• ベストアンサー
  • 困ってます

大学入試 整数問題の解法

数学で、以下の問題の解法が分かりません。 ご存じの方いらっしゃいましたら、教えていただきたいです。 途中までは考えたのですが、そこから上手くいきません。違うやり方でスマートな方法があるのでしょうか。 __________________________________ 『3以上9999以下の奇数aで、a^2-aが10000で割り切れるものをすべて求めよ』 (答えはa=625のみだそうです) __________________________________ 途中まで考えた部分を載せておきます。 (1)まず10000を素因数分解して2^4・5^4と表し、a^2-aはa(a-1)と表せてaが奇数であるからa-1=k・2^4としました。(kは自然数) a(a-1)=2^4・5^4・p (pは自然数)として、先ほど考えたa-1を代入するとa=5^4・(p/k)となりますが、ここで(p/k)が整数ではないため、どうやって求めていけばいいのか… (2)他の考え方として、最初にa(a-1)=2^4・5^4・pとaの偶奇からa=5^4・sとa-1=2^4・tと置くことも考えたのですが、偶数部分であるa-1が5の累乗を因数にもたないとは限らないため、sは整数とは限らない…(結局(1)の論理と同じことになりますが) 長文となってしまい申し訳ございません。 どなたか分かる方、説明していただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数375
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

ああ、東大の2005年の問題ですね。 検索すればいっぱいヒットするいい練習問題ですが、それはさておき > 偶数部分であるa-1が5の累乗を因数にもたないとは限らないため 要は、ここで「持たないことは明らか」と気付かないと、解答が遅くなるのです(気付かなくても実際は何とかなりますが)。 というのは、aとa-1とは明らかに「互いに素」(何故なら差が1しかないから。2つとも共にある数dの倍すうなら、両者の差はdの整数倍ですね)なので、aとa-1とは共通の素因数を持たず、結局a-1は2^4の倍数ではあるけど5の倍数ではないのです。 そこまで気付けば、あとは実は5^4 = 625を2^4 16で試しに割ってみると625 = 16 * 39 + 1なので、625が一つの解であることがわかります。後は解が10000を法として一つしかない(10000で割った余りが同じになる)ことを言えば良い。 #No1さん > ここでk=625qと仮定するとa=16k+1=10000q+1となって題意に適しません。 > したがって16k+1=625r ポイントは、625は素数ではないので、この段階ではk=125r, 16k + 1 = 5sみたいな可能性が(直ちには)否定できないことにあります(直に否定されますが)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!隣り合う二つの数が互いに素であるという事実に気づけば簡単だったんですね。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 整数の問題

    A、B、Cは自然数で、ABは偶数Bは奇数します。A^2+AB+B^2=C^2から、Aは8の倍数であることを示せ。 Aの倍数性を知りたいからAで固めて A(A+B)=C^2-B^2 とするのは、考え方として正しいですか?知りたいのはCでもある? また、模範解答は、上まで変形し、C^2が奇数なことを知ってからB=2K+1、C=2L+1として代入してますが、Cが奇数であることを知る前に、初めからそれを代入したらダメ(分かりにくい)なのですか?あとAもA=2Mなどとしてとにかく代入するのは下手ですか?質問ばかりですみません。整数の基本を教えてください。

  • 数A背理法のもんだいについて

    【問題】 √6が無理数であることを、背理法を用いて証明せよ。 という問題の解答について質問です 【解答】 √6=b/a(a、bは整数)と表せると仮定すると、√6a=bより、両辺を2乗して、 6aa=bb・・・(1) ★aa,bbにふくまれる素数2の累乗の指数は、いずれも偶数であるから 6aa=2・3・aaに含まれる2の累乗の指数は奇数、bbに含まれる2の累乗の指数は偶数であり、素因数分解の一意性より6aa≠bbとなり、(1)に矛盾★ ゆえに、√6は無理数である ★ではさんだ部分がよくわかりません… あと、別解として √6が有理数だとすれば、√6=q/p(p,qは互いに素な自然数(整数?))と表せる。 これより、6pp=qq ☆左辺が2で割り切れるので右辺も2で割り切れなければならず、qは2で割り切れる。 よって、右辺が4で割り切れるので左辺も4で割り切れなければならず、qも4で割り切れる。☆ これは、p、qが互いに素であることに矛盾する。 ゆえに、(背理法により、)√6は無理数である も可能でしょうか? でも☆の部分で、「左辺に6ってあるから2じゃなくて3で割り切れるので~」という風にもなる…?とか考え出したらよくわからなくなっちゃって… ★の部分と☆の部分についてお願いします(> <)

  • 数学の参考書、本質の研究の記述に間違いはありますか

    本質の研究I・A P.31 因数分解のセクションにおいて、「どんな整数も必ず素因数分解ができる」という記述がありました。 しかし、整数には負数が含まれ、素数の定義は1と自分自身以外に約数を持たない1以外の自然数の筈なので、負数を自然数のみで表すことは不可能と考えました。 この場合上記の記述は間違いで、「どんな自然数でも必ず素因数分解ができる」が、著者が本来書きたかった内容ではないでしょうか? 他にも、この参考書に誤った記述がある部分があれば教えてください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5666/12329)

(1)の考えにのっとっていきます。出てくる文字はすべて非負整数です。 a-1=16k a(a-1)=16*625*p (16k+1)*k=625p ここでk=625qと仮定するとa=16k+1=10000q+1となって題意に適しません。 したがって 16k+1=625r 両辺を5で割って余りに矛盾がないようにするにはk=5l+4です。 16(5l+4)+1=625r 80l+65=625r 16l+13=125r 両辺を5で割って余りに矛盾がないようにするにはl=5m+2です。 16(5m+2)+13=125r 80m+45=125r 16m+9=25r 両辺を5で割って余りに矛盾がないようにするにはm=5n+1です。 16(5n+1)+9=25r 80n+25=25r 16n+5=5r 両辺を5で割って余りに矛盾がないようにするにはn=0です。 したがってm=1,l=7,k=39,a=16k+1=625となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

順序立てて説明してくださって、どうもありがとうございました!

