• ベストアンサー
  • 困ってます

直積と関数について

選択公理の解説などにおいて直積の定義がありますが、 ΠSλ(λ∈Λ)={f|f:Λ→∪Sλ fλ∈Sλ} とするのが多いと思います。(つまりΛから∪Sλへの関数の内、ある条件を満たすもの全体) しかし、私は関数というのは二項関係などと同じように直積の部分集合として定義されるものと考えていました。(上の例では、fはΛ×∪Sλの部分集合) そのため、関数と直積をどちらから定義すればよいのか混乱しています。 おそらく、原因は私が、純集合論的な立場から直積、関数も一つの集合として定義しようとしているにもかかわらず、集合の記法を厳密に決めていないため(一階述語論理の言語と=、∈以外のものを勝手に使用している)だと感じるのですが、この理解自体どこかおかしなところがあるでしょうか? また、見通しのよい考え方、捉え方等教えていただければ幸いです。この方面に詳しい方々、時間に余裕があればお答えください、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数568
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

つまりですね、 *集合aとbが与えられた時、aの元xとbの元yとの順序対<x,y>全体をa×bと書きますが、これはaとbとの「直積その1」であって、 *「直積その1」が定義されると集合aから集合bへの「写像」が定義出来ますが、 *集合族 g: Λ→ Jが与えられた時(集合族ってつまり「写像」です。つまり、この段階で既に写像の定義が必要)、 ΠJ = { f | fは Λから∪Jへの写像で 任意のλ∈Λ に対し、f(λ) ∈ g(λ)となるもの} というのは、Jの「直積その2」なのです。要は、直積、という言葉で「異なる」2つの概念の定義があるのです。 で、問題はここからですが、2つの集合a, bが与えられた時に戻って、 *aとbとの「直積その1」 a×bはさっき書いた通り *一方、aとbとの「直積その2」というのは、定義するのに少し準備がいる。 つまり、ある2元集合 Λ = {0,1}からaとbの2元からなる集合 J = {a, b}への恒等写像 g: Λ → J でg(0) = a, g(1) = bなるものを考えたとき、Λ = {0,1}から∪J = a∪bへの写像f で、f(0) ∈aかつf(1) ∈ bなるようなf全体からなる集合がaとbとの「直積その2」です。 で、aとbとの「直積その1」と、aとbとの「直積その2」とは、明らかに一対一対応がありますが、『集合としては別物』なのはいいですか?で、通常はこのaとbとの「直積その1」と、aとbとの「直積その2」を同一視するのですが、繰り返しになりますが、あくまで集合としては別物。 で、結局、最初に「直積その1」の定義があって、次に「写像」の定義があって、それから「直積その2」の定義がある。有限個の集合の直積の場合は、「直積その1」と「直積その2」とでは自然な一対一対応があって、通常同一視しますが、あくまで別物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。段階的に直積の定義を確定させていくのですね。 参考になりました、回答本当にありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

もう一個訂正: > 集合族 g: Λ→ Jが与えられた時、ΠJ =... というのは、Jの「直積その2」 というのは、正しくは Πg =... というのは、gの「直積その2」 です(gが集合族ですし、どう対応付けしているかも考えないといけないので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

訂正: > J = {a, b}への恒等写像 g: Λ → J でg(0) = a, g(1) = bなるものを考えたとき、 と書いたところの「恒等」の文字は余計です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 二階論理と集合論

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • 一階の言語で書かれた集合論と二階論理

    述語の量化のためには二階論理を使う必要があるということを読んだのですが、 zfcの公理系は一階述語論理の言語で書かれていますよね。 zfcにおいては対象は集合であり、その量化は集合の量化つまり述語の量化になるのではないでしょうか。一階の言葉で書かれた集合論で述語の量化ができているようにみえるのです。 上の内容でなにか勘違い、思い違いをしていると思います。それはどこでしょうか、また集合論と二階論理は本質的に何が異なるのでしょうか。この方面に詳しい方、いらっしゃいましたら助けてください。よろしくお願いします。

  • 直積集合について質問です

    直積集合について質問です。 直積集合を定義することによってどのような利点が生まれるのですか? また集合Aと集合Bの直積集合において、集合Aの部分集合fを要素と考えて集合Bの要素と部分集合fを組にすることは可能ですか?

