• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「日曜日なのに」という表現について疑問があります

普段何気なく使っています日本語について、 あらためて基礎的な文法から学んでいます。 ○十年も昔のことで、ほとんど記憶のない状態からの出発、 日本語の難しさを思い知らされている次第です。 今高等学校の国文の文法書を読んでいますが、 少し疑問に思っているところがあります。 「日曜日なのに」を品詞分解すれば、 日曜  名詞 な   断定の助動詞「だ」の連用形 のに  逆接の接続助詞 になると思います。 「のに」は用言ではありませんので「なのに」となるのはおかしく、 従いまして、「日曜日なのに」の文法的に正しい表現は 「日曜日であるのに」とすべきではないかと思っています。 今まで何気なく使っていました「日曜日なのに」は、 文法的には間違いのような気がしてきたのですが、 そのような解釈でよろしいのでしょうか? ご教授願えれば幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数631
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • j-mayol
  • ベストアンサー率44% (240/539)

>ただその場合、「に」の品詞(格助詞の に ?)はどうなるのでしょうか? ルーツは格助詞の「に」だと思います。もともと2つの格助詞であった「の」と「に」が結びついて1つの接続助詞となったものと考えられます。 >日曜日    名詞 で      断定の助動詞 だ の連用形 ある     形式動詞(補助動詞) ある の終止形 のに     接続助詞 と解釈するのは問題があるでしょうか? のにを前述のように考えると「ある」は形式動詞の連体形と考えるべきでしょう。仮に動詞ではなく形容動詞「きれいだ」が接続する場合も「きれいな」のにと連体形となります。 >むしろ「日曜日であるのに」の方が不自然なのは承知しています。 この言い回しも不自然とは感じないです。口語ではほとんど使いませんが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のご回答ありがとうございました。 形式動詞の連体形と考えるべき、よく分かりました。 今までは連体形に続くものは体言と形式的に考えていましたが、 今回詳しくご回答いただいて非常に勉強になりました。

関連するQ&A

  • 動詞の連用系って、実際のところ、用言に連なっているのでしょうか?

    連用形の説明で、「用言に連なる」と、解説されてるのをよく見かけるのですが、 動詞において、連用形(食べ・咲き・・など)が用言に連なっているという状況がよく分からないのです。 「食べて」、とか「咲きます」などのように、助詞・助動詞(用言でない)に連なっているのは、よく見かけるのですが、 "用言に連なる”という状況にはピンと来ないのです。 具体的にはどういう状況を指して"用言に連なる”と、いってるのでしょうか? あと、もう一つお聞きしたいのですが、 たとえば、「驚くほど」 や 「見えないくらい」を例にあげると、 「ほど」、「くらい」は副助詞で、 「驚く」、「見えない」は動詞の連体形である、と、ある本に書いてあったのですが、 体言に連なるはずの連体形が副助詞に連なっているというのは、どういうことなんでしょうか?

  • 古典文法 (活用形)

    こんにちは。 高校古典文法の動詞の活用形について質問します。 活用形については、用言の前に動詞があれば、その動詞は連用形。体言の前にあればその動詞は連体形…まではわかるのですが、助動詞、助詞の前にある動詞は、その助詞、助動詞の接続で見分けるとのことですが、私はその都度その都度一覧表で確認しています。  試験対策ですが、一覧表をみることができない試験に向けて、皆さんはどのように覚えたのでしょうか?  (暗記するまで繰り返すとなると、助詞が60個以上、助動詞が30個近くあり、意味なども含めるとかなり大変だと思いますが、暗記するしかないのでしょうか?)

  • この文を品詞分解すると・・

    「病気なのです」を品詞分解すると 病気 な の です となると思うのですが、 病気(名詞) な の です(助動詞) となるのはわかるのですが 真ん中の 「な」 と 「の」 が助動詞と助詞のどちらにあたるのか わかりません。それとも根本的な勘違いをしているのでしょうか。 ご存知の方、ご教示ください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

