• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

手付金を払った土地が軟弱地盤で続行を迷っています

新築の家を建てたいと思い、営業の人が感じが良かった大手ハウスメーカーに土地を探してもらっていました。 昨年10月、希望のところではありませんでしたが、新しい造成地で、交通の便がよく、小学校や中学校も比較的落ち着いている土地を紹介してもらいました。 比較的安い値段だったので手付金をはらい、ハウスメーカーと契約しました。 土地調査で、杭をうたなけれないけない可能性もあり、その料金は建築費とは別途になるとのこと。 さらに土地調査は、土地の手付金を払った後でなければ、行えないこと、その結果、その土地をやめる場合には手付金(土地の値段の1割)は戻ってこないことは説明されていました。 手付金を払う前に、他のメーカでしたが建てている家もちらほらあったので、その営業の人に状況を聞くと、ばらつきがあり、やってみなければわからないが、それほど地盤の悪いところではないとの回答… その後、地盤調査が行われ、結果、5メートルの杭をうたなくてはいけないとのことで80万かかるといわれました。 ハウスメーカーの営業の人は地盤調査は第3者機関に依頼しており、土地は10年保証があるから、杭さえ打てば絶対大丈夫といっています。 他の土地不動産のひとに聞くと、そこの土地は粘土質でもともと地盤が悪く、杭をうつのが当たり前の場所だったといいます。 予算オーバーで、なんだかだまされた気分だし、そんな粘土地のところに家をたてて大丈夫か心配です。庭なども自分たちでやろうと思っていたので、不安でいっぱいです。 5mの杭って軟弱地盤の中のレベルではまだいい方なのでしょうか? 教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2440
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • dmori
  • ベストアンサー率46% (39/83)

工務店を経営しています。 ほーんと、地盤調査の結果次第なのですよね。 当社も含めて、ですが、 最近は地盤改良費は住宅の見積に含まれていませんでしたか? 傾向として、地盤改良をする:しないは80:20ぐらいの感じです。 ですので、ほとんどの場合は見積に地盤改良費を含めていると思いますが。 まぁ、5mの杭は一般的で、80万円もそれほど高くないですよね。 ただし!です。 実は地盤改良の方法にはいくつかの種類があります。 以下の点に注意して地盤改良工事を選んでみてください。 1.通常の柱状改良 建て替えや、更地にして売買する時に困ります。 杭を撤去するのは難しく、土地が売れなくなったり価値が下がる可能性がありますね。 2.砕石による柱状改良 公害になりにくいため、最近増えてきている工法です。 金額は通常の柱状改良とあまり変わりません。 建て替えや更地にするのも比較的簡単です。 3.砕石による盤改良 最近開発された工法ですが、かなり金額が安いのでおすすめです。 支持層が平らであることが条件ですので、元々の場所が どういった地形であったかで変わります。 どこの土地を購入しても同じ問題は付きまといます。 最近はリスク回避のため、すぐに改良工事が必要になりますので、 あなたが別の土地を選んでも同じ問題が出ると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 ちなみに10年保証が付く地盤改良も地震による沈下は免責となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になる回答ありがとうございます。 柱による地盤改良だと土地の価値が下がるのですね。 考えておりませんでした。 どんな方法で改良するのか確認して相談してみたいと思います。 地震はほとんどない場所なので、そちらの心配はないかと思われます。 新興住宅地だと地盤はますます調査するまでわからないということだったんですね。 契約を早まってしまった気もしますが、環境優選にすると、そのまま続行のほうが良いかと思います。

関連するQ&A

  • 軟弱地盤で覚悟しておくことは?

    軟弱地盤で覚悟しておくことは? マイホームの為に、土地を本契約したのですが、地盤調査の結果 軟弱地盤で後背湿地でした。 ハウスメーカーに地盤改良してもらうと、 施工長さ 11m  ベタ基礎+小口径鋼管杭 という施工ですがハウスメーカー側は「30年保証ですので安心してください」 と言ってもらえました。 施工してもらえば大丈夫だと思いますが、将来的にどのうような問題が出てくるかわかりません。 私だけがこのような土地では無いと思いますので、同じような土地の方、詳しい方に教えて頂けたら 幸いです。 しかし、値段と、場所の条件が気に入ってるのでできればそのまま進めたいと思っていますが、 将来の不安と覚悟しておく事があるので、教えてください。 お願いいたします。

  • 軟弱地盤でした・・・

    一戸建て購入を考えている者です。 30坪の土地&フリープラン29坪の建物がセットになっているものがあり、それを今週土曜日に契約しようと思っていましたが、よくよく調べてみると「軟弱地盤」だったのです。 昔は田んぼだった土地で、不動産屋からもらった地盤データを見ると、N値0~4が地下32メートル近くまで続いているのです。工務店の方はベタ基礎と6メートルの摩擦杭で対処すると言っていましたが、本当にそれで大丈夫なのか心配です。 そもそも、「軟弱地盤」というのはどんな対処をしても悪いものは悪いのでしょうか? それとも「軟弱地盤」でも、きちんとした対処をすれば、家を建てても何の問題もないのでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイスいただけないでしょうか?

