• ベストアンサー
  • 困ってます

高校古典についてです!早めでお願いします! 源氏物

高校古典についてです!早めでお願いします! 源氏物語、若紫の「四十余ばかりにて、いと白う...」という文がありますが、四十余ばかりにての「に」は断定の助動詞「なり」の連用形と習いました。でも断定の助動詞「なり」は体言、連用形接続ですよね?なんで助詞「ばかり」に接続しているのに断定の助動詞なんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数405
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

断定の助動詞「なり」は、体言や活用語の連体形以外にも、副詞や助詞などに付きます。次のページの2つ目を見てください。 http://kobun.weblio.jp/content/%E3%81%AA%E3%82%8A

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 源氏物語 若紫との出会い

    源氏物語 若紫との出会い 高2です。 古典で、源氏物語の若紫との出会い というところを勉強しています。 何箇所か語句の読み方がわからないので、教えてください。 朝臣 持仏 入内 脇息 四十 大人 面つき 容貌 よろしくお願いします。

  • 古典・・・・

    こんにちは。。 早速なんですが、 格助詞「に」と断定の助動詞「なり」の連用形「に」とナリ活用の連用形の語尾「に」 この3つの「に」の区別がつきません。 どうすればいいんでしょうか?? たとえば、上下の語を見て見分けようとしても格助詞「に」と断定の「に」はどちらとも体言(連体形)に接続するので見分けられません。。文脈で見分けるしかないのでしょうか?

  • 古典文法 (活用形)

    こんにちは。 高校古典文法の動詞の活用形について質問します。 活用形については、用言の前に動詞があれば、その動詞は連用形。体言の前にあればその動詞は連体形…まではわかるのですが、助動詞、助詞の前にある動詞は、その助詞、助動詞の接続で見分けるとのことですが、私はその都度その都度一覧表で確認しています。  試験対策ですが、一覧表をみることができない試験に向けて、皆さんはどのように覚えたのでしょうか?  (暗記するまで繰り返すとなると、助詞が60個以上、助動詞が30個近くあり、意味なども含めるとかなり大変だと思いますが、暗記するしかないのでしょうか?)

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

四十余というのが体言でばかりはそれに着く副助詞、には体言に接続だから 四十余にてというふうに、には四十余にかかる ばかりは気にしない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 源氏物語などの古典文学を読んだ方

    今、大学で源氏物語を読んで研の究しているのですが、皆さんは古典文学を読んだことがありますか? そして、読んだ方は、 ・なんでその本に興味を持ったのですか? ・その本を読んで、何を感じましたか? ・そして、何を考えましたか? 一応、源氏物語を題材にしていますが、他の古典文学でもいいです。 研究の参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

  • 源氏物語などの古典文学を読んだ方 2

    今、大学で源氏物語を読んで研究しているのですが、皆さんは古典文学を読んだことがありますか? そして、読んだ方は、 ・なんでその本に興味を持ったのですか? ・その本を読んで、何を感じましたか? ・そして、何を考えましたか? 一応、源氏物語を題材にしていますが、他の古典文学でもいいです。 資料として参考にしたいので、出来るだけ多くの人に聞きたいです。研究の参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

  • 高校の教科書の標準古典にのってる若紫の範囲

    高校の教科書の標準古典にのってる源氏物語の若紫の範囲を教えてください。 原文の、最初の文と最後の文を書いてくださればいいです。 手元に教科書がある方、よろしくお願いします。

  • 高校で習う源氏物語の範囲

    こんにちは 僕はいま中学生なのですが 高校の古典で習う源氏物語って 最初から最後まで全部習うわけではないですよね? その、高校で習う源氏物語の範囲を教えて欲しいです できればその範囲の内容を知るのに良い、読みやすい本があったら教えて欲しいです。 拙い文で申し訳ありませんが よろしくお願いします。

  • 平家物語と源氏物語の違いは

    平家物語と源氏物語の違いはなんですか? 源氏物語はだいたいわかるのですが 平家物語はおもしろいんですか 古典むずかしくって ねむくなるけど がんばってよんでみようかなあと 思ってます

  • 古典 ぬ(打ち消し)+なり ってできるの?

    ウチの教師が作った例文ですが、 明けはてぬなり 打ち消し助動詞「ず」の連体形+断定の助動詞「なり」 or 完了助動詞「ぬ」の終止形+推定助動詞「なり」 のどちらからしいです。下段のほうは理解できます。 上段のほうがメジャーというらしいのですが、 助動詞の「なり」が「ず」に接続するときに、なぜ「ぬ」に接続できるのかをおしえてください。 どうして、「ざる なり」ではなく「ぬ なり」なのでしょうか (その教師とはちょっとわけあって質問できない立場にあります)

  • 源氏物語 若紫

    「源氏物語 若紫」について質問です。 「いとなやましげに読み居たる尼君、ただ人と見えず。」の所で、 呼び名が「尼」から「尼君」に変わったのはなぜですか?

  • 源氏物語「若紫」について

    高校生です。 源氏物語の若紫の中の「垣間見」と「若草と露」のあらすじを教えてください。 回答お願いします。

  • 古典文法 「なり」の識別

    古典の文法問題をやっています。わからないことがありました。教えてください。 ( )内の語を適当な活用形に直せ。 心に任す( まじ )なり。 「なり」 は 終止形接続の伝聞・推量の「なり」と 連体形、体言接続の断定の「なり」と二つ考えられると思います。 もし、この「なり」が終止形接続の伝聞・推量の「なり」ならば(まじ)→(まじかる)に、連体形、体言接続の断定の「なり」ならば(まじ)→(まじき)になるのかなと思うのですがどっちなのでしょう?どのようにして判断したらよいのでしょうか?文脈ですか? それともうひとつ質問なんですが、この問題の場合 連体形、体言接続の断定の「なり」だったら(まじかる)ではなくて(まじき)になるのは知っているのですが どうしてなんでしょう? お願いします。

  • 源氏物語のきわどい描写というのはあるのか?

    高校時代は古典が嫌いでしかた有りませんでした。源氏物語も学びましたが、面白くありませんでした。今、源氏1000年記念でいわれているのを聞けば、なんと源氏物語はダブル不倫の物語であるということではありませんか!。高校の時にこっそりとでもそういうエピソードを教えていただいていたら勉強にも熱が入ったかもしれません。(笑い)  ところで 源氏物語にはそういう点のきわどい場面や具体的な描写はあるのでしょうか? あるのならば具体的にはここに書くのがまずければ 章と 何段落目かでも教えていただきたく存じます。