• ベストアンサー
  • 困ってます

ラッセルのパラドックスと公理的集合論

当方、数学についてはシロウトですが、お許しください。 集合論関係の本を読んでいてどうしてもわからないことがありまして。 ラッセルのパラドックスというのがありますよね。 このパラドックス自体は飲み込めたつもりですし、そういった類のパラドックスを避けるために公理系を整備するという発想も、まあ判る気がします。 が、例えばZF公理系ならば、どうしてラッセルのパラドックスが回避可能なのかがよくわからないのです。外延性公理から正則性公理まで眺めてみても、なぜこの公理系を採用すればパラドックスが起きないのかピンときません。 どなたかお詳しい方、解説をお願いできませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1349
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

(1) 内包・外延の概念 モノの範疇を性質で指定するのが内包、要素の集まりとして指定するのが外延ちうこってす。よく用いられる例として 『「明けの明星」と「宵の明星」は内包としては異なるが、外延としては(どっちも金星のことだから)同じ』 『「4面体」と「三角錐」は内包としては異なるが、外延としては同じ』 などがありますね。 (2) {x | φ(x)} と書けても、それが集合かどうかは別問題。 ∀x(x∈y ⇔ φ(x)) となるyのことを{x | φ(x)} と書くのは構わんのですが、でも、こう書いた物を無条件に集合だと認めてしまうとラッセルのパラドックスが出ます。ですから、{x | φ(x)} と書いてあっても、これが集合とは限らない、という立場を取る。ところで、それがもしも集合であるなら、(外延の公理により)それは一意的です。  つまり、勝手なもの{x | φ(x)}を持って来て「これは集合か否か」と尋ねてみても、ZF公理系は単に「もしそれが集合なら、それは一意的です。」とだけ述べていて、集合かどうかの判定法など提供してくれやしません。(丁度、屏風の虎を追い出してくれたら捕まえてやる、と言ってるようなもんです。)これじゃ手も足も出ないような気がしますが、実はそうでもない。   (3) 数学で使う集合は、素性が分かっている。  確かに集合になってると分かっているものを素材にして組み立てた集合は、こりゃ確かに集合だと言えます。では、最も基本的な素材となる「集合になってることが確かなもの」って何か。ひとつしか思い当たりません。それは空集合です。  空集合{}を素材にして、対の集合(例えば{{},{{}}})、既に存在する集合の部分集合と合併集合、べき集合という手段で組み立てて行けば、有限集合が作り出せます。さらに無限公理を入れてようやく自然数の集合が作れる。こうして作られる素性の分かったモノ(対象)だけを、数学では扱う。 (4) となると、「あらゆる集合は空集合を素材にして作れるのか(そんなはずないよ!)」、すなわち「空集合を素材にしたのでは作ることのできない集合があるかどうか(あるに違いない!)」ということが気になるかもしれません。  ところが、空集合を素材にして作ることのできないモノは、(それが集合であるか否かに関わらず)数学の中に顔を出す機会がない。数学に出て来ない『屏風の虎』があるかないかなんて、数学にとってはどうでも良い事です。だから、ZF公理系はそんなものについては(あるともないとも言わずに)単に放置プレイしてあるんです。    かくて、ラッセルの{x| not(x∈x)}というモノも(素材から作れるモノではないから)数学の中に入り込めないまま放置プレイされる。 という仕組みです。  以上をまとめて別の言い方をすると:  公理論的数学は「集合」の概念を、『現実に存在するものを要素と考えたときの「集合」の概念(素朴な「集合」の概念)』よりもずっと狭い別の概念として定義する(つまり空集合から作り出されるものだけを「集合」とする)ことによって、ラッセルのパラドックスをハジキ出した。  また、このことは、『現実の存在(実存)を指して言う「存在」と、数学でいう「存在」は、全く異なる意味を持つ』ということをあからさまに示しているとも言えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 私のツボを突いていただいているように思います。  例えば、Φを空集合として、1を{Φ}、2を{Φ,{Φ}}……、そして無限公理を導入、さすれば自然数の集合がつくれる、と。そして、ZFに基づいてそんな構成の仕方ができない「集まり」は、数学的に「集合」であるかどうかは知ったこっちゃない。そうすれば、{x|not(x∈x)}のようなものはハジキ出せる――そういう仕組みなのですね。  かなり理解に近づいた気がします。  確認ですが、例えば中学だか高校だかの数学の授業で集合を習う際、例として「犬の集合」とか「人の集合」({x|xは犬である}とか{y|yは人間である}と書いていいのかなぁ)を考えさせられた覚えがあります。  そういう例え話は、あくまで集合論の概略を学ぶ上での「イメージ作り」であり、公理的集合論においてはそんなものが集合であるかどうかは知ったこっちゃなく、少なくとも数学的な対象として扱うことはない――そういう理解でいいのでしょうか。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

