• ベストアンサー
  • 困ってます

日本にいる人口は今の半分が適切ですか?

人口減少と比例して景気回復と人手不足による賃金上昇に 加え円安による株高(新興国などへの輸出の方が国内消費などよりも 売り上げが増えているわけなので、別に国内に1,3億なんていう 消費者が0,6億になった所でその分、人口爆発しているアジアの新興国へまわせばいいだけ) またロボット3000万台稼働すれば約9000万人分の労働を担えるので 本当に人手が足りないというなら、政府はロボット産業に支援金をだせばいいだけ。 団塊ジュニアなどの時のように増えすぎて出生抑制発令がでて その世代が社会にでようとすると、あまりに余剰な労働者数になり 失われた20年の始まりになった。 ヨーロッパでも今、同じような現象がおきている 出生率が1,9を上回っているフランスとイギリスは景気は全く回復せず 失業率は2桁なのに日本と同じような出生率であるドイツの失業率は5%程度と 低失業率になっている。 高度な成熟社会は適度な人口で物は後進国で人口爆発しているのだから そこをターゲットにうればいい。成功に導く先進国のこれからの流れのように思う。

noname#196968
noname#196968

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数212
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

60歳以上の8割がいなくなれば最適です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ですから高齢者の海外移住を促進、補助していけば 減るでしょうに。 普通に海外の方がのんびりしている先進国が多いし 60歳以上で海外に移住すれば300万円支援しますとか。

関連するQ&A

  • 少子化傾向が続くから景気は上向きにならない?

    少子化⇒将来の労働力⇒消費拡大 のような構図だと思いますが、これについて疑問だらけです。 例えば、失業者は沢山います。 労働力と言うのは過剰なのはその事からも明らかですよね。 産業革命以来、人口は爆発的に増えたのは、工業に人手が必要だったからではないでしょうか? 現在、機械を動かすのはコンピューターの役割になり、昔ほど人手が掛からないので 新しい分野の産業でイノベーションが起こるなどして、人手が必要になるような場合では無い限り人口は増えない。 人口が増えないと経済が活性しないのではなく、経済が人口を欲しているかが問題なのではないでしょうか? もし、そうならば、 人口が増えて消費がどうのこうのと言う事ではなく 革新的な事が切欠になり、当面明るい要素が無い、日本が突如景気が良くなるなんて事はないでしょうか? 肯定でも否定でも構いません、そのような要素があるのか無いのか? また、どんな切欠で景気が回復すると思われるか、持論を教えていただけませんでしょうか?

  • 日本は人口が多すぎませんか? 減る欠点がない!!

    日本は人口が多すぎませんか? 人口の減る欠点が見つかりません。 お金持ちがバンバン子供作るならいいけど 子供を複数作る奴の大半は中堅及びそれ以下の層が大半だから。 そもそも人口が減る欠点って何かあるのでしょうか? 都会にいる人(首都圏)の半数以上が人が多くて嫌だから田舎へ移住したいとの結果 (中年に限定すると30代、40代に限定すると6割超え) けど仕事などの関係でいやいや人口過密の都会にいる。 今の親の質が低く低所得者ばかりが子供をうむので 子供が増えても他人の負担やストレスが増えるだけ 学費無料なんかも他人の消費税引き上げられていい迷惑。 子供手当同様、高校生以下の子持ち持つ人間以外の大半が 反対して廃止された現実。 人が多すぎた時代より減っていくときの方が人材確保が必要で賃金も上がる。 今は内需と外需の比率がほぼ同じになっているので国内消費が減ってても 大した事がない。現に国内消費は-になっているのに、国のGDPはプラス成長をしている。輸出企業が日本経済を推している為(円安に傾くほど株価ああがるのも その為) 今は団塊世代が社会から一気にリタイヤしたから一時的に人手不足が起きているが、 AIの普及などで解消される。 そもそも人手が足りない産業は人口など多かろうと少なかろうと つまらない仕事だからどっちにしても人が集まらない 建設、介護、保育、運送あたりでしたね人手が大きく足りないの こんなの仕事自体はつまらないですからね。 この要因は輸出企業の業績が良いから。 ほとんどの先進国が人口減少社会に入ったのに、 逆に景気はほとんどの先進国が日本を含め回復している現実。 そもそもあほな奴が人口がこのまま減ると日本から人がいなくなるとかバカげた事いっているやついるけど、日本の今の人口から1億人減ってもそれでも日本より人口が低い国が世界の国の約8割を占めるのですよね。 https://0dt.org/001148.html  ← これがいちばん的を射てる だから政府も人口政策は消極的、子持ちがうっとうしいから、(保育園落ちた日本死ねだとか騒いででも起こしたり)だから面倒だから無料にしてやるから支持してろって感じでしょう。近所には保育園作らないでもらいたいけど。

