• 締切済み
  • 困ってます

相続登記・土地名義変更放置

祖母が亡くなり、相続が行われないまま母が亡くなりました。母は姉・兄(2人とも県外)が居て祖母の遺言書には、土地建物は全て母に、叔母には何も無く、叔父には生前贈与があったので何も無いとの内容です。元々、母と叔母は不仲で、色々な勘違いから叔母から母へ、遺留分請求が内容証明で届きました。その時母はがん治療していた為何もしないまま亡くなりました。そして私が相続する事になり、司法書士で遺産分割協議書作成してもらい、事が終わるはずでしたが、叔母が協議書内容に不服だった為話がストップしました。叔父への生前贈与を含めてなかった点と、祖母の遺産全てを教えて欲しいとの事です。色々なやり取りから、私は遺留分を支払う事が嫌になってしまい、叔母は早くお金が欲しいとか催促してくる訳でもないので、このまま放っておこうと思いました。そこで、先日弁護士さんに相談へ行き、終わりがけに聞いたので詳細が分かりませんが、祖母が亡くなって20年経つと、普通に土地名義変更できるかも…と聞きましたが、本当でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数321
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3
  • ben0514
  • ベストアンサー率48% (2966/6105)

本来お母様の名で処理すべきお祖母さまからの相続手続きを、あなたがすべき相続手続きを放置されることはお勧めしません。 時効取得を想定されている様ですが、時効取得の手続きは大変難しく、面倒な手続きでしょう。 あなたが現在元気な状態であっても、将来はわかりません。それに、放置されることで相続人がなくなったりし、代襲相続ではなく相続の相続という形で利害関係者が増え続けることとなります。 その手続きをあなたの次の代へ求めることにもなりますし、あなたの代であっても、20年を経過する前に区画整理や隣接地での建築などにかかわって境界立ち会いなどが求められたりすることでしょう。これに役所が絡む区画整理などの場合には、職権で相続権割合(法定相続の相続分)などで登記されてしまう可能性もあることでしょうし、誰が代表で対応するかでももめることにもなるでしょう。 時効取得というものは、あなたのような相続を想定していません。すでに一定期間が経過していたりする場合に期間を満了させるという考えは良くても、これから時効が成立するのを待つのはリスクが高いことでしょう。 私の祖母の相続でも円満な遺産分割協議ができなかったことで、家庭裁判所での調停を行いました。申立人と相手方などのようにわかれ、調停員という第三者を介しての話し合いを行うことで、話し合いが進む場合もあることでしょう。 裁判手続きといっても、弁護士などが必ず必要とは限りません。私は幾分か相続の知識がありますが、相続人となる親は素人でした。しかし、裁判所でもらう書類を埋め、必要な書類を用意するだけで素人による申し立てを行いましたが、さほど困らなかったようですね。 時効の20年もどの段階からカウントするのかも状況次第だと思います。それに遺言書が正しくされたもの(公正証書でなければ、家庭裁判所での検認など)であれば、登記は可能なはずです。遺留分減殺請求については、必ずしも遺産から出すものではありませんので、遺産分割協議書とは別問題ですからね。 遺産分割協議書による場合には、協議書へ記載する遺産の公開は必要です。しかし、協議でなければ、必ず遺産を知っている人物が他の相続人に知らせる必要があるとも言えません。ただ、相続人は遺産を調査する権利は平等にあります。 相続税の申告などを例にすれば、未分割での申告の場合などで仲たがいしている場合には、それぞれが遺産の調査を行って申告する義務があるのですからね。 最後になりますが、弁護士が相続や登記の話に詳しいとは限りません。専門家にも専門領域があるのです。弁護士は法律全般を扱うことのできる資格ではありますが、すべての業務を行うとは限らないのです。扱うことができる程度の知識の専門家に依頼すると、知らないうちに不利益を受ける場合もあります。私であれば、相続問題や登記を扱うのは、弁護士より司法書士の方が多いと思います。さらに司法書士は家庭裁判所での代理権はないかもしれませんが、裁判や調停の申し立て書類の作成や相談をすることは可能です。そのため、司法書士に相談し、弁護士が必要であれば、相続関係を専門とする弁護士を紹介してもらうようにしますね。 大変かもしれませんが、頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

本当にご丁寧に教えていただきありがとうございました。早く済ませたいと思います。

  • 回答No.2
  • jaham
  • ベストアンサー率21% (215/1015)

