• 締切済み
  • 暇なときにでも

植物性の水溶性切削油って優しいの?

最近の疑問。 つまらない事ですが判断が付かず困っております。 会社で「地球環境に優しい」をキーワードに水溶性切削油を探そうとしています。が・・・・? 機械メーカーは、植物性の切削油は環境・人体に安全性が高いと言っておられました。 しかし、カタログ上では植物油が45%でした。これって植物油性の水溶性切削油と解釈して良いのでしょうか? その他が55%(半分以上)なので疑問です。植物性油高含有の水溶性切削油でなないのでしょうか? しかも、水で20倍に薄めておりますので。・・・・? 地球規模から植物もバイオ燃料とやらで相場高騰しているし、沢山栽培しようとすると森林伐採にも繋がり Co2が増え温暖化にもなるし。 こう考えると、今の鉱物油水溶性から変える必要がないのではと。 考え過ぎでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数282
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

ウチでも使っているが、管理をきちんとすれば1年以上もちますよ 2~3日ってことは無い

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

バクテリアの発生による問題が非常に大きいのですが 正式なデータが公表されていません 私の実験データでは、30℃以上で使用した場合は2-3日で廃棄する必要がありました 使用目的とレベルの問題です

参考URL:
http://www.green.dti.ne.jp/aabccdx/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

まず産業廃棄物の観点から考えます。 水溶性切削油は、硫酸バンド等により分解され、上に油。下に水と残渣。に分離されます。下の水は中和され、海洋投棄。残渣は焼却後埋立て。上の油は、発電所等の重油と一緒に燃焼となります。 この油(植物性油、合成脂肪酸、油性向上剤)については、京都議定書の地球温暖化のCO2排出にはならず、地球の通常の循環となります。 ひとりのできることは、ほんのわずかに思われますが、地球規模ではそれが大きな力になるのではないでしょうか。 植物油のみ高含有にしても、界面活性剤、防錆剤、植物油の酸化防止剤、切削性向上剤が少なくなりますから、いろいろな問題が逆に心配ではないでしょうか。 ともあれ、性能、コスト(1缶、一万円ちょっと)より、大同化学工業の シミロン RS-6 を検討に加えられることをおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

初めに、植物性100%のクーラントは市販されています。(BlaserSwissLube社・Vasco1000が製造社・製品名です。) 時代背景は、貴方の情報も間違っていませんと思います。更に、一情報を提供しますと、過去、クーラントに切削性向上の為、塩素系・硫黄系等が添加されています。化学薬品が昨今、危険性・人体に対する問題が提起されています。そこで、切削性能を低下せずに添加剤の代替を考慮した結果、基油(ベースオイル)に油膜強度が強い・植物油に再び日の目が当った訳です。以前から植物油の油膜強度が強い事は知られていたのですが、酸化と、水中に分散した場合腐敗等の問題(バクテリアに攻撃され易い等)が鉱油よりも問題が有ったようです。 その欠点を克服して、世界に先駆けて製品化されたのが前記製品との情報を得ています。

参考URL:
http://blog.livedoor.jp/mimizuku81/?blog_id=1826023

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

植物油は地球環境に優しいのでしょう、きっと。 たぶん、地下資源のことやら、廃棄処分についてなんでしょうけどね。 植物油の原料は、専用農園で作られます、森林を伐採して植物を植えていますから、 Co2は心配ないんでしょうけど、植物相のバランスを崩しているのではないかと思うので、その辺は考える必要があると思います。 たとえば「パーム椰子」、 インドネシアではパーム椰子農場のおかげでマレー象の生息地域が激減していて、 しかも、マレー象はパーム椰子が大好物。 だから農場ではフェンスに電流を流しているそうです。 んで、そのパーム椰子はほとんど日本へやってくるって聞いたことがあります(たぶんNHK) まぁたしかに、それはあちらの行政の問題ですが。 ぱーむ椰子農園が広がるのに、自分達も荷担していると考えたら、切ないですよね。 ただし、国際社会やわれわれ日本人の利益を考えたら植物油と言う選択は有効です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 切削油(水溶性,不水溶性)について

    お世話様です. 切削油に関して質問したいと思います.切削油は被削材や工具等,切削条件によって使い分けられると思いますが,どのような基準で分けられるのですか. 水溶性は主に冷却,不水溶性(油性)は主に潤滑と認識しています.しかし切削条件とリンクさせることができていません. 現在,基本的に水溶性のものを使用しているのですが,被削材や工具,切削条件と絡めて理解したいので,水溶性・不水溶性を使い分ける基準を教えてください. また水溶性に関してだと思うのですが,濃度はどう影響しますか? よろしくお願いします.