  • 選択公理は循環論法的ではないですか?

    集合論における選択公理は,現行の表現のままでは, 循環論法的主張になってしまっているのではないでしょうか? つまり,それぞれの集合族について選択関数が選べると言っても, 選択関数は沢山あるから,1つ1つの集合族についてどの選択関数を選んだらよいか, 選択しなければいけないのではなでしょうか? すると,選択関数を選択するのに, また選択公理を使って選択しなけばいけないが, それを選択するのにまた選択公理を使って・・・??! これでは,いつまで経っても選べない! だから,選択公理は, すべての集合から成る領域において定義された選択関数の存在 を主張しないといけないのではなでしょうか? 従って,公理の表現を次のように改めないといけないと思うのですが・・・ ∃f:V-{φ} → V ,∀a∈V ,∀x∈a ,x≠φ ⇒ f(x)∈x (f:選択関数,V:すべての集合(族)からなる領域,φ:空集合,a:集合族,x:集合) 「強い選択公理」とか「弱い選択公理?」とかもあるようですが、 上記の点はどうなのでしょうか?

  • 圏論を公理的に扱うには

    圏のはじめの定義において対象のcollection、射のcollectionという若干曖昧な言い方がなされるのが普通だと思います。 圏の対象、set全体やgroup全体はproper classになり一階述語論理で書かれた集合論の公理では記述できないことが書籍などでは書かれており、また圏論の解説などで量化記号(∀∃など)を使っているのも見ません。 しかし圏論を公理的に定式化できなければそれも問題だと思うので、公理的な扱いができるとも思っているのですが、それはどういうように行われているのでしょう。 また集合論が数学の基礎づけになっているというのと同じような意味で、圏論がいろいろな数学を展開する場を与えてくれると考えられると感じるのですが、一つ一つの具体的な圏、Set、Group、Top、Htpyなどは圏論全体の枠組みの中でどのようにして導入されるのでしょうか。圏の具体例として急に外から与えられているようにみえるのですが...(たとえば、群全体なるものがどこかで想定されていて圏の定義を満たしていることは確認されるように記述されているように感じます) おそらく公理的な集合論と圏論との関係がわかっていないための混乱なのですが、圏論はどのように形式的に定まっているものなのでしょうか。

  • 直積位相定義が2個の直積の場合に合致してるか?

