• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本って何でこんなに人口が多くなったのでしょうか?

この国土なら半分からせいぜい7割ぐらいが適正だと思います。 適正とは、他の国との比較、人が多すぎるというストレスを感じる人が少数という数。 一極集中の改善がないので、地方は密度が低いという反論も無意味だと思う。 だって、実際に国単位の人口密度で日本は世界6番目に高い、人口700万以下の小国や島(中国やイギリス領土の島などを含める) を含めても日本は世界15番目ぐらいに人口密度が高い現実だから。 かりに2060年に8000万まで減ったとしてもそれでも20番目以内の高さだし。 ここ見てても大型掲示板見てても少子化とはいっても総人口が多すぎるというのをよくみるし 子供手当等の批判、ベビーカーなどの批判、子育て支援に力を入れない所を見ると 多くの国民は正直、人口は増えてほしくはない、ただ人口ピラミッドなどの問題、 高齢化問題があるが為に出生率をあげざるえないといった感覚に思えます。 そもそも高齢化問題の諸悪の根源(言い方悪いかも)は戦後復興時に異常なほどの出生率、出生数で たった50年で数千万もの人口増加をし、さらに平均寿命の上昇ときた。 その異常なほどの出生率が続いた時代にうまれた人が高齢化してきて 高齢者人口になってきた。 よって高齢者人口が年々増え続け総人口に占める高齢者比率も増え続けている。 ドイツやスペインやイタリア、スイス、オーストリア等のヨーロッパ先進国も日本の出生率と大差ないし 出生数でみたら日本の半分以下(ドイツのみ日本の7割ぐらい)の出生数なのに 高齢者比率や高齢者数は日本よりはるかに低い。 そういう数字から見ても、日本の異常な出生数が今の高齢化社会(問題)を引き起こしていると思う。

noname#196250

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数404
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

東京に地方から出てくるな的な質問をされた方ですね。 日本の人口が増えた事は、戦中の国策である富国強兵で産めよ増やせよと言う事が スタートだと思います。 戦争による国益の保護と増収を国が考えて戦闘行為を正当化して侵略して植民地化して 植民地の資源や労働力を得る事が日本の成長に必要と考えて教育も含めて国民を操作した事が始まりと思われます。 戦争が終わり敗戦国として戦闘以外で経済活動を行う事が必要と成り国内での労働力の確保から 働き盛りと呼ばれる年齢層が不足している事を打開する為に戦後の1時期に子供を増やす事が 労働力の将来的な確保と考えられていました。 団塊の世代と呼ばれる人達ですね。 それから日本経済が朝鮮戦争を契機に高度経済成長へと移り団塊の世代が大人に成ると大家族から核家族へと家族の形態が変化してきて住宅事情も同時に変化してきました。 生活費においても所得倍増計画等の政策で数字的にも個人所得が増えてきました。 しかし、大家族で生活している所帯の生活費と核家族で生活している所帯の生活費を1人当たりで割り算すると大家族の方が生活費が少なくて済む傾向がありますが 古い考えの家督相続が日本人の根底にある為に年長者男子が親の財産を取る事が慣例化していて以下の子供は自分で財産を作る事に努力しなければならない背景が出来てしまいました。 人は、少しでも収入を得ようと村から町へ職を探し田舎から都会へと進出してきました。 東京に一極集中している原因の一つですよね。 平均寿命についても経済大国と成った日本が医療においても進歩した為に人口が増えていると言えます。 戦国時代は、人生50年と言われていました。 日本人の平均寿命が65歳程度なら現在の年齢構成のピラミッドは、出来て来ないと思います。 住宅事情も土地不足も解消されると思います。 年金問題も25年納めて貰えるのは5年程度で物価変動に対応しても破たんする事が無いでしょうね。 戦後からの国策での方向性の矛盾が現在の人口とか人口の年齢構成や社会保障とかの偏りに成ってしまっているのでしょうね。 国会議員も長期のビジョンを考えているようで目先の事しか考えていません。 選挙に成れば国の運営より自分の仕事と職位の事しか考えません。 選挙に落選すれば無職ですからね。 国政に参加していた議員が地方の自治体レベルの市会議員に成ったとか聞いた事が有りませんし、議員と呼ばれる人種は上昇志向が強いので下位の議員職にはプライドが許せないとおもわれます。 全ての元凶は、国会議員と霞が関の官僚です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

それなのに人が増えすぎてブラジルに大量に日本人の移民を送ったり 第二次ベビーブーム時は日本の適度な人口は8000万程度で増えすぎたから出生抑制発令しようとかやって。 なにがしたいんだか。 どうせ日本の子供や移民が増えたって 東京近辺の過密人口や過密住宅密度や渋滞がさらなる 悪化するだけなんだから減ってほしいですよねガチで。 子供や移民が増えて、それらの人が山陰や北東北など 過疎化が騒がれている所にすむんならいいけど どうせ、ほとんどは首都圏の人口密度をあげるだけだろ。 増えないほうがいいな、ガキも移民も。

関連するQ&A

  • 日本の人口は多すぎませんか?

