• 締切済み
  • 困ってます

シンセティックタイプなどの切削油とは?

今は、シンセティックタイプなどの切削油が出回ってる様ですが、性能は如何なんでしょうか?コスト面は?管理方法は?是非、お教え願いたいです。  私どもの会社では、水溶性切削油(エマルジョンタイプ)を使用しています。大隈のCNC旋盤を使用して主にSUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、を加工しています。黄銅を加工するときは、切削油は、使用していません。 SUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、全部に使用できる水溶性切削油は、あるんでしょうか? あれば上司に掛け合ってテストしたいと思います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数816
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

◆シンセティック(合成)品は、まさに化学合成品です。簡単に言えばロングライフクーラントの兄貴分みたいな物です。水に完全に混じる為、浸透性が良い事、当然、水に近いのですから冷却性高いとなります。だから、管理面は楽です。水を先にいれようと、原液を後にいれようと混ざります。潤滑油(鉱油)とは反発しあって混じり難い特徴があります。但し、原料背景から塗装・プラスティック・シール材に影響が出ます。液投入後に、塗装面に艶が無くなり、クラック部分より浸透したら大変、塗装膜が剥がれてきます。前投稿者から、シンタイロ9954と特定の製品名が出てきていますが、まさに先駆者です。(塗装面への影響が出ましたのも、、) 万能タイプと称する製品が多く出回っていますが、アルミ・亜鉛・銅に影響が出る場合がありますので、内容成分に非鉄金属防食剤が添加されていれば、まさに対象金属は選びません。(総てに適用されます。) ◆高性能で対象金属を選らばず、使用できる製品と言えば、BlaserSwissLubu社・Vasco1000MD成るものを推薦しますが? エマルジョン・植物油ベースとの事です。 http://www.blaser.com のホームより該当国のフラッグをクリックすれば情報が得られると思います。日本国内においては、地区別代理店を契約の上、設置していると聞きます。出来る限り短いルートでの取引を希望であれば問い合わせした方が無難かと思いますが?

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

森の番人サン 回答ありがとうございます。 BlaserSwissLubu社の製品は、以前から興味がありましたが、BLASER SWISSLUBE JAPAN しか取り扱ってないんですかね? 他でも取り扱っているんですか? 森の番人サン 回答ありがとうございます。 BlaserSwissLubu社の製品は、以前から興味がありましたが、BLASER SWISSLUBE JAPAN しか取り扱ってないんですかね? 他でも取り扱っているんですか?

関連するQ&A

  • マシニングセンタの切削油について

    さまざまな回答ありがとうございました。 結論として、油性の切削油でも問題はないということでしょうか? 水溶性の切削油を過去に使用したことがあるのですが、アルミ切削や鉄の穴明け加工には適してるのですが、リーマ加工やタップ加工にはどうなんでしょうか?後、エンドミルの超硬での加工には寸法精度が安定して決まらないということが多々ありました。何かアドバイスありますでしょうか?よろしくお願いします。

  • 切削油の選定

    切削油について教えて下さい 当方、今回はじめてNC旋盤を導入いたします(その他機械加工もやっていませんでした) そこで、導入する際取引商社から、切削油は何にしますか? エマルジョン?ソリュブル?と言われ困っています。 被削材は 主に SUS316L・SUS304等で、ハステロイ等も削る予定です。 旋盤は マザックのクイックターンネクサス250です。 無人運転はしません。 どんな切削油がいいのでしょう?お教え下さい 後、切削油と言うのはちょっと他のも使って見たいからと言って交換する事はできるのでしょうか? お聞かせ下さい

  • BLASER SWISSLUBE の水溶性切削油…

    BLASER SWISSLUBE の水溶性切削油を使用している方いますか? BLASER SWISSLUBEの水溶性切削油を調べていますが、あまり情報がありません。 当方、SUS316、黄銅、鉄をNC旋盤で加工しています。  どなたか BLASER SWISSLUBEの水溶性切削油を使用している方が、居ましたら感想をお聞かせください。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