    直積位相の定義についての質問です。 [定義ア]位相空間(X_λ,T_λ) (λ∈Λ(Λは任意の添数集合))と射影fが与えられていて,直積集合P:=ΠX_λとおく。 この時,X_λ⊃{f_λ^-1(t_λ)∈2^P;t_λ∈T_λ}=:S_λをf_λによって誘導される(X_λ,T_λ)の位相と呼ぶ。 次に和集合B:=∪S_λと置き, この時,このBから生成される位相{U∈2^P;∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U} を直積集合Pの直積位相と呼ぶ。 が直積位相の定義だと思います。 [定義イ]2個の直積(X_1,T_1)×(X_2,T_2)の場合の直積位相は{∪[g∈G]g ;G⊂T_1×T_2}と載ってました。 [定義ウ]集合Xの部分集合族Bが以下の条件を満たすときBをXの開基という (1)BはXを被覆する (2)任意のb1,b2∈Bおよび任意のx∈b1∩b2に対して、あるb∈Bが存在して、x∈b⊂b1∩b2となる。 [定義エ] Bを集合Xの開基とする時,{U∈2^X;∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U}をBによって生成される位相という。 そこで定義アの直積位相定義が2個の直積の場合に定義イと合致してるか調べています。 まずS_1={f_1^-1(t_1);t_1∈T_1},S_2={f_2^-1(t_2);t_2∈T_2}でB:=S_1∪S_2と置く。 そしてこのBによって生成される位相は{U∈2^(X_1×X_2);∀x∈U,∃b∈B such that x∈b⊂U}:=L これが{∪[g∈G]g;G⊂T_1×T_2}:=Mに一致してるか吟味してみます。 (i) L⊂Mを示す。 ∀U∈Lを採ると,∀x∈Uに対してx∈b⊂Uなるb∈Bが存在する。 Bの定義よりb={f_1^-1(t_1),f_2^-1(t_2)}という集合になっています。 そこで結局の所,Uは常にbを含んでいなければならない訳ですからU=∪[b∈B']b (但しB'⊂B)…(1)となっていますよね。 所でBの元達はというとB:=S_1∪S_2な訳ですから(1)は U={(t_1×x_2)∪(x_1×t_2);x_1⊂X_1,x_2⊂X_2}という形になってますよね。 ここでx_1やx_2は必ずしもT_1やT_2の元とは限らないわけですよね。 なのでこのUは∪[g∈G]g;G⊂T_1×T_2には含まれませんよね。 どうすればLとMが合致しますでしょうか? それとも直積位相は2個の直積集合の場合と3個以上の直積集合の場合とでのそれぞれ直積位相の概念は異なるのでしょうか?

  • 直積集合の証明問題

    A×B、C×Dは直積集合をして、 (A×BがC×Dの部分集合) ⇔ (AはCの部分集合、かつBはDの部分集合) という証明問題を解きたいのですが、あまりに当たり前なことなので、 逆に何から手をつけて解いていけばいいのか全く分かりません。 どなたか、証明の仕方がわかる方がいましたら、証明の方針だけでも教えて欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 情報数学 直積と関係

    大学でコンピュータの基礎となる情報数学を学んでいる者です 教授はただプリントに書いてある定義を述べるだけで、結局どういうものなのか、またどういう捉え方をしておけばよいのかを教えてくれません。 「直積とはA,Bを集合とするとき、C=A×B={(x,y)x∈A、y∈B}」 としか書いてありません。直積とはどういう概念なんでしょうか? 「直積の部分集合Rを関係Rという。」「(a,b)∈RをaRbと書く。」 なども記号の使い方(a,b)∈Rがよく分りません。 どういった形でこれらのことを頭に入れておけば良いのか、是非回答をお願いします。 もしできればこういった事を分かりやすく説明してくれる教科書、参考書等があれば教えていただけるとうれしいです<m(__)m>

  • 直積の証明問題です。大学の数学のわかる方お願いします

    直積の証明問題です。大学の数学です。 Xの部分集合{A;λ∈∧} {B:μ∈M}について (∩{A:λ∈∧}×(∩{B:μ∈M})=∩{A×B:<λ、μ>∈∧×M} を証明せよ という問題が解けずこまっています。よろしくお願いします 要素が含まれることを書けばいいと思うのですが、どう書けばいいのか わかりません。

  • 再:ルベーグ測度,直積測度の零集合

    X,Yをユークリッド空間R^m,R^nの部分ルベーグ測度空間(X,Yはルベーグ可測集合で測度有限)とします。 φ(x,y)をx∈X,y∈Yを自由変数とする論理式、例えば「f(x,y)=g(x,y)」(f,gは可測関数)とします。 「φ(x,y)  a.e ((x,y)∈X×Y)」  ならば  「「φ(x,y)  a.e (x∈X) 」 a.e (y∈Y)」 は成り立ちますか。また、成り立たない場合はどのような反例がありますか。 但し、X×YはXとYの直積測度空間です。簡単な場合として、m=n=1,X=Y=[0,1]としてもらっても構いません。 全くわからないので、よろしくお願いします。