  • 水溶性切削油用バルブについて

    現在、7%水溶性切削油を循環させる装置を設計しています。 水溶性切削油でも使えるポンプは見つけたのですが、 電磁弁がなかなか見つかりません。 どなたか水溶性切削油でも使える電磁弁をご存知ありませんか。 回答をよろしくお願い致します。 申し訳ありません。 上記のバルブは電磁弁ではなく、 リリーフバルブとのことでした。 どなたかご存知の方、回答をよろしくお願い致します。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • 水溶性切削油専用タップについて

    今回、NC工作機械を更新し、新しくなったのですが、今まで不水溶性切削油 を使っていました。 これから水溶性を使うのですが、専用タップを使った方がいいのでしょうか? アドバイスなどよろしくお願いします。

  • 水溶性切削油について

    皆様お世話になっております。 くだらない質問なんですが、今使っているNCフライスは説明書には”水溶性切削油は使えません”となっているのですが、作業者は水溶性切削油を使いたがっています。 水溶性切削油を使える機械と使えない機械の違いは何なんでしょう。 単純に錆びるからとしか説明出来ません。 また、もし使えるとしたら良い水溶性切削油のサイトご存知でしたらご教示お願いいたします。

  • 切削油

    銅の加工で鉱物性切削油を使用しています。 エマルジョンは、この切削油と比べて切れ味が悪いと考えていますが実験をしていないのでわかりません。皆さんは、どのようにお考えか教えていただければと思います。また、水溶性と油性の中間のもの?があるようですがそれも合わせて教えてください。 水溶性を用いる第一義は、火災と思っています。

  • 水溶性切削油について

    当社では主に鉄 ステンレスなどのマシニング加工をしておりますが 機械にいれている水溶性の切削油で悩んでおります。近所のガソリンスタンドから買った日石三菱の水溶性切削油です。ところが一日中作業に従事すると石鹸で洗ってもかなり油臭いし かなり手が荒れます。 そこで 切削性も良好で人体にも害のない銘柄をご存知でしたら メーカーと名前を教えてください。

  • 肌にやさしい水溶性切削油ありますか

    マシニングセンタで水溶性切削油のユシローケンEC51を使っていますが、自分は肌が弱くかぶれたみたいになります。特に、スピンドルスルーで加工した後、扉を開けますと、噴霧状になった切削油が顔につき、肌荒れします。ミストコレクターも付けようと考えていますが、切削油剤を変えてみたらどうかと思うのですが、どなたか肌にやさしい水溶性切削油剤お使いの方いませんでしょうか。マシニング始めて間もないため、言われるままユシロを選んだのですがよろしくお願いします。

  • 水溶性切削油の腐敗防止

    私の職場ではブラソカット2000(植物性)とモレスコツールメイト(鉱物性)と言う 水溶性切削油を使っています ここの質問で腐敗の原因は嫌気バクテリアの仕業と言う事を知り 趣味の熱帯魚飼育のノウハウを取り入れ好気バクテリアを繁殖 させ切削油タンク内を好気環境にし腐敗防止と泡立ち防止を 実施しています。 しかし連休が続くとやはりタンク内全域が止水域となり 腐敗臭が出てしまいます 機械を稼動させれば匂いは無くなりますが、、、  ここでお尋ねしたいのが切削油タンクに常時水流を作るために どの様な電動のポンプが最適でしょうか? 切削油タンクは200L~400Lです 切削油メーカー様には申し訳ないんですが防腐剤や消泡剤は一時しのぎで せっかく繁殖した好気バクテリアを殺してしまうんじゃ無いかと思っています

  • 切削油

    汎用旋盤や汎用フライス盤の切削油を買いに行ったのですが、水溶性というものがありました。 水溶性があると言う事は油溶性もあるのでしょうか? もしあるとしたら、それぞれ、何がちがうのでしょうか?