• ベストアンサー
  • 困ってます

切削油

汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数407
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

「油溶性」と称するものはなくて単に切削油、または油性切削剤と 呼ぶと思いますが・・多分、現在お使いのものがそうじゃないかと。 水溶性の方はその名のとおり、大量の水で薄めて使うもので、 ランニングコストが安い、水ベースなので冷却力が強い、切り粉が 燃える心配がない、といったものです。 あの・・マシニングセンタなんかでダバダバ液を流しながら削ってるのは ご存知ですよね?あれの原液ですけど?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

関連するQ&A

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 切削油教えてください

    水溶性の切削油で旋盤加工をしています。被削材はアルミ、鉄、ステンレス何でもあり。一般的ですが以下の点で悩んでいます。1)手荒れ 2)錆 3)泡立ち  現在は某メーカーのソリュブルタイプで¥15000/18L位の物を使っています。 金に糸目をつけなければ何でもあるらしいけれど、そうもいきません。手荒れなど は個人差があるとはいいますが何か万能な切削油は無いものでしょうか?教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

何か議論が白熱していますが・・。 質問者にとって少し難しいように思います。 私が経験から考える水溶性と油溶性の違いは 水溶性:冷却に優れているが、油溶性に比べて刃の持ちが悪い。 (つまり重切削には向いていない)環境にやさしい。 油溶性:冷却もするが、それより切削性や刃物の耐久性を重視している。 最近では廃油にしたとき処理代に絶対に費用がかかる。 最近では環境問題が重視される時代になってきましたので、水溶性が増えてきているように思います。 最近の水溶性は一昔前の油溶性とあまり性能が変わらなくなってきているとも耳にします。 今の時点でどちらにしようか考えておられるならば水溶性が良いのではないでしょうか。ただし、注意してください。工作機械によっては油溶性でなければいけない場合がありますので、機械の説明書で確認するか機械メーカーに必ず確認をしてから購入してください。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

こんにちは。今は水溶性がかなりをしめてるかと思われます。 重切削やるには油のほうがいいとは思いますが、なにぶんにも ベトベトしますし、引火の心配も若干ありますし、 機械のためにはサビ等を考慮した場合は 油をつかいますが、水溶性でもいいのがありますよ。 シミ、変色に注意しないといけないのもありますが、特に エマルジョン系などは調べないといけないかと思いますが。 うちの会社では水溶性がほとんどです。今はMCなどミスト のも出てきてます。環境や、体を考えたら水溶性がいい 気もします。刃物も昔よりかなり水溶性でももちますし。 ・・・今年は来月かな?に確か見本市がる年ではないかと思います 刃物、切削水等参考にされてはどうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ども、旋盤屋をやっております。 言葉遣いががワイルドすぎるようですけど、 ひげ仙人さんのおっしゃるとうりでしょう。 切削油って言うくらいなので、基本は油ですね。 それに対しての水溶性切削油(水にとける油という不思議な物)です、 だから油溶性っていうのはあまり意味が無いですね、 例えば、高濃度の特殊成分を含んだ原油材を、 安いスピンドル油あたりで希釈するなんて事なら有りでしょうけど、ちょっと聞いた事無いです。 あ、思い出しました……逆ですね、それは原油材ではなく添加剤です。 うちはいぜんNC旋盤用にスピンドル油へタッピングオイルを混ぜて使ってました、 これって、タッピングオイルをスピンドル油で希釈してるってことですよね。

参考URL:
http://www.juntsu.co.jp/Lub-Guide/sessakuyu/sentei1.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

 回答ではありませんが、回答(2)があまりに酷い内容なので突っ込ませてください。 >水溶性の正式名称?は水溶性切削油剤です。油剤という書き方をする以上わかるかとは思いますが、ベースは鉱物油や合成油です。  ベース(成分?)が油だけとは限りません。ご自分でも書いておられますが、ソリューションて水溶液ですよ?  JISにも「A3種 水に溶ける成分からなり、~」という区分があります。 (JIS k2241) >要するに水と油の比重を近づけて、あたかも水に混じってるようにみせかけてる  全然違うでしょ。どこでこんなわけ分からん説明を仕入れたのですか? >また、切削油剤には、この水溶性と不水溶性<油性という言い方はふつうはしません・・・以外にグリコールエチレンなどを基材にする難燃性というものが存在します。  日本語がおかしいです。また、メーカーによっては油性切削油、と表現しているメーカーもありますよ。 http://www.amada.co.jp/amc/BLADE/OIL25.htm >前の方も書いておられますが、若干間違ってる部分もあるので訂正しておきます。まず、冷却能力ですが、同量の不水溶性と水溶性であれば、不水溶性の方がはるかに冷却能力をもっています。  あなたのほうが間違っていますよ。冷却能力は水溶性の方が高いです。 >冷却のメカニズムは、水溶性切削油剤の場合は、基本的に水の気化熱で冷却をします。  なぜこのように思ったのですか?水溶性の場合、水の気化熱が冷却に与える影響も多少はあるでしょうが、ほとんどは対流熱伝達による熱の移動でしょう。だから油より、流動性の高い水のほうが冷却能力に優れます。 >水溶性でもほとんど水を使わずに冷却すれば、難燃性や不水溶性に近い性能になります。 切削油が少ないほうが冷却能力が高いということですか?そんなわけないでしょう。 >一方、不水溶性切削油剤の場合はメインになっているものが、いわゆる「油」ですので、これは蓄熱していきます。 油の何ですか?全然説明になっていません。また、水だって蓄熱します。 >また重切削になってきたりしますと、切削油剤に求められるものが冷却能力以外にもいろいろとでてきますので、 重切削でなくても切削油の潤滑作用は重要な要素だと思いますが。 以上です、余計なことしてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