間違いじゃないでしょう。 普通に使っている表現なので、それを説明できないなら文法解釈が不十分なのでしょう。 なのに 広辞苑第4版 「な」助動詞(2)指定の口語助動詞「だ」の連体形。 多く下に「の」「のだ」「のに」がつづくときに用いられる。 「のに」助詞(接続助詞。格助詞ノと格助詞ニとが結合したもの。(活用語の連体形につく。助動詞「だ」には終止形につくこともある)(1)ある事柄から普通に予期されたことと反対の事柄が起こったことを示すのに用いる。(2)残念・不満の意を表す。 「なのに」 = 「“だ”の連体形 + (“の”+“に”)」=「だのに」 例:春なのに、春だのに、敵なのに、敵だのに、鳥なのに、鳥だのに   高得点なのに不合格。遠足なのに雨。 これは、いかにも接続助詞。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様のご回答非常に参考になりました。 国語の文法は奥が深いということをあらためて痛感しています。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.4

 「なのに」が「な・のに」であることに異論はないと理解されていると存じます。 また「自立語」と「付属語」の観点から見た時に文節分けをしたならば「日曜日 な のに」と理解すべきでしょう。 なぜこの様になるかといえば、この「な」が断定の助動詞「なり」の連体形の語幹部分にあたり、活用するならば「語尾」の部分も必要となります。  しかしながら、文の中に「語尾」を示す単語は見られません。となれば「それは省略されている」と理解する以外にはありません。  では「どの様な表記」が省略されているか、との問題になります。「なり」の活用を調べて見ますと「なら・なり/に・なり・なる・なれ・なれ」と未然・連用・終止・連体・已然・命令の順で変化することもわかります。でもこの中に「な」だけの形は見られません。実はこの「なり」が話し言葉として使われる間に、幾つかの段階を経て変化してきたことも知られています。  最初は「なるめり(なる・めり)」と発音されていたものが、「なむめり(=なんめり)」となり、そして遂には「なめり」の形へと進化してきました。文字表記も同時に変化していきました。  古文の教員には「なめり」と表記されている部分を態々「なんめり」と読む教員もおります。その方は言葉の変化を踏まえてこの様な読み方をしている「正当派の国語教員」ともいえます。  話は横道にそれましたが、文節分けをする時に「自立語」と「付属語」を見分けることが大切です。付属語は二種類しかありません。「助詞」と「助動詞」のみです。これらは「単独では意味を持たず、自立語に付くことで意味を示すこと」のできる言葉です。  またこの「なのに」が接続詞ではないことの根拠として、接続詞の性質があります。接続詞は大雑把にいえば「文と文」をつなぎます。また「自立語」ですから、それは「必ず文節の先頭に来る」ことになります。  この場合は「日曜日」との自立語の後に続いていますから、それが自立語ではなく従って接続詞ではない、との説明につながります。文法的に誤りではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

音便変化、参考になりました。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • j-mayol
  • ベストアンサー率44% (240/539)

日曜  名詞 な   断定の助動詞「だ」の連用形 のに  逆接の接続助詞 の部分に誤りがあると思います。 「な」 は断定の助動詞「だ」の連体形ではないでしょうか? 「のに」の「の」はおそらく準体言を示す助詞の「の」をルーツとしていると思いますので連体形に接続するのは自然だと思われます。「日曜日であるのに」の「ある」も動詞の終止形ではなく連体形と考えるのが妥当でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません、「連体形」と書くべきところ、「連用形」と書いてしまいました。 「のに」は接続助詞であって、「体言」ではない。 だから「なのに」はおかしいのでは、と決め込んでいました。 "準体言を示す助詞の「の」" は所謂「体言の資格」を表す格助詞のことですか? (これは私"の"だ) そう考えればなるほど「なの」までは自然ですね。 ただその場合、「に」の品詞(格助詞の に ?)はどうなるのでしょうか? 日曜日    名詞 で      断定の助動詞 だ の連用形 ある     形式動詞(補助動詞) ある の終止形 のに     接続助詞 と解釈するのは問題があるでしょうか? なおこんな些細な問題にこだわっていますのは、 自身、文章にする時に「日曜日なのに」を使うことがあるためです。 会話ではそれで別に不自然ではなく、 むしろ「日曜日であるのに」の方が不自然なのは承知しています。

  • 回答No.2

「ら」抜き言葉とおんなじですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

現代文の文法を軽視していましたが、奥が深いですね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • aokii
  • ベストアンサー率23% (4381/18407)

「日曜日なのに」は、文法的には間違いのような気がしても、言葉は慣習で変化します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。 そうですね、言葉は時代により変わっていくのですね。

関連するQ&A

  • 形容動詞の連体形(だっ・で・に)の使い分け

    外国人に日本語を教えていますが、形容動詞の連体形のうち、特に「で」と「に」の使い分けが問題になっています。 「真剣に取り組む」「真剣に○○する」とは言いますが、「真剣で取り組む」「真剣で○○する」とは言いません。 また「本気で取り組む」「本気で○○する」とは言いますが、「本気に取り組む」「本気に○○する」とは言いません(「相手の話を本気にする」とは言いますが)。 いろいろ調べているうちに下記のような記事を見つけ、それがポイントのように思えますが、いまひとつわかりません。 連用形 主に用言に連なる用法で,次の用法がある。  (1)文を一旦切って,後に続ける中止法。  (2)「読み始む」「寒くなる」のように下の用言を修飾する副詞法。  (3)「早き流れ」のように名詞化する。  (4)「見送る」のように複合語を作る。  (5)助詞,助動詞に連なる。 日本語の形容動詞では、どのような基準で「で」「に」を使い分けているのでしょうか。外国人にも理解できるよう、文法的な理論でご回答いただければ幸いです。

  • 「いるならいるで」文法的に…。

    「いるならいるで」の「で」は 文法的にはどう解釈できるでしょうか? 1.「で」を格助詞と考えると、 格助詞は名詞に付くので 「いるで」は動詞+格助詞になってしまいます。 2.「で」を接続助詞と考えると、 接続助詞は連用形に付くので 「いるで」は連体形または終止形+接続助詞になってしまいます。 3.「で」を助動詞「だ」の活用したものと考えると 「いるで」の終止形は「いるだ」になってしまいます。 外国の方に聞かれて困っています。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 古文の接続について

    「連用形」+「用言」(用言の前は連用形)の場合 用言というのは動詞、形容詞、形容動詞のことですがこの場合、「連用形」+「用言」の用言には助動詞は入っていませんよね? 連用形+用言(用言の前は連用形)、連体形+体言(体言の前は連体形)の場合 連用形と連体形には助動詞の連用形と連体形もはいりますよね?

  • 助動詞「だ」について

    「吾輩は猫である」の「で」ですが、これは断定の助動詞「だ」なのでしょうか? 接続助詞「で」ということはありませんか? 次に来る「ある」が補助用言ですから。 「飛んでいる」「死んでいる」と同じ用法にも思えるのです。ただし、これらは動詞からつながりますが。

  • 高校古典についてです!早めでお願いします! 源氏物

    高校古典についてです!早めでお願いします! 源氏物語、若紫の「四十余ばかりにて、いと白う...」という文がありますが、四十余ばかりにての「に」は断定の助動詞「なり」の連用形と習いました。でも断定の助動詞「なり」は体言、連用形接続ですよね?なんで助詞「ばかり」に接続しているのに断定の助動詞なんでしょうか?

  • もう『少しで』の文法的説明

    「もう少しで勝てる」の『少しで』は名詞+助詞なのか、名詞+断定の助動詞なのか、どちらでしょうか?

  • 中3です。連体形と連用形について教えてください。

    月曜日テストがあります。なので今、問題集で現代文で文法の勉強をしています。 活用形を見分けるため連用形に付く主な助動詞(助詞)、連体形に付く主な助動詞(助詞)が 知りたいです。主なものを教えていただけませんか? 回答待ってます。

  • 以下の古典文章の品詞分解は正しいですか?

    「やはらぐ心は必ずつきぬべきを」(訳:必ず和らぐ思いになるほどであるから」)を品詞分解しました。 「やはらぐ」・・・ガ行四段活用動詞の連体形 「心」・・・名詞 「は」・・・係助詞 「必ず」・・・副詞 「つき」・・・カ行四段活用動詞の連用形 「ぬ」・・・完了の助動詞『ぬ』の終止形 「べき」・・・当然の助動詞『べし』の連体形 「を」・・・格助詞 これで正しいでしょうか?

  • 「知らなさすぎる」文法的に…

    「知らなさすぎる」という言葉を、 品詞に分けたいのですが…。 知ら…動詞 な…助動詞? さ…名詞化の接尾語? すぎる…動詞 とくに「さ」がわかりません。 「すぎる」には動詞の連用形または 形容詞の語幹がつくはずなのですが そうすると「な」も「さ」も説明できません。 どなたかよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 「おいしかったです」「おもしろかったです」って言う?

    「おいしかったです」などと日常会話で使われますが、この「です」にちょっとひっかかっています。 形容詞の連用形「かっ」+過去の助動詞「た」に、丁寧の助動詞「です」をつけるのは文法上誤りのような気がするんです。 どうでしょうか。文法的に教えてください。