• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

水溶性切削油について

皆様お世話になっております。 くだらない質問なんですが、今使っているNCフライスは説明書には”水溶性切削油は使えません”となっているのですが、作業者は水溶性切削油を使いたがっています。 水溶性切削油を使える機械と使えない機械の違いは何なんでしょう。 単純に錆びるからとしか説明出来ません。 また、もし使えるとしたら良い水溶性切削油のサイトご存知でしたらご教示お願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1054
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#230359
noname#230359

> 水溶性切削油を使える機械と使えない機械の違いは何なんでしょう。 1、潤滑油と切削油が分離回収される構造。 2、水溶性に耐えられる塗装。 3、摺動面やガイド、ボールネジ部、配線部に切削油が入り込まない構造。(錆が発生するので) まあ、他の方の回答とダブりますが、基本的にはこんなところじゃないでしょうか。 前に2R-NC使っていましたが分離タイプではないですよね。潤滑油はベースの切削油タンクに溜まります。 #6の方も言われてますが、外部タンク式に改造しないと潤滑油の分離回収が難しいと思います。 私の所でも、同メーカーのMCを2年位前から加工品の都合により仕方なく水溶性にしています。 (一応、潤滑油分離される構造ですがが完全ではないのですが) 塗装は同じ様なものかと思いますので、カバー隅部等の塗装が弱い所は浮いて剥がれます。 今のところ、目に見える範囲では目立った錆は出ていません。(カバーの被っている所は確認していませんが) 良い点は、 1、作業性が良い。 2、冷却効果が良い。 悪い点は、 1、切削油購入費の上昇。(油性より高価なうえに、年間購入数も増える) 2、濃度管理が必要、補充回数が多い。(薄過ぎればあっという間に錆が発生。また、治具や敷板管理も必要) 3、タンク内の潤滑油分離が面倒。(できれば毎朝、油吸着パッドなどでタンク内潤滑油回収した方が良い) 4、バイスなどへの汚れ付着。(水垢?) 5、工具の消耗が早い。 > 作業者は水溶性切削油を使いたがっています。 密閉カバー型は蒸発量は少ないようですが、開放型では補充など維持管理は油性の場合より大変だと思います。 また、油の分離は定期的にやっていないと油性の場合より作業性が悪くなる恐れがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明を頂き大変参考になりました。 ありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

機械のベースの中に切削油タンクがあって、スライドの潤滑油も そこに落ちるのではと思います。一週間に1リットルの潤滑油が 水溶性切削油の中に入るとすごいことになると思います。 水溶性のタンクを別にもうけて、テーブル上から落ちた水溶性切削油も 受けるように改造すればいけると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

改造アドバイスまで頂きありがとうございます。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

マシニングではなく、NCフライスとことわってるのが気になるのですが。 大隈豊和 2R-NCの詳細はわからないのですがフライスがベースの機械ですと切削油(液)と潤滑油の受け皿が区別されてない可能性があります。 また水溶性切削油は塗装を痛めるので塗装の種類が問題になるかも、さらにポンプ系のパッキング等も注意しないといずれにしろメーカーに聞くのが一番。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 参考にさせていただきます

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

水溶性切削油の欠点は水で薄めるので、濃度によって錆びてしまうことです。弊社でも過去に機械が故障したことがあり、原因は電気系統に油が入り込んだ為でした。油が機械の電気系統に入り込まない構造のものであれば、問題無いでしょう。又、加工中にエアブローを使用すると、霧状になり四方に飛び散るので注意が必要です。この問題を克服すれば、水溶性のほうが扱いやすいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 加工油はミストではなく垂れ流しの為、あまり問題にはならなそうです。 問題は濃度管理を徹底できるかにありそうです。 さびたらアウトですね。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

機械 この機械はわたしどもでは使っておりませんので分かりません。 メーカに問い合わせることをお勧めします。 液 腐敗なら最近のは液管理をすれば1年くらいは継ぎ足しだけでokです。 ただ液管理の重要さを分かっていない人はたくさんいます。 私どもで実績があるのはブラザー、バイオタイプで10年近く継ぎ足しのみで いけてます。 再度言いますが液管理を十分にしての話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 本機械は中古購入の為、メーカーに聞きにくくて・・・ 参考にさせていただきます。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

自信なしですが、 クーラントポンプのタイプや配管の形状によって油性は使えないもの、水溶性は使えないものがあると聞いたことがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

回答になりませんが機械メーカに聞くのが確かだと思います。 もしはっきりとした回答が得られないのならココで機種を 出して使っている方がいるか聞けば良いのでは? 分からない機械には回答が出来ない。 良いメーカという表現ですが要求はなにでしょうか? 切削性能が良い? 値段が安い? 腐敗しない? なにか絞って一番重要な項目を上げてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