  • 宅建業法違反 軟弱地盤

    不動産屋が造成した土地を購入しました。 購入する前に担当者に地盤について聞いたところ、問題ないと言われ契約し、手付金を払いましたが、その後地盤調査をしてみると、軟弱地盤であることが判明。また、雨水貯留槽があることもわかりました。雨水貯留槽は地中埋設物であり、重要事項説明の際に口頭で説明する義務があるはずですが、それも行っていないので宅建業法違反だと思います。雨水貯留槽が設計したプランに重なるため、移動を要求し、了承は得られましたが、地盤については一切非を認めてくれず、一切お金は出さないの一点張りです。 質問ですが (1)まず宅建業法違反の場合どこか訴える先があるのでしょうか。   (2)地盤改良費用は少しも持ってもらえないのでしょうか。 土地は気に入っているため、解約を望んでいません。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • 517hama
  • ベストアンサー率29% (425/1444)

我が家も現在新築工事中です。 建築の見積もり段階で地盤調査と改良費用(100万円)代は見積もりに含まれていました。 結果として地盤調査の結果ベタ基礎の建物であれば十分との事から、改良費用は丸々浮かすことができまいしたよ 我が家の地盤は真ん中のランクであり、最高ランクにするのであれば杭を打つ方法もあるのですが、建築士に確認したところ、杭を打ってしまうと、将来土地や建物を転売する際に、撤去にかなり費用がかかることから、土地の価値が下がってしまうので、おすすめ出来ないとの事でした。 土地そのものは中古で立っていた家を借家として借りていて、購入したところを立て直ししたのですが、購入した決め手は、築35年の借家で借りているときに3.11の震災にあい、その際に皿1枚落ちなかった事が理由です。 どんなに建物を強固にしても、地盤には勝てないと思い、安心できる環境を購入しました。 我が家も地盤調査をして粘土質でしたが、粘りがあるので土地としてはいいようですよ ただ、新しい造成地ですと、表面に土盛りをしていると思うので、その下の粘土層まで届くように杭を打たれるのだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 とても参考になりました。 地盤調査の結果に期待していたので、本当に意気消沈知う感じです。 建物ばかりに目が行ってしまい、地盤は二の次になっていた気がします。 勉強になりました。 もう少し考えてみたいと思います。

  • 回答No.3

地盤改良の杭の効果については解らないので違う観点からお話しをします 現在私は福島県の阿武隈高原大地に在住している者です 3.11の強い揺れと今も続いている余震を経験しております 阿武隈高原大地は岩盤が固く、築35年の私の家も含めこの地で地震による家の崩壊はありませんでしたが 個々の家をみてみると地震による被害状況はさまざまでして 我が家はお皿一枚も割ることなく3.11の強い揺れにも耐えました しかしお隣さんは瓦が落ちました 他にも瓦が落ちた家や、亀裂が入っている家を数多く目にします お隣さんの宅地は、昔は田であった土地に盛り土をし、杭を打ちその上に家を建てています 今回の地震被害にあわれたお宅の話を聞くと「盛り土」というお宅が多くみられます 子供のときから数えると私は6回の引越しを経験しておりが、その家は全て一戸建てで、古くからの土地に建てられたものです 私の人生の中でも何度か大きな地震にもあっておりますが、私の生きた65年間、幸いにして地震による大きな被害にはあっておりません それは家の下、すなわち宅地の地盤の良し悪しで地震被害に差が生じると私は信じております 洪水に対しても「盛り土」は弱いことは明らかです 少子高齢化、人口減の世の中です 取り壊す家は残っているかもしれませんが、古くからのよい土地は必ずあります そのような土地に住む人に尋ねれば、家の構造にもよりますがきっと大きな地震にも耐えてきたとお答えになるのでないかと思います 盛り土にわざわざ杭まで打って家を建てることはないように私は思えます ご参考まで 拝

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 当方は北海道の地震の少ないところに建てる予定でおります。 古い土地で探しておりましたが、なかなか望むようなところに出会えなかった状況です。 新興住宅地がリスクが高いことを勉強しておりませんでした。 参考になりました。