    人口減少や地方の過疎化が騒がれていますが、 兄弟がオーストリアの方に住んでいますが、 ぜんぜん、日本より子供なんて少ないし、 だから日本のように子供の騒音問題もあまり騒がれない。 住宅密度も低いので住みやすいです。 子供の騒音問題が騒がれるのはやっぱり人口密度が高い国です、 ヨーロッパならドイツなど、あとは韓国などもそういうのがあるみたいですし。 ドイツなんてシャワーすら夜中に浴びてたら苦情を言われるそうです。 オーストリアに限らずヨーロッパの先進国は大なり小なり日本と比較したら、 かなりのんびりして人口密度なども低いと思います。 そもそも地方ですら山を切り崩して団地などが日本は建っていますし。 小中学校が地方では廃校になったりしているといっても、 戦後の異常な人口増加で小中を建てまくったわけで、増えすぎた物を淘汰されているとしか思えません。 高齢者比率問題にしても、ヨーロッパならどこの国も高齢者人口は日本の半分以下です。 だって戦後復興で産め増やせ政策した時に生まれた世代が今の高齢者だし、さらに女性にいたれば平均寿命が世界一高い。これじゃ、高齢者比率が高いのも必然的に思うんですが。

  • 財政的にも人口はもっと少ない方が良いと思いませんか

    日本の借金は1000兆超え この借金の額をみると、 人口が多いほど借金が増えてますし。 今、テレビでやってましたが、日本とほぼ同じ程度の人口密度の ドイツが一番景気が良い。 借金大国から黒字国になってました。 逆に出生率の高いイギリスやフランスは赤字が増えまくっていました。 やっている事は 憲法で国が借金をする事を禁じる 年金支給額の大幅削減 軽い病気(風邪等)での診察は基本禁止もしくは保険外 などでドイツは借金大国から黒字国になった。 しかし日本ときたら借金は右肩上がり。 それも日本の女性の労働力はOECDで最下位なので 女性が多いほど借金が増えている。 その労働を担ってない女性ほど風邪程度で医療保険を頻繁に使っている。 そもそも、今の高齢者の方や中年(40代ぐらい?)の時は生まれすぎて 人口増加が問題になってて抑制しましょうという時代でしたし。 その方たちが高齢化してきてるのだから、高齢化比率が世界トップになるのも 当たり前なんですよね。日本なみの出生率のドイツやイタリア、ポルトガルなどは 日本の高齢者比率と比較したら、かなり低いですが出生数は日本の半分あるかどうか程度でした。

  • 日本の人口は多すぎますね、子供増やす必要ありますか

    先週、都内で人口に関して調査したら 20代では多すぎると回答した人が50%超え 30代では約45% 40代、50代では30%台でした。 それに加え、ベビーカー批判多数、子供の声は騒音論争。 実際に多すぎるんですよ、子供も。 たしかに少子化してますよ、他の世代に比べたら。 しかし諸外国に行かれるとわかるけど 子供の密度も欧州の子供の数が多い先進国の2倍以上 一番出生数の多いフランスが年に約70万(けど国土面積は日本の約2倍) フランスと比較しても3倍近い子供の人口密度だし 総人口で中国が人口多すぎるとかいっても 日本はその中国の約3倍の人口密度。 人口減るのはいいけど人口ピラミッドがというのもよく見ますが 今の高齢者の数が多すぎなだけだと思います。 今の高齢者の方って戦争中に産めよ増やせよ政策の時に生まれた人が多く含まれています。 日本の出生数が年に100万超え(先進国と言われる36か国で年に100万以上生まれる国はアメリカと日本だけ) それなのに世界で1,2番目に高齢者比率が高い日本。 必然的に高齢者が多すぎる、高齢者が長生きしすぎているという所にたどりつきます。 このベビーブーム世代と合わせてたら正三角形のピラミッドにするには 200万近い出生数が必要です、団塊世代とかが生まれた時みたいな貧困国でないのだから 正三角形にしろというのがおかしな論理です。 高齢者などが他の国みたいに産めよ増やせよ政策等をしてなかったというのなら 正三角形もありですが、戦争や戦後の産め増やせ政策、また第二次ベビーブーム世代の数と合わせてたら 東京はパンクしますよ。どうせ地方創生といっても、うまくいかないで東京やそのベットタウンばかりの人口が増えてしまうだけだから。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

