• ベストアンサー
  • 困ってます

動詞の連用系って、実際のところ、用言に連なっているのでしょうか?

連用形の説明で、「用言に連なる」と、解説されてるのをよく見かけるのですが、 動詞において、連用形(食べ・咲き・・など)が用言に連なっているという状況がよく分からないのです。 「食べて」、とか「咲きます」などのように、助詞・助動詞(用言でない)に連なっているのは、よく見かけるのですが、 "用言に連なる”という状況にはピンと来ないのです。 具体的にはどういう状況を指して"用言に連なる”と、いってるのでしょうか? あと、もう一つお聞きしたいのですが、 たとえば、「驚くほど」 や 「見えないくらい」を例にあげると、 「ほど」、「くらい」は副助詞で、 「驚く」、「見えない」は動詞の連体形である、と、ある本に書いてあったのですが、 体言に連なるはずの連体形が副助詞に連なっているというのは、どういうことなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1617
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

活用形の名称というのは、便宜上の呼び名です。 連用形といっても、用言にしか連ならない、という意味ではなく、いわば「用言に(も)連なる」のです。 連体形も然り、体言にだけ連なる形、なのではなく、「体言に連なることもある」形、のことです。 終止形もそうでしょう? 文を終止させる形、なのではなく、「終止させることもある」形、ということです。 活用形に何か名前を付けないと不便なので、活用形の特徴(他の活用形と異なる点)をとらえて、そう呼んでいるにすぎないのです。 助動詞や助詞には、未然形接続のもの(打消し関係や推量関係など)や、連用形接続のもの、終止形接続のもの、連体形接続のもの、仮定形接続のもの、など、様々にあります。 実際、活用表を自力で作るとき、 未然形は「~ない」に連ねてみる(「ない」は打ち消しの助動詞)、 連用形は「~ます」に連ねてみる(「ます」は丁寧の助動詞)、 というやり方で作ることが多いですね。 連用形を、「~て」に連ねる、というやり方で作る人もいます。 「て」は、連用形接続の接続助詞です。 連用形とは、用言(動詞、形容詞、形容動詞)に連なる「場合がある」活用形ですから、もちろん、 「食べ-すぎる」「食べ-まくる」 「咲き-誇る」「咲き-乱れる」 のように、他の動詞に連なるときも、この活用形を取ります。 尤も、今挙げた例は、前の動詞が後の動詞を修飾している、という連用修飾語と被修飾語の関係ではなく、「食べすぎる」「食べまくる」「咲き誇る」「咲き乱れる」で一語扱いの、「複合動詞」ですが。 形容詞の「連用形」だと、話は分かりやすいですね。 「青く澄みきった空」の「青く」は、ク活用形容詞「青い」の連用形ですが、「澄み切った」という動詞(用言)に連なっています。 でも、「~て」に連ねて、「青くて」となった「青く」も、やはり連用形ですよね。 では、「青い澄み切った空」はどうでしょうか(ちょっと不自然な例ですが)。 この「青い」は、ク活用形容詞「青い」の連体形です。 直後の「澄み切った」を飛び越して、「空」という名詞(体言)に係っている、れっきとした連体形です。 形容動詞も同じことです。 「静かに歩く」の「静かに」は、形容動詞「静かだ」の連用形で、「歩く」という動詞(用言)に連なっています。 では、「静かに本を読む」の場合はどうでしょうか。 「静かに」は、上に同じく形容動詞「静かだ」の連用形ですが、この場合、「読む」という動詞に「係って」いるのです。 「連なって」ませんよね、「連なって」いるのは「本を」という文節で、これは名詞(体言)です、でも、「静かに」が連体形でしょうか? 違いますね。 直後にある品詞が何であるか、が問題なのではなく、どの品詞に係っているか、が問題なのです。 「ほど」や「くらい」も、単にこれらが「連体形接続」の副助詞である、という事情だけの問題です。 もともとは「程」「位」で、形式名詞から発生した副助詞なので、その経緯で連体形接続にならざるを得なかったのでしょうね。 「3メートルほど飛んだ」とか「君ほどの人物が」とか「真ん中くらいの位置」とか「子どもくらいの背丈」などの用例のように、「ほど」や「くらい」が体言に直接連なっている場合もあります。 これに準じて、「ほど」や「くらい」は連体形接続、とされている、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変くわしくありがとうございます。

関連するQ&A

  • 古文の接続について

    「連用形」+「用言」(用言の前は連用形)の場合 用言というのは動詞、形容詞、形容動詞のことですがこの場合、「連用形」+「用言」の用言には助動詞は入っていませんよね? 連用形+用言(用言の前は連用形)、連体形+体言(体言の前は連体形)の場合 連用形と連体形には助動詞の連用形と連体形もはいりますよね?

