• 締切済み
  • 暇なときにでも

社会保険労務士を会社顧問に検討

会社経営者です。 現在、顧問契約をされている会社さまや現役の開業社労士のご意見(メリット等)をお示しください。 社労士の顧問の必要性も含めてご意見を頂ければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

専門家の回答 ( 2 )

回答No.4

社会保険労務士の鈴木です。 社労士事務所を顧問に招くのはいいことです。 社外の視点でアドバイスをもらうことは有益です。 会社の状況次第ですが、「事務(社会保険等)を委託」することと「労務相談」をお願いすることをわけてお考えになられた方がいいでしょう。 前者は手間を外注に出すという意味合いが多いです。 役所に足を運べば丁寧に教えてくれるし手続きは煩雑ではありますが、マメさがあれば事務処理は完了します。 ただ、役所は担当している部分のみなので役所をまたぐ問題には弱いです。 後者に重点を置かれることをおすすめします。 役所を横断して、処理する事案の起案をしてくれることが期待できます。 担当窓口に出向いてこの手続きをやりたいと言えればあとはご担当が教えてくれるので何とかなるでしょう。 そういう事案の解決方法を教えてもらうことに値打ちがあります。 また、重要な部分として、担当社会保険労務士の資質次第ですが、人事に関することや経営に関する相談にも対応可能なケースもあります。 社外取締役に招くくらいのことをする会社もあるくらいです。 身近な相談窓口として顧問に向けえることが理想です。 他方、ただの手続き代行だけなら利便性は低いと思われます。 相談すること、意見をもらうことに価値を見出しましょう。 当該コメントがご検討の一助になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 事務のアウトソーシングの視点だったのですが、「相談することに価値」の部分という角度で考えたいと思います。 学びになりました。

鈴木 圭史 プロフィール

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士事務所です。 派遣元責任者講習講師/経済産業省後援ドリームゲート・働き方改革推進支援センター アドバイザー/yahoo知恵袋・教えて!goo 登録専門家/海事代理士...

もっと見る
回答No.1

開業社会保険労務士の楚山です。 一般に社労士との顧問契約を検討するうえでの視点は、主に次の3つではないかと考えております。 (1)会社の(中長期的な視点も含めた)事業内容  たとえば「小規模かつ事務的業種で当面経営していく場合」と「当初から(あるいはゆくゆく)中規模以上かつ現業部門を複数抱えつつ経営していく場合」とでは、事務的負担や労災リスクの点で、後者の方が前者にくらべて相対的に高まります。  したがって、一般論としてはより後者の状況に近ければ近いほど、専門家に外注することによるコスト・リスク低減が図れます。  しかしながら、労務リスクそのもの(個別の労使紛争や個々の従業員に内在する心身のリスクなど)は事業の規模や業種にかかわらず一定程度生じえますので、必要性という点ではいずれにせよお任せいただくか、勤務社労士として社内に迎える(または育成する)かするのがよろしいかと存じます。 (2)経営計画や経営方針上の重点分野や資源配分  社労士はあくまで法定の労働社会保険諸手続や助成金申請等を「委託を受け」「報酬を得て」処理するにあたり、業務独占としての地位を保障されています。  したがって、経営資源が潤沢であって、無資格からスペシャリストへと社内人材として育成する、あるいは雇い入れるだけの人的・時間的・金銭的猶予を受け入れられるのであれば、それもまたひとつの選択肢でしょう。逆もまたしかりです。  また、たとえば最近しきりに報道される「働き方改革」や「健康経営」を我が社でも、などと経営計画・方針に明確に位置づけられ、全社的・重点的・継続的に取り組む機運があるのであれば、業種・業界・事業横断的な視点で企画立案ができる社労士の専門性を活かしていただければと存じます。 (3)他士業との比較(コスト・即応性・専門性)  顧問といえば、他に税理士や行政書士、弁護士などの事務所・法人も選択肢に入ることでしょう。特に弁護士であればそれだけで社労士登録の資格が法令上認められていますし、給与計算では税理士の業務とも競合しています。  特にこの点につきましては当事務所HP(http://www.shk-partner.jp/108222816)に詳しくまとめておりますので、ご参考いただければと存じます。 以上です。あくまで個人的な見解ではございますが、契約そのものにメリットはあっても契約当初から目立ったデメリットはないものと思われます(あとは個々の先生の資質の問題です)。 どちらかといえば上記のようなTPOにあわせた活用をご検討いただければ、双方にとってより有効に事業活動の発展に資するものと思われます。 また、各先生の方針にもよりますが、手続業務だけ、手続業務+労務コンサル、労務コンサルだけ、などさまざまな契約形態をご提供なさっておられますので、あわせてご一考いただければと存じます。もちろん、当事務所でも受託は可能です。 よろしくお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 検討をさせてください。

楚山 和司 プロフィール

OKWAVE Professionalをご利用のみなさま、はじめまして。 社会保険労務士・保育士・キャリアコンサルタントの楚山 和司(そやま かずし)です。 このたびは当プロフィールページをご覧い...