  • 愛国者ほど日本の人口減少は歓迎しているのでは?

    愛国者といわれる政治家とか市長の人ほど適正人口は5000万ぐらいだと言っているし ネット上でも日本の人口過剰をあげる声は多い。 人口減少(適正人口化)の良い点 競争社会が少し緩和する 非納税者も減る 在日などに死ねやゴミ等いってる人もいるけどさ 在日だろうとなんだろうと日本で労働力になって 日本で所得税などをたくさん納めてくれるなら 日本にとっては有益な存在。 逆に日本人でも労働力も所得税も住民税も納められない人間が 国からみて不利益な存在。 地方の人は人口が減れば空気が汚される心配がない 素晴らしい日本のきれいな水が汚される事がない(実際に四国などの水がきれいなエリアは 人口少なくても増加を望んでいない) 景観がきれいになる(京都市や鎌倉市などは高層マンションなどの建設には厳しい規制を設けているので川崎や東京など汚らしい景観の地域みたいにならない) ロボット社会で生産性はあがるし、古臭い内需型をやめれば日本の近隣国はどこも人口過剰国ばっかだから 近隣国に山ほど消費者はいる。 人口が多い事のメリットなんていうのは、国内で金を消費する人間が多い事ぐらいなもんで それを近隣の人口爆発しているような国(インドとかインドネシアなど)で消費向上がみこめればそこのデメリットもクリアできる。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

資本主義の際限無い売上追求型が終わる時は、出てきて当然に思う。すると調整発展型になるのでは、生活と富の分離型社会に移行しないとやっていけない労働は、身近な、生活支援にかわり、多くが機械化し、生活が楽になつています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

もう半減していますよ。 今の高校生の世代は同年齢の人数は100万人くらいです。今30歳の人が18歳のときの人口は150万人、今45歳の人が18歳のときは200万に、55歳の人が18歳のときは250万人いました。 今人口が多いのは、過去の出生数が多かったからです。 ご質問への回答としては、ご質問の状態を成立させるためには、その半分に減った人たちが、250万人人口だったときの上位1/4並みに優秀である必要があります。ロボットを用いる生産のキーは、その生産単価の高さ(ロボットの方が単純労働者よりも稼働単価は高い)を補うだけの付加価値のある製造物を生み出す必要がある、ということです。 国際的な競争に勝たないといけないので、常に設備を更新し続け、製品を更新し続ける必要があります。 日本人が今の収入を続けるためには、コモディティ化した製品は捨て、付加価値のある製造物を生み出し続ける必要があります。これまでの日本は、大勢で考え、国内市場で初期の立ち上げ時を支え、製品を磨き、国際市場に打って出ていました。ご質問者さんの戦略を実現するには、そういう過程を経ないでも競争力のある製品を生み出せる、マーケティング力、開発力に富む「人間」が必要になります。 ゆとり教育は、この天才を見つけ出すことをウラ目標にしていたのですが、金融の世界に生きるチート人材しか生み出せませんでした。これからの教育の成否が鍵ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8

 心配せずとも、出生率が2を切るってことは、二人から二人が生まれないことなので、ある時期から急に半減する。極端な話、今人口1億30歳で産み60歳で死ぬとして、今は無視して次の世代約30年後に1億5000万人、その次の世代に60歳の1億が死んで2500人が生まれるので7500万人。2世代で半減です。90年後は5000万人が死んで大人2500万人+0歳1750万人で4250万人。次の世紀には国は破綻します。あなたの疑問がそのまま危機と言うことがおわかりでしようか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

年間200万人ぐらい人口が増え続けてほしいですね やはり種の目的は繁栄ですから人口が増え続ける ことが人間として正しいことなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なにいってんだ 世界も人口爆発が問題になっているし 日本も増えすぎたから高齢化問題や 首都圏の超過密人口によるコンクリートジャングルに なって住みづらくしてるのに あなたみたいな人間がいるから、世界の人口が減らないで困るんでしょう。 むしろ増えすぎた国は中国やインドのように一人っ子政策して 半減させる方がよほど人間社会として正しいと思うけど。

  • 回答No.6

>ですから高齢者の海外移住を促進、補助していけば 減るでしょうに。 普通に海外の方がのんびりしている先進国が多いし 60歳以上で海外に移住すれば300万円支援しますとか。 どこからその金が出るのだ???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1050兆円も借金している国だし 300万円程度だして海外移住促進すれば 毎年30万の高齢者が海外移住するとしても 年に1兆円にもならないですけどね。 日本の借金の1%にも満たない。

  • 回答No.5
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11756)

毎回毎回人口減らせだの何だのって貴方もしつこいですね? だったら貴方が日本人を半数ぐらい殺してみればいか? そうすれば時間かけずに人口減らせますけど 笑

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

なんで、俺が犯罪者にならないといけないんだ? 半分ぐらいが適正だとは思うけど(関西とか関東の人口が 東北や四国や山陰などに流出していくなら 1億ぐらいでもよいと思うけど) なにしろ、日本や中国や韓国は人口多すぎる。

  • 回答No.4

人口構成比 0~14才、15~35才、36~64才、65才以上のバランスが、 今後も日本は、乳幼児、若者が育っていく環境を提供し続ける国か。 高齢者の福祉、年金財源を現役で働き続ける年齢層が出し続けられるのか。 等に、影響を与えます。 人口を抑制する、国民が合意できる方法が有るなら、 1)65才以上の高齢者を総人口の15~18%に抑え、 2)出産世代(23才~33才)に第3子誕生時に生活での 優遇制度を与える。 3)共働き世代の子供預かり制度の24時間対応施設の充実 で、 4)0才~14才を早急に20%代にアップさせ、次代の日本 を創る世代の予備群を増強します。 5)今あるロボットも40年の改良で、ここまで進歩しており、 技術を進歩させる人材を社会に送り出せる、年齢別人口の確保が 無いと、日本の成長は止まります。 人口8,000万人台まで減少しても、活力を維持できる、若年層 が次々に生まれ、成長する仕組みの維持は欠かせません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • cse_ri2
  • ベストアンサー率25% (830/3285)

で、肝心の人口をどうやって減らすの? それが出来なければ、ただの空理空論ですが。 ロボットで仕事を置き換えられると質問者さんは主張するけど、おそらく今まで人ができなかった仕事(無人兵器、高線量下での作業、深海や超高熱での採掘など)に、ロボットが投入されるでしょう。 理由は簡単で、その方が人の作業をロボットに置き換えるより、生産量が上がるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ほんと?? 人が減ったら ほんとによくなるんだね? 絶対だよね? 世の中 すごい簡単だぁ やった なんか希望がわいてきたよ. 大昔。人を減らした国があり 結局意味なかったような記憶もかすかにあるけど 気のせいだよね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

よくなるかは知らないけど 日本の場合は人口飽和状態だった第二次ベビーブーム世代が社会に出ようとした時から失われた20年がはじまった。 で、今年3月に人口が過去最大の減少と発表されて 比例するかのように景気回復と人手不足による賃金上昇と失業率低下と正社員率増加になった。 これは現実だし。 海外を見ても人口が1億人超えている国でうまくいっているのは アメリカぐらい、ブラジルもよくなるとおもいきや結局は格差社会ででもだらけ。 結局、少子化対策して成功した国の多くは貧乏人と移民の子供が激増してるだけですから、財政圧迫してるでしょ (子供を増やしたい派がよくフランスの成功例?をだすけど フランスの財政は相当やばいし、失業率は上がっている) 逆に人口減少社会にシフトしたドイツは景気上昇、失業率低下している現実もある。 よくなるかならないかはわからないけど、現実に日本にしても ヨーロッパの低出生率の国も景気はよくなった。 ドイツ、スイス(共に出生率1,5以下)なのに 経済は好景気になってるし。

関連するQ&A

  • 日本の人口減少はプラス面の方が圧倒的に多い?

