• ベストアンサー
  • 困ってます

ペアノの公理の5番目の公理(いわゆる数学的帰納法)

ペアノの公理の5番目の公理(いわゆる数学的帰納法の原理)について、 なぜこれが自然数の定義に必要なのか気になって、考えたり調べたりしています。 (つまり、1~4の公理だけでは何が不十分なのかについてです) そんな中、自然数の加法を定義するときに公理5が必要であるということを聞きました。自然数の加法を定義するときに公理5が必要な理由について、 ご教示、またはアドバイスいただけないでしょうか。 もうすこし具体的には、 N=(N,S,0) S:successorの写像 において、以下のように加法(二項演算a)を定義するとき (i) a(x,0) = x (ii) a(x,S(y)) = S(a(x,y)) この(ii)の定義の際に必要だと思いますが、 どのように第五公理が効いているのかが理解できていません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数164
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

はい、いずれもいいです。 (Q6) - (Q8)で、少なくとも(i)(ii)を満たす写像が一つであることを示すのに、実際に(5)を使うことが分かると思います。この証明の時にも、結局 0->s(0)->s(s(0))->...という列を考えるわけですね。で、この列全部で「埋めつくす」というのを保証するのが(5)というわけです。 逆に (Q1)-(Q5)で、(5)を満たさないようなシステムの場合は、(i)(ii)をつかって、0 -> s(0) -> s(s(0)) -> ..... という「列」を考えるだけでは定義できないような要素(この例でいうと-1と-2に対するaの値)が出てきて、うまく定義できない、というのが、何となくわかってもらえたかな?と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

この度は丁寧なご説明と理解の誘導をありがとうございました。凝り固まってた疑問がほぐれて理解がとても進みました。 加法の写像の存在性については自身の課題として、早速とりかかろうと思います。それも含めて、ペアノの公理の理解を深めたいと思います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

もう一問書いておきます。今度はPeanoの公理を満たす場合。 今度は (N, s, 0)がPeanoの公理 (1) ~ (5)をすべて満たすとする。写像 f:N× N→N, g:N×N→N が、 f(x,0) = x, f(x, s(y)) = s(f(x,y)) 及び g(x,0) = x, g(x, s(y)) = s(g(x,y)) を満たすとする。 この時、 (Q6) x∈Nを一つとる。Nの部分集合Aを、A = {y∈N | f(x,y) = g(x,y) } とおく。Aは、0∈Aかつs(A)⊂Aを満たす事を示せ。 (Q7) f = gであることを証明せよ。 (Q8) (N, s, 0)がPeanoの公理 (1) ~ (5)をすべて満たすとする。(i)(ii)の関係を満たすa:N×N→Nは、(存在するなら)ただ一つであることを示せ。 aが実際に存在することは、証明がちょっと長くなりますので、一旦やめておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

(Q6)~(Q8) についても、誠にありがとうございます。 (Q6)  x∈Nを任意に一つとって固定する。 A = {y∈N | f(x,y) = g(x,y) } とおく。 このとき、 (1)0∈Aを示す f(x,0)=x=g(x,0) なので、0∈A (2)s(A)⊂Aを示す 任意のy∈Aに対して、 f(x,s(y)) =s(f(x,y)) ∵fの定義 =s(g(x,y)) ∵y∈Aより、f(x,y) = g(x,y) =g(x,s(y)) ∵gの定義 よって、s(y)∈A よって、s(A)⊂A (Q7) A={y∈N | f(x,y) = g(x,y) }は、 (Q6)とPeanoの公理 (5)から、A=Nである。 よって、任意のy∈Aと任意のx∈A((Q6でとったxの任意性から))にたいし、 f(x,y)=g(x,y) (Q8) (i)(ii)を満たすf(x,y)とg(x,y)が存在したとする (Q6)と(Q7)の結果から、 任意のy∈Aと任意のx∈Aに対し、f(x,y)=g(x,y) 何度もお時間を頂戴して恐縮ですが、いかがでしょうか。