シンセティックタイプの切削油として、カストロールのシンタイロ9954がなんと言っても、業界の草分けではないでしょうか。これは、バンストラッテンを買収による技術かと思われます。これに対抗して各社のものが競争に入ったといったところです。 大同化学工業のシミロン SCF-500が性能、加工できる材料の幅、ともによろしいかと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

szk7733サン 回答ありがとうございます。 大同化学工業のシミロン SCF-500も調べてみたいと思います。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 基本的には銅系ワークで使用するなら、銅の溶出や腐食を起こさない油成分を採用する必要があります。界面活性剤の成分によっては銅を溶かすので、溶出を起こさない事を前提とし、その上で鉄系やSUSの切削に使用できるか?ということになるかと思います。 私も以前に異種材料混合のワークを一つのM/Cで加工したく探した事があります。その時はユシロ化学のFGE340を採用しましたが、鉄・鋳物・AL・SUS・銅系ワークを加工していても問題ありません。他メーカーでもあると思いますので探してみると良いと思います。 シンセティックの方ですが、 ご存じのように切削油の主成分は、「油」と「界面活性剤」です。シンセティックはこの「油」の成分を従来の鉱物油→化学潤滑剤に変更したものです。 特徴としては、 ?浸透性が高いので冷却効果が高い ?化学潤滑剤の為、バクテリアが発生しにくく耐腐敗性が高い ?潤滑性に劣る ?コストが高い 等があります。 コストは化学潤滑剤ベースなので高価ですが、希釈倍率を鉱物油ベースよりも薄く使用できますので、トータル的には微妙なところです。 あと、注意が必要なのは浸透性が高いため、設備の塗装膜やシール部に進入し悪さをする可能性があります。(塗膜はがれ、クーラント侵入による設備故障)古い設備で切り替える時は気にする必要があるかもしれません。 メモ的に列挙しましたが参考になれば幸いです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱりものづくりサン 回答ありがとうございます。非常に参考になりました。 ユシロ化学のFGE340を、問い合わせてみます。  シンセティックにも、興味があったんですが塗装剥離などのダメージを考えると使いづらそうですね。   今回、初めての投稿でしたがこれからもちょくちょく伺いますのでヨロシクお願いします。 

関連するQ&A

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • 切削油の選び方

    これから、鉄・ステンレスを加工したいのですが、切削油はどのようなものが適しているのでしょうか?旋盤加工の本でも調べてのですが、油性のほうが良いのでしょうか。使い勝手的には水溶性のほうが使いやすさ、経済性からいっても良さそうですし、どうなのでしょうか。

  • 切削油教えてください

    水溶性の切削油で旋盤加工をしています。被削材はアルミ、鉄、ステンレス何でもあり。一般的ですが以下の点で悩んでいます。1)手荒れ 2)錆 3)泡立ち  現在は某メーカーのソリュブルタイプで¥15000/18L位の物を使っています。 金に糸目をつけなければ何でもあるらしいけれど、そうもいきません。手荒れなど は個人差があるとはいいますが何か万能な切削油は無いものでしょうか?教えてください。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 深穴加工時の切削油

    初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。

  • ジュラロンという切削油について

    どなたか、ジュラロンという日立精機マシニング専用に作られた 「MLO731H」という油を使用している方はいらっしゃいませんか? なんでも潤滑油と水溶性切削油がひとつの油で兼用できると言う油らしいの ですが、周りに誰も使っている同業者がいないので、真偽のほどが・・。 SS材でもアルミでもSUS304でも材質を問わずに使用できるのでしょうか? SS400のような生材にリーマ加工やネジ立てしてもかじらないで 加工出来ますでしょうか? メーカーの能書きではなく実際のところを知りたいのです。 一般的な水溶性切削油に比べて価格が高いということですが ペール缶一個あたりいくらなのでしょうか? 匂いなどはありませんか?手は荒れませんか?腐りませんか? 使用されている方がいましたらよろしくお願い致します。

  • クーラント(切削油)の使い分け

    クーラント(切削油)についてです。 大きく分類して、水溶性と油性クーラントがあります。 それぞれの使いわけのポイントを具体的に教えてください。 susなら油性クーラントの方がいいと聞きました。 根拠を教えてほしいです。 例 材種、加工方法など

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう