• 締切済み
  • すぐに回答を!

退職所得の取り扱いについて。

弊社では、退職金制度を廃止するため退職金の精算するため退職金を一時金と支払う事を考えております、ただ、一時金の支払いとなると、退職所得として取り扱いされないようなので、従業員を一度退職させて退職金の支払いを行い、そのあと再雇用を行う方法を考えております。この場合の退職金は、退職所得としてもよいでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数215
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

退職金の意味は退職手当・退職一時金と云う意味です。ただ云い方が変わったと云うだけです。 質問の上から3行目からの質問は意味不明なように思います。従業員を一度退職させ退職金を支払い,再雇用の手続きをする。退職所得でよいのでしょうか?この言葉は従業員の言葉であって会社の言葉ではありません。 タイトルが退職所得の取り扱いについて。と書いてありますが,この言葉は従業員が,退職金・退職一時金をどうするか?と云う意味になります。 私からの提案です。弊社は退職金と云う言葉を使用してきましたが,退職一時金と改めます。その理由は思うような退職金を渡されず,へりくだった意味から退職一時金に改めます。 退職金は給与・賞与等と同じく諸控除を済ませて一時金として支払います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 退職所得の受給に関する申告書について

    退職所得の受給に関する申告書について 退職金は、従業員の老後の生活の糧となるものなので所得税の負担が重くなり過ぎないように軽減措置が設けられている。従業員がこの軽減措置を受けるために必要になるのが「退職所得の受給に関する申告書」です。 ということで、もし、上記の書類を提出しないと軽減税率が受けられず、高い税率になるんですよね(取り返すには確定申告の必要がある)。 ●そこで、非常に疑問なのですが、なぜ、上記の書類をわざわざ提出しないと軽減税率が受けられない、なんて制度になっているのですか? 退職金は従業員の老後の生活の糧となる大事なものなんですから、書類の提出の有無に関わらず、一律で軽減税率を適用すればいいと思うのですか…。 宜しくお願いします。

  • 退職金と退職所得の違い

    退職金と、退職所得というのはどう違うのですか?いまいち退職所得の意味がわからないんです。よろしくお願いします。

  • 退職所得の源泉徴収票

    昨年末12月31日に退職し、今月10日に前の勤務先から退職所得の源泉徴収票をもらいました。 2008年4月1日に入社し、3年9ヶ月働いたのですが、退職所得の源泉徴収票には就職年月日が2011年10月1日と記載されており、 退職年月日は2011年12月28日、勤続年数は0.3年となっていました。 会社の決まりでは退職金は入社後3年勤務してから支払われると他の社員から聞いていましたが、 退職金共済制度の加入条件を見ると従業員全員に加入させなければいけないことになっているみたいです。 適用欄には特定退職金共済制度に基づく一時金と記載があり12月30日に商工会議所より 振込があったのですが、退職金が3か月分しかもらえないのは仕方が無いことなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • kentkun
  • ベストアンサー率35% (1107/3093)

退職金として処理する方針でしたら、従業員とその旨を一筆交わし、 「現在の従業員が退職するときには退職金として○○円を支払う。以後は退職金制度は廃止する。」 契約書を交わしたら良いと思います。 一旦退職させて再雇用というのは手間が掛かりすぎです。 それと税務署がどういう見解を持ってくるのかが不明のため 冒頭に案が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 退職所得の定義について

    期間契約社員の慰労金についてお聞きしたいことがあります。 私がいる会社では、期間契約社員の慰労金を賞与として扱っています。 退職所得として認めてもらう方法はないのでしょうか? 慰労金は契約期間を満了して勤務成績が優秀な者のみ勤務日数に応じて貰えるという契約です。退職しない限りは貰えません。 税務署に、これは退職所得にあたらないのかと聞きに行ったところ、「それは会社と従業員の間の問題で行政がどうこう言うものではない」と言われました。そういうものなのでしょうか? 以前辞めていった人が退職所得の手続きについて聞きに行ったところ、「うちは賞与として取り扱っている」とはっきり言われたそうなので退職所得としては認めてもらう事は難しいのでしょうか?

  • 退職所得の受給に関する申告書について

    ご質問させて戴きます。 先日退職したのですが、職場の方から退職について税の関係の話など一切ないまま退職金が支払われました。 しかし、その税額が思ったより高額なため、調べたところ、「退職所得の受給に関する申告書」の提出が必要だった事がわかりました。 職場からそのような話や説明は一切ありませんでした。 ところが、 http://www.taxhinata.com/taishokukin.htm には、 退職金と税金(2003.5.7)として (1)会社(支給者)側の手続  退職金を支払う場合には、退職者に「退職所得の受給に関する申告書」を記載させ、その提出を受けます。会社は、下記の方法により、退職所得分の所得税と住民税を計算し、支給の際、退職金から税金を控除(源泉徴収)します。 とありました。 また、 http://job-manual.com/junbi3.htm には、 2.税 金 今お勤めの会社が用意する「退職所得の受給に関する申告書」を提出しましょう。 とありました。 私は、税のこと等一切分からず、退職の際には会社が「良いようにしますから任せて下さい」と言っていたので安心して一切を任せていたのです。 そこで、ご質問させていただきたいのは、 上記の二つのHPの説明からは、「会社の仕事として、退職金を支払う場合には、退職者に『退職所得の受給に関する申告書』を記載させ」と会社側の手続きとあります また、「会社が用意する」とあります。 (1)この事は、何か法的な根拠や役所等から会社への通達とか何かあるのでしょうか? あるいは、会社は従業員に知らせるかどうかは、会社側の自由なのでしょうか? (2)なにか、善処はないでしょうか? ちなみに退職金の支払いを受けたのは、6月下旬です。 尚、会社には顧問の税理士事務所があります。 (ちなみに、退職した会社の社長は、顧問の税理士事務所の所長であり税理士です) 宜しくお願いいたします。