  • 回答No.2

いいですね。 そこで、そのようなNが与えられたときに、(i)(ii)という2つの関係を満たす演算 N×N→Nが本当に存在し、なおかつそれが一意に定まるか、という事が問題になります。そこで(5)の「制約」があると、a(x,0) = xから始めて、a(x,1), a(x,2), a(x,3), .... , と帰納的に計算をすることで、全てのn∈ Nに対してきちんと a(x,n)が定義されることが証明されます。 それには実際に証明してみればいいのですが、ここでは実際に(5)が「ないと」どういう不都合が起こるかを見てみましょう。 ここからは『逆質問』です。以下、<は普通の不等号、 +は普通の加法とする。 M = { -2以上の整数全体} = {-2, -1, 0, 1, 2, .... } とする。s:M→Mを、 s(n) = n+1 (n≧0の時), s(-1) = -1, s(-2) = -2 で定める。 (Q1) (M, s, 0) は、Peano の公理のうち、(1)(2)(3)(4)は満たすことを確かめよ。 (Q2) (M, s, 0) は、Peano の公理のうち、(5)は満たさ『ない』ことを証明せよ(ヒント:A={0以上の整数全体}を考えよ)。 (Q3) b:M×M→Mを、 b(x,y) = x+y (x≧0, y≧0), x (x=-1またはx=-2であって、かつy≧0), y (y<0)で定める。bは b(x,0) = x, b(x, s(y)) = s(b(x,y)) を満たしていることを証明せよ。 (Q4) 一方、c: M×M→Mを、 b(x,y) = x+y (x≧0, y≧0), x (x=-1またはx=-2であって、かつy≧0), -2 (y=-1), -1 (y=-2)で定める。cは c(x,0)=x, c(x,s(y)) = s(c(x,y))を満たしていることを証明せよ。 (Q5) (M, s, 0)においては、 a(x,0) = x, a(x, s(y)) = s(a(x,y)) という関係式だけでは、写像aが一意に定まらないことを確認せよ。 一度(Q1) ~ (Q5)まで解いて、 Peano の公理の(5)がないと、なぜ(Q5)のようなことが起こってしまうかを何となく考えてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

とても詳細に記載いただき、また段階を踏んで理解を助けていただいて、 誠にありがとうございます。 時間がかかっていて申し訳ございませんが、 まずこちらの(Q1)から(Q5)について考えてみました。 (Q1) 確認できました。 (Q2) A={0以上の整数全体}とすると、A ⊂ Mであり、 0 ∈ A かつ s(A) = {1,2,3,…} ⊂ A である。 しかし、A ≠ M (Q3) 【b(x,0)=xを示す】 (1)x≧0 のとき、 b(x,0)=x+0=x (2)x=-1,または-2 のとき、 b(x,0)=x 【b(x, s(y)) = s(b(x,y))を示す】 (1)x≧0, y≧0 のとき、 b(x,s(y)) = b(x,y+1)= x+y+1 s(b(x,y)) = s(x+y)=x+y+1 (2)x=-1またはx=-2であって、かつy≧0のとき b(x,s(y)) = x s(b(x,y)) = s(x) =x (sの定義から) (3)y<0のとき b(x,s(y))=b(x,y) =y s(b(x,y))=s(y)=y (Q4) 【c(x,0)=xを示す】 Q3のbと同様 【c(x,0)=x, c(x,s(y)) = s(c(x,y))を示す】 (1)x≧0, y≧0 のとき、 c(x,s(y))= c(x,y+1)=x+y+1 s(c(x,y))=s(x+y)=x+y+1 (2)x=-1またはx=-2であって、かつy≧0のとき、 c(x,s(y))=x s(c(x,y))=s(x)=x (3)y=-1のとき、 c(x,s(y))=c(x,-1)=-2 s(c(x,y))=s(-2) =-2 (4)y=-2のとき、 c(x,s(y)) =c(x,-2)=-1 s(c(x,y))=s(-1)=-1 (Q5) Q3のbと、Q4のcは、共に関係式 a(x,0) = x, a(x, s(y)) = s(a(x,y)) を満たすが、 b(x,-1) = -1 c(x,-1) = -2 であり、写像として一致しない 【なぜ(Q5)のようなことが起こってしまうか?】 こちら言葉がうまくまとまらなくて申し訳ございません。 Peano の公理の(5)があると、自然数は 0→s(0)→s(s(0))→s(s(s(0)))→… という列のみで構成されているとわかる しかし、今回のM=(M,s,0)の例では、 このMは、0→s(0)→s(s(0))→s(s(s(0)))→という列から外れた -2と-1がそれぞれ孤立した点のような状態として存在する構造になっている。 加法 a(x,0) = x, a(x, s(y)) = s(a(x,y))という関係式は、 tmppassenger様に記載いただいた通り、 > a(x,0) = xから始めて、a(x,1), a(x,2), a(x,3), .... , と帰納的に計算 というのが感覚的に理解できました。 a(x, s(y)) = s(a(x,y)) という定義は、 s(y)の"前の数"yの存在が前提のため、自然数は一列の0→s(0)→s(s(0))→s(s(s(0)))→ という構造であってほしい。 ということを考えました(まだ観察の段階でうまくまとまってなくて失礼します) 引き続き、考えさせていただければと思います。 間違いや、不足がありましたら、指摘いただければ大変ありがたいです。

