• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

離婚時、財産分与の対象でしょうか

離婚時の財産分与についてお伺いします。 結婚前から持っていた資金を、結婚後に投資しましたが、 1.その元本は財産分与の対象でしょうか? 2.利益は財産分与の対象でしょうか? 続きまして、結婚後、相続した遺産で投資しました。 3.その元本は財産分与の対象でしょうか? 4.利益は財産分与の対象でしょうか? その人は結婚前から投資を趣味にしており、その利益等で家族旅行に連れて行ったりしてます。 配偶者は投資に関して非協力的で、配偶者は財産形成に寄与していないのではないか、と思います。 いかがでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数403
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

お尋ねの項目の順にアドバイスさせていただきます。 1.その元本は財産分与の対象でしょうか? ↑元本は特有財産ですので、離婚時の財産分与の対象にはなりません。(元本が特有財産だと言う事を証明する必要があります。) 2.利益は財産分与の対象でしょうか? 続きまして、結婚後、相続した遺産で投資しました。 ↑投資から得られた利益は財産分与の対象になります。但し、財産分与の二分の一原則ではなく、あなたの寄与分が考慮されます。特段の事情がある場合は、二分の一ルールというわけにはいきません。(芸術家、発明家、金融取引のディーラー等) 相続遺産は財産分与の対象外です。(特有財産) 3.その元本は財産分与の対象でしょうか? ↑特有財産が元本の場合、それを証明する必要があります。特有財産を元に投資されたのなら、特有財産は財産分与の対象になりません。(証明できればです。預金通用とかその他での証明) 4.利益は財産分与の対象でしょうか? ↑利益は財産分与の対象になります。但し、二分の一ルールに則って財産分与されるわけではありません。当然あなたの方が財産形成に寄与されたのですから寄与分は大きいでしょう。 後段のご質問は、家族生活の内容ですので、財産分与に関係ありません。例え利益で家族旅行に行ったり、豊かな生活が出来ていたとしてもです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧なアドバイスありがとうございました。 利益については、分与対象となるんですね。寄与割合の判断が難しい所でしょうか… その考えからしますと、逆に損失が出ていた場合は、損失も分与され、全共有財産から配偶者の損失割合を差し引いてもらえるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 離婚時の財産分与についてお訊ねします。

    Aさんは婚姻中に親の遺産を相続しました。 その後配偶者と離婚をしようとしていますが相続遺産も財産分与の対象となるのでしょうか?  相続した財産はAさんの名義で金融機関に預けられています。

  • 離婚時の財産分与について

    (1)結婚後の資産の増分に関して等分するというのが基本的な考え方だと思っています。この点はあってますか? (2)結婚前から資産運用をしていた。結婚中は放置していて売買を行っていない。結婚前からもっていたポジションが相場の変動により大きな含み益が発生した。この含み益も財産分与の計算対象にするのか? (3)結婚前から資産運用をしていた。結婚中は放置していて売買を行っていない。結婚前からもっていたポジションが相場の変動により大きな含み損が発生した。この含み損も財産分与の計算対象にするのか? (4)結婚前に動画やWebサイトを作成した。広告収入が発生している。しばらく放置していて結婚後は手を加えていない。結婚中に発生した広告収入は財産分与の対象になるのか。 (5)結婚中に動画やWebサイトを作成した。広告収入が発生している。結婚中に発生した広告収入が財産分与の対象になるのはもちろんだが、将来の広告収入あるいは「動画やWebサイト」の価値を算定して財産分与の対象とするのか? これらの点について教えてください。よろしくお願いします。

  • 財産分与の対象となるのでしょうか?