もっと見る

関連するQ&A

  • 顧問でない社会保険労務士さんへの接し方?

    顧問でない社会保険労務士さんへの接し方? 顧問でない社会保険労務士へ、雇用保険の加入手続きや 社会保険の加入手続き等をお願いしました。 その後、従業員が引っ越したり名字が変わった場合、 社会保険事務局等へ変更届を出す必要がありますが、 調べたところ提出する書類も特に難しそうではないですし、 社内で書類を作って、提出しようと思っています。 届出のあとで、社労士さんには 「○○さんの住所が変わったので社会保険事務局へ届出を出しました」 と報告するつもりです。 とここで質問ですが、そのように自分たちでできそうな ところだけは自分たちでやり、その他わからないところだけ 社労士さんへお願いする…といったようなことは 特に失礼には当たらないでしょうか? 顧問ではないのでそういうのが普通なのかなとも思ったのですが いまいち一般的な認識がわからなかったためご意見が聞きたいです。 くだらない質問かもしれませんが、社労士さんの立場で お答えいただけたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 社労士の顧問契約の必要性とは何でしょうか?

    今秋、夫が社労士事務所を開くのですが、顧問契約が取れるのか心配です。社会保険手続きは社員でもできることですし、労使トラブルがなければ社労士はあまり必要ないんじゃないかと思うのです。毎月の顧問料を払ってまで社労士を雇うメリットとは何なのでしょうか?また、経営者の方々は社労士に何を求めているのでしょうか?どんな些細なことでも結構ですので教えてください。

  • 社会保険労務は取っても無駄な資格でしょうか?

    現在28歳無職で人生を詰んでます なんとかやり直そうと考えた社労士ですが 調べてみると、社労士は非常に厳しいことがわかりました 司法試験合格しても弁護士に仕事が回ってこない時代と聞きますし当然かもしれませんが 専門学校の先生は「大丈夫!引く手あまただよ!」と言ってましたが やっぱり学生=学費=お金欲しさの宣伝でしょうか? http://majima-jyuku.com/road%20to%20success/8.htm 社労士って食えるのか(社労士 真島伸一郎) 多くの人が「社労士なら手頃だし、なんとなく価値がある資格のような気がする」 と考えている 。実は、意気込んで開業した人達の多くが、1~2年で開業社労士を辞めてしまいます。 ・・・・ この事実を、多くの受験校はひた隠しにしています。それはそうでしょう。こんな事実が世の中に広まったら、受験者数が激減してしまい、受験校は商売になりません。 ・・・・ 社労士資格は、それ自体ではなんの価値もない。 ただし、社長を説得し顧問契約まで結びつける"営業力"があれば別だが、普通ない。あるのは専門知識だけ。 実際に社会保険労務の資格を取って活動したが仕事が無くて 社会保険労務の合格書を破り捨てた合格者がいます

  • 社会保険労務士は儲かるのか?

    実際のところ年収で1000万いきますかね? 最低でも500万はほしくて今勉強してますがね。 それと、『うかるぞ社労士』週間住宅新報社 だけで、独学でいけますかね。 本人的には、結構読んでてわからないとこは少ない ですけどね。覚えるのが大変ですね。色んな同じような 手当てとか年金とかあるからね。 労災保険法でも健康保険法でも同じような補償があるんだよね。で、実際、社労士って一応士業なわけだし、 儲かるんでしょうかね。給与計算専用のソフトウェア作ったりしてる社労士もいるらしいけど、そこまでプログラミングとかまでできないとだめなの?顧問料収入だけでも年収300万くらいはいくと思うんだけどね。 できたら社労士の人に答えて欲しいよね。あと 行政書士も必要になってくるんでしょ。それも後々 とるつもり。宅建はもう取ってるしね。

  • 社会保険労務士の資格を受けるべきか否か

    私は現在32歳の妻子ある身で、現在某団体の総務部で勤務しておりますが、この団体が非常に不安定な状態にあり、別の企業への総務部に転職したいと考えております。しかしながら私には異質な団体での総務部経験(しかも2年前に総務部への転勤となり、それまでは接客をしておりました)しかないため評価されにくいと考え、資格を取得しようかと考えております。そこで社会保険労務士の資格を取得しようと考え、独学では自信がないため、通信でと考えました。費用は約7万円ほどかかります。しかし、いろいろなサイトを拝見していると、あまり社労士の資格にメリットを感じないと捉えられる内容が多く見受けられました。私は開業ではなく、勤務社労士として資格を活かしたいと考えております。それでも登録費用も結構な額かかり、年会費も結構な額でした。 そこで質問ですが、 (1)社労士の資格は今の私の家庭環境等を考えると、そこまで費用をかけて取得するほどメリットは少ないのでしょうか? (2)社労士を取得したとしても、転職できる企業は少ないのでしょうか? その他、勤務社労士について何かご存知の方がいらっしゃいましたら、貴重なご意見をお聞かせください。 分かりにくい文書で大変恐縮ですが、よろしくお願いします。

