• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

退職所得控除額について

企業年金基金(確定給付、確定拠出があり)導入企業を退職する場合の退職所得控除額をご教示ください。伺いたいのは下記のような人です。 昭和55年4月1日~平成30年12月31日まで勤続 退職時年齢:62歳 退職金: ・会社支給の退職一時金を25万円 ・確定給付企業年金(DB)は年金100%で受給 ・64歳に確定拠出年金(DC)で一時金100%で受給予定 (DCでは平成15年6月1日~平成28年12月31日が勤続期間) ・執行役員退任だが特定役員ではない ・障害ではなく一般 DBの退職所得控除額は計算したことがあるのですが、DC一時金を後から受け取る場合、計算方法がちょっと違うのかといくつかのホームページを見て思いました。 私が知っているのは、38年勤続なので退職所得控除額は、 800万+70万×(38年-20年)=2060万円 DC受け取りまでに会社支給の退職金25万円を受け取っているので、 2060万円-25万円=2035万円 を越えなければ、DC一時金受給時に所得税・住民税ともに0円と思いました。 実際はどうでしょうか。 お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数109
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

会社の退職金支給時期とDC年金の一時金受取時期が2年しか違わないのと、DC年金の拠出を平成28年で終えていることから、そのお考えで合っていると思います。 根拠法は、所得税法施行令70条です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kitiroemonさん、はじめまして。 早速ご教示頂きまして、ありがとうございます。 教えていただいた法令についても読んでみます。

関連するQ&A

  • 退職金・DC・DBの退職所得控除額について

    退職所得控除額について教えてください。 当社は退職金制度として、会社支給の退職金制度とDC(確定拠出年金)制度、DB(確定給付企業年金)制度がある会社です。 下記のような方がいたとします。 昭和54年4月1日~平成28年12月31日まで正社員として勤務 平成29年1月1日から再雇用勤務開始し平成33年12月31日まで勤務予定 退職時年齢:60歳 退職金: ・会社支給の退職一時金を15万円 ・確定給付企業年金(DB)は年金100%で受給 ・62歳に確定拠出年金(DC)で一時金100%で受給予定 (DCでは平成15年6月1日~平成28年12月31日が勤続期間) 特定役員ではない 障害ではなく一般 さて、当社では65歳で再雇用勤務満了なのですが、満了時5万円の退職所得が発生します。 でも、上記のような人は退職所得の精算が5万円以外は終わることになります。 しかし、この5万円については勤続期間が再雇用期間の5年間なので給付時は税額0円とのことなのです。会社としては、DC受け取り前に再雇用による退職所得をDC運営会社(金融機関)に報告義務はあるのですが、DCを受け取った人が後から退職所得の5万円をもらったとしてもそれを会社は報告しません。 そこで質問です。 <質問> 退職所得控除額はすべての退職所得を合計してそれを超えるか否かで税額計算をすると認識していたのですが、上記のような人だとおそらく5万円をもらってもどこにも申告しないと思うのです(たぶん申告義務があるかどうかわからないから)。万が一、その5万円をもらったことで退職所得控除額を超えた場合、後から追徴課税されるのでしょうか。その5万円は本当に無税扱いでいいのでしょうか。 以上です。 お忙しいところ恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 退職所得控除について

    個人型確定拠出年金(イデコ)の加入検討をしています。 定年退職時(60歳)に入ってくるお金を全て一時金で取得するとして 以下の場合、退職所得控除により全額控除され税金はかからないのでしょうか? 勤続年数:37年 退職金     :約800万円 確定給付企業年金:約100万円 イデコの積立元本:約200万円(運用益は0と仮定) 合計:約1,100万円

