• 締切済み
  • 困ってます

クーラント(切削油)の使い分け

クーラント(切削油)についてです。 大きく分類して、水溶性と油性クーラントがあります。 それぞれの使いわけのポイントを具体的に教えてください。 susなら油性クーラントの方がいいと聞きました。 根拠を教えてほしいです。 例 材種、加工方法など

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1392
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3
  • oogui3
  • ベストアンサー率100% (1/1)

コストと安全性から出来るだけ水溶性を進めています。 SUSは熱伝導率が低く刃先に熱が溜まる為、潤滑性と 極圧性に優れた硫黄系添加剤を含む油性を使用する場合が 多くあります。

参考URL:
https://www.yushiro.co.jp/pdf/catalog/products_il/yushironcutoil_15.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

機械は何ですか? 一般論で宜しいでしょうか? フルカバーのNC旋盤、マシニングであれば基本は水溶性です 高速高送りで発生熱量が大きいので油性は火事の危険性が伴うので余程の理由が無いかぎり使わないです 可能なかぎり高圧で量も出るところも刃先にして冷却性重視し エマルジョンを濃いめに使えばかなりの重切削も可能です ステンレスは熱伝導性が悪く刃先温度が上がり刃の硬度が落ちるのですが 先に言った方法で対策します 非NCであれば油性は良く使いますし切削性も良いと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • okvaio
  • ベストアンサー率29% (1234/4152)

水溶性と油性のクーラントの違いは、冷却性を取るか、切削性なのかで 決まると思います。 これは、被工作物の材質の違いによるものですが、加工機・加工方法に よっても異なると思います。 例えば、切削加工なのか、研削加工なのか、それ以外なのかです。 以下は、それらをまとめて書かれていますので、参照して下さい。 https://www.juntsu.co.jp/cuttingguide/sentei1.php 尚、油性の場合、加工時の煙も問題になりますので、排煙装置など を考慮する必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • クーラントについて

    お世話様です. 以前,水溶性・油性クーラントの切削油について質問させていていただきました.回答いただいた方ありがとうございました. http://mori.nc-net.or.jp/EokpControl?&tid=234217&event=QE0004 私は水溶性クーラントを使用しています.ここで再度クーラントについてお聞きしますがタップ加工の場合は水溶性・油性どちらが好ましいのでしょうか.タップスプレー等もあるようですが・・・ 被削はSUSやAlとかで,並目M3(比較的小径)くらいしかきりません. クーラントは,被削材や,ネジ径によるのでしょうか.回答よろしくお願いします. (とりあえず知識として知っておきたいので.たとえばマシンを小径用・大径用と使い分けるなら別ですが,クーラント入れ替えだけでも大変ですからね)

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 切削油の選び方

    これから、鉄・ステンレスを加工したいのですが、切削油はどのようなものが適しているのでしょうか?旋盤加工の本でも調べてのですが、油性のほうが良いのでしょうか。使い勝手的には水溶性のほうが使いやすさ、経済性からいっても良さそうですし、どうなのでしょうか。

  • 切削油教えてください

    水溶性の切削油で旋盤加工をしています。被削材はアルミ、鉄、ステンレス何でもあり。一般的ですが以下の点で悩んでいます。1)手荒れ 2)錆 3)泡立ち  現在は某メーカーのソリュブルタイプで¥15000/18L位の物を使っています。 金に糸目をつけなければ何でもあるらしいけれど、そうもいきません。手荒れなど は個人差があるとはいいますが何か万能な切削油は無いものでしょうか?教えてください。

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • シンセティックタイプなどの切削油とは?

    今は、シンセティックタイプなどの切削油が出回ってる様ですが、性能は如何なんでしょうか?コスト面は?管理方法は?是非、お教え願いたいです。  私どもの会社では、水溶性切削油(エマルジョンタイプ)を使用しています。大隈のCNC旋盤を使用して主にSUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、を加工しています。黄銅を加工するときは、切削油は、使用していません。 SUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、全部に使用できる水溶性切削油は、あるんでしょうか? あれば上司に掛け合ってテストしたいと思います。

  • 切削油

    汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?

  • 深穴加工時の切削油

    初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。