• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

安重根って

  • 質問No.8222073
  • 閲覧数277
  • ありがとう数10
  • 回答数7

お礼率 79% (1853/2326)

確かに韓国は、竹島を不法占拠したり、単なる売春婦が
軍に強制されたとか言いがかり付けるし、そのほか困った
ことばかり言う国で、識者から問題点の指摘を受けています。

それらのご指摘はもっともであり、朝鮮半島の近代化は
日本のおかげであるというのは確かだと思います。

しかしそれらの指摘の中で安重根問題だけがすんなりと
受け入れられないのです。

確かに伊藤元首相を暗殺したのは戦後の民主国家であれば
単なるテロリズムですが、暗殺という行為自体は世界中で
行われてきた行為であり、幕末では新選組も暗殺集団と
言われていましたし、かの「日本武尊」も女性に化けてクマソを
暗殺したとされています。

暗殺者の碑が悪いというならヤマトタケルはどうするのですか?

そして、弱い国において負けるのは仕方ないとしてもせめて
一矢報いたいという思いは万国共通です。

その一矢報いたというあかしとして安重根をたたえるのは
そんなに変だとは思わないのですがどうでしょう?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 45% (2270/4951)

うーん、鋭い指摘だと思います。
日本国民は感情的に受け入れられませんが、安氏が祖国で
英雄とされるのもわからないではありまぜん。
同じようなケースとしてはスペイン人のピサロはわずかな
人数でインカ帝国を覆滅させました。伊藤博文と同じように
祖国では紙幣にまでなった人物ですが、伊藤博文とは比較に
ならない悪政だったようです。
ピサロを暗殺したペルー人は安氏ほど知名度がありませんが、
祖国ではどのような扱いを受けたのでしょうか?
ただ言えることは暗殺を多用する国家が長続きしないのは
歴史が証明しています。
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

ありがとうございました。
マスコミでは安重根問題と従軍慰安婦問題を同列に扱う論調が多いのです。
しかしながら安重根問題は歴史的事実は韓国の言うとおりであり
それに対する評価の話であるのに対して、従軍慰安婦問題は事実の認識で
韓国と日本に隔たりがあるということなのでレベルが異なります。

このことをもう少し勉強する必要があるんじゃないかと質問しました。
投稿日時:2013/08/16 18:38

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 24% (1580/6486)

朝鮮人が公を暗殺したことは、特に悲しむべきことである。何故かといえば、公は朝鮮人の最も良き友であった。(略)
暗殺事件があった時のドイツ人医師、ベルツの言葉です。これが第三者として真実を知る外国人の意見です。あの北朝鮮でさえ、韓国(当時は半島全体が「朝鮮」)に同情するものの、暗殺を非難しています。

一矢報いて称えるのは韓国がすればいいことです。

新鮮組に身内を殺されたとか、ヤマトタケルに故郷を蹂躙されたとか、
被害にあった人や、遺族、子孫などが恨みの感情を抱くことを否定しません。

しかし、国際法に則り、総督府をおいて、法治的に治めていました。しかも伊藤博文は朝鮮を擁護し、朝鮮の発展を願っていた人でした。それを暗殺されたとしたら、後世の日本人が安重根に対して、悪い感情を持つのは仕方のないことでしょう。

一つの事件でも立場が違えば複数の考え方があるのです。これが歴史認識です。この認識については、各自が独自に抱いていいもので、他の人からとやかく言われる筋合いのものではありません。
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

>一つの事件でも立場が違えば複数の考え方があるのです。これが歴史認識です

いや、今世間で問題になっている歴史認識とは、実際に起こった事象の検証で
たとえば売春婦の強制連行はあったのかとかの話ではないのでしょうか?

国際法など、東京裁判を見ればいかにいい加減なものであるかご存知でしょう?

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/17 01:33
  • 回答No.6

ベストアンサー率 30% (70/233)

私の回答は、質問の趣旨が安重根の像とは無関係に、
彼が讃えられていることに関する疑問としてのものです。

>暗殺者の碑が悪いというならヤマトタケルはどうするのですか?