    少子高齢化というワードは問題視されるが 人口減少や少子化というワードでは、ほとんど問題視されない。 そもそも「適正人口」というのも人それぞれだけど、今の人口より多い数の適正人口を あげる専門家はほとんどいない、というか聞いた事がない 5000万とか6000万あたりを言う専門家が多い、 先日、橋下大阪市長も演説で7000万ぐらいの適正人口を語っていた。 少子化というのも、子持ちでない国民のほとんどが子供手当てを反対してたし、 保育園などの近くの住人のほとんどは近くに作らないで欲しいと反対し、 東京で子供の声は騒音か?迷惑か?で3人に2人が騒音と答えている、 など、子供が増える事は別に求めてないと思う。 しかし、日本の場合は戦中、戦後の産め、増やせ政策による現状の高齢者増大、 第二次ベビーブームによる中年増大というのがあったので、 どうしても少子高齢化問題が付きまとってしまう。 しかし、第二次ベビーブーム世代は人余り社会で、デフレや社員の賃金減少社会の始まりになった(そりゃ、賃金をいくら下げても応募がくるわけだから)その上に失業率も高かった、 しかし、第二次ベビーブームの半数以下の出生数に減り、昨年あたりから23年続いた正社員の平均年収がようやく上昇に転じた、有効求人倍率も20年前は0,6倍だったのが、今は倍の1,2倍になった。 人口が多いことのメリットはなにもないと思う。むしろ大幅に減った事で人材確保等で景気回復してきているわけですし。

  • 今の20代で子供不要が60%超え、日本の人口は多すぎと感じる人70%超

    今の20代で子供不要が60%超え、日本の人口は多すぎと感じる人70%超え リンク http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091205/plc0912051723011-n1.htm 20代が63%、30代が59% いかに独身税だの子無し税などを導入しろとか、子供を産んだ人間の方が偉いみたいな風潮で言っているのが団塊ジュニアより上の世代ばかりだというのがわかる あなた達の世代の人口数が多すぎるのがいけないだけであって少子化ではないのですよ 中年以降の皆さん勘違いしないでね。 日本にいて一番嫌だと感じるのは人の多さ、どこいっても人ばかりでイライラする所 たぶん、同じように感じる人は山のようにいると思います。 お盆時期の首都圏は出稼ぎ組の多くがいなくなって快適でしたから、いかに人口が少ないほど快適かがわかります。 去年、ニュージランドに行った時も向こうはかなり人口密度は低いがスーパーなどはきちんとあり生活には困らない。 自然も日本にように世界第3位の二酸化炭素発生国と違い自然破壊密度も低いし空気も綺麗。 そもそも日本が世界第2位の経済大国を維持しないといけないのでしょうか? それに日本が世界第2位の経済大国にのぼりつめた高度経済成長期の時は 日本の人口は1億人もいなかった。借金もほとんどなかった。 バブルが崩壊した上に人口も増えてどんどん人口数と借金と二酸化炭素発生量とゴミの量だけが増えていった日本 最多の1億3000万までなった時には借金は900兆超え、失業率も年々増加。 なので日本の場合は人口が増える=借金と二酸化炭素とゴミの量と自殺者が増える というだけ 日本は労働数が足りないのか余っているのかよくわからない 失業率は上がるのに労働者不足とも言われる 労働者不足であるのなら先進国でダントツで女性の労働率が低いのだから 女の労働率アップ、働かない場合は世帯に税金をかけるとか、欧米のように定年制度を廃止して 働きたい人は生涯労働してもいいと思う。 日本でも快適に暮らせるのは適正の5000万~6000万だと思う。 GDPだってイタリアやスイスなど日本よりGDPが低い国の方が幸福度も高い結果が出ていますし。 フランスと比較している人は頭が悪すぎだと思います。 フランスは日本の国土の2倍で総人口は日本の1/2(それも移民を多くいれてそれだけ) イタリアなども国土は日本の8割ぐらいだけど総人口は日本の4割ぐらい スペインなども国土は日本の2倍以上だけど総人口は日本の1/3ぐらい。 フランスで日本のような出生率だったらやばいけど、日本なら歓迎だと思うけど。

  • 人口減少は良い事なのに、どうして増やそうとするの?