  • 連用形について教えてください。

    国文法を独学で勉強していますが、連用形がわかりません。 連体形は体言、つまり名詞にかかるということはわかります。 例・・・「この本」の「この」 ところが連用形は用言、動詞、形容詞、形容動詞にかかるということですが、よく理解できません。 例を挙げて分かりやすいように説明して頂けませんでしょうか?宜しくお願いします。

  • 中3です。連体形と連用形について教えてください。

    月曜日テストがあります。なので今、問題集で現代文で文法の勉強をしています。 活用形を見分けるため連用形に付く主な助動詞(助詞)、連体形に付く主な助動詞(助詞)が 知りたいです。主なものを教えていただけませんか? 回答待ってます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • suunan
  • ベストアンサー率14% (224/1569)

主に用言に連なる「形」ということですよ。 連用「形」なのだから。 「驚くほど」 の驚くは連体形です。「ほど」は助詞ですが 体言の機能が含まれているのです。 「驚くほどではない」ならば「ほど」は純粋に名詞すなわち体言です。 何々ではないの何々は名詞だからです。 「見えないくらい」の「くらい」も同様です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

体言になるのですね。どうもです。

  • 回答No.2

 連用形は「用言に連なる(時の)形」であって、連体形は「体言に連なる(時の)形」であるわけで、連用形は用言にだけ、連体形は体言に連なるだけ連なるということではないのです。  それよりも、あなたが高校生であるならば、接続を覚えましょう。助動詞の「き」「けり」「つ」「ぬ」「たり」「けむ」や、助詞「て」などは連用形に接続することとか、断定の助動詞「なり」は体言と連体形に接続することとか、だんだん覚えていくと、もっと複雑な接続をする助動詞があることもわかってきて、文法がおもしろくなってきますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

接続が重要なんですね^^どうもです。

関連するQ&A

  • 古典文法 (活用形)

    こんにちは。 高校古典文法の動詞の活用形について質問します。 活用形については、用言の前に動詞があれば、その動詞は連用形。体言の前にあればその動詞は連体形…まではわかるのですが、助動詞、助詞の前にある動詞は、その助詞、助動詞の接続で見分けるとのことですが、私はその都度その都度一覧表で確認しています。  試験対策ですが、一覧表をみることができない試験に向けて、皆さんはどのように覚えたのでしょうか?  (暗記するまで繰り返すとなると、助詞が60個以上、助動詞が30個近くあり、意味なども含めるとかなり大変だと思いますが、暗記するしかないのでしょうか?)

  • 食べ方、死に方、落ち葉などの動詞の連用形について

    1)食べ方、死に方、落ち葉、焼き芋、読み書き、などの、 元・動詞の部分についての質問です。 動詞の連用形が名詞化している、あるいは、動詞が名詞化するときには連用形の形をとる、 との解説をネットなどで読みました。 2)一方、 こしかた-ゆくすゑ 【来し方行く末】の成り立ちは、古文辞書では、 カ変動詞「来(く)」の未然形+過去の助動詞「き」の連体形+名詞「かた」+名詞「ゆくすゑ」 とあり、「し」は連体形のようです。 となると、1)のような、名詞の成り立ちは、古い時代にはなかったのだろうか? と思い、ネットの古語辞典で検索してみると 例えば、おち-あし 【落ち足】、よみ-びと 【詠み人】など、たくさんあるようです。 1)のような、「動詞の連体形」が名詞化、もしくは、名詞の一部となることの、 理由(根拠)、条件、歴史、動詞の連体形が名詞に接続する場合との違い、などを知りたいです。 また、そもそも、動詞の連用形は、通常的に名詞にも接続したものなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • に+て=断定(なり)の連用、接続助詞の(て)の場合

    「体言または連体形+に+て」の「に」と「て」が断定(なり)の連用形、接続助詞の(て)の場合の 「にて」の意味は「~で、~であって」ですが、なぜこのような意味になるのかわかりません 断定(なり)の連用形の意味は(~で) 接続助詞の(て)の意味は(~で、~て)だから 「にて」の意味も(~でで、~でて)にならないのですか? とりあえず 「にて」の意味は「~で、~であって」の意になる理由を教えていただきたいです

  • 「昨日書いた日記」と「昨日書きました日記」はどう違うのか?