相続登記は そのままにしておくと 関係者が増えて収拾がつかなくなります 現在の相続人は3人でしょうが、その方々が死亡するとその子たちに相続されます あと10年もすると10人くらいにはなるでしょう 相続人の誰かが固定資産税を納付さえしていれば役所は何も言いません が 事態は悪化はしても好転はしません  20年待っても100年待ってもです 20年云々は時効取得のことを想定しているのだと思いますが、質問の状態では 占有による時効取得には該当しませんし、時効取得での登記は簡単にはいきません、少なくとも隣接の地主の承諾は要します 事態を甘く見ないことです おばが明確な意思表示ができるうちの解決しておかないと、今以上に面倒なことになります(今でもいい加減音を上げたくなっているのに) ただひとつ  おばに配偶者も実子も養子も居なければ、おばが死亡すればおばの相続分は叔父と質問者の兄弟に相続されることになりますから、いくらかは容易になるかもしれません、 ただしそのときには現状では納得いる叔父も おばの分に関しては質問者と対等ですから何も要求されないだろうと考えるようでは甘すぎます 叔父については 一人のことしか書かれていませんが、もう一人の叔父は如何なのでしょうか? 突っ込みどころ満載です このような状態で話し合えば 纏まる話も紛糾します 質問するにしても、もう少し事態を掌握・認識することです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しく教えていただきありがとうございます。叔父は1人です。遺産分割協議書に判を押して送ってもらいました。叔母は配偶者無し子供3人です。放置しても良い事はなさそうですね。調停での話合いになりそうです。

  • 回答No.1

>祖母が亡くなって20年経つと、普通に土地名義変更できるかも…と聞きましたが、本当でしょうか。 名義変更せず放置した場合にどうなるかは http://www.meigi-henkou.jp/category/1554518.html をお読み下さい。 20年も経てば、必要書類が入手出来なくなり、当事者がどんどん増えて、収集が付かなくなると思います。 因みに、相続不動産の名義変更(遺産分割)を終えてない場合は、その不動産は、法定相続人全員の共有財産となるので、売却も名義変更も出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。放置せず片付けたいと思います。教えていただいたサイトも参考にさせてもらいます。

関連するQ&A

  • 相続による不動産の名義変更

    実家の宅地・建物・農地の名義変更について困っております。 私は被相続人の孫になりますが、両親に代わって手続きについて色々調べているところです。 【状況】 実家の宅地・建物・農地はすべて祖父の名義になっていましたが、平成3年に祖父が亡くなり、名義変更の手続きをすることなく今に至っています。 祖父死亡時の相続人は、祖母・私の父(長男)・私の叔父(次男)の3人でした。 特に遺産分割協議などはありませんでしたが、その地方の慣習にならい、父(祖父母と同居)がすべて相続したような形になっています。 叔父は若い頃養子にいき、父がすべて相続することに異論はないようです。 その後、平成13年に祖母も亡くなりました。 今年父も還暦を向かえ、今後の相続でさらに不動産の名義変更がややこしくならないうちに、名義変更手続きを済ませておきたいという思いです。 【質問】 さて、名義変更をするにあたり、遺産分割協議書(遺言書なしのため)と所有権移転登記申請書を作成することになりますが、 ・登記は一回で済むのでしょうか?(祖父→父) ・一回で済む場合、遺産分割協議書と登記申請書はどのようにかけばよいものでしょうか? 遺産分割協議書を作るにも、亡き祖母の署名・押印は不可能なので、祖父の遺産分割を父と叔父の署名・押印だけでできるのか、調べてもわかりませんでしたので、ご回答いただければ幸いです。

  • 遺言検認後の法定相続登記は違法?

    父がH13年死亡。母はすでに他界しており、相続人は子3人。H14年5月に遺言書検認済みです。 ところが相続人の一人がH14年12月に遺産分割協議調停を申請し不調で申請取り下げ。しかしその相続人は、調停申請直前に、単独ですべての不動産の法定相続登記を行っていました。遺言書により他の相続人が相続すると認識しているはずの土地を、1/3づつ共有登記することは違法にはなりませんか。なお、その相続人は遺言書による相続と生前贈与を合せ、遺留分相当は相続することになっています。

  • 土地の権利変更(相続登記)について教えて下さい。

    土地の権利変更(相続登記)について教えて下さい。 先日、土地の権利者の叔父が亡くなりました。 その土地を遺産分割協議するにあたって、誰までが相続人なのか分かりません。 まず、叔父は5人兄弟の4男で、独身です。叔父の父は他界しており、叔父の母・長男・次男・三男は生存しております。また、5番目の叔母は4年前に他界しました。叔母の家族構成は、夫と子供一人がいます。 いったい誰までが相続できるのか分からないので、教えて下さい。 もしかして叔母の夫と子供まで関係するのでしょうか。

