• 締切済み
  • 困ってます

土地契約後に崖条例発覚

一か月程前に、ハウスメーカーとの本契約・土地契約を済ませた者です。 購入した土地は、崖の肩部分から5m程離れた位置にあります(70坪前後)。 崖の地権者は市であり、擁壁は無く、雑木林(地目は雑種地)となっています。 草木が生い茂っていて、正確な高さは目視確認出来ませんが、恐らく10m前後だと思います。 土地契約前にハウスメーカーが土地の地盤調査を実施しました。もし、杭打ち等の地盤改良が必要なら、別の土地を探そうと思いましたが、ベタ基礎で建築できるという事になり、最後に上記の崖だけを懸念していることをハウスメーカーの営業に伝えると、「5m程度離れているし、地盤も比較的良いので、問題はありません。」と言われ、契約を決めました。 後日、質問者夫婦・不動産会社・ハイスメーカーの3者立会い、土地契約締結を行ないました。 その際の不動産会社の説明や契約書内にも、崖条例に対する注意事項等は何も無く、そのままサインしました。 ですが、昨日ハウスメーカーの営業から妻に連絡があり、「行政から、崖条例に引っかかるかもしれないと言われ、杭を打たないといけない可能性が出てきました。」と言われました。 そういう可能性があることは、ハウスメーカーも不動産会社も、分かっていたのでは無いか、なぜ今まで私とやり取りしていたのに、今回は妻に連絡したのか、急に不信感を覚えました。 契約書上では、おそらく土地を解約するには手付金を放棄し、違約金も払わないといけないと思いますが、5万や10万では無いですから、悔しくて、この気持ちをどこにぶつければ良いかわかりません。このハウスメーカーの家事態は気に入っているし、ハウスメーカーは変えたくありません。 誰が悪いと思いますか? もっと事前に勉強しておけば良かったと後悔しています。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数490
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • 850058
  • ベストアンサー率40% (329/817)

契約時に、「重要事項説明書」が付いている筈です。 この書類には、土地の売買、整地、周辺の制約等 今後あなたが関わるであろう不利益? はすべて 記載していなければいけません。 <崖条例に対する注意事項等は何も無く> このような買い手の素人が分からなくても、販売する プロは知っておかない重要な内容を重要事項説明書に 明記されてない以上、その契約自体が無効となります。 まず、不動産会社に、重要事項説明書に記載のない事実が 契約後提示された事は、 (1)契約そのものが無効であること (2)契約時に支払った手付金の返却を求める 以上2点を請求して下さい。 「認めてくれなければ、弁護士に依頼します」と はっきりと言い渡して下さい。 ダメであれば、弁護士に相談して下さい。 私は、手付金を返却してもらいました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 購入を考えている土地が兵庫県の崖条例にかかると思い

    購入を考えている土地が兵庫県の崖条例にかかると思います。 下の土地から1.5mほど高くなっていて上の段の土地を購入しようと考えています。擁壁はなく30度よりもきつそうな法面になっています。 この様な場合、上の段に家を立てる時は高低差の一倍以上離して建てる事。 それと深基礎にするか柱状改良をすると建てれると自分なりに調べましたがそれであっていますか? またその場合の柱状改良とはコンクリートをグルグルと流しこむ改良方法ですか?鋼管杭を打ち込む改良方法でないといけないのですか? 鋼管杭は高くつくと聞きました。 ひな壇状の上の段に建てる時にしなければならない地盤補強や基礎の方法等の事を教えて下さい、よろしくお願いします。

  • 土地売買契約書の間違いについて

    5年程前に不動産会社の媒介により、土地を買いました。 現在、住居として使用しております。 土地を買った時、接道区分は公道として買いました。 契約書にも「公道」となっています。 しかし最近、「私道」と言う事が判明しました。 (別の不動産会社の方から教えてもらいました) 私道というのは間違い無いようです。 私の土地は全て私道で囲まれている形態だそうです。 将来、何らかの不利益が出るのではないかと心配しております (知識が無いのでどのような不利益が出るのかわかりませんが、、、)。 また私道を公道とし、高く買わされた気分になります。 土地の接道が全て「私道」になった場合、今後どのような不利益が出てくるでしょうか。 媒介してもらった不動産会社とはどのような話しをすればよいでしょうか。 全く分かっていない分野ですので、このような丸投げな質問ですが、どうぞよろしくお願いします。