 No.5へのコメントについてです。  まさしく仰る通り、「犬の集合」を考えるのは「イメージ作り」のために行う、素朴集合論以前の、いわばたとえ話でしょう。だって、未来に生まれる犬、どこかの異星に生まれた犬まで全部考えなくちゃいけない。「今この囲いの中にいる犬の集合」というのですら、何が犬で何がそうでないかどうやって判定するのか。(ってことは、「集合」以前に、そもそも「命題」という概念が、自然言語による論述という文脈においてと、数学という文脈においてでは喰い違っているわけです。→ http://oshiete1.goo.ne.jp/qa717536.html 逆にこのあたりの区別を曖昧にしていると、数学をフェミニズムや精神分析のアナロジーに使うような馬鹿げた論法(いわゆるポストモダン批評)がまかり通ってしまう。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa41618.html はジャック・ラカンが言った「断層以上にコンパクトなものはない」なるナンセンスを巡る、まじめな学生さんの悩みのお話です。)  No.6でご指摘の巨大基数の理論ちうのは、ZF公理系に「(いろんな形の)巨大基数公理」を付け加えたらどうなるか、という話です。ZF公理系が放置プレイしてるモノにまで数学の対象を広げようということです。ZF公理系は「空集合から作れるものだけが集合だ」なんて言ってはいないのだから、広げる余地は確かにあります。ですが、当然、ラッセルのパラドックスみたいな矛盾が入り込んで来る恐れもある。で、「ZF公理系+巨大基数公理」という公理系の無矛盾性について考えるのは、数学じゃなくて超数学の問題でしょう。  もちろん、風呂敷を広げれば広げるほど、無矛盾性は危うくなって行きます。なので、「ZF公理系+巨大基数公理」から出発して突き進むうちに矛盾が現れて、積み上げた成果物は全部無に帰し「ゆえにZF公理系+巨大基数公理は矛盾であると証明できました」という話になるかも知れない。そうなったとすると結局これは、超数学の話。そうはならずに面白い成果が出て来たら、やっぱり元に戻って「じゃあ、ZF公理系+巨大基数公理ってそもそも無矛盾なんだろうか」を考える必要がある。  一方、「公理論的数学」の範囲内で(つまりそういう心配をしなくていいように)やる普通のやり方は、既に数学にある材料を使って作れる新しい集合の存在を証明する(従って、ZF公理系が無矛盾なら、以降の話も無矛盾だと分かっている)というところから出発します。たとえば超準解析学はその典型でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。  ほぼ理解したように思います。今考えれば、公理系の話なのに、それを読んでいる私自身の発想が、いつの間にか自然言語に影響されてしまっているところに問題があったように思います。それをきちんと自覚できるかどうかがポイントだったようです。  巨大基数云々も、お話としてはわかります。確かにZFでは「空集合が存在する」といっているだけですから、広げる余地もあるのでしょう。それが普通の意味での数学ではなく、無矛盾性や完全性を問うような話につながるというのも、内容はともかく話としてはわかります。もちろん私の手には余りますが。  リンクも拝見しました。私は生粋の文系なのですが、そういえば、かつてカル・スタだのポストモダンだのといったフカシに苦しめられた経験があり、それが集合論への関心につながっています。あの手の変な流行はもう廃れつつあるようですが。