  • 相続よる土地名義変更

    母が9月他界しました。 12年前に父母各1/2名義の土地に家を建てましたが名義は変更していません。その土地は畑であった為、農地転用申請での理由書に母親から譲渡すると書かれています。これは生前贈与と見なされ法定相続の場合、遺産相続には入らないと聞いていますがその通りでしょうか。 その通りであった場合、分割協議の話合いで全ての財産に解決する場合は、分割協議書に入れるべきものですか? また、生前贈与とした場合でも、続人全員の印鑑証明等やはり必要になるのでしょうか(父は生存しています) 相続人は父と兄弟4人です。 司法書士に依頼する名義変更費用は一般的にいくら位でしょうか 以上よろしくご回答お願いします。

  • 土地の名義変更

    先月祖母が亡くなりました。 祖母には長男・次男・長女・三男の4人の子供が居ます。 祖母名義の土地にある家に住んでいるのは父である三男です。 最初は住んでいる父の名義に変更することに異論を唱えなかったのですが、父が先日低血糖の発作で意識不明と言う状態になり何時どうなるかわからない現状になってしまいました。 すると一変土地は渡せない、と言った感じになってしまいました。このまま父が逝ってしまうと土地はまだ祖母の名義なので三男の嫁である母は勿論権利はなく、孫に当たる自分は土地を貰う権利が叔父叔母より弱い立場なので住むところが無くなってしまう危機です。 確かに父の名義にしてもいいと言っては居たのですが口頭のみの約束ではどうにもならないでしょうか? 遺産分割協議書 相続人全員の実印 遺言書 相続人全員の印鑑証明書 が無いと名義変更は出来ないのでしょうか。

  • 無効な遺言書と相続の放置

     初めて質問をします。よろしくお願いします。  先日、祖母が亡くなりました。祖父は20年以上前に亡くなっており、長男(伯父)、長女(母)、次女(叔母)、三男(叔父)の4人の子供が相続人になります。次男は成人前、祖父の存命中にすでに亡くなっています。  祖父が亡くなった際、遺産として自宅の土地・家屋、貸家と貸駐車場の不動産、預貯金を残しましたが、子はすべて相続放棄し、祖母が一人で相続しました。自宅は数年前、叔父一家が同居するということで2世帯住宅に建て替え、土地の名義は祖母のままですが、家の名義は叔父に変わっています。  葬儀の後、伯父、母、叔母は、相続放棄をして祖母の遺産は叔父にすべて譲ろうという方向で話をしていました。祖母は長患いで入院や施設にお世話になることが多く、費用が掛かるので自宅以外の不動産は売るつもりだと聞いていたので、遺産として残るのは自宅の土地と預貯金くらい、自宅の土地には叔父の家が建っていますし、自分たちも生活に困っているわけではないから、と。  しかし、ここにきて状況が変わりました。祖母の遺言書と称するもののコピーが送られてきたのです。内容は、すでに売ったと思っていた貸家と貸駐車場を叔父の子(祖母の孫)たちに、自宅の土地、預貯金その他の残りの財産全てを叔父に譲るというものです。祖母の氏名は書かれていますが、日付と捺印はなく、祖母は手に麻痺があったため、震えるような字で書かれていますが、それが祖母の自筆であるか判断できません。  何の予告もなく突然に送り付けられた上、電話をすると叔父は出ず、叔父の妻が「あれがお義母さんの遺志ですから、尊重していただけませんか、もし遺言書の通りの相続が認められないのなら、こちらも弁護士を立てます。」という答え。母はショックで体調を崩してしまいましたし、伯父と叔母は怒り心頭で相続放棄などという話は吹っ飛んでしまいました。  お聞きしたいのは主に次の2点です。  1.代襲相続か正式な遺言書がない場合、孫が祖父母の遺産を直接相続することはできないと記憶しているのですが、日付・捺印のない、今回のような遺言書であっても、孫が相続することができるのでしょうか?もしできないのであれば、遺言書通りの相続を認めてほしいという言い分がそもそも通らないので。  2.相続の手続きをしないまま放置したら、何か不都合はありますか?もともと相続放棄をするつもりであった上、今回のことで、書類を揃えたり書いたりという手間をかけることすらしたくないという雰囲気が、伯父と叔母にあります。母も体調が良くないですし、しばらくは叔父一家や遺産相続に関わらせたくないのです。  他に気付いたことがありましたら、教えていただけますと幸いです。