    世界では人口爆発が大問題になっている。 もう適正人口はおろか地球上が養える限界人口も超えているという 専門家が多い まだ地球温暖化問題しか表面上はでていないのは 餓死や慢性的な栄養失調者が世界人口の20%近くいる事など あまり食料や水、エネルギーを多く消費しない人々がかなりの率を占めているからである。 アメリカや日本のような大量食料消費国(廃棄量も含め)大量エネルギー消費国が 少数だから。 一番問題視されているのが人口爆発状態のインドで インドは格差が激しく、総人口の半分以上が貧しい暮らしをしている。 そういったのもあって限界人口を超えても問題なく生活ができる。 しかし、どこの国も経済成長をする。 人口が多い国が経済成長をすると、それだけ食料消費量、エネルギー消費量、温暖化ガス発生量が増えていく それならば日本やドイツやイタリアといった国々はどれも同じぐらいの出生率なので 人口減少社会でも成り立つ社会を構築して 先陣をきって 他の人口増えまくってる国に人口が減っても問題なく社会はまわっていくのだよというのを 教育すればよいと思うんだけど。。。。 このまま増え続ければ必ず食料や水不足がおき 近い将来紛争状態が起きるとおもうんだけど。

  • 団塊の世代大量引退、人口減少、それでも増税?

    今の日本の社会は今年満65歳になる団塊の世代の人々が来年差来年合わせて 3年間で850万人とも言われる大量引退を迎えます。つまり現役を退くんですよね。 それに日本は2050年くらいまで毎年人口が減少するようです。 つまり労働力が減少し、納税者も減少していきます。 さらに東京電力は電気代を大口の企業向けから大幅値上げするという状況もある。 このような状況の中で消費税増税、所得税増税、年金は最も人口比が多い中間層に 対して不利な制度になる(つまり年金額が減る)しくみをつくるようです。 はたしてこんな状況で景気が回復するんでしょうか!? 現役を退いた人や年金額が減る見込みの人々がどうして消費に走るでしょうか? 全く逆方向に行くと思いませんか!?消費は手控えられて結局デフレのままでは? 財務省のお役人が日本の借金が少し減ってきたな良かった良かったとのたまうだけ じゃないでしょうか!?景気回復なんて夢の中のまた夢では?それともどんどん消費が 増えてお金が回っていくというのでしょうか!?

  • 「雇用統計」 失業率改善は貿易赤字を増大させないか

    FXで失業率の指標が重視されております。 何故雇用統計は為替レートに変動を与えるのでしょうか。 しかし、昨今の国際的な競争社会においては輸出産業において人手不足ということは殆どありえ無いと思います。 失業率が改善するということは輸出で成功するエリートの増大ではなく、景気改善による国内の仕事の増加でしょう。 すると所得が増え消費が増え、貿易赤字が増えてしまいます。 アメリカの失業率低下は貿易赤字増加と同じ意味にも取れるので、雇用統計で為替レートが変動するという理屈に疑問を感じるのです。 しかし、失業率の改善は税収が増え、国家の支出の負担も減るのでこれは大きいかと思います。 失業率改善による上昇要因 (1)海外投資家が米国株を買うためにドルを買う (2)税収が増える。福祉や景気対策などの国家負担が減る 下落要因 (1)貿易赤字 2対一で上昇が勝つのでしょうか。 このあたりお詳しい方お教えいただけると幸いです。

  • 日本は少子高齢化社会の方がうまくいってませんか?