関連するQ&A

  • 整数の問題がわかりません

    a^2+b^2=c^2をみたす自然数(正の整数)a,b,cがある。ただし、a,bは互いに素でbは偶数であるとする。c+a=2p、c-a=2qとなる自然数p,qが存在し、pとqは互いに素であることを示せ。ここで、2つの自然数が互いに素であるとは、その2数の正の公約数が1のみであることである。 です。 条件からbが偶数ならa=奇数、c=奇数。という事ぐらいしか分かりませんでした・・・ 解答してもらえるとありがたいです

  • 奇数・偶数の語源

    奇数・偶数という言葉。なんで2で割るとあまりが1の整数のことを「奇」数といい、2で割り切れる整数のことを「偶」数というのか、分かりません。教えてください。

  • -k<x<4k/3 を満たす整数xの個数が奇数に

    kを自然数とする。 -k < x < 4k/3 を満たす整数xの個数が奇数になるようなkの値の最小値は[ ]である 解答 k=1,k=2,k=3,k=4と代入していって整数x個数を確かめていって k=4のとき整数xの個数が9個で奇数であるのでkの最小値は4 自分でやったとき、 まさか順番に1から代入していく問題とは思わず 何か別の解法があるのかと思って諦めて次の問題にいってしまいました なんとかこういうミスを回避したいのですが、考え方や別の解法などありませんでしょうか? よろしくお願いします

  • 整数の問題

    この前友人が私に出した問題です。 自然数kに対して、次の条件を満たす自然数nの最小値を求めよ。 「任意のn個の整数において、その中から上手くk個を選べば和をkの倍数にすることができる。」 例)k=2のとき…n=2ならば偶奇が異なるとき条件を満たさず、n=3ならば偶奇が一致する二整数が必ず存在するのでnの最小値は3。 k=5まではn=2k-1という関係になったそうです。kが6以上のときもそうなるのか(その場合は証明可能かどうか)、或いは全く関係の無い値になるのか知りたいのだが何か良いアイデアは無いかと聞かれました。 取り敢えずk=6について調べてみようとしましたが分岐が多いので断念しました(k=5でも結構大変そうですが…)。 良い方法がありましたら教えて下さい。

  • n^2-20n+91が素数となる整数nの値・・・

    すごく、基本的な問題だと思うのですが、考え方に疑問があります。 n^2-20n+91が素数となる整数nの値を求める問題です。 参考書の解説には、題式を因数分解して=(n-7)(n-13)とし、 Pが素数のとき、素因数分解したとき1×Pにしかならないので、 n-7又はn-13のどちらかが1ということで、 n-7=±1またはn-13=±1とおいています。 自分が分からないので、「±」です。素因数分解したとき1×Pにしかならないので、 n-7=1またはn-13=1とおいてしまいました。 なぜ、±1とおけるのかが分かりません。要は-1がどのようにして条件になるのかが理解 できていません。 そういうわけでございます。考え方の質問です。

  • 整数の問題 1から30までをの自然数の積をPとする。Pを素因数分解した

    整数の問題 1から30までをの自然数の積をPとする。Pを素因数分解した式を           p=2^a×3^b×5^c×7^d×・・・×29        と表すときa,b,c,dそれぞれの値を求めよ。  問題をどう解いていくのか、わかりません。誰か教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • x^2-10y^2=1 を満たす正の整数x,yの組を3つ求めよ。

    x^2-10y^2=1 を満たす正の整数x,yの組を3つ求めよ。 トライしてみたこと。 (1)一組をもとめようと x,yを代入してしてみたが、見つからず。 (2)x は奇数、yは偶数。 (3)(x-1)(x+1)=10y^2と因数分解して、x-1=10,x+1=y^2などと 考えられるものをつくる。 (4)x^2>9y^2 (5)(x-√10y)(x+√10)=1 どれも解答からほど遠い気がする。よろしくお願いします。

  • 小5算数 整数の性質

    どの程度まで扱うべきだと思いますか。以下私案: 1 約数と倍数:偶数と奇数,約数と倍数の意味,倍数の見分け方 2 素数と素因数分解:素数,素因数分解 3 最大公約数とその利用:2数及び3数の最大公約数とその利用 4 最小公倍数とその利用:2数及び3数の最小公倍数とその利用 5 2つの整数とその最大公約数・最小公倍数との関係

  • 数列

    自然数nが2の累乗でないとき つまり,n=(2^m)(2L+1) (m,lは整数,m≧0、L≧1)と 表されるならば,nは連続した2個以上の自然数の和として 表されることを示せ という問題で、解答でnを分解した自然数の項数が奇数の時2^m>Lで、偶数の時2^m≦Lと突然場合分けされてるのがよくわかりません

  • オイラーの公式?初等整数理論? 教えてください

    条件φ(n)=(1/3)nを満たす自然数を求めよ. ヒント?: オイラーの公式 nの素因数分解をn=p1^(e1) p2^(e2) ・・・ pk^(ek)とする 出来れば解法もお願いします