• 締切済み
  • 困ってます

圏論を公理的に扱うには

圏のはじめの定義において対象のcollection、射のcollectionという若干曖昧な言い方がなされるのが普通だと思います。 圏の対象、set全体やgroup全体はproper classになり一階述語論理で書かれた集合論の公理では記述できないことが書籍などでは書かれており、また圏論の解説などで量化記号(∀∃など)を使っているのも見ません。 しかし圏論を公理的に定式化できなければそれも問題だと思うので、公理的な扱いができるとも思っているのですが、それはどういうように行われているのでしょう。 また集合論が数学の基礎づけになっているというのと同じような意味で、圏論がいろいろな数学を展開する場を与えてくれると考えられると感じるのですが、一つ一つの具体的な圏、Set、Group、Top、Htpyなどは圏論全体の枠組みの中でどのようにして導入されるのでしょうか。圏の具体例として急に外から与えられているようにみえるのですが...(たとえば、群全体なるものがどこかで想定されていて圏の定義を満たしていることは確認されるように記述されているように感じます) おそらく公理的な集合論と圏論との関係がわかっていないための混乱なのですが、圏論はどのように形式的に定まっているものなのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数288
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

classのZFCでの扱い方は、適当な本を見れば載っています。 例をあげると、例えばGroupというのはZFCの枠組みではかけないけど、「AはGroupのobjectである」というのはZFCの枠組みで書ける。というのは、「GはGroupのobjectである」というのは、「Gは群である」ということで、これを表す論理式φ(G)はZFCの中で書ける。同様に「fはGroupのarrowである」というのは、「fは何かの群準同型写像である」ということで、これを表す論理式ψ(f)もZFCで書ける。そこでGroupと書いた時は、この2つの論理式φ、ψのペアの略号と見做せば良い。 関手も同様に扱えます。例えば、忘却関手: Group → Setについては、「Gは集合で、SはGの台集合である」という論理式χ(G, S)を考えている、と思えばよい。χ(G, S)に当てはまる<G,S>のペア全体というのは集合論の枠組みからはずれるけど、χはZFCでかける。 一般に、classというのは、それに対応する何らかのZFCで書ける論理式を「visualizeしたもの」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二階論理と集合論

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • 一階の言語で書かれた集合論と二階論理

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • 圏論とヒルベルトの公理主義について

    圏論とヒルベルト公理主義って同じことをやっているのでしょうか。 どちらも、概念の内部構造ではなく、外部との関係によってとくちょうづけていますよね? 両者の違いがいまいちよくわかりません。 ちなみに私は全くの素人です。しかし、今後ちゃんと厳密に数学を記述していきたいと思っているので、どちらの本を読むべきか迷っています。 よろしくお願いします。

  • 選択公理は循環論法的ではないですか?

    集合論における選択公理は,現行の表現のままでは, 循環論法的主張になってしまっているのではないでしょうか? つまり,それぞれの集合族について選択関数が選べると言っても, 選択関数は沢山あるから,1つ1つの集合族についてどの選択関数を選んだらよいか, 選択しなければいけないのではなでしょうか? すると,選択関数を選択するのに, また選択公理を使って選択しなけばいけないが, それを選択するのにまた選択公理を使って・・・??! これでは,いつまで経っても選べない! だから,選択公理は, すべての集合から成る領域において定義された選択関数の存在 を主張しないといけないのではなでしょうか? 従って,公理の表現を次のように改めないといけないと思うのですが・・・ ∃f:V-{φ} → V ,∀a∈V ,∀x∈a ,x≠φ ⇒ f(x)∈x (f:選択関数,V:すべての集合(族)からなる領域,φ:空集合,a:集合族,x:集合) 「強い選択公理」とか「弱い選択公理?」とかもあるようですが、 上記の点はどうなのでしょうか?

  • ラッセルのパラドックスと公理的集合論

    当方、数学についてはシロウトですが、お許しください。 集合論関係の本を読んでいてどうしてもわからないことがありまして。 ラッセルのパラドックスというのがありますよね。 このパラドックス自体は飲み込めたつもりですし、そういった類のパラドックスを避けるために公理系を整備するという発想も、まあ判る気がします。 が、例えばZF公理系ならば、どうしてラッセルのパラドックスが回避可能なのかがよくわからないのです。外延性公理から正則性公理まで眺めてみても、なぜこの公理系を採用すればパラドックスが起きないのかピンときません。 どなたかお詳しい方、解説をお願いできませんでしょうか。

  • 米国Ph.Dで公理的集合を学べる大学は?公理的集合論の今後の展望は?