  • 崖よこ5mの土地に関して

    はじめまして。 現在崖横5mくらいのところに分譲された土地の購入を検討しています。 (手付金は払ったのですが,本契約はまだの状態です。) 立地条件はかなり良かったので,その時の勢いで手付けを払ってしまい, 本当に購入に踏み切るべきか否か悩んでいます。 (悩んでいるくらいなら買わない方が良いという気持ちもありますが, 学校,スーパーが近距離にあり,値段も比較的お手頃だったので 手放すには惜しいという気持ちもあります。) 実際の土地の北東から北西に約20mくらいの崖があります。 土地と崖の距離は今回の分譲に伴い造成された道路(4.5m)を はさんで5mほどあります(最も接近している部分で)。 近隣の方に聞いたところ,元々は家と畑があり畑が山に繋がっている ような土地だったところを分譲して,家を壊し,山を一部削り 盛り土をして分譲したとのことです。 昔の状態の時に一度土砂崩れが起きたことがあったとのことです。 (50年ほどまえ) 崖は,防護ネットで支えられていますが,コンクリを吹き付ける といった作業は行われていない状態です。 崖の上には,杉・松等が自生しています。 この崖の所有者にも話を聞いてみたのですが,崖崩れがないことの 保証はできないと言われました(;;) 山肌をはぎ取って,土地を切り開いている感じになるのですが, この様に山を削られた崖は,今後どのような感じに動くのでしょうか? 素人目には,山肌が削られた場合削られた側の支えが無くなっていくので そちら側に傾く(最悪の場合土砂崩れ)可能性が高いと思うのですが 合っていますでしょうか? もし,同じような環境にお住まいの方がいらっしゃたっらご意見を伺いたく。

  • 回答No.1
  • hue2011
  • ベストアンサー率38% (2793/7224)

誰が悪いと言うならご自分ですとしかいいようがありません。 とはいいますが、喧嘩を売るつもりはありません。 知っていて、あるいは意識にあったのに教えなかったのなら担当者に文句をいえばいいのですがおそらく彼の頭の中はスポンと抜けていたのです。 いくつもの案件を同時に処理しているはずですから、ついうっかり、だと思います。 それがわかったとき、さすがにあなたに言いづらくて、奥さまに話をするというのは、気分的には理解できます。 いいといってるんじゃないです。気持ちがわかるということです。 もし解約ということにするなら手付金の権利放棄というような話は契約書上はありうることですけど、それなら不動産会社の社長なりとじか談判ではないでしょうか。 そういう交渉をしてもかまわない事態が発生したと思われます。 別途に資金を投入して杭を打つかどうか、は、お住まいになるあなたの判断です。 もし条例を無視して建てた建築物が崖の崩落なんかでダメになった場合、復旧の支援金などが受けられなくなります。泣き寝入りになります。それでよくないなら杭は立てるべきでしょう。 ただ、絶対に崖が崩れるかというとそれは誰もわかりません。なってみなければ。 判断はご自身でなさるしかありません。 意見は言えますが、こうしましょう、とは誰一人言えません。 ときにこういうことはあなたにだけ発生したことではありません。 建築のために土台工事をしていたら遺跡が発見され、その時点で家の建築も何もすべてゼロになったという話を知っています。 払ったり請求を受けた費用は、全部自分もちで、土地が国に取り上げられると言うことになりました。 もちろん土地代とか登記は国持ちですので地面のお金の借金はご破算です。 ここまでのことにはまだあなたはなっていないと思います。 住む家というのは、自分の命を預けるものですから、経費金額の多さ重さということばかりみないで、命との天秤で考慮するようにしてください。 誰の責任だというなら、施主であるあなたの責任であることは疑うべきことではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地契約時の住宅ローン会社について

    この度、住宅用土地を購入することになったのですが、不動産会社とやりとりするなかで分からないことがあり、困っております。 どなたか教えて頂けませんか? 住宅ローンを利用する場合の契約の手順のことです。 不動産会社の指示に従うと、住宅ローン事前審査→土地売買契約→ 住宅ローン本申込み で進めるとのことですが、不動産会社が特定のローン会社をしきりに推してくるのです。不動産会社の言われるまま、そのローン会社(s)で事前審査を出したのですが、土地契約書を交わした後、別のローン会社で本申込をすることは何か問題があるのでしょうか? sの手数料が高いというと、不動産手数料を下げてもいいからと言うのです。ローン会社と不動産会社のつながりがよく分からないのですが、契約後にローン会社を選定するのは買主の判断でよいのでしょうか? それとも不動産会社の言うとおりにしたほうがいいのでしょうか?