  • 遺留分の請求額について

    遺留分の請求額に関して教えてください。 昨年祖母が亡くなりましたが、公正証書遺言を残しており、 遺産は全て叔母に相続させると書いてありました。 相続人は叔母と私と私の姉の3人です。 祖母には叔母、叔父、私の母の3人子供がおりましたが、 叔父(子供はおりません)と私の母は既に亡くなっております。 私と姉は代襲相続人となり叔母相手に遺留分減殺請求の調停を 進めています。 私は遺留分減殺では私たち姉妹に4分の1、1人では8分の1ずつ 受け取れると思っていましたが、叔母が言うには 「私には兄がいたので4分の1にはならない。きちんとした遺言書がある場合、 それ以下になる事もある。遺留分の目録はそれ用のがある。私には法的に権限がある」と言っていました。 叔母は遺産目録を開示してくれません。 私は相続人として遺産全体の4分の1は受け取れると 思っていたのですが、 叔母が言っていることは正しいのでしょうか? 叔母は既に数人の司法書士に相談したと言っていました。 私達は叔母から提示された遺産目録で納得するしかないのでしょうか? 詳しい方教えてください

  • 遺留分請求の支払いについて

    祖母が亡くなり、母が相続しないまま母も亡くなりました。私が繰り上がり、母の姉叔母との事です。祖母の遺言書内容が、母には土地を、叔母には何も無いですという内容です。叔母から遺産遺留分請求が内容証明で来ました。これから支払うつもりですが、祖母の葬儀費用・固定資産税は母が全て支払ってました。遺留分総額から、葬儀費用・固定資産税はどの位の割合で差し引きする事ができますか?

  • 相続の車の名義変更について

    詳しい方、教えてください! 叔母(独身、子供なし)名義の車を姪である私に名義変更をしたいのですが、遺産分割協議書には叔母の相続人にあたる姉弟に実印をもらいました。 私の父は叔母の相続開始後に死亡しました。その場合は、父の子供(私、弟)にも相続権が回ってくるのでしょうか? その場合、揃える書類が違って来ます。 相続権が回って来ない場合、叔母の姉弟の遺産分割協議書、法定相続人の印鑑証明、委任状、譲渡証明書、父と叔母の戸籍類、私の印鑑証明、車庫証明。 回って来る場合、遺産分割協議書に私、弟の名前、父と叔母の戸籍類、私の印鑑証明、車庫証明。 これで名義変更は可能なんでしょうか。 陸運局に問い合わせたのですが、話しが噛み合わなく困っています。 どなたか教えてください! 長文、見にくくて申し訳ありません。 よろしくお願いします。

  • 名義人死亡の未相続の土地の相続について

    亡くなった祖母の土地の相続についてお知恵を借りたいと思います。 祖母名義の土地には現在叔父A(長男)が居住しており、固定資産税も支払っておりますが、家屋の名義は叔父C(三男)です。その他の兄弟は叔父Bと叔母(長女)・私の母(次女)で兄弟は全員で5人です。祖母は叔父Cに土地も譲りたかったようなのですが、それもかなわず20年ほど前になくなってしまい、また叔父Aは亡くなった祖父から贈与された隣の土地を15年ほど前に事業の運転資金欲しさに叔母に安く譲ったこともあります。その叔父Aがこのところ、自分の居住している家屋と土地を自分の名義にしたい、相続放棄してくれと言ってきました。その分、何がしかのお金を払うという気持ちは全くないようです。家屋は叔父Cが建ててローンも支払っており(叔父Aが叔父Cに家賃を支払ってはいない)他の兄弟と違って既に一度祖父名義の土地を相続している叔父Aが言ってくるのも虫のいい話だとは思うのですが(他の兄弟は祖父母いずれの遺産も相続していない)母としては叔父Aが亡くなるまでは家屋も土地もそのままでよいが、叔父Aが亡くなった時は土地を売却し、兄弟でわけて、自分にはしかるべき取り分があってもよいのではないかと考えているようです(明らかに祖父母からの相続と言う点では叔父Aに比べて不公平だと思っていること、叔父Aの娘が無職で働く気がないのに、その娘にその土地家屋をやりたいという叔父Aに腹立たしい気持ちがあることが理由のようです) 叔父B・Cは大方に従うという意向のようで、叔母は老齢のため意向確認が出来ないようですが叔母の家族はやはり不公平と感じているようです。  そこでこのような場合、母が考えるような解決法が取れるのか、また取れるとすればどのような手続きが必要なのか、現在必要な手続きがあるのかを教えてください。わかりにくくてすみません。