在日朝鮮人さん達の魔力です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

>日本って何でこんなに人口が多くなったのでしょうか? 理由は四つです。 1.栄養事情が改善した 2.上下水道などの公衆衛生が改善した 3.医療サービスが行き届いた 4.しばらく戦争していない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

みんなエッチしたいからだよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

草食系男子がはやってるのに。 今のアフリカやアジアの途上国みたいなものかな 日本の戦後の数年間や第二次ベビーブームは。 あの時はたいして成長してなかったし 避妊の認識も低かったからうみまくった。 そして人があふれ、ブラジル等に大量に移民として出稼ぎにいったっていう経緯があるようだし。

  • 回答No.2
  • IDii24
  • ベストアンサー率24% (1595/6502)

そうですけど、だからどうしたら良い? 戦争で家族も子供も少なくなり、やっと戻ってきた兵隊さんは子供を作ること、家族を作ることに精一杯尽くした。その結果経済は豊かになり、子供も増えた。それを責めることはできませんよ。 それでも戦前の8人兄弟が普通とかではなく精々3人。つまり戦前はたくさん産んでも、たくさん死んだ。戦後は死ぬことがなくなったから増えたということですよ。 ヨーロッパの高齢化先進国でも殆どが税金で消えるため、若い人の働く意欲がなくなってると聞きます。別にドイツやイギリスを持ち出す必要もありません。それぞれ違う道を歩いてきたのだから。 日本の場合は日本で解決策を見出すしかないのです。ほかの国のように移住には慣れてない国民ですからね。この国で一生を終える人ばかり。ほかの国は参考にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>戦後復興時に異常なほどの出生率、出生数で 戦時中、国が「産めよ、増やせよ」と指導したのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 少子高齢化はベビーブームが悪かっただけでは?

    今は第一次ベビーブームが高齢化し始めたから高齢者比率は高くなってきている、おいうちをかけるように日本は第二次ベビーブームまであった。中国ににてる。しかしヨーロッパ圏などはとくにベビーブームというのはなかった。ドイツやイタリア、ポルトガルなど日本と変わらない出生率なのに、高齢化比率はあちらは日本と比べてかなり低いし。数でみても日本より2倍ぐらい国土のでかいフランスでも出生数は日本より30万以上少ない。 そもそも今の日本は人口多すぎ(過剰)なのでは? 地方は空いてるといっても地方で雇用が作れない以上 多ければ多いほど都市部の過密人口が酷くなるだけの事だし。 先進国の都市で東京が一番人口密度が酷いはずでニューヨークの1,7倍だし。

  • 日本の人口は多すぎませんか?

    はやくドイツぐらいの人口に減れば良いのに!! 多くても社会問題や国の借金が増えるだけでなんも良い事ないじゃん。 ドイツって経済成長率は欧州の中でもかなり高い方だし、日本より出生率低いはずなのに、 欧州では経済事情がよく財政赤字もなくしてるし、国土の大きさも同じぐらい、あっちの方が 平地が日本の倍以上あるので、体感人口密度でいえば日本の4分の1ぐらいみたいだけど。

  • 日本は100年前の人口に戻るだけで何がわるいの?