  • 回答No.1

認識の齟齬があるといけないので、念のためにあなたが見ているPeanoの公理 1-5というのを、全て書いてもらえますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

コメントをいただきまして、誠にありがとうございます。 説明不足、勉強不足なところがあり大変恐縮です。 自分の見ているペアノの公理を記載させていただきます。 (1) 0 ∈ N. (2) 写像 S : N → N が与えられていて、任意のx ∈ N に対してS(x) ∈ N (3) 0 ∈\ S(N) (∈\は属さないを意味する) (4) S は単射. (5) AをNの部分集合とする。このとき、次の条件 (a)(b) を満たすならば A = N ・ (a) 0 ∈ A ・ (b) S(A) ⊂ A 何卒よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • 数学的帰納法の証明

    自然数に関する数学的帰納法の原理が自然数が整列集合であることと同値であるということはわかっていますが 次のように数学的帰納法を証明した場合どこに整列集合の性質が使われているor論法が間違っているのでしょうか。 数学的帰納法 自然数nに関する命題をP(n)とする (ⅰ)P(0)が成り立つ (ⅱ)すべての自然数nに対して、P(n)が成り立つならばP(n+1)も成り立つ この2条件が満たされているときP(n)はすべての自然数nについて成り立つ (論理記号でかくと(ⅱ)は(∀n∈N(P(n)⇒P(n+1))だと思います) [証明] P(n)が成り立たないような集合をSとする Sが空集合である事を示せばP(n)がすべての自然数nについて成り立つ事になる Sが空集合でないと仮定するとm∈Sとなるようなmが存在する このとき条件(ⅱ)を次のように書き換えて (II)すべての自然数nに対して、P(n+1)が成り立たないならばP(n)も成り立たない と考えると P(m)が成り立たないのでP(m-1)も成り立たないことになる このときP(m-1)が成り立たないのでP(m-2)も成り立たない 以下続けると結局 P(1)が成り立たないのでP(0)も成り立たないことになるが これは(ⅰ)に反する よってSが空集合でないという仮定が間違っていたことになる ゆえにSは空集合であり命題P(n)がすべての自然数nに対して成り立つことが示された

  • 数学的帰納法について

    数学的帰納法について質問があります。 数学的帰納法の問題で http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/kou2/inductive_method3.htm のnが〇以上(〇には具体的な数値が入ります)のとき 証明せよ の問題の解き方は理解できるのですが考え方に不明な点があります。 __________________________________________________ 数学的帰納法は (I) n=1 のとき(A)が成り立つことを証明する. (II) n=k のとき(A)が成り立つことを仮定する. その仮定を使って n=k+1 のとき(A)が成り立つことを証明する. __________________________________________________ とのことですがkは任意に自然数として理解をしていましたがこの考え方をすると、 nが〇以上の時について証明せよ。において (I) n=〇のとき(A)が成り立つことを証明する. (II) n=kのとき(k>=〇)(A)が成り立つことを仮定する の(k>=〇)の条件を書く必要があるのかがわかりません。 すなわち、 私が考えているのは、 (I) n=〇のとき証明できたのだから (II) n=kのとき(k>=〇)ではなくn=kのとき(k>=〇+1) と何故書かないのかということに疑問があります。 そのため、 すべての自然数 n について,次の不等式が成り立つことを証明せよ. の問題では、 (I) n=1 のとき(A)が成り立つことを証明する. (II) n=k のとき(k>=1)(A)が成り立つことを仮定する. と書かないのか という内容に混乱をしています。 これについて先生に尋ねてみたら すべての自然数において問題は自然数1から必ず行うものだから (k>=1)というのは暗黙の了解である。 だから、書かなくていい といわれました。 この考え方にあまり納得いかないので、わかりやすく解説をしてください。

  • 数学的帰納法

    数学的帰納法がわからなくなってしまいました。 だれか、教えてください。 問題 次の等式が成り立つことを、数学的帰納法によって証明せよ。 nが自然数のとき、1・1 + 2・2 + 3・(2の2乗) +・・・・+ n・(2のn-1乗) = (n-1)・(2のn乗+1)----(1) (ⅰ)n=1のとき    (左)-(右)=1-1=0 よってn=1のとき(1)は成り立つ。 (ⅱ)n=kのとき(1)が成り立つと仮定すると、     1・1 + 2・2 + 3・(2の2乗) +・・・・+ k・(2のk-1乗) = (k-1)・(2のk乗+1)    n=k+1のとき、     (左)=1・1 + 2・2 + 3・(2の2乗) +・・・・+ k・(2のk乗)  ここからがわかりません。1・1 + 2・2 + 3・(2の2乗) を、どうやって処理したら良いんでしょう? やりかたはもうひとつあると思いますが、このやり方でお願いします。