  • 回答No.6
  • mikaemi
  • ベストアンサー率50% (33/65)

なるほど。。巨大基数の理論などは数学じゃないってことですかね^^ まぁ、わたしはよくわかってないんですけど(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • mikaemi
  • ベストアンサー率50% (33/65)

ありがとうございます。 > ∀x[x∈a⇒∀y∀z(P(a,y)∧P(x,y)⇒y=z)]⇒∃b∀u[u∈b⇔∃x(x∈a∧P(x,y))] ∀x∀y∀z(P(x,y)∧P(x,z)⇒y=z)]⇒∀a∃b∀u[u∈b⇔∃x(x∈a∧P(x,u))] かな??スコーレムが整備したものなのかな。。 やはり、わたしは、素朴集合論の楽園にいたほうがよさそうだ^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • rinkun
  • ベストアンサー率44% (706/1571)

ANo.1への補足の質問について。 どれというより外延性公理と正則性公理を除く、集合の存在を示している公理は全て内包公理で書けてしまうのでは? 内包公理は論理式Φ(x)に対して ∃y∀x(x∈y⇔Φ(x)) ですね。外延性公理でこの集合yは一意に定まるので、これを{x|Φ(x)}と書くことにしましょう。 たとえば空集合は{x|x≠x}で良いですね。a,bの対は{x|x=a or x=b}、Aの合併は{x|∃y∈A(x∈y)}など。その他も同様に書けるでしょう。 ANo.2さんへ。 置換公理は、論理式Pについて ∀x[x∈a⇒∀y∀z(P(a,y)∧P(x,y)⇒y=z)]⇒∃b∀u[u∈b⇔∃x(x∈a∧P(x,y))] です。この公理の前半は論理式Pが(広義の)関数であることを要求しています。従って、この公理は集合aを関数Pで移した値域が集合であるということを示すだけで、内包公理のように論理式を満たす集合全体が集合になることを示しているわけではありません。 分出公理も置換公理に含まれますから同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私にとっては理解がちょっと難しいのですが…。  つまり、{x|Φ(x)}というのは、「性質Φであるようなxからなる集合」という感じですよね。やはり、「自分自身を含まない」という性質をΦとした集合を考えてもいいような気がします。そんな集合の対や合併を考えてもいいような…。まあ、そうなるとあまりにもアナーキーな集合になってしまう気もしますが。  当方、述語論理式には慣れていないこともあり、「うーん…」です。

  • 回答No.2
  • mikaemi
  • ベストアンサー率50% (33/65)

「ZF公理系ならラッセルのパラドックスが回避できる」というのは、どこで得た知識なんですか? 分出公理や置換公理は、ある条件を満たすφ(x,...)について、{x:φ(x,...)}という形で導入できる集合の存在を保証してますが、たとえば、φ(x)としてx=xを考えると、{x:x=x}はすべての集合からなる集合となってしまいます。これでは、ラッセルのパラドクスに陥る。。 「ラッセルのパラドックスが回避・・」は、型理論などの方面のお話ですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