水溶性の正式名称?は水溶性切削油剤です。油剤という書き方をする以上わかるかとは思いますが、ベースは鉱物油や合成油です。さらに、水溶性という書き方をするのが諸悪の根源だったりしますが(ぁ、水に溶ける油というものは存在しません。水溶性切削油剤というのは、界面活性剤という、まあ、一般にいえば石鹸の元みたいな溶媒を入れて、親和性と言ったりするのですが、要するに水と油の比重を近づけて、あたかも水に混じってるようにみせかけてる切削油剤なのです。 また、切削油剤には、この水溶性と不水溶性<油性という言い方はふつうはしません・・・以外にグリコールエチレンなどを基材にする難燃性というものが存在します。 前の方も書いておられますが、若干間違ってる部分もあるので訂正しておきます。まず、冷却能力ですが、同量の不水溶性と水溶性であれば、不水溶性の方がはるかに冷却能力をもっています。これは冷却のメカニズムが違うためなので、水溶性でもほとんど水を使わずに冷却すれば、難燃性や不水溶性に近い性能になります。 冷却のメカニズムは、水溶性切削油剤の場合は、基本的に水の気化熱で冷却をします。このため、工具やワークを冷却するのに大量の切削油剤をかけてやる必要があります。汎用旋盤や汎用フライス盤では「イケス」が必要になる場合が多いので、あまりおすすめできません。 一方、不水溶性切削油剤の場合はメインになっているものが、いわゆる「油」ですので、これは蓄熱していきます。一般的に「油」は粘度が高いものほど熱をためにくいので、重切削に向いています。ただ、蓄熱していくという性質のため、気化すると「引火点」という状態になり、近くに火種があると一気に燃えてしまうという危ない状態になりやすいのが欠点です。 一概に水溶性切削油剤といっても、ケミカルソリューションタイプ、ソリューションタイプ、マイクロエマルジョンタイプ、エマルジョンタイプなど、用途によっていろいろな種類があります。また重切削になってきたりしますと、切削油剤に求められるものが冷却能力以外にもいろいろとでてきますので、使用に関しては専門家に意見を聞いた方がいいと存じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました、水溶性を買いました。

関連するQ&A

  • 切削油の選び方

    これから、鉄・ステンレスを加工したいのですが、切削油はどのようなものが適しているのでしょうか?旋盤加工の本でも調べてのですが、油性のほうが良いのでしょうか。使い勝手的には水溶性のほうが使いやすさ、経済性からいっても良さそうですし、どうなのでしょうか。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!…

    至急! リーマ加工と切削油について教えて下さい!!! リーマ加工と切削油について至急お答え頂きたいと思います! 質問:20mmの穴をあけるとします。次の??の場合。 ?不水溶性 切削油(油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、19.9・・になった。20mmより小さくあいた。 ?水溶性 切削油(水+油系)で、穴をあけたら、20mmではなく、20.1・・になった。20mmより大きくあいた。 ☆この二種類の切削の穴になるのはどうしてですか?至急、どなたか、ご回答をお願い致します。☆

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • 植物性の水溶性切削油って優しいの?

    最近の疑問。 つまらない事ですが判断が付かず困っております。 会社で「地球環境に優しい」をキーワードに水溶性切削油を探そうとしています。が・・・・? 機械メーカーは、植物性の切削油は環境・人体に安全性が高いと言っておられました。 しかし、カタログ上では植物油が45%でした。これって植物油性の水溶性切削油と解釈して良いのでしょうか? その他が55%(半分以上)なので疑問です。植物性油高含有の水溶性切削油でなないのでしょうか? しかも、水で20倍に薄めておりますので。・・・・? 地球規模から植物もバイオ燃料とやらで相場高騰しているし、沢山栽培しようとすると森林伐採にも繋がり Co2が増え温暖化にもなるし。 こう考えると、今の鉱物油水溶性から変える必要がないのではと。 考え過ぎでしょうか。

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • シンセティックタイプなどの切削油とは?

    今は、シンセティックタイプなどの切削油が出回ってる様ですが、性能は如何なんでしょうか?コスト面は?管理方法は?是非、お教え願いたいです。  私どもの会社では、水溶性切削油(エマルジョンタイプ)を使用しています。大隈のCNC旋盤を使用して主にSUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、を加工しています。黄銅を加工するときは、切削油は、使用していません。 SUS316、黄銅、鉄(SCM45、SUJ2)、全部に使用できる水溶性切削油は、あるんでしょうか? あれば上司に掛け合ってテストしたいと思います。

  • 水溶性切削油用バルブについて

    現在、7%水溶性切削油を循環させる装置を設計しています。 水溶性切削油でも使えるポンプは見つけたのですが、 電磁弁がなかなか見つかりません。 どなたか水溶性切削油でも使える電磁弁をご存知ありませんか。 回答をよろしくお願い致します。 申し訳ありません。 上記のバルブは電磁弁ではなく、 リリーフバルブとのことでした。 どなたかご存知の方、回答をよろしくお願い致します。

  • 切削油に入れる防錆油

    焼結材をNC旋盤にて加工しております。 時期等にもよりますが、稀に製品に錆が発生します。 (平均すれば1万個に1ヶない程度、まとめて発生) 焼結のポーラスに素材状態で錆がでている場合もあるものの、加工面に錆がでている場合もあり、何とか減らす事ができないか検討しています。 ふと思ったのですが、切削油にいれる防錆剤(油?)みたいなものはあるのでしょうか?水溶性の場合は添加剤としていれるケースは珍しくないかと思いますが、油性の場合はどうなんでしょうか? もしご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けないでしょうか?