  • 退職所得(退職金)について

    昨年9月に退職し、退職金300万円ほどいただきました。会社には「退職所得の受給に関する申告書」を提出したため、退職所得の源泉徴収20%はされず、後日「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」が届きました。これで所得税については終わったと思うのですが、住民税については別途申告が必要でしょうか。

  • 措置法41の5と退職所得

    2箇所以上からの給与所得があるため毎年確定申告しています. 昨年は,マンションを売却し戸建てを新築しました.また,1箇所からは退職金も受け取っており,特別徴収票と言うものが届いています. 今回は措置法41の5の適用があるのですが,インターネットで申告書を作成するに当たって,退職所得を入力しようとすると「当コーナーでは措法41条の5又は法41条の5の2の適用を受ける場合,退職所得のある申告書は作成できません」というエラー表示が出ます. 退職所得を申告しなくて良いのでしょうか?それとも別の方法で作成できますか?

  • 給与所得・退職所得とは?

    世間一般に言われる給与・退職金と給与所得・退職所得との違いは 何でしょうか?税金の違いでしょうか? 詳しくお願いします。

  • 退職所得の源泉徴収票と受給に関する申告書

    会社の経理を担当しております。 このたび従業員が退職します。 退職金は当社からと他(共済)からも支払われます。 支払う順番は当社が先になる予定です。 (1) 退職所得の源泉徴収票について    区分(支払金額や源泉徴収税額)は上段ではなく、中段に記入するのでしょうか (2) 退職所得の受給に関する申告書について    退職手当の支払者として、従業員から当社あてに 記入してもらうのでしょうか    この場合A欄及びB欄はどのように記入する事になるのでしょうか(A欄は当社分、B欄は共済分でよろしいでしょうか。あくまでも支払いが先になるのは当社です) よろしくお願い致します。

  • 退職所得申告書について

    最初勤務した会社を平成15年11月に退職(勤続15年)し、その際に180万円程度(金額が定かでない)の退職金を受領しました。(退職所得申告書は提出して全額控除) その後、別の会社に転職しましたが、その会社も勤続2年3ヶ月で退職することになり退職金が150万円程度もらえることになっています。 そこでまた退職所得申告書を出す必要があるのですが、退職所得申告書には「前年以前4年以内の勤続期間や退職手当の金額」を記入するようです。 そこで質問ですが、 今回の退職に伴う退職金については、120万円が控除され、  ・150万円-120万円×50%×10%=1.5万円 ということで1.5万円が徴収されると思います。 ここで以前の会社の退職金について申告することで、何か節税に関するメリットはあるのでしょうか。

  • 退職金・DC・DBの退職所得控除額について

    退職所得控除額について教えてください。 当社は退職金制度として、会社支給の退職金制度とDC(確定拠出年金)制度、DB(確定給付企業年金)制度がある会社です。 下記のような方がいたとします。 昭和54年4月1日~平成28年12月31日まで正社員として勤務 平成29年1月1日から再雇用勤務開始し平成33年12月31日まで勤務予定 退職時年齢:60歳 退職金: ・会社支給の退職一時金を15万円 ・確定給付企業年金(DB)は年金100%で受給 ・62歳に確定拠出年金(DC)で一時金100%で受給予定 (DCでは平成15年6月1日~平成28年12月31日が勤続期間) 特定役員ではない 障害ではなく一般 さて、当社では65歳で再雇用勤務満了なのですが、満了時5万円の退職所得が発生します。 でも、上記のような人は退職所得の精算が5万円以外は終わることになります。 しかし、この5万円については勤続期間が再雇用期間の5年間なので給付時は税額0円とのことなのです。会社としては、DC受け取り前に再雇用による退職所得をDC運営会社(金融機関)に報告義務はあるのですが、DCを受け取った人が後から退職所得の5万円をもらったとしてもそれを会社は報告しません。 そこで質問です。 <質問> 退職所得控除額はすべての退職所得を合計してそれを超えるか否かで税額計算をすると認識していたのですが、上記のような人だとおそらく5万円をもらってもどこにも申告しないと思うのです(たぶん申告義務があるかどうかわからないから)。万が一、その5万円をもらったことで退職所得控除額を超えた場合、後から追徴課税されるのでしょうか。その5万円は本当に無税扱いでいいのでしょうか。 以上です。 お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 退職所得の受給に関する申告書

    「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出しました。 しかし退職金はもらってません。 退職金が出るかも明確ではないので書類は何のために書いたのかわかりません。 ただ退職後至急記入して送るようにとのことだったので退職金が出るので書類が届いたのだと思いました。 会社はこの書類をどこに提出するのでしょうか?

  • 退職所得詳しい人求む!

     では質問です。30年会社で働いていたひと(役員ではありません)が 退職金をもらいました。450万円なので税金はでないのですが、引き続き 働いています。この退職は60歳の定年によるものでした。しかしまだもう 少し働きたいとのことなので給料を40万から26万に下げて働いています。  この退職金は退職所得として認められるでしょうか? なにかこれについての法律とかあったら教えてください。  おねがいします。