    子持ち(おそらく低所得者?)の人が 子供手当てをまた作れとか、教育費を大学まで無料にしろとか フランスを見習えとかうっとうしく、よく騒いでいますが、 現実、日本が今、景気が上がっていたり賃金が上がりだしたのは 人口減少による人材確保の為の理由が一番大きいですね。 さらに、よく子持ちが引き合いに出しているフランスの政策ですが、 そりゃ低所得者にも子供生んで、子供手当て与えるのだから貧乏人(特に黒人系の移民)がたくさん産みますね。でも現実、失業率は軽く10%を超えている、若い世代だと30%前後の失業率。テロなども頻繁に起きるさま。日本も世帯収入195万以下の5歳未満の子供だけで70~80万もいるとの事ですから。 逆にドイツなんかは、日本よりも出生率が低い、日本と同じで国民の多くがあまり関心がない。しかしフランスなどと違って財政状況も良く、失業率もほぼ日本と同じぐらいに低く、景気もおそらくユーロ圏で良い方からトップ3以内にはいっているでしょう。オーストリアやスイスあたりも日本と同じぐらいの出生率ですが、景気は悪くない。景気や財政状況が悪いのは出生率の高いイギリスやフランスでどちらもテロが相次ぎ、黒人の移民比率も高い、子供手当てが充実している為、比例して生活保護比率も高い。 日本だってこれほど他人の子供は騒音だとか、走り回ってうざいとかいう声の方が大きいですし、今では都会の公園では騒ぎ禁止のビラまで貼りつけてある現実です。 こういう状態みても日本は少子高齢化社会の方がうまくいっているのではないですか。もし子供増えてたら人材確保の必要がなくなり、給与は下がり続けてたままだったかもしれないし、これだけ減ってても子供の騒音がうるさいという声の方が多いのに、出生率が高かったらもっと煩いわけです。もちろん子供手当てなども子持ち以外の国民からはうけいれられず自民党の安倍政権に戻ってからは即廃止されました。

  • 少子化政策って必要ありますか?人口減少の何が悪い?

    いつも思うのですが 他人からすればあまり住んでいる所の近くに子供って増えてほしくないですよね。 それにお金持ちが子供作ってくれるなら国からすればメリットは多いと思いますが、 お金のある世帯の方は結婚したい人はしているし、したくない人はしません。 子供作る作らないも同じです。 という事は国ができる政策なんて補助金や無償化とかそういう他人様の税金で 手当を出すとかいう程度しかできないと思うけど、 いゆわる所得が低く子供が欲しい層に与える物と解釈しますが、 そうなればおのずと今でも毎年児童相談所が対応している児童虐待が4万、5万と言われてますが、 あとは育児放棄、犯罪となれば育児放棄遺棄なども増えるでしょうね。 低学歴、低所得が子供作れば確実にこういった物も増えるでしょう。 それに加え、国や他人様の負担も増えますよね、 今も子持ち世帯としては低所得に該当する年収350万以下の世帯が生んだ子供は 大学を無償化する話も検討中ですが、 それで大学でてきちんと定年まで労働する保証もない。 それならば特に補助金等の支給もいらない外国人労働者の受け入れ拡大の方が 日本経済にはメリットが高いと感じる。 年収600万以上の人が子供作っていれば 別に大学無償化なんて必要ありません(北欧など大学無償化されている国が消費税が20%超えですから、 そんなに高い税率にする必要もありません)保育園なども増やす必要もありませんよね。 社会保障問題とか低所得者が生んだ子供も高齢者も大差ないと思うんですが 社会保障って定職があり、それなりの年収を得ている人がたくさん納めて あとの人はその恩恵を受けているという形だと思うし。 人口自体も多くの人はこんなに要らないと思っているでしょう。 現に先進40か国中、日本より人口が多いのは米国だけだし、 その他の先進国は日本の人口の半分以下なのに 普通に先進国として豊かな生活を送っているわけですよね。 むしろ人口密度が低い分近隣トラブル等も日本より少ないでしょう。 フランスあたりは出生率をあげるのを成功したというけど 国の失業率は10%こえて、若い層の失業率なら20%超えてるんですよね、 日本は国の失業率は2,7%ほど、若者の失業率も4,2%ほど) 移民比率もEUトップの15%とか。 むしろお金持ち以外の子供が増えても国や他人からするとメリットはなにもないように 感じるのですが。産む産まないは個人の勝手なのでお金がなくても産むのは自由だけど。

  • 日本の少子化は良い事だらけじゃないですか?

