• 締切済み
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:切削条件の言葉がよくわかりません)

エンドミルの切削条件について

このQ&Aのポイント
  • エンドミルの切削条件についてわからない
  • 三菱のエンドミルでステンレス鋼を切削したいが、カタログの条件に迷っている
  • エンドミルの回転数を求める方法と、アルミの切削条件について知りたい

みんなの回答

noname#230359
noname#230359
回答No.4

いろいろな方が説明されていますので、問題を解決したと思います。 一般に、各メーカーのスローアウェイ関連の推奨切削条件は 切削速度(Vc:m/min)で推奨しますが、この超硬ソリッド工具は 回転数(n:min-1もしくはrpm)で推奨されています。 これは、超硬工具関連は切削速度ですが、ハイスメーカーからは 各エンドミル径により回転数を推奨していたために、この傾向になっているそうです。 また、参考に送りのスローアウェイカッターは刃当り(fz:mm/刃)で、 ソリッドエンドミルはテーブル送り(Vf:mm/min)です。 使う側からすれば、いろいろ問題あると思うので、統一してほしいですね!

noname#230358
質問者

お礼

なるほど、そういった違いがあったのですね。参考になりました! ホントに統一してもらえると助かります。 ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.3

 どうして三菱に聞かないのですか?カタログの巻末に技術相談のフリーダイヤルが載っているはずです。

noname#230358
質問者

お礼

はい。載ってますね。 この時には大至急回答が欲しかったのです。 メールや電話で調べてもらってる暇がなく、こちらに望みをかけた次第です。 回答を頂きたかったのですが、アドバイス、ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.2

総合カタログを見ましたが、ステンレスの推奨条件が掲載 されておらず不親切ですね。 4,500min-1(回転)は、プリパードン鋼の側面切削で 径方向の切り込みが0.5mmの時の推奨条件なので切削速度 (4,500×10×3.14÷1,000=140m/min)が高めに設定されて いるようです。 切削形態(側面加工or溝加工)、切り込み量(径方向,深さ方向)で 切削条件は異なります。 回転速度(回転数)1,600~2,200min-1(=切削速度50~70m/min)、 刃当たりの送り速度0.04~0.06mm/刃ぐらいからトライされたら いかがでしょうか。 なお、コーティングされているエンドミルなので、アルミ加工 の際は切刃への溶着が問題となります。 クーラントをタップリと掛けることを前提とすれば、回転速度は エイヤの一声で4,000~6,000min-1ぐらいでしょうか。

noname#230358
質問者

お礼

やっぱり不親切感がありますよね。 でもおかげ様でおおよその切削条件がわかりました。 ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#230359
noname#230359
回答No.1

4500(min-1)の”min”は時間の分のことです。 -1は,マイナス1乗のことですから,全体で1分あたり4500という意味です。 4500rpm(1分あたり4500回転)を示しています。

noname#230358
質問者

お礼

ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • グラファイト、木の加工の切削条件について

    マシニング初心者です。 エンドミルを使い木を加工しております。 木は楽器などに使われるグラナディラというものです。 (木の中では硬いほうで、加工しやすいものだと思います) 切削条件についてはメーカーカタログなどに記載されておらず、ワークの仕上がり程度や刃の状態を見て判断しています。 今のところ問題は無いのですが、一般的な木の切削条件を知りたく質問させていただきました。 また、ネットで調べると切削条件は「グラファイトと同等と考えて良い」というような情報があったので、 MISUMIのカタログ(機械加工用工具P339)のグラファイト用のエンドミルの切削条件を参考にしようと調べてみました。 その中で、刃径の大小にかかわらず回転速度は8000minで一定、送りのみを変化させている記事があったのですが、グラファイトの加工ではそういうもの(刃径に応じて回転数を変えない)なのでしょうか? ご存知の方、参考意見などありましたら、ぜひご教授ください。 よろしくお願い致します。

  • 超硬工具の切削条件について

    いつもお世話になっております 今回は超硬工具の切削条件についてご教授いただきたいです 現在、アルミブロック材(主に2000系・7000系)の削り出しの仕事が増えてきました ポケット加工が多いのですが、底面にR1.5が付いています そこでΦ10でコーナーRが付いたラジアスエンドミルで加工しています ただ、ラジアスエンドミルの加工条件がカタログにはアルミの欄がないことが多く、 炭素鋼やステンレスの条件しかありません アルミ用のラジアスエンドミル自体ほぼないのでこれらの工具を使っていますが、 このように切削条件がわからない時は何を参考に決定していますか? 以前メカトロでいろんなメーカーに直接聞いたことがありますが、「とにかく速い回転で…」と曖昧な回答が多かったです 技術者よりも営業の人だったのかもしれませんが・・・ 現場の方の意見も聞いてみたいので質問させていただきました 機械は25000回転まで回ります 宜しくお願いします

  • 加工条件の考え方について

    マシニングによる適正な切削条件の考え方をご指導いただきたいです たとえばφ50の4枚刃フェースミルでワークはアルミ 加工方法は複合機でφ90丸棒を角に削ります 工具のカタログでは 切削速度m/min「650(300-1000)」 1枚刃当たりの送りmm/tooth「0.12(0.05-0.2)」 でした 工具回転速度は (1000X切削速度)÷(3.14X工具の切れ刃径) なので (1000X650)÷(3.14X50)=4140min-1 送り速度は 1枚刃当たりの送りX工具の刃数X工具回転速度 なので 0.12X4X4140=1987.2mm/min 回転数が4000ぐらいなのはわかるんですが、送りが2000弱って早いですよね? そもそも1枚刃当たりの送りが0.05~0.2を計算すると828~3312と範囲が広すぎてよくわかりません 皆さんはどうやって加工条件を決めてますか? もちろん切削深さなども考慮しないといけないことはわかるんですが、 今回は40mm幅を深さ3mm削ろうと思います