    今の日本は人口多すぎだと思います。 たいして広くもない島国に世界で10番目に多い1億2700万人もいるわけですから。 でも日本の出生率は1,42 1人の女性が平均1,42人産む 実際に産んでいる女の平均は2,2人ぐらいみたいなので 3割以上の女性は子供を作らないそうで。 でもEU圏の平均出生率も1,56なのでたいしてかわらない(人口が1千万以下の国しかない北欧やフランスやイギリスのような移民率が高い国が押し上げているので、多くの欧州圏の国も日本とたいしてかわらない) イタリアやポルトガル、オーストリアやスペインあたりは日本より出生率が低いですし 韓国にいたれば2018年、2019年と出生率を1を下回っている。 なので、100年たてば黒人とか、ヒスパニック人、インド系人が世界人口の多くを占めるのでしょう。 で、ききたいのは イタリアもそうですがドイツやスイス、カナダ、などアメリカを除いた先進国というのは 日本の半分以下の人口(ドイツだけ8000万ぐらいなので半分以上)ですが、 その数で豊かな社会をまわしているわけですから、人口自体は半分以下でも 豊かにまわせるわけじゃないのでしょうか? ゴールデンウイーク中なんて東京都でも交通量が7割減った事で 渋滞がほとんどおきなかったそうです。 それだけ渋滞がへれば環境にもいい、ドライバーのストレスもかからない、 流通業者や公共交通機関なども時間に正確や短縮ができていたわけです。 結局はなにが悪いのでしょうか? 北欧みたいに税金を高くすれば高齢者の社会保障だって、別に子供なんて増えなくても まかなえるわけでしょう。 北欧の消費税が25%ぐらい、ガソリンにかかる税金が日本の1,5倍ぐらいだそうですが、 そうしたら社会保障も捻出できるわけで。

  • なぜ日本はこんなに人口が多いですか?減れば良いのに

    なぜ日本はこんなに人口が多いですか?減れば良いのに  ← もちろん自分を除いて 平地での人口密度が世界4番目の過密さ 65歳以上の高齢者人口が世界6番目に多い3700万超え(国土は世界65番目、平地は世界106番目の大きさしかないのに) 10歳未満の人口も1000万超えで世界16番目に多い、なのに少子化?高齢者がいすぎるだけじゃん。 日本も中国同様に人口抑制政策をしました、1975年ごろ~~ しかし、平均寿命があがりまくり高齢者も3000万超えだして、 仕方なく少子高齢化対策にきりかえ、高齢者から高齢者対策って高齢者はお荷物なのか?とうのクレームが相次ぎ少子化対策に名前をきりかえたという経緯だったと思います。 中国も全く同じで人口減らす為に一人っ子政策をずっとしてきましたが、あちらも高齢者率が2割を超えて一人っ子政策を廃止しました、日本は現状は中国よりひどく65歳以上の人口比率28%です(中国は23%)

  • 日本の人口が多すぎる、多すぎて何かメリットあります

    人口ボーナスなんて高度経済成長期の話で第二次ベビーブームなんて利はほとんどなく害だらけですし。高齢化社会が長引くのもベビーブーム世代があるから。 今は先進国では出生率が高い国ほどGDPの成長率も低い。 象徴が日本やドイツ、シンガポールのGDP成長率は2,0%を超えているのに(共に出生率は 1,3~1,4程度で推移) 出生率が2,0を超えている二つの先進国であるアメリカとフランスの GDP成長率は1,0%以下、共に低所得者層拡大で負債ばかりが増えている。 日本もそうだけど人口が多ければ、それだけお荷物もたくさんいる、 総人口のうちに労働も安定した税収も見込める人なんて3割程度ですし。 グローバル化し大企業の多くは利益の約8割が海外。 東証一部はたまたま輸出産業が7割以上を占めているので 円安に触れるほど株価も引きあがる。 大都市部は人口過密が要因でストレスやウツ、コンクリートジャングルをかかえ、 子供は騒音で邪魔状態。(東京都でアンケートしたら5人に3人は他人の子供の声は 騒音や不快と感じると回答) むしろアジアを除く先進国みたいに低めの人口密度の方が良いと思います。

  • 日本の人口は多すぎますか?

    高齢者数 3600万 出生数 100万 人口数 世界10位(多い方から) 平地での人口密度 世界5位(高い方から) 国土を人口で割る人口密度 世界17位(高い方から) 世界の混雑が酷い駅 上位10駅が全て日本の駅 世界一人口過密地 渋谷駅前のスクランブル交差点 でもって、反論で地方はスカスカという回答がたまにくる。 それならなおさら都会の密度は過密という事になる。 平地での人口密度が世界5番目に高いのに、さらに地方にスカスカの所があるという 事はそれだけ都会に集まっているので、都市部の過密度はさらに酷い。 ちなみに東京にいる人の48%は地方に移住したいが仕事とお金がないから出来ないと答えている。また都会生まれの人にきいた都会と田舎にどっちに住みたいかも田舎派の方が多数派になっている。