     北欧とかオセアニアや欧州など、元々の総人口が少なめの国々だとどうなのかわかりませんが、 日本のように過密人口な国で、多くの専門家が適正人口が現人口より数千万も少ない数を出している国で、あげくの果てに子供は騒音、高齢者も多いうえに子供も多いって現役世代にとっては最悪 極まりなしなので 良い事に思いますが。 例えば、子供騒音問題、保育園訴訟問題にしても 東京、横浜、神戸で起きてますが、ここらへんは超住宅過密地帯で保育園作る場所もなく、仕方なく住宅密集地に 保育園を作った(場所におってはマンションの1階など)から騒音問題に発展した、それだけ日本の2大都市近辺は超過密人口で困っている。 人口が増えようと減ろうとこの地方の衰退は変わらないと思うので、ある程度人口減った方が大都市圏が快適になってよい。 また、円安になるにつれて株価もあがる=今は海外での消費をターゲットにしている為、 国内消費に期待してない。 かなり人口減って今の成人は団塊ジュニアの半分程度なのに、 株価は高騰、景気も回復。 また日本人は人手不足産業で働かず外国人に頼っている=外国人労働者の方が役に立つ。 20代でも20%台、30代では30%台も非労働力人口がいる。 むしろ、今の政府がやっているように、人口ピラミッド問題が深刻な2030年頃(団塊の方が亡くなるまで)は 外国人観光客を大きく増やして対応するのが一番良いと思う。 人口多くて住みやすい国なんて世界中探してもなく、 住みやすい国は全て少ない人口でインフラ整備されている国。

  • 日本の人口が減る事の何が悪いのでしょうか?

    発展途上国のように、人口を増やして経済成長させるとかもう時代遅れで崩壊しているでしょう。 年金にしても自転車操業的なやり方は終わってるよね。 それに生活保護とか専業主婦歴が長い人って年金納めてなかったんでしょ。 なのに老後は堂々ともらえるしおかしな制度だしいらないと思う。 そもそも人口が減ると将来の労働者不足とか言われているけど こんなに省人化、ロボット化された先進国の社会で 労働者不足なんて起こるのでしょうか? 万が一起こるなら専業主婦等への課税、生活保護は病気で働けない以外は 毎日仕事を探さないと支給されないなどして働ける年代なのに働かない層を 減らしていけば良いし 日本の場合は余っている仕事といえば3Kのきつい、きたない、きけんが伴う仕事ばかりで ホワイトカラー色の仕事は人余り状態。 社内ニートだけで400万、500万を抱えている。 3Kの仕事は人手が足りないからやるかといえば 日本人はやらない。今も多くの大企業は人を削って省人化してるけど だからといって就職できない層が3Kの仕事をしているわけでない。 労働者不足も本当に起こるのかも疑惑をもつし 納税者が減る税収減も騒がれるけど たしかに納税者がへると税収はさがるけど非労働力人口も同時に減るから歳出も下がるわけで 借金増加には至らない、むしろ毎年の借金増加額が減ると思う。

  • 日本の未来予想は暗すぎませんか?

     テレビ、新聞、週刊誌・・・。どのマスコミを見ても、日本の未来予想図は暗いシナリオばかり。そこまで悪くないんじゃないかと思って質問しています。円高は本当に悪い事ですか?海外旅行が身近になり、世界中から食材が集まってきてるんですけど・・・。少子高齢化から人口減社会が始まるって言っても、元々人口が多すぎて土地が高すぎた。これから住宅事情が良くなるんじゃないか? 僕の考えるシナリオはこうです。  円高が進み製造業は国内では本社機能、開発・デザイン・財務機能を残し工場は今まで以上に、中国・東南アジアに移す→国内での失業率がアップすると言うが、元々国内では若年層を中心に三次産業へシフトしているんだし、そのスピードが速くなるだけ。→企業は海外から利益を受ければいいだけ→それなら高齢化が進み、現役世代が少ないと言ってもそれほど問題無し→人口が減り、工場の跡地も残るから、住宅事情は良くなる。 「景気は気から」って言うでしょ、こんな明るい未来は考えられませんか?