色々とありがとうございます。 皆さんから頂いた回答にコメントさせていただきます。 私が参照しているのは主に (1)上江州忠弘2004『集合論・入門』遊星社 (2)松村英之1966(復刊版2004)『集合論入門』朝倉書店 です。  例えば文献(2)において、「許される操作によって新しい集合をつくりだすことを有限回繰り返して得られるものだけを集合と呼んでおけば、矛盾は起こらない(少なくともこれまでの数学者の経験では起こらなかった)」(p.115)とあります。ここで「矛盾」とあるのは、直接的にはラッセルのパラドックスを指しています。  その上で、そんな「許される操作によって」集合を構成する原理を、もっとも厳密に公理の形で述べたものが例えばZF公理系であるとし、ZFの紹介に入っているという論調です。  ですからラッセルの型理論の話ではありません(型理論は私にはちょっと敷居が高すぎて…)。  mikaemiさんが書かれている「たとえば、φ(x)としてx=xを考えると、{x:x=x}はすべての集合からなる集合となってしまいます。これでは、ラッセルのパラドクスに陥る」というのが、たぶん私の疑問の根本のような気がします。「すべての集合からなる集合」なのかどうかはピンと来ませんが、ものすごく大きな「集合の集合」を、ZFで扱ってもいいじゃないかという気がするのです。  mikaemiさんのように式で考えられるわけではありませんが、ZFで扱われる集合としてラッセル集合を考えてはいけない(考えられない?)理由が、よくわからないのです。

  • 回答No.1
  • rinkun
  • ベストアンサー率44% (706/1571)

ZF公理系ではラッセルのパラドックスで使う集合が構成できないからです。 ラッセルのパラドックスで使われている「自身を要素として含まない集合の集合」というものは図式で書けば {x|not(x∈x)} とでも書けるでしょう。このような集合の構成法は内包公理と呼ばれる強い公理です。 ZFではこのような構成はできません。 もともとZFは、内包公理が強すぎて矛盾を導くことから、これを矛盾を作り出せない弱めた公理に置き換えたものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 すみません、よろしければもう少しお教えいただきたいのですが、 内包公理というのは、要するに「ある共通の性質を満たすものの集まりは集合である」というニュアンスですよね?(理解不足があればご指摘ください) この「強すぎる公理」を弱めた部分は、ZFでいえばどのあたりになるのでしょうか。それとも、もしかしたら、この「どのあたり?」という私の疑問そのものがおかしいのでしょうか……。

関連するQ&A

  • ZF公理系に「積集合の公理」がないのは何故ですか?

    (I)外延公理   ∀z(z∈x <-> z∈y)-> x=y (II)対公理    ∃z∀u(u∈z <-> u=x ∨u=y) (III)和集合公理  ∃y∀z(z∈y <-> ∃u(u∈x∧z∈u)) (IV)ベキ集合公理 ∃y∀z(z∈y <-> z⊆x) (V)空集合公理  ∃x∀y¬(y∈x) (VI)無限公理   ∃x(Φ∈z∧∀y(y∈x ー> y∪{y}∈x)) (VII)置換公理   ∀x∀y∀z(φ(x,y)∧φ(x,z)->y=z) -> ∃v∀y(y∈v <-> ∃x(x∈u∧φ(x,y))) (VIII)正則性公理  x≠Φ ー> ∃y(y∈x ∧ y∩x=Φ) このように和集合の公理はあるのに何故積集合の公理はないのでしょうか? 他から導けるのでしょうか?

  • ZFCが一番少ない公理系ではない?

    数学基礎論の本でZFCは一番少ない公理系(9つ) 外延性公理, 空集合の公理, 対の公理, 合併集合の公理, 無限集合の公理, べき集合の公理, 置換公理, 正則性の公理, 選択公理 と見かけましたが ZFCは図式は一つずつだが無限個の公理から成り立っている公理系だと聞きました。 もし,無限個だとすると一番少ない公理系で無限個とは意味不明だと思います。 どのように解釈したらいいでしょうか? それと公理図式と公理の違いは何なのでしょうか?