    日本語を勉強してる者です。 日本語文法についての質問です。 (1)「昨日書いた日記」を文法上で考えると (1)昨日+動詞「書く」の連用形「書い」+助動詞「た」の連体形「た」+体言「日記」   (2)「昨日書きました日記」を文法上で考えると (2)昨日+動詞「書く」の連用形「書き」+丁寧の助動詞「ます」の連用形「まし」+助動詞「た」の連体形「た」+体言「日記」 上記のように両者とも文法上は成立すると思うのですが 「昨日書いた日記」は自然な表現なのですが 「昨日書きました日記」は不自然な表現になってしまいます。 なぜ(2)の「昨日書きました日記」は不自然になるのか文法上の説明できる方お願いいたします。

  • 古文の助動詞。

    古文の助動詞にはこの助動詞は連用形の後につくというふうにそれぞれ決まっているようですがその活用形というのはどうやって区別していけばいいのでしょうか。 けりだと連体形の後につくようですが (けら)|○|けり|ける|けれ|○というような活用形があるようです。連体形の後にしかつかないのにこのような活用形があるのはおかしいと思うのですがどういう意味なのでしょう? 分かりにくくてすみません。

  • ハングル ピウプパッチムの用言について

    こんにちは ハングル学習初心者です。 五月から飛び込みでテレビハングル講座もはじめました。 そこから質問なのですが、 第八回目の「言葉の贈り物」、ピウプ変則用言(83ページ)で 形容詞、チャランスロプタ(誇らしい)の現在連体形、チャランスロウンの縮約形、チャランスロンがでてきましたが、ピウプで語幹がおわる形容詞では現在連体形にした時このように縮約形になるものが往々にしてあるものなのでしょうか? 同じ用に縮約形にして通じないということはありますか? また、テキストにピウプ変則活用は、「ピウプパッチムでおわる形容詞の大部分と動詞の一部がこれにあたる」とありますが、ピウプ変則の用言の動詞にはどんなものがありますか? それを現在連体形にするとき、ピウプを脱落させ、「ウ」をつけ、そこに動詞の現在連体形語尾、ヌンがつくのでしょうか?? それとも、例にある形容詞と同じように連体形をつくるのですか? テキストの例がすべて形容詞なので、ピウプ変則の動詞の現在連体形がどういう風になるのかよくわからないのです^^;。 お手数かけますが、よろしくお願いします。

  • 高校古文文法 用言の活用形

    高校古文文法の問題です。 女は舟底に頭をつきあてて、音をのみぞ<泣く>。←「泣く」の活用形を答えよ。 Ans. 連体形。カ行四段動詞「泣く」・系助詞「ぞ」の結びになっている。  質問:連体形なら、後ろに体言が付くと思いますが、どうして文末にきているのに連体形なのでしょうか。  初心者の素朴な疑問です。よろしくお願いします。

  • 形容動詞の連体形(だっ・で・に)の使い分け

    外国人に日本語を教えていますが、形容動詞の連体形のうち、特に「で」と「に」の使い分けが問題になっています。 「真剣に取り組む」「真剣に○○する」とは言いますが、「真剣で取り組む」「真剣で○○する」とは言いません。 また「本気で取り組む」「本気で○○する」とは言いますが、「本気に取り組む」「本気に○○する」とは言いません(「相手の話を本気にする」とは言いますが)。 いろいろ調べているうちに下記のような記事を見つけ、それがポイントのように思えますが、いまひとつわかりません。 連用形 主に用言に連なる用法で,次の用法がある。  (1)文を一旦切って,後に続ける中止法。  (2)「読み始む」「寒くなる」のように下の用言を修飾する副詞法。  (3)「早き流れ」のように名詞化する。  (4)「見送る」のように複合語を作る。  (5)助詞,助動詞に連なる。 日本語の形容動詞では、どのような基準で「で」「に」を使い分けているのでしょうか。外国人にも理解できるよう、文法的な理論でご回答いただければ幸いです。

  • 食べ方、落ち葉、など動詞の連用形の名詞化について

    1)食べ方、死に方、落ち葉、焼き芋、読み書き、などの、 元・動詞の部分についての質問です。 動詞の連用形が名詞化している、あるいは、動詞が名詞化するときには連用形の形をとる、 との解説をネットなどで読みました。 2)一方、 こしかた-ゆくすゑ 【来し方行く末】の成り立ちは、古文辞書では、 カ変動詞「来(く)」の未然形+過去の助動詞「き」の連体形+名詞「かた」+名詞「ゆくすゑ」 とあり、「し」は連体形のようです。 となると、1)のような、名詞の成り立ちは、古い時代にはなかったのだろうか? と思い、ネットの古語辞典で検索してみると 例えば、おち-あし 【落ち足】、よみ-びと 【詠み人】など、たくさんあるようです。 1)のような、「動詞の連用形」が名詞化、もしくは、名詞の一部となることの、 理由(根拠)、条件、歴史、動詞の連体形が名詞に接続する場合との違い、などを知りたいです。 また、そもそも、動詞の連用形は、通常的に名詞にも接続したものなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 古文の連体形と連用形について質問です

    動詞+名詞の場合この動詞は必ず連体形なんでしょうか また 動詞、 のように句読点がある場合は動詞は必ず連用形になるんでしょうか