  • 回答No.2
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

建物は杭を打てばだいじょうぶだと思いますが、CB 塀等工作物を造る時、だいじょうかどうか確認した方が良いと思います。 5m杭を打ということは、通常は5m下に建物を支える地盤があるということです。杭は杭基礎、地盤改良杭は支持地盤まで改良して支持地盤に力をうけてもらう 直接支持基礎となります。杭もいろいろ種類があります。造成地が山をけずったような場所 は切土になる部分と盛土になる部分があり、3.11のような巨大地震では、境目で基礎に亀裂が入り割れているのが多いような気がします。したがって切土部分と盛土部分が建物に対してどのようになっているかが重要なような気がします。 しっかりしたPC L型擁壁のようなものはもっていますが、ケンチブロックやRC 擁壁のようなものは、破損しています。 基礎がおれると床が傾くようです。床が傾くと生活できなくなり、解体しなければならないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 外構についてとても参考になりました。 造成地の危険性を全く考えていなかったので、とても参考になりました 確認して続行するか決定しようと思います。

関連するQ&A

  • 地盤改良 後背湿地 問題点

    地盤改良 後背湿地 問題点 マイホームの為に、土地を本契約したのですが、地盤調査の結果 軟弱地盤で後背湿地でした。 施工長さ 11m  ベタ基礎+小口径鋼管杭 という施工ですがハウスメーカー側は「30年保証ですので安心してください」 と言ってもらえました。 施工してもらえば大丈夫だと思いますが、将来的にどのうような問題が出てくるかわかりません。 私だけがこのような土地では無いと思いますので、同じような土地の方、詳しい方に教えて頂けたら 幸いです。 しかし、値段と、場所の条件が気に入ってるのでできればそのまま進めたいと思っていますが、 将来の不安と覚悟しておく事があるので、教えてください。 お願いいたします。

  • 擁壁が高くて軟弱地盤の土地について

    南側約3m、東側約5mの高さの擁壁がある土地(約70坪)についてご相談があります。 この擁壁はL型擁壁と呼ばれるかなり強度のあるものらしいのですが、盛土なので、地盤がかなり弱いらしく隣地では、7~8mの鋼管杭での改良を行ったそうです。 このような軟弱地盤でかつ擁壁が高い土地に家を建てるのは危険でしょうか? また、安全面で、東側の擁壁のどれぐらい近くまで寄せて、家を建てることが可能なのでしょうか? 不同沈下などで、東側に倒れたりなんかしたら、しゃれになりませんよね…。

  • 地盤調査書の評価について

    地盤調査報告書の評価や地盤コンサルをしてくれる会社を探しています。Webで検索しても意外に情報がなく困っています。 求めているのは以下のような疑問に答えてくれる会社です。 ・(地盤調査報告書から)ベタ基礎をすれば地盤改良は必要ないか? ・粘土層の下にN値の高い砂の層があるが、砂だからやはり液状化のリスクが高いのか? ・台地の間の谷地に盛土することによって造成された土地だが、造成後20年以上経っている。造成によるリスクは終わっていると見てよいか? 等などです。

  • 軟弱地盤への建築について

    地元工務店の分譲住宅地に新築を考えているものです。 スウェーデン式サウンディング方式で地質調査をしたところ、盛り土を40cm行って、地下1メートルあたりから9メートルあたりまで0回転の地層となっています。軟弱地盤と思われますが、一般的にこのような土地は見合わせた方がよいのでしょうか?地盤改良は鋼管杭工法を行うようになっているようです。 その土地は道路にも面しており、トラックとかが走ると揺れが発生したりするのではないかとか、多分下水道工事を建築完了後に前の道を掘り起こして市が施工すると思いますのでその際に家が傾いたりするのではないかと心配しています。

  • 地盤調査について

    地元のハウスメーカーに依頼して現在建築中のものです 土地の契約が済んだら早々に地盤調査をやりますと聞いてはいたのですが、いつまで待っても連絡が無いので問い合わせてみると、もう済みましたとのこと。土地の持ち主である私たちに何の連絡も無しに地盤調査をやるものでしょうか?ハウスメーカーではこれが普通なのでしょうか?

  • 測量と、地盤調査の費用

     家を建てることを考えています。  ハウスメーカーの営業さんが、その土地を見に行って測量してくれました。(レーザー光線(?)を飛ばして測量するやり方らしいです。)その辺は、地盤がゆるいそうなので、地盤調査もしてくれるそうです。  地盤調査については有料の所、無料でしてくれるそうです。(東京から業者を呼んで機械を入れて調査してくれるそうです。測量の費用については何も言っていなかったので、知らなかったのですが、本当は費用がかかるそうですね。(それも、タダでやってくれました。)  普通、このような調査にはいくらかかるのでしょうか?