  • 集合論についての質問です

    集合論には大きく分けて素朴集合論と公理的集合論があることを知りました。 今大学生なのですが、工学部なのでそこまで詳しい解説は4年生になっても多分しません。 なので、数理学科が学ぶようなとても厳密なお話にはついていけないと思いますので、簡単に教えていただければと思います。 公理的集合論での「公理」とは、「これこれこういう集まりじゃなきゃいけませんよ」というような、集合とはどのようなものかを定義するものということでいいのでしょうか? いいかえるならば、素朴集合論において、パラドックスが発生したときに用いていた集合を排除するための規則ということでいいのでしょうか? 公理的集合論とは、素朴集合論においてパラドックスが発生してしまうような集合をとりのぞくいろいろな規則を導入して、パラドックスが発生しないようにした集合論ということですね。 また、高校や大学で集合を扱う時は、集合の定義で「ある条件に当てはまるか当てはまらないかが明確に決まるものの集まりとする」として、たとえば、「背の大きなクラスメートの集まりは集合とはしない」と説明されましたが、この時の背の大きなクラスメートの集まりが集合としないのは公理的集合論の理論を用いているのでしょうか? それともそれ以前の大前提のことをただ単に明示しているだけで、素朴、公理的、を語る以前のことという捉え方でいいのでしょうか? 全体的に分かりにくい文章で申し訳ありません。 よろしければ回答お願いいたします。

  • 二階論理と集合論

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • 順序数の質問です。

    [集合の公理系ZF]において、 2つの順序数A,Bが、順序同型となる場合、AとBは(集合として)等しい。 A≅B⇔A=B これの証明を教えて下さい。 (書籍に証明が記載されていなかったので) 詳しい方お願いします。

  • 一階の言語で書かれた集合論と二階論理

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • パラドックスについてデス。

    立て続けに質問することをお許し下さい。 パラドックスについて2つ質問させて下さい。 1つ目 ・ラッセルのパラドックス(集合論の逆理)は現在どのように解決されているかが 知りたいです。(集合がどのように定義されたか。)  この時、「類」や「○○公理」などの言葉を使う時はその説明(もしくは参考サイ トの提示をお願いします。)高校生に分かる程度にお願いします。 2つ目 ・「ラッセルさん」と恒例の「ゼノンさん」の逆理以外の理念(集合論・極限論以   外)のおもしろい逆理がありましたら、名前だけでもいいので教えて下さい。  (自分で調べますので・・・) 以上2つよろしくお願いします。 最近(前から?)自信を持って間違った事を言う人が増えています。だからどう、って訳ではないんですが、(僕もその一人のようで・・・)自信ないのなら「自信ない」と示して回答を寄せて頂くと有り難いです。 よろしくお願いします。

  • そんな凄いなら,なぜ区体論は殆ど普及していないの?

    区体論という集合論に取って代わるような理論が発明されて,核心部分については完全性と無矛盾性が証明済みで,いい事ずくめの基礎理論のようにあちこちのプログにかかれてますが, 区体論というタイトルの書籍は和書・洋書とも存在しないようですし,articleとしてもそれに関する論文も見当たりません。 wikipediaにも載ってはおらず未だ,個人のブログのみです。 この理論は日本人が発明した理論なのでしょうか? 中には区体論はインチキらしいとの見解のブログも見かけます。 Cantor以来の大発明ならもっとあちこちでpublicalyに(privatelyではなく)議論されていい筈なのに。。。。 どうして,区体論は殆ど注目されていないのでしょうか? 公理的集合論の先生も区体論って言葉すら知らなかったし。。 どなたかお詳しい方お教え下さい。 P.S. 区体論というのは本当にいい事ずくめなのでしょうか?