    よろしくお願いします。 今、離婚協議中で、妻側は弁護士を立てて協議をして行こうとしています。 皆様に質問なのですが、財産分与の中の「家財道具」ですが、相手の親に購入してもらったものも財産分与の対象になるのでしょうか? 購入していただいたものは、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、FAXがあります。 どれも、婚姻時に持ってきたわけではなく、結婚後購入していただきました。 有識者の皆様よろしくお願い申し上げます

  • 離婚時の財産分与について

    私と夫で言い分が分かれています。 夫が会社員、妻が専業主婦として・・・ 結婚後に出来た財産が現金のみで1000万円あるとします。 専業主婦である妻の不倫が離婚理由とします。 慰謝料は妻から夫へ300万円とします。 夫の言い分 「有責配偶者は、法的に財産分与の取り分は半分よりはかなり少なくなるはずだ。妻の取り分は250万位ではないか?それプラス慰謝料で300万位払わないといけない。妻が財産分与分から慰謝料を出すとして、夫は1000万全額を受け取り、妻から差額の50万を別途受け取れる」 私の言い分 「慰謝料は払わないといけないけれど、法的には財産分与に有責は関係無い。妻は500万貰える。慰謝料300万をそこから払って、妻には200万円手元に残る」 どちらが合ってますか?

  • 離婚時の財産分与について教えてください

    離婚時の財産分与について教えてください。 このたび、離婚することになったのですが、財産分与の対象になる財産というのは「入籍から別居時までに得た財産」という理解でよいのでしょうか? 具体的には、結婚中は私名義の通帳で生活費などをやりくりしていたのですが、その口座には結婚前からの私の貯金もかなり入っていました。 この結婚前から口座に入っていた私個人の貯金額というのも財産分与の対象になるのでしょうか? お詳しい方がいらっしゃいましたらご回答をよろしくお願いします。

  • 離婚時の財産分与について

    離婚時の財産分与についてお聞きしたいのですが 結婚後に、夫が自社株をストックオプションで2度購入してます。 名義は夫名義にもちろんなってます。 結婚後に購入した場合は夫婦の財産になるのでしょうか? それとも夫が購入した株なので夫固有の財産になって分割する対象にはならないのでしょうか? 全然わからにのでよろしくお願いします!

  • 離婚の財産分与について

    離婚の財産分与について 相続した不動産や預金は、離婚の際財産分与の対象にはならないんですよね? 結婚当初建てた家を数年間共働きをしてローンで支払いをしていたのですが、 途中で父親が亡くなり、相続した預金で残りのローンを一括払いで支払いしました。 離婚の財産分与の際、この家は財産分与の対象になるのでしょうか? また、相続した預金以外の預金があるときは、離婚の際、相手にその金額を調べられたりするのでしょうか?

  • 離婚時の財産分与

    離婚時の財産分与で、結婚後に増えた財産を分与すると聞きます。 ですから、妻の、持参金は、妻の物で、夫には分与されない。と聞きました。 結婚前に、親が子供名義で掛けた保険で、その時に掛け金は全額支払い済み。 35年満期で、結婚中に満期になったものは、離婚時に分与しないといけないのでしょうか? また、親の遺産相続は、相手に分与しないといけないのでしょうか? 現在は、夫の年金の半分を妻が貰う権利があります。 妻も年金をもらう場合は、夫はやはり半分 貰う権利があるのでしょうか? よろしくお願いします

  • へそくりは財産分与の対象

    離婚時の財産分与について、結婚後のへそくりは、原則として、財産分与の 対象となると理解していますが、あるサイトで、以下のような記述を見つけました。 >しかし、夫の金遣いが荒く浪費しているのに対し、妻が生活を切り詰めて >貯めたような場合には、妻の特有財産と認められる可能性もあります。 上記の内容について、もしそれに関する判例をご存知でしたら、教えて 頂けないでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 財産分与について

    初めまして。卒論で書こうと思っているのですが、みなさんの力を貸して下さい。 テーマとしては、新しい財産分与の対象となるもの。です。 今までは不動産や預貯金、年金などが財産分与の対象になっていると思うのですが、その他に、これから新しく財産分与の対象になるものがあったら教えて下さい。 よろしくお願いします。