  • 数学的帰納法の問題

    帰納法の問題を教えてください。 すべての自然数nについて、n^3+5nは6の倍数であることを数学的帰納法 によって証明せよ。 よろしくお願いします。

  • 数学的帰納法で

    お世話になっております。些細な事なのですが、数学的帰納法からの質問です。 ある参考書に、数学的帰納法で証明する第2段階目の記述で、「k≧1」がありました。これは意味的には「kは1以上の実数」という事になると思うのですが、実際数学的帰納法では、kは「任意の自然数」を指していると解釈しているのですが、教科書の例では特に用いるkに対してその範囲を明示していないようです。この場合kは任意の自然数と但書きすべきか、先述のようにk≧1で良いのか、記述についてご存じの方いらっしゃいましたらお教え下さい。宜しくお願い致します。

  • 数学的帰納法の問題です

    数学的帰納法の問題です すべての自然数a,bに対して、a+b≠aが成り立つことを数学的帰納法を用いて証明しろ この問題で困っています。あまりにも当たり前なことなので、例えばn=1の時正しいという形をどのように説明するかが分かりません。あとa,bと2つの自然数があり、その2つをどのように扱うかも分かりません。例えば、a=1の時1+b≠1となりますが、これは正しいと言えるのかどうか。そもそもこのように解いていくのかどうかも疑問です。 ぜひこの証明の方法を教えてください。よろしくお願いします。

  • 数学的帰納法

    nが自然数のとき、次の等式(*)を数学的帰納法を用いて証明せよ。 2+4+6+…+2n=n(n+1)・・・(*) 今日、数学的帰納法を勉強すていて自分で回答をつくったのですが、これでいいのか見てもらえませんか? 2+4+6+…+2n=n(n+1) (1)n=1のとき、左辺2、右辺2、よって成り立つ (2)n=kのとき 2+4+6+…2k=k(k+1)・・・1 が成り立つと仮定すると n=k+1 2+4+6+…2k+2(k+1)=(k+1)(k+2)・・・2 が成り立つことを証明する 2+4+6+…2k+2(k+1)=k(k+1)+2(k+1)・・・3 2と3の右辺が一致するので、(*)は成り立つ (1)(2)より、すべてな自然数は成り立つ ・・・3のところを 2+4+6+…2k+2(k+1)=k(k+1)+2(k+1) =(k+1)(k+2) =kの2乗+3k+2 よって成り立つ こうしてもよいのでしょうか 自分でつくったためあっているかわかりません 教えてください。

  • 数学的帰納法について

    数学的帰納法について、一般的には、nを自然数とするとき、   [1] n= 1 のとき、成立する。  [2] n= k、n= k+1 のとき、成立する。    ゆえに、任意の自然数nのときに成立する。 という手順で示していきますが、 今、kの値の範囲が 1≦k≦n を満たす自然数という条件があり、  [1] k = 1 のとき、成立する。(←は問題ありませんが)  [2] k = n、・・・  という手順で示していきたいとき、k= n+1 とおくと範囲外となります。この場合、  [2] k = n-1、k = n のとき、成立する。  という形で示せば良いのでしょうか? kの値の範囲が上記の場合の、数学的帰納法の[2]の部分の示し方を教えて下さい。

  • 数学的帰納法おしえてください

    帰納法の問題がわかりません。 (1)自然数nについて、等式1+2x+3x^2+..........+nx^n-1=1-(n+1)x^n+nx^n+1/(1-x)^2 が成り立つことを、数学的帰納法を用いて証明せよ。ただしxは1でないとする。 よろしくお願いします。

  • 【数学B】数学的帰納法 発展問題

    まず、問題を書きます。 /////////////////////////////////////////// 問 nは自然数とする。数学的帰納法によって、次の不等式を証明せよ。 1) 1^2+2^2+3^2+・・・・・・+n^2<(n+1)^3/3 /////////////////////////////////////////// 見にくいですが。 解答を見てみたのですが、何か僕にとって大事なところが抜けていて、何言ってるかわかりませんでした。 帰納法で i)n=1のとき ii)n=kのとき で考えるところまでは分かりますが、n=kでnにkを代入した式を仮定するまでしか駄目でした。 この数学的帰納法の証明方法はいくつかあると思いますが、 一番、簡潔で分かりやすく証明できる方法を教えてください。 お願いします。