  • モデルの正式な立場、記述について

     質問は数理論理学などに登場する「モデル」というものについてです。いろいろな論理や集合を扱った書籍では命題の意味論、真偽判定はこのモデルによってなされるとあります。  これはいかなる数学的構造を形式体系に対応させるかということと思うのですが、 この構造としての集合と要素、関数が各人の持つイメージでしかないように本などには書かれています(集合は丸い囲いのようなもの、要素はいろいろな形を持ったドット、関数はドットをつなぐ矢印もしくは表のようなものとして)。私の理解ではこのモデルは形式体系に内容・内実を与えるものと考えていますが、有限の範囲ならともかく無限モデルではこのイメージ主体のモデルの立場、意味するところがよく分からなくなってしまいます。無限モデルは記述として「以下同様」や「・・・」などと、あとは自然な類推で分かるだろうといった形で書かれており、「ある形式体系の公理が無限モデル上で真になっていることの確認」や「標準モデルと非標準モデルの区別」などが意図していることは人間的な理解としては感じられますが、上に書いたようなモデルの記述では結局無限の行為と判断を想定しているじゃないかと言いたくなる気が抑えられないのです。無限への直観がないと理解できないなどといった怪しげなことは言いたくないですしまた、そういうことを数学で考えるべきではないというのもいろいろなところで聞いています。ですがでは、正式にはどう考えるべきなのでしょうか。  形式体系は一つには意味抜きで無限などを扱うために導入されたものであるはずなので上のようなことは「モデルを新たに体系として翻訳すればどうか」など考えるのですがやはり形式体系とモデルは異なるものなのであり同一視はできないように感じますし(できるとするとモデルもまた記号列の一つというよくも分からないことになってはしまわないでしょうか、しかし「zfcのモデルをzfc内で展開する」などということはよく聞きますし、これは一体どういったことなのかと混乱しております)、またそんなことをしては「公理系を別の公理系に移して議論しているということだろうか」つまり「真とは別の公理系での証明可能性のことを言うのか」など問題が噴出してきます・・・。結局モデルのフォーマルな身分、記述は一体何を以てなされるべきなのかということが一向に明らかになってこないのです。このモデルの正式な、フォーマルな扱いとでもいうべきものが私の伺いたい最大のことと感じます。  加えて上で「真偽判定」という言葉と使いましたが記号列操作による証明と根本的に異なるのでしょうか。どちらもステップを踏んだ何らかな判断にほかならない思われるのです(すなわち記号列変形でたどり着けないところに真偽判定ではたどり着けるということのいっている内容がわからないのです。よく真であるが証明不能といわれるものです、真というものが別の系での証明可能性ということならよくわかるのですが。そしてこれは真偽判定つまりモデルを使った判断というものがどういうものであるかがよくわかっていないためだと感じます・・・。)。  また同じような問題として「無限個の公理を持った体系」(たとえばc≠0,c≠s0,c≠ss0,c≠sss0・・・などを公理として持つ)や「モデル内に無限降下列を持つ」なども意味をとることができません。(後者は常にやろうと思えば一個下の要素の存在をいえるというようなメタ的なものという気もするのですが・・・)  有限のものでなければ扱うのが危険だという懐疑論的なことを言っているつもりはないのですが・・・もしかしたら自分はそういうことを主張しているのでしょうか。もしくはフォーマルな記述、正式な記述ということにこだわりすぎているのでしょうか。 無限の扱いを当然のごとく進めていることが、自分の頭では整理できず、どういった判断が適切であり逆にどういうものが不適切なのかの基準が個々人に任されているように見えるのです。現実の数学としてはまさにそうであって天才はその嗅覚に優れているために他人には見つけられない何かを見つけるのでしょうが、論理学としてはコンセンサスがあるべきと考えます(無限に対するコンセンサスというとどの操作を記号列の操作というのかなど懐疑論レベルも含め様々問題が出てくると感じますがあくまでモデルを正式にどう扱うかのみの話です)。  以上、自分としてもおかしなこと言ってるなと思うところや、勘違い、妄想、妄言の類が入っていると思われ恥ずかしいのですが、助けでくださる方々いらっしゃれば幸いです。

  • ZFC集合論(公理的集合論)について.

    ZFC集合論の問題をやっています。 集合論はこれまでにまったく習っておらず参考書などで調べながら自分なりに考えてみても混乱するばかりでわかりませんでした. 集合論て難しいですね(^^;) 問題なのですが, 「A={x|#x=1}はZFC集合論の意味での集合になるかどうか調べよ」です. 初心者の私でもわかるような解説がありましたら教えてください.