  • 地盤改良が必要なの???

    マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、 表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1 3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土 6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。 杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。 その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

  • 地盤改良工事について

    GW明けに夢のマイホーム着工予定の者です。 地盤調査の結果、柱状地盤改良工事が必要との判定となりました。 我が家の場合土地を造成販売した不動産業者と住宅建築メーカーは別の業者です。住宅メーカーには地盤調査に基づく保証が付いており、この地盤調査により軟弱地盤であることが判明しました。地盤改良工事を行わないと不同沈下の恐れあり、また当然保証も受けられないということになります。 この造成地は元は田んぼであり、住宅メーカーからは最悪ベタ基礎になるかもしれないとの話は聞いていましたが、今回の結果はそれを上回る状況でした。 地盤とは土地という商品の一番重要な品質。この品質に問題が有る以上、不動産業者に責任があると思います。標準の布基礎以上の基礎の構造変更、地盤の改良の費用は造成した不動産業者に負担させることが可能でしょうか? (事前に不動産業者が地盤調査なりを行い、土地の品質を表示した上で商品を売り出すできではないでしょうか?) 業界の常識など、ご教授頂ければ幸いです。

  • 超軟弱地盤の鋼管杭打ちについて☆

    今検討中のHMは、松杭はやらず鋼管杭のみしかできないと言われ、 いろいろ調べていたら不安な情報があり質問させていただきました。 超軟弱地盤に、鋼管杭(コンクリート)を岩盤?まで打つということになるの ですが、周りのお店などは不動沈下しているところもあります。 確かに一番硬い層まで杭を打てば家はしっかりと固定されると思います。 しかし、超軟弱地盤では不動沈下ではなく逆に家の部分のみが浮いた状態に なるケースもあるようなのです。家の周りの土が下がってしまうようなことだと思いますが・・・。 このような場合の保証などもまだよく説明を受けていないのでわからないのですが、とても不安です。私は松杭で十分だと思っているんですけどね・・・。 家を建てるにはまず基礎が大事だと思うのでケチったりもしたくないし。 杭打ち・基礎についてアドバイスください<m(__)m>

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    初めて質問します。 擁壁のある全戸13戸の開発地をハウスメーカーの紹介で購入し、木造の自宅建設を予定している者です。 土地の形は南北11m×東西10mのほぼ真四角の土地で東側が開発道路で土地とはほぼ同じ高さ、西側に4mの擁壁、底盤も同じ長さのL字型擁壁でその部分は盛り土となっています。 開発は昨年ですが、土地を仲介した不動産会社、土地を開発した売り主に聞いたところ「本開発地の擁壁建設を行った際は、岩盤の地山を造成している。擁壁上の盛り土以外はすべて岩盤で底板の真下もすべて岩盤に接している。」との回答があり、地盤改良は必要ながらも、さほどの負担はないものと安心し、この土地の北側約3/4に東西にまたがる形でほぼ正方形の家を建てるつもりでいました。 ハウスメーカーの方で擁壁工事の書類を精査し県の建築基準等、構造に問題がないこと、売り主の言は嘘がないことを精査した上、SS法で地盤調査を行いました。私が目で見ただけでも確かに擁壁上の盛り土以外は岩盤が表面に出ているのが分かり、SS法による地盤調査時も岩盤側は測定ピンが何度打撃を加えても20センチほどしか入らないぐらい堅い岩盤であったことを自分の目で確認しています。 間取り確定後、ハウスメーカーから「地盤改良工事の見積もりが200万を超える」との回答があったことから、不審に思い、なぜこんな高額になったのか質問したところ、「擁壁側に14本鋼管杭を底盤の上にのせる形で打ち、岩盤側もすべてのバランスを取る意味から、大きな木ねじのような杭を18本打つためこのような金額になった。」と答えたことから、納得できず直接この土地を仲介した不動産会社に確認したところ、「お宅以外の他の土地はすべて擁壁の有無にかかわらず、住宅建設に際して地盤改良は行うことはない。この中にはすべて盛り土のみの土地も含まれており、それでも10年の地盤の保証もでてすべての土地で建築確認もとれている。ハウスメーカーの回答には疑念が残るので地盤調査の結果書をハウスメーカーから受け取り見せてほしい」との回答がありました。 いったいどっちを信じていいのでしょうか。子供の転校のこともあり、時間は余りかけられない現状があるため困っています。 よろしくお願い致します。