回答:比較すること自体が無意味です。
質問者様は、暗殺者という共通項のみで、安重根とその他を同一視していますが、
国家とその主権の定義や、それによって認められる対外的な権利とその範囲が明確である時代と、それ以前の違いを理解していないと思います。


>確かに伊藤元首相を暗殺したのは戦後の民主国家であれば単なるテロリズムですが、

質問者様が当時をどのように考えているのか不明ですが、彼の行動は戦時中のものでは無い上に、軍事行動としての条件を満たしてもおらず、その時代でもテロリズムです。

そもそも安重根は韓国以外では「軍人」とは認められていません。
彼は、「大韓民国臨時政府」の軍人を自称していますが、「大韓民国臨時政府」は日韓併合により既得権を失った朝鮮貴族や共産主義者や様々な理由での反日の者達が上海のフランス租界に逃れて設立したものです。
しかし、当時の世界は日韓併合を正当なものと認めていたので、彼らを政治組織とは認めていません。
(犯罪や裏社会での活動で資金を得ていたというのも、その理由です。)

犯行自体も、上官からの命令ではなく本人の意思のみによるものであり、軍服も着用していません。
その為に、国際法上は個人の犯行(テロ)として扱われています。


>そして、弱い国において負けるのは仕方ないとしてもせめて
>一矢報いたいという思いは万国共通です。

回答:質問者様の当時の日韓関係への認識が不明なので回答不能。
(おそらく、単に無知なのだと思いますが)

まず質問者様は、一矢報いたいと 思う事自体が、正当な感情だったのか?という考察をしたのでしょうか。

そもそも、日韓併合は、失政と権力闘争により破綻した朝鮮が、日本に何度も併合を要請して受け入れられたものです。
日本は、それ以前から韓国に対して援助や指導を行ってもおり、日本は朝鮮を侵略する意図はありませんでした。
私にはこれで、何故日本が 一矢報いられなければならない のか理解できません。

朝鮮は「韓日合邦を要求する声明書」として、↓の上奏文と請願書を李完用総理と純宗(皇帝)と曽祢荒助統監に提出しました。

【韓日合邦を要求する声明書】
日本は日清戦争を通じて韓国を独立させ、日露戦争でロシアに食われかけていた韓国を救ってくれた。
それでも韓国は、これを有り難く思うどころか、あの国にくっつき、この国にくっつきし、結局は外交権を奪われることになったが、これは我々が自ら招いたことである。
丁未条約を締結されることになったのも、やはりハーグ事件を起こした我々に責任がある。
伊藤博文公が韓国国民を見守ってくれ、太子を導いて我々韓国のために御苦労されたことは忘れられない。
にもかかわらずハルビンの事件が起きてしまった以上、今後いかなる危険が到来するのかわからない。これもまた韓国人自らそうしてしまったのである。
―中略―
それゆえ劣等国民として保護されるよりは、いっそ日本と合邦し大帝国を作って世界の一等国民として日本人とまったく同じ待遇をうけながら暮らしてみよう…
1909年12月4日.一進会(百万の朝鮮人会員)

しかし、曽祢荒助統監は併合反対派で、これらを時期尚早として却下しています。
理由は、清国やロシアの影響力は排除したが、朝鮮の実情は、未開の原始社会に等しく、これを日本の一地方とするには莫大な負担がかかるばかりで何の利益もないという事です。

一進会はその後も、上奏書の提出を繰り返し、四回目に桂首相の指示により受け取られ、併合が実現しました。
これが日韓併合の経緯です。


当時の朝鮮の要人や学識者も世界も併合には反対していません。

「李完用侯の心事と日韓和合」(朝鮮全権大使 李成玉)
「現在の朝鮮民族の力量をもってすれば、とても独立国家としての体面をもつことはできない。
亡国は必死である。亡国を救う道は併合しかない。
そして併合相手は日本しかない。欧米人は朝鮮人を犬か豚のように思って いるが、日本は違う。
日本は日本流の道徳を振り回して小言を言うのは 気に入らないが、これは朝鮮人を同類視しているからである。
そして、 日本人は朝鮮人を導き、世界人類の文明に参加させてくれる唯一の適任者である。
それ以外に我が朝鮮民族が豚の境涯から脱して、人間としての幸福が受けられる道はない。
日韓併合が問題になるのは、変な話だ。我輩の併合観は欧米人の朝鮮人観を基に考察したのだ。」

「朝鮮民族の発展的解消論序説」(金文輯)
「数千年にわたる過去の朝鮮史、ことに李朝五百年史だけをとりあげてみても、完全な独立の道などは一場の夢に過ぎないことはわが朝鮮自身の常識である。
いわんや最近五十年の国際状況、特に日増しに険悪の度を増すこれからの世界史相を展望するとき、朝鮮(韓国)が微弱なままに一度自立してみようというのは最初から問題にならないのである。
してみると、今我々に残された唯一の道は、肉体的にも精神的にも内地人と同族になって、一切の権利と義務を同一に享受しようとする 皇国臣民の道である」

「戦わざる者は自ら滅ぶ」(韓国の大学長の言葉)
私は平素学生に対して、韓国人としての自覚を促している。日本の韓国併合に抗議する前に、韓国人(朝鮮人)自身が考えなければならないことがある。
日本の韓国併合に対してアメリカもイギリスも誰一人反対しなかった。
世界は当然のような顔で受けとめていた。
それは何故か。清国軍がソウルを占領しても韓国人は戦わなかった。
だから日本軍が戦って清国を追い払った。ロシアが入ってきたときも我々は戦わなかった。
日本軍が血を流して戦い、朝鮮からロシアを追い出した。
だから日本はこれ以上トラブルはいやだと、朝鮮を併合してしまった。
これに対して世界の列強は、日本がそうするのも無理はないとして、ひと言も文句を言わなかった。
このことを忘れてはならない。韓国(朝鮮人)は自ら滅んだのだ。
日本の悪口を言い、責任を日本に押し付ける前に、我々は戦わなかったから滅びたことを知らねならない。

ドーハム・スティーブンソン(アメリカ人の朝鮮外交顧問)
朝鮮(韓国)の王室(シナの千年属国)と政府は腐敗堕落しきっており、頑迷な朋党は、人民の財を略奪している。その上、大衆はあまりにも愚昧(愚か)である。
これでは国家独立の資格はなく、進んだ文明と経済力を持つ日本に統治させなければ、ロシアの植民地になるだろう。
伊藤博文総監の施策は、朝鮮人(韓国人)にとって有益で、朝鮮の大衆は反対していない。


>その一矢報いたというあかしとして安重根をたたえるのは
>そんなに変だとは思わないのですがどうでしょう?

回答:質問者様の戦後から現在までの韓国に対する知識が不明なので回答不能
(おそらく、単に無知なのだと思いますが)

質問者様は、伊藤博文公が併合には消極的であった事と、安重根が彼を暗殺してしまった為に、併合賛成派との均衡が崩れてしまった事をご存知なのでしょうか。

北朝鮮では↑の理由で、愚か者という評価をされています。

韓国で彼が讃えられているのは、↓のような反日教育の為です。

WWIIの終戦で朝鮮は日本から独立しました。
連合国は独立した韓国の代表を、止む終えず前述の「大韓民国臨時政府」に選びました。
日本の教育を受け続けた者を使うわけにはいかなかったからです。
そんな経緯で国民の支持に拠らず、功績もなく棚ボタで権力を彼等が恐れたことは、日本の統治時代の方が良かったと国民に言われることです。(実際、日本の方がマシでした)
それを避ける為に、新政府は朝鮮が独立できたのは、戦前からの我々の活動の結果であり、朝鮮は昔から日本より優れており、それを日本が卑怯な方法で侵略し奪って行った。今現在韓国の発展が遅れているのは、それが原因であると、事実と違う捏造教育をし続けました。
(韓国が言っている、創始改名、強制連行、従軍慰安婦等は事実ではありません)

このように、自分達の失政への批判を、日本という敵をつくることにより、そらし続けてきた結果、反日が韓国人に定着してしまい、今更、教えた歴史が嘘でしたとは言えない状態になってしまっています。



質問者様は、以上の事実や、↓を知った上で、韓国の安重根の扱いを評価しているのでしょうか。

当時の日本とロシアは良好な関係ではありませんでしたが、大津事件の犯人は国内法に則り、裁判により量刑されています。
日露戦争~現在においても、日本での彼の評価は犯罪者であり、義士や英雄などとして讃えられてはいません。

【津田三蔵】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E7%94%B0%E4%B8%89%E8%94%B5
(ロシア帝国皇太子ニコライを切りつけ、負傷させた大津事件を引き起こしたことで知られる。)
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

私の主張は
・日本が韓国のために多大な貢献をしたのは事実である
・中国文化圏・日本文化圏においては、暗殺されるのは油断しているからという
 考え方が当時は普通であった
・プライドの高い国民は、日本に一矢報いたという歴史がほしい
・安重根に関しては、歴史の歪曲ではなく事実に対する評価の差異である
ということです

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/16 18:34
  • 回答No.5

ベストアンサー率 18% (2122/11343)

>その一矢報いたというあかしとして安重根をたたえるのはそんなに変だとは思わないのですがどうでしょう?

たたえるのは勝手ですが、中国共産党にお願いしてまで、瀋陽という他国の町に記念像を建てようってのは変です。
カルフォルニアやニューイングランドの住宅都市に韓国売春婦の銅像を建てるのと同じぐらい変です。
変態ですね!
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

売春婦は、韓国のねつ造したストーリーの宣伝ですので、
将来インチキ性がばれて、韓国民が恥をかくものです。

しかしながら安重根が伊藤博文先生を暗殺したことは
歴史上の事実ですので、両者の位置づけは異なります。

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/16 18:17
  • 回答No.4

ベストアンサー率 45% (1084/2359)

今回の問題で注目すべきは、安重根の歴史的評価の問題などではなくて、暗殺現場となったハルビン駅頭に彼の銅像を設置してくれ、と韓国が中国に要望したことなんです。暗殺現場のあるハルビン市は当時、満州帝国であり、現在の中華人民共和国の黒龍江省にあります。韓国の領土ではないんですよ。

ソウルの日本大使館の正面に向いて立てられた「慰安婦の少女像」は不愉快ですが、この場所は大使館内ではありませんから、韓国、ないしは自治体が認めればそれに対して日本政府が「撤去せよ」」とは公式に要求は出来ません。韓国国内にどんな銅像があろうと、日本政府が関知すべきことでもない。歴史事実を捏造しなければ、ですがね。

しかしハルビンは韓国ではありません。満州帝国の都市ではあったものの、過去に韓国、あるいは旧大韓帝国領土だった時代すらありません。単なる暗殺現場ですよ。今はよそ様の場所。そこに暗殺犯人を賞賛する碑を建ててくれ、あるいは建てることを認めてくれ、と言うのは、さすがにあの中国にとってもかなり迷惑な話のはずです。

神話の時代のヤマトタケル(日本武尊)のクマソ襲撃と一緒にしないで下さいよ。
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

暗殺犯ととらえるか、敵国に一矢報いた英雄ととらえるかは
その国の歴史を踏まえた道徳的概念が影響します。

源義経のころ、あるいはそれ以前から日本では奇策・奇襲が
もてはやされます。それゆえ真珠湾は日本では正当な作戦ですが
欧米では宣戦布告の有無ではなく、いきなり攻撃が卑怯だと
思われているのです。

それに対してアジアの道徳では、油断して暗殺される方が悪いという
考え方ですので、安重根の暗殺は、憎き日本に一矢報いる手段として
おかしくはないと思われるのです。

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/16 18:23
  • 回答No.3
当時の法律でも殺人は犯罪に過ぎませんし、まして総督を暗殺したんじゃ話しにならないでしょ?

神話と法治国家における要人暗殺をごっちゃにしちゃダメです。

朝鮮はWW2後も戦争をして、現在も南北に分かれているような状況をみれば国家を安定維持する力なんて最初から無かったのでしょう。そして、最後は、戦後の韓国は日本のODAで経済復興をなしとげました。

安重根なんて糞の役にも立っていません。
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

結果の問題でなく感情の問題、メンツの問題なのです。
日本の韓国併合は、国際的には何ら非難されることではありません。
日本の資本によって教育レベルが上がり公衆衛生面も格段に良くなり
生産もけた違いに大きくなりました。

普通なら感謝するべきことなのです。

でも、民族の感情ではそうでないのです。
民族の感情から言えば、日本に助けてもらうぐらいなら
ロシアの奴隷になった方がマシだったのかもしれません。

そのような国民感情ですから、日本に一矢報いた安重根は
英雄視されるのだと思います。

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/16 18:29
  • 回答No.1

ベストアンサー率 15% (316/2083)

 伊藤博文のことが分かっておられますか?
彼は日本が朝鮮の独立を守るために戦った日清戦争当時の総理大臣です。
いうなれば朝鮮にとって恩人だと思います、また日韓併合には反対した記録も残っております。
朝鮮総督府の総監になりましたが、日本政府から朝鮮に税収以上の支援金を日本から引き出しています。
 すなわち伊藤博文は韓国にとっては大恩人だと思います。
詳しいことはご自分で調べてください。
 まあ彼がいなければ韓国は今頃、中国かロシアのものなっていたでしょう?朝鮮戦争も起きなかったともいえます。その方が良かったかもしれません。
お礼コメント
Lady_osaka

お礼率 79% (1853/2326)

戦争で負けた後で、勝った国が作った憲法をありがたがる
国民には分からないと思いますが、どんな良いことでも
よその人にされるとプライドが傷つけられるのです。

客観的には伊藤博文先生は韓国の近代化に貢献した
恩人なのでしょうが、韓国民の主観ではそうでないのです。

このようなことは、韓国だけでなくいろいろな国で
見られる社会的なことです

ありがとうございました。
投稿日時:2013/08/16 18:14
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