失礼致しました。 機械は”1986年製 大隈豊和 2R-NC”です。 この機械でこの水溶性切削油を使っているけど問題ないですという方は、ご教示お願いいたします。 逆に水溶性切削油使ったらこんな不具合でたという事例でも結構です。 切削油に関しては  腐敗しないのが第一です。  切削性はあまり問題にしません。  値段はそれなりに・・・。

関連するQ&A

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • 水溶性切削油について

    当社では主に鉄 ステンレスなどのマシニング加工をしておりますが 機械にいれている水溶性の切削油で悩んでおります。近所のガソリンスタンドから買った日石三菱の水溶性切削油です。ところが一日中作業に従事すると石鹸で洗ってもかなり油臭いし かなり手が荒れます。 そこで 切削性も良好で人体にも害のない銘柄をご存知でしたら メーカーと名前を教えてください。

  • 水溶性切削油専用タップについて

    今回、NC工作機械を更新し、新しくなったのですが、今まで不水溶性切削油 を使っていました。 これから水溶性を使うのですが、専用タップを使った方がいいのでしょうか? アドバイスなどよろしくお願いします。

  • 植物性の水溶性切削油って優しいの?

    最近の疑問。 つまらない事ですが判断が付かず困っております。 会社で「地球環境に優しい」をキーワードに水溶性切削油を探そうとしています。が・・・・? 機械メーカーは、植物性の切削油は環境・人体に安全性が高いと言っておられました。 しかし、カタログ上では植物油が45%でした。これって植物油性の水溶性切削油と解釈して良いのでしょうか? その他が55%(半分以上)なので疑問です。植物性油高含有の水溶性切削油でなないのでしょうか? しかも、水で20倍に薄めておりますので。・・・・? 地球規模から植物もバイオ燃料とやらで相場高騰しているし、沢山栽培しようとすると森林伐採にも繋がり Co2が増え温暖化にもなるし。 こう考えると、今の鉱物油水溶性から変える必要がないのではと。 考え過ぎでしょうか。

  • 不水溶性切削油の悪臭

    現在 不水溶性(水溶性ではない)切削油の臭いで困っております なぜ臭いのきつい油にしたかというと 刃具寿命の延長目的でいろいろとテストをしているうちにたどり着いた油がそれでした。 (なんと寿命が2倍に延びました) 臭いの少ない油に替えれば解決しますが、それでは刃具寿命が激減してしまいます。 設備はNC自動盤 中圧ポンプ10キロ使用 1.不水溶性切削油がミスト化するため、集塵機をつけてありますが効果なし。 2.臭いを隠すために油剤メーカー純正ココナッツの香料を添加しておりますが効果は余りありません。(臭いが強くなる) 3.水溶性の場合、バクテリア除去でオゾンが効果があるということで だめもとでオゾン発生器を切削油タンクに入れてみましたが効果なし。 現在かなり困っております。 油の臭いを消す方法を知っておられる方、よろしくお願い申し上げます。

  • 水溶性切削油用バルブについて

    現在、7%水溶性切削油を循環させる装置を設計しています。 水溶性切削油でも使えるポンプは見つけたのですが、 電磁弁がなかなか見つかりません。 どなたか水溶性切削油でも使える電磁弁をご存知ありませんか。 回答をよろしくお願い致します。 申し訳ありません。 上記のバルブは電磁弁ではなく、 リリーフバルブとのことでした。 どなたかご存知の方、回答をよろしくお願い致します。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 非水溶性切削油の流量管理

    いつもお世話になってます。 非水溶性切削油の流量管理に関して質問させて頂きます。 現在BTA加工機でアルミの深穴加工をやっているのですが、 1年に数回の確率で切削油のホースが切り粉でつまり、 切削油が流れなくなり機械が止まるトラブルが起こります。 切り粉がつまらなく対策はやっているのですが、発生が0にならない為、 切削油の流量管理をしようと思います。 デジタル表示で信号が出せる流量計ご存知でしたら教えてください。

  • 水溶性切削油について

     エマルション及びソリュブルタイプの水溶性切削油は、水をはった容器内に原液を投入し、攪拌して使用すると聞きました。容器に原液を投入後、水で薄めるとどうなるのでしょうか?そうとは知らずに今まで後者の方法でやっていました。それが原因なのか判りませんが泡立ちがひどいです。

  • 水溶性切削油の交換方法は?

    ソリュブル式からエマルジョン式の水溶性切削油に交換する時、古い切削油を抜くだけでは無く、機械内部やポンプ内部に微量に残った油も綺麗さっぱり取り除かないとマズイでしょうか? カレコレ7年以上ソリュブルを使用していて切削油タンク内や刃物台細部などに固形化した油脂が結構見られます。これを取り除くとなるとかなりの時間、機械を止めなければならないので、かなりのロスになります。 どうしたものでしょう?