  • 顧問弁護士について

    会社を経営しています。 新たな分野に進出するに当たり、法整備をしっかりしておきたいと考えています。 例えば、 顧客との販売に関する契約書 取引先との業務委託契約書 販売データの法的問題がないかの確認 上記をしっかりとするために、顧問弁護士契約を考えていますが、 顧問契約をする事で、メリットはかなりあるのでしょうか? 主に情報販売が主となるので、 著作権の問題 情報内容が各種法律に抵触してないか 月間、30件の情報(A4用紙3枚程度)を提供予定です。 顧問料以外に、どの様な費用が必要で、どれくらいの別途費用が必要でしょうか? また、顧問弁護士の役割やメリット、デメリットを教えて下さい。

  • 社会保険労務士事務所ってどうですか?

    このカテゴリであっているかどうかわかりませんが、よろしくお願いします。 先日会社が倒産し、現在無職です。 在職中は総務課に所属し、その間社労士の資格を取得しました。でも、社労士の資格を生かせるような仕事内容ではなく、ちょっともの足りなさがありましたので、社労士事務所の求人に応募し(社労士の募集ではなく、事務職)結果待ちの状態です。 社労士事務所に就職しても、安月給でこき使われるだけだ、と知り合い聞いたことはあるのですが、実際どうなんでしょう?私としては独立開業を考えていませんが、総務事務よりもっと専門性のある仕事をしたいと思っています。 仕事的に総務事務と大差がないようなら、安定性のある一般企業の総務事務のほうがいいかな、とずっと悩んでいます。

  • 社会保険労務士の独立に際して

    社会保険労務士の独立に際して 私は現在、来年度の社会保険労務士試験に向けて勉強している22歳の学生です。(1年ダブっているので現在大学4回生です。) 法学部に所属しているのもあり、将来のことを考えた結果、社会保険労務士の資格を取得した後に就職し、セミナーや研修を受けつつ実務の経験を積み、その後35歳前後で独立しようかというプランを立てています。 言う事は容易いですが、実現するには相当な努力が必要だということはわかっています。しかし、一度決めたことを途中でまげて後悔したくないのであきらめずがんばろうと思います。 ここからが本題なのですが、将来の開業に際して、実務経験や人脈構築の他に、社労士資格を取得した後に行政書士資格も取得しようかと考えています。 現在、社労士事務所に上記の資格を両方取得しておられる方が居る事は少なくはないようで、2つを取得しているからこそのメリットも少なからずあるようです。そこで、 1、そのメリットとはどういうものなのでしょうか?(具体的な内容でなくても結構です。) 2、行政書士資格を取るタイミングはそれほど急がなくてもいいのでしょうか? 3、また、行政書士資格とは別に、独立にあたって所得しておいた方が良いと思われる資格試験や検定などはございますでしょうか? 4、その他 諸先輩の方々、意見・指摘等がありましたら是非お願いします。 私のような、まだ社労士試験をかじったとも言える段階でもない人間がこのような質問をすること自体お気に触る方も居られるかもしれませんが、皆さんの知識を分けていただきたく未熟者ながら質問させていただきました。 ご協力お願い致します。

  • 副業社会保険労務士

    『副業行政書士』なる人の存在を最近知りました。 また、『キャバクラ嬢の行政書士…』という本も読み、キャバ嬢と行政書士をしている方の存在も知りました。 ところで、社労士はこのように副業として活動することはできるのでしょうか。 お客が付く・付かないはさておき、そもそも合法なのかどうかが知りたいです。 サラリーマンで社労士登録、となると、いわゆる「勤務社労士」となりますが、 ・サラリーマンでも開業社労士登録はできるのか ・会社がOKを出せば、副業として社労士業務をできるのか どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください!

  • 社会保険労務士】短大=2年間の勉強で受かりますか?

    お世話になります。 メンタルで長期療養中の30代の女です。 正社員の経験はデザイン会社で5年のみで 後は居酒屋とコンビニのバイトです。 =未経験の分野に飛び込む形になります。 現在、学費を貯蓄中です。 高卒なので来年、通信制の短大(産能)に入ります。 講師の方は皆、現役の社労士だそうです。 =授業も資格取得を目指したものかと思います。 短大の2年間の勉強で社労士試験に合格は可能でしょうか? どんなことに注意して勉強すればいいでしょうか? 受かったらまずは下積みと思っています。 開業だけが全てではないですよね? 社労士の資格で食べていけるでしょうか? 他にもあったほうがいい資格があったら教えてください。 よろしくお願いいたします。