  • 転職歴有りの場合の退職所得控除額について

    お世話になります。教えてください。 小生、一度転職歴が有り今月定年を迎えます。 前職は勤続20年で、退職時に退職金が個人型確定拠出年金に移管され、1,000万円の原資が運用結果として現在2,000万円の評価額となりました。これを一時金で受給したいと考えています。 また現在の会社にて15年勤務。300万円の退職金を受給予定です。 このように2社からに退職金を一時金として受給する際の退職所得控除額はどのように計算されるのか、ご教示をお願い申し上げます。 尚、前職では5年、現職では15年が海外勤務で、定年退職後も1年間は嘱託にて海外勤務 となり、確定拠出年金の方の受給は先送りする事も可能です。どの様に受給を受けるのが得策でしょうか? 長文となりましたがご回答のほど宜しくお願い致します。

  • 退職所得控除額について

    20超の場合は、800万円+70万円×(勤続年数-20年) ですが、これはその年度のみに適用されますか? 例えば、 確定拠出年金(401K)で、掛金3万/月(20年間)を、60歳になったら一括で受け取りをした場合、 720万が全額退職所得控除額として税金が掛からない。 ※元本を受け取った場合として… 小規模企業共済で、掛金3万/月(21年間)を、61歳になったら一括で受け取りをした場合、 756万が全額退職所得控除額として税金が掛からない。 ※元本を受け取った場合として… 上記のように受け取った場合、60歳と61歳では税金は掛からないと考えて良いでしょうか? 間違いがあったらご指摘ください。

  • 退職所得控除は複数回に分けて適用できますか

    どなたか教えて下さい。退職所得控除についての質問です。退職所得控除は複数回に分けて適用できるのでしょうか?例えば57歳で35年勤めた会社を退職した場合、800+70×(35-20)=1850万円の退職所得控除ができると思います。その時点で退職金が1000万円だった場合、控除額850万円の余剰?が出ます。そして60歳になったとき、確定拠出年金を一時金で1000万円受け取る場合、先の850万円を退職所得控除として控除できるのでしょうか?

  • 退職所得控除額について

    退職金が出ないのに退職所得控除額の請求があることってありますか?

  • 退職所得控除額について

    今月、退職する人の退職金を計算し、 その資料を上司に提出したところ、 資料の中の「退職所得控除額」をみて 「これは何のこと?」と聞かれたのですが 私も今回初めてやったので答えることが出来ませんでした。調べてみても専門用語ばかりで「??」なのです。 質問です。単純にこの退職所得控除額とは なんのことなのでしょうか・・・? 申し訳ありませんが、わかりやすい言葉で 回答願います。

  • 退職所得控除

     法人の代表取締役で、10年ほど前から病気で勤務していない場合(登記は代表取締役として残っています。)、これから登記上も退任させて、退職金をとることは問題がありますでしょうか?  もし、退職金をとった場合、退職所得控除の年数は、退職金をもらう現在まで数えてよいのか、それとも、病気で実務から離れた時で数えればよいでしょうか?  病気になってからは、役員報酬はとっていません。

  • 退職所得控除額退がわかりません。

    8年勤務し、企業年金から退職一時金を70万もらいました。確定申告を使用と思うのですが「退職所得控除額」の計算の仕方を観ても、全く分かりません。ちなみに、この支払い通知書を見ると源泉徴収額など0円です。何も引かれていません。源泉徴収票を観ると、支払い金額に給与・賞与の合計と、源泉徴収税額と社会保険料等の金額が書かれています。 どうすればいいのでしょうか。

  • 確定拠出年金の税金について

    60歳時点で、確定拠出年金を一時金として受給した場合、課税は退職所得控除が適用されるそうですね。当方、企業型の確定拠出年金に加入しておりましたが、55歳で早期退職した際に、個人型に切り替えされられました。55歳の退職時に退職金を頂き、若干の所得税を支払いました。 そこで質問ですが、私が60歳になったとき、確定拠出年金を一時金として受領する場合、税の計算は、55歳時に受け取った退職金額と60歳時の確定拠出年金額を合算する必要があるのでしょうか?それとも、確定拠出年金単独で宜しいのでしょうか?