  • 売買契約書の偽造を頼まれました…

    不動産会社に勤めるものです。先日あるハウスメーカーの紹介で土地を購入していただいたお客さまがいるのですが、その際、紹介者であるハウスメーカーの担当者から「土地購入の諸費用も住宅ローンでカバーしたいので、土地売買金額を変更した契約書を作ってくれないか?」と相談されました。 要する公印私文書偽造です。(不動産業界では「ふかし」とか「オーバーローン」とかいうようです) 無論、私は断ったのですが、仮にこれに協力した場合、私側(会社)には、どのような法的問題が生じうるのでしょうか? 借り手であるお客さんは、偽造した契約書で銀行からお金を引き出すわけですが、税務署等には、本物の契約書を見せるということでしょうが、銀行あるい税務署等は契約書原本を要求したりしないものなのでしょうか? 仮に協力したあげく、当社が申告した正規の売買金額と、お客様が申告した偽りの売買金額の違いが発覚した場合に、当社に法的責任が生じるのでしょうか? また、間にはいって偽造を指南しているハウスメーカーの営業担当は、いざとなったら「知らぬ・存ぜぬ」を決め込むつもりなのでしょうか? また、これっていまだに結構不動産業界では行われているのでしょうか? 銀行・税務署はいまだ対策方法を徹底していないのでしょうか? トラブル経験者・専門家の方の見解を伺いたいです。

  • 契約違反(設計図と違う)の土地購入についてお尋ねします。昨年ある土地を

    契約違反(設計図と違う)の土地購入についてお尋ねします。昨年ある土地を不動産会社(仲介の不動産と住宅の施工業者)との間で契約しました。念のために地盤調査を行い必要な土壌改良の費用を不動産会社と折半することになりました。工事の途中から設計士を入れて建築することになりいよいよ引き渡しという時期に事件が発生しました。設計士さんが有効を計ると計画していた図面通りではなく、契約した図面と違う位置から(東側)擁壁が立てられ、計画中の家が入らないことが分かりました。不動産会社はミスを認め、施工業者のミスでしたと謝罪に来ましたがどう考えても納得ができません。意図的な詐欺行為ではないでしょうか?設計士さんによると地盤改良が必要な部分を避けて擁壁を立て、変更届け(確認申請)を出し、地盤改良をしないで儲けを出そうとしたのではないかということでした。南側の擁壁は逆に少し広がり、全体の有効面積はほとんど変わらないということなのでそれで逃げようということなのではと推測できます。今考えると設計と違う東側の擁壁の3分の1が土砂を埋め、境界線と擁壁が隠れるように計画されていました。これも分からないようにするための計画だったのではないかと思う次第です。また、この不動産会社は訴訟などトラブルが多い会社ですが、親戚などが近くまさかという感じです。場所としてどうしてもこの土地を購入したいので、何としても契約した設計図通りにしたいのです。現在はその不動産会社から今後の対応について返答がある予定ですが、どうも私たちを軽くみているようで有効が同じだからと言い逃れされそうです。今後、もし訴訟などを検討に入れる場合どのような行程になるのでしょうか、またどのような対応をすればよいでしょうか、悪徳業者を許せません。ぜひ貴重なアドバイスをよろしくお願いします。

  • 土地[地盤改良]

    新築する事になり、土地から購入でした。ハウスメーカーさんから紹介してもらい、契約後ハウスメーカーさんと一緒に不動産に手付金を納めました。しかし、後になって地盤改良の工事費がかかるとの連絡を受けました。土地の契約をする前にハウスメーカーさんとの打ち合わせで、資金計画書を見せてもらい、『これ以外にお金がかかるところはありますか』とたずねたところ、地盤改良のことはふれられませんでしたので、どうしても納得がいきません。はい、そうですかとあっさりとなっとくすべきでしょうか? どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 手付金を払った土地が軟弱地盤で続行を迷っています

