• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

離婚時の財産分与について

  • 質問No.9388341
  • 閲覧数187
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 99% (2229/2251)

(1)結婚後の資産の増分に関して等分するというのが基本的な考え方だと思っています。この点はあってますか?

(2)結婚前から資産運用をしていた。結婚中は放置していて売買を行っていない。結婚前からもっていたポジションが相場の変動により大きな含み益が発生した。この含み益も財産分与の計算対象にするのか?

(3)結婚前から資産運用をしていた。結婚中は放置していて売買を行っていない。結婚前からもっていたポジションが相場の変動により大きな含み損が発生した。この含み損も財産分与の計算対象にするのか?

(4)結婚前に動画やWebサイトを作成した。広告収入が発生している。しばらく放置していて結婚後は手を加えていない。結婚中に発生した広告収入は財産分与の対象になるのか。

(5)結婚中に動画やWebサイトを作成した。広告収入が発生している。結婚中に発生した広告収入が財産分与の対象になるのはもちろんだが、将来の広告収入あるいは「動画やWebサイト」の価値を算定して財産分与の対象とするのか?

これらの点について教えてください。よろしくお願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 44% (4652/10407)

他カテゴリのカテゴリマスター
(1)
減速としてそういう考え方でよい。
(2)(3)(4)
上記の考え方からすれば,どれも財産分与の対象とすることはありません。
(5)
上記の考え方からすれば,財産分与の対象とすることになるだろうが,過去の収入は確定しているのでその1/2を分与するのは簡単です。将来の収益に関しては,現時点でほぼ確実と思われる分を分与すればよい。人によって異論はあるだろうが,現在の1年分の収入が現時点でほぼ確実と考えられるとして,その1/2を分与することで十分でしょう。
お礼コメント
pringlez

お礼率 99% (2229/2251)

結婚前から仕込んでおいたものの利益が膨らんでも財産分与の対象にはならないのですね。

逆に結婚中に自動的に収入が発生する仕組みを作った場合は、「将来の収益」を算出して分与するのですね。

なるほど。ありがとうございました
投稿日時:2017/10/26 11:38

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 22% (4369/19573)

 
夫婦の関与の程度が争点になるでしょう。
詳しくは裁判所での判決を待ちましょう
 
お礼コメント
pringlez

お礼率 99% (2229/2251)

ありがとうございました
投稿日時:2017/10/26 11:34
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