  • アルミ加工の切削条件

    樹脂の加工をメインにしております。 今回、初めてアルミの加工をマシニングにてすることになったのですが、 既にエンドミルを数本折ってしまっています。 加工内容は、2ミリの角材パイプに穴などを切り抜くといった単純な加工です。 切削条件としては、2ミリのエンドミルで回転数9000(MAX10000回転)、 送り速度200~350、切り込み量は0.3mm~0.4mmです。 樹脂に比べて慎重にやってるつもりですが、それでも途中で折れてしまうことがあります。 エンドミルは樹脂用の超硬を使用しています。 最終的には上記の条件で大丈夫だと思ったのですが、一時間くらいしたら やはりエンドミルは折れてしまいました。 よろしければ加工条件にアドバイスを下さい。 どうぞよろしくお願いします。 補足ですが、クーラントはエアーのみで切削油が使える仕様ではありません。 仕上がり具合もきれいとは言えず、バリもかなり出てしまいます。 アルミ製品のバリの仕上げ方法も合わせてご指導いただければ助かります。

  • 切削条件

    メーカーカタログの切削条件を参考に 加工してるのですが、 例えば、溝加工をしていて、カタログには、 切り込み量が、0.5Dとします。 10パイのエンドミルであれば、5mmまで 切り込んで加工ということになると思うのですが、 切り込み量の範囲以内であれば、切削条件は、一緒で いいのでしょうか? それとも切り込む量が多いほど、条件を落とした方が いいのでしょうか? ちなみに、条件を落とす場合、回転数と切削速度を 一緒に落とすのか、どちらかだけを落としたほうが、 いいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • CBN エンドミル 超硬加工の切削条件

    CBNのエンドミルで超硬のワークを加工したいのですが、カタログを見てもHRC70位までしか条件が載っていません。 加工条件はカタログ値の何%にしたら良いですか。 回転数 送り速度 切り込み量 を教えてください。

  • アルミ切削条件について

    初歩的な内容になりますが、教えて頂きたくお願い致します。 今までは、薄いアルミ合金材(6063)を、1枚刃各工具径にて切削していましたが、この度90×120のアルミ合金材を溝切削と側面切削を繰り返して、50mmの深さまでの溝にする切削が発生いました。 そこで、工具メーカーに問い合わせたところ、φ20の3枚刃を使用するにあたり、回転速度4800(min⁻1)、送り速度2400(mm/min)、切り込み深さap30mm、ae4mmとの回答を得ました。 送り速度2400の速さで作業をした事が無いので、速過ぎないかと不安に感じております。 推奨切削条件などがあれば、教えて頂いたくお願い致します。

  • ヘリカル切削について

    今年に入って、CADを購入しました。 ヘリカル切削というものが、あることを知り、 試してみたいと思っているのですが、 切削条件がわかりません。 切削速度と送りは、どの程度で、加工したらよいでしょうか? カタログの切削条件からでも、参考になりますか? ちなみに、工具は、超硬など、刃数が多いほうが 適していますか? よろしくお願いします。 材料は、S45Cです。

  • アルミの切削条件が記載されていない場合の切削条件

    MISUMIやOSGのエンドミルを使ってマシニングで切削していますが、アルミも切削可のエンドミルで切削条件にアルミ合金がない場合があります。 この場合にアルミ合金(2017や7075)を切削する場合、回転数と送りをどのように計算すれば良いのでしょうか?

  • 切削目の粗さについて

    5面加工機で切削した箇所の切削目の少なくなる加工方法を教えてください。 図面指示にあるRa6.3(▽▽)は精度的に出来ています。 しかし、切削目が均一に出ておらず見た目が良くないと顧客に言われ困っています。 段差がある部分の加工のためエンドミルで加工しており又材質はSS41のためか所々「むしり取ったような」箇所があり、フルバックの刃で切削したような面の均一さは出ません。また構造上ビビリが発生しやすくうまく出来ないと加工先から言われております。 加工方法、切削条件を調整する範囲でクリヤーできるものなのでしょうか? 現在の切削条件は(エンドミル) 1.仕上げ加工時:主軸回転数(500RPM)送り速度(200ミリ)削り代0.05  (2回かけている) 2.荒仕上げ  :主軸回転数(500RPM)送り速度(300ミリ)削り代0.5から1 3.切削する面の長さ:約2600mm3000? となっています。なお荒削り時の目の粗さが仕上げ時に残っているのでは?  との疑問もあります。 何か良い方法があればご指導ください。

このQ&Aのポイント
  • ISO9001記録管理は、品質管理システムの一環であり、管理体制やプロセスの適正な運用を確保するために重要です。
  • 文書には様式NOをつけて、最新版管理することが一般的ですが、記録管理については、必ずしも様式NOをつける必要はありません。
  • 記録する書式は、適切な情報を記録するためのものであり、様式NOの有無はその使用者の判断次第です。
回答を見る