    日本の大学(A大学)で修士を終公理的集合論えました(専攻は数論)。 以前から公理的集合論に興味があり アメリカの大学院Ph.Dで公理的集合論(数学基礎論)を学びたいのですが (英語ではAxiomatic set theoryというんですかね) どの大学で学べるのでしょうか? 公理的集合論はエリートの学問のような気がしますが(日本の数学学部の講義で公理的集合論を開講してる所は少なく,書籍の著者も東大や京大の教授の方ばかりのような気がするからです) 論文を閲覧できるサイトは高額の年間契約金を払わねばならず現在A大学では部外者となってますので大学に潜入して調べる事もできません(っていうか飛行機で行かねばならない遠方なのでそう簡単に赴けません)。 市内の図書館もインターネット使用不可なので調べようもありません。 逐一,各大学のHPでチェックしていくしかないのでしょうか? 現時点でプロフィール欄でAxiomatic set theoryを研究対象にしてる教授は発見できずです。 何かてっとり早く探す方法は無いものでしょうか? あと,現在・将来での公理的集合論の展望はどんな感じなのでしょうか? 御意見賜れれば幸いでございます。

  • ペアノの公理の5番目の公理(いわゆる数学的帰納法)

    ペアノの公理の5番目の公理(いわゆる数学的帰納法の原理)について、 なぜこれが自然数の定義に必要なのか気になって、考えたり調べたりしています。 (つまり、1~4の公理だけでは何が不十分なのかについてです) そんな中、自然数の加法を定義するときに公理5が必要であるということを聞きました。自然数の加法を定義するときに公理5が必要な理由について、 ご教示、またはアドバイスいただけないでしょうか。 もうすこし具体的には、 N=(N,S,0) S:successorの写像 において、以下のように加法(二項演算a)を定義するとき (i) a(x,0) = x (ii) a(x,S(y)) = S(a(x,y)) この(ii)の定義の際に必要だと思いますが、 どのように第五公理が効いているのかが理解できていません。

  • 直積と関数について

    選択公理の解説などにおいて直積の定義がありますが、 ΠSλ(λ∈Λ)={f|f:Λ→∪Sλ fλ∈Sλ} とするのが多いと思います。(つまりΛから∪Sλへの関数の内、ある条件を満たすもの全体) しかし、私は関数というのは二項関係などと同じように直積の部分集合として定義されるものと考えていました。(上の例では、fはΛ×∪Sλの部分集合) そのため、関数と直積をどちらから定義すればよいのか混乱しています。 おそらく、原因は私が、純集合論的な立場から直積、関数も一つの集合として定義しようとしているにもかかわらず、集合の記法を厳密に決めていないため(一階述語論理の言語と=、∈以外のものを勝手に使用している)だと感じるのですが、この理解自体どこかおかしなところがあるでしょうか? また、見通しのよい考え方、捉え方等教えていただければ幸いです。この方面に詳しい方々、時間に余裕があればお答えください、よろしくお願いします。

  • 集合論についての質問です

    集合論には大きく分けて素朴集合論と公理的集合論があることを知りました。 今大学生なのですが、工学部なのでそこまで詳しい解説は4年生になっても多分しません。 なので、数理学科が学ぶようなとても厳密なお話にはついていけないと思いますので、簡単に教えていただければと思います。 公理的集合論での「公理」とは、「これこれこういう集まりじゃなきゃいけませんよ」というような、集合とはどのようなものかを定義するものということでいいのでしょうか? いいかえるならば、素朴集合論において、パラドックスが発生したときに用いていた集合を排除するための規則ということでいいのでしょうか? 公理的集合論とは、素朴集合論においてパラドックスが発生してしまうような集合をとりのぞくいろいろな規則を導入して、パラドックスが発生しないようにした集合論ということですね。 また、高校や大学で集合を扱う時は、集合の定義で「ある条件に当てはまるか当てはまらないかが明確に決まるものの集まりとする」として、たとえば、「背の大きなクラスメートの集まりは集合とはしない」と説明されましたが、この時の背の大きなクラスメートの集まりが集合としないのは公理的集合論の理論を用いているのでしょうか? それともそれ以前の大前提のことをただ単に明示しているだけで、素朴、公理的、を語る以前のことという捉え方でいいのでしょうか? 全体的に分かりにくい文章で申し訳ありません。 よろしければ回答お願いいたします。

  • 公理的集合論で、ある命題を証明?

    選択公理を導入すると、下記の命題(1)が証明できるそうです。(Wikipediaの選択公理の記述) 命題(1):任意の二つの集合 A,B について、A から B への単射があるか、または B から A への単射がある。 素人丸出しの例題で恐縮ですが、上記の命題(1)で、任意の集合として以下を選びます。 集合A:原子の名前を要素とする集合とする。 集合B:地球上の国名を要素とする集合とする。 この場合、AからBへの単射もないし、BからAへの単射もなく、命題(1)が偽であるように思えます。 選択公理を用いると証明できるとされる命題(1)は、何を意味しているのでしょうか。 数学の素人にもわかる簡単な例で命題(1)の意味をご説明いただけると助かります。