボールエンドミルを使用しています。 加工条件は周速と実切削工具径によって決めています。ここで、送り速度を決定するのですが Vf(送り)=n(回転数)X Z(刃数)X Fz(一刃当りの送り量) この場合にFzの数値を上げすぎると表面が粗くなったりささくれたような現象が現れます。 ちなみに現在のFzは0.2です。

  • むしれ(ささくれ)の出る条件

    初歩的な質問だと思いますがアドバイスをお願いします。 金型の加工で加工の仕上り面がささくれたようになる現象がおこりますが、この現象が起こる条件や加工条件の限界点等がありましたら教えていただきたいです。 ちなみに、被削材はSKD61、SKT4で、TialNコートのボールエンドミルを使用しています。 加工条件は周速と実切削工具径によって決めています。ここで、送り速度を決定するのですが Vf(送り)=n(回転数)X Z(刃数)X Fz(一刃当りの送り量) この場合にFzの数値を上げすぎると表面が粗くなったりささくれたような現象が現れます。 ちなみに現在のFzは0.2です。