  • 日本は他の先進国ぐらいの人口なら暮らしやすかった

    日本は年間自殺が2,8万人、自殺未遂が46万件、30歳未満の死にたいまたは死にたいと思う事がよくある割合38%だそうです。 日本は戦後復興で産めよ増やせよ政策したせいで、こんなに人口がいるわけですが 50年、40年前あたりは逆にこんなに人口いらないのでと出生抑制発令にきりかえました。 その時からずっと出生数は抑制されたため、比例して産めよ増やせよ政策時代にうまれた層が高齢者になり、どんどん高齢者比率が上がってしまっているのだけど。 でも、世界の生活しやすい都市ランキング、国ランキングみればわかる通り、広々して人口少なめの国がトップ10を独占しているわけですよ。 カナダ、オーストラリア、オーストリア、ニュージーランドが独占、まぁオーストリアとニュージーランドは国土はそんなに広くはないが人口は1000万以下で 国土も日本の3/4ぐらいはあるので人口密度でいえば日本の1/7、1/8ぐらいでしょうし。

  • 日本は高齢者が多すぎるのが問題では?

    少子高齢化といっているけど、 諸悪の根源は人口の塊世代だと思うんですけど。 出生率でいえば日本もドイツもイタリアもスペインもオーストリアあたりも ほとんど差はありません1,30~1,45ぐらいで推移してますね。 けど、日本を除いた国は高齢者比率は日本と比べて10%ぐらい低い、 ピーク時は15%ぐらい低い、高齢者数も日本の半分ぐらい。 人口減少のスピードがはやいのも日本には人口の塊世代があるからで 終戦直後の生め増やせ政策でうまれた1947年~52年ごろにうまれた団塊世代 年に約230万もうまれていた世代。 つづいて1971年~74年ごろにうまれた団塊ジュニア世代 年に約210万もうまれた世代。 この世代が高齢者になればそれだけ高齢者数も高齢者比率も高いし、 この世代が長生きすればするほど高齢者比率や社会保障費は圧迫する。 また、この世代がなくなる時期はそれだけ減少のスピードがはやいのは当たり前に思います。 例えば団塊ジュニア時代に国が増えすぎて問題なので出生抑制をかけ1975年からは いっきに出生数は140万ぐらいにさがった。 団塊ジュニアとの差は70万だしね。 1974年生まれと今の出生数の差は100万以上あるので、団塊ジュニア世代がなくなる時は 年に100万以上の減少数ですが、その後の減少数は年に40万前後程度と落ち着きますけど。

  • 今の高齢化社会は人口を増やす政策をしてきたツケです

    他の先進国は1000万~多くても7000万で成り立っています。 移民国家のアメリカと増やしまくった日本だけが1億を超えています。 増やしすぎれば、日本のような平均寿命の高い国では いずれ、その世代の方が高齢化します。 よって第一次ベビーブーム、第二次ベビーブーム(共にヨーロッパの主要国の2倍以上の出生数でした)があった日本では それらの世代が高齢化したら必然的に超高齢化社会を引き起こしてしまう。 ドイツやイタリアは日本と同じような出生率にも関わらず高齢者人口は日本の半分以下 高齢者比率も日本より6%以上低いです。 5000万~7000万ぐらいの人口で推移させていればよかったと思うのですが 後の祭りですけど。 デフレにしてもこの人口多すぎによる供給過剰が引き起こしたと言われているし。

  • 日本は人口多すぎですか?

     他のQ&Aサイトだとかなり多くの人が 人口多すぎだと言っていました。 人口多すぎで検索かけても http://chiebukuro.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%A4%9A%E3%81%99%E3%81%8E&flg=3&class=1&ei=UTF-8&fr=common-navi&dnum= たくさんでてきます、2ちゃんねるでもかなり多くの人が主張していました。 自分は思っていませんが 子供なんて増やすより安楽死制度や患者の希望なしの延命治療を禁止して 高齢者を減らせとか 子供増やして年金対策したらネズミ講にすぎないとか いう主張を結構みます。 ウイキキペアで見ても日本の人口密度は世界9位となっているのでかなりの人口過密国と言えるでしょう。 個人的に疑問に思うのはどうして先進国の中でも日本だけずばぬけて人口密度がこんなにも高いのかという点です。 先進国というとアメリカ・ドイツ・イギリス・イタリア・フランス・スイス・オーストラリア・スウェーデンなどがあげられますが どこも日本の2/5以下の人口密度です。この中で唯一日本より人口が多いのがアメリカなんですが アメリカでも日本の国土の約30倍に対し人口数は日本の約2,5倍程度。よって人口密度的には日本の1/10以下になります。