    新築の家を建てたいと思い、営業の人が感じが良かった大手ハウスメーカーに土地を探してもらっていました。 昨年10月、希望のところではありませんでしたが、新しい造成地で、交通の便がよく、小学校や中学校も比較的落ち着いている土地を紹介してもらいました。 比較的安い値段だったので手付金をはらい、ハウスメーカーと契約しました。 土地調査で、杭をうたなけれないけない可能性もあり、その料金は建築費とは別途になるとのこと。 さらに土地調査は、土地の手付金を払った後でなければ、行えないこと、その結果、その土地をやめる場合には手付金(土地の値段の1割)は戻ってこないことは説明されていました。 手付金を払う前に、他のメーカでしたが建てている家もちらほらあったので、その営業の人に状況を聞くと、ばらつきがあり、やってみなければわからないが、それほど地盤の悪いところではないとの回答… その後、地盤調査が行われ、結果、5メートルの杭をうたなくてはいけないとのことで80万かかるといわれました。 ハウスメーカーの営業の人は地盤調査は第3者機関に依頼しており、土地は10年保証があるから、杭さえ打てば絶対大丈夫といっています。 他の土地不動産のひとに聞くと、そこの土地は粘土質でもともと地盤が悪く、杭をうつのが当たり前の場所だったといいます。 予算オーバーで、なんだかだまされた気分だし、そんな粘土地のところに家をたてて大丈夫か心配です。庭なども自分たちでやろうと思っていたので、不安でいっぱいです。 5mの杭って軟弱地盤の中のレベルではまだいい方なのでしょうか? 教えてください。

  • 土地売買契約にあたって

    皆様はじめまして、建築条件付の土地を購入検討している者です、よろしくお願いします。 土地契約に関してご教示願います。 (大手不動産会社分譲→建築家が購入(売主)1,973万円、(売買契約書写し入手にて確認)→不動産業者(仲介)→当方購入検討中(1,780万円)1,930万円もダウンしている 1.隣家(公立中学校体育館)の屋根が当方の敷地にはみ出している。  境界の印が他の3箇所にはあるものの、はみ出している部分だけ無い   建築家に問い合わせても目の錯覚じゃないかとの回答   仲介業者も一切の説明ナシ   (らちがあかないので当初売出した大手不動産会社にはみ出しの件を問い合わせたところ明日12/20に現地調査して回答を頂ける予定ですが・・・) 2.建築家と大手不動産会社との重要事項説明書及び土地売買契約書には瑕疵担保期間が2年と記載されているのに当方に示されている契約書には瑕疵担保無しとの記載がある(このことからまだ契約はしていませんし手付金も払っていません) 又予定では12/24に契約をということになっていますが、それにあたり重要事項説明書のコピーを求めましたが売主が入手した大手不動産会社の重要事項説明書のその他の事項のみFAXしてきました。 通常であれば、売主から私に対する説明でなければならないと思うのですが・・・又土地に関しては公図の写しのみで実測図の提示はありませんでした(契約書には公図=実測との表記はあります、公募売買契約とする旨の特約事項あり) 以上のような土地を買うのにはとても不安があり、やめたほうがよいと思っておりますが、どなたかアドバイス願います。 又、重要事項の説明を怠っている仲介業者に対して何らかの制裁を行うことは出来ますか?

  • 土地を購入するとき

    住宅用土地を購入したいのですが、土地にA社の立て札がありそのA社の営業と色々値段交渉をして貰っているのですが、なかなか前に進まず、手数料も一切負けません・・と言い切られてしまいました。少しA社の営業と気まずくなったので、他社の不動産会社(B社)に別の土地を探して貰っていたところ同じ物件(A社の立て札のある)を勧められました。B社は手数料を負けてくれると言っています。こういう場合B社と契約してしまって良いのでしょうか?B社と契約してしまうとA社に申し訳ない気もするし、恨まれそうだし。A社には値段交渉をして貰う際に住所や名前、認めを押印した書類を渡しています。不動産会社の流れというか、つながり方が全くわからないので教えて下さい。

  • 土地の契約に伴う融資斡旋料

    買付申込をしていた土地の契約を来週にすることになっています。その契約の際支払うお金についての記載で初めて目にするものがありそれについての質問です。 その名目は「融資斡旋料」なのですが、金額が10万5千円となっております。 この物件の申込をした際に融資先も具体的に決まっておらず、また自営業で融資条件において厳しいこともあり、仲介の不動産会社に勧められるまま銀行の仮審査を3行行いました。結果は希望とは程遠いもので特にその不動産会社を通した利点もなく、土地の分は何とかなるものの、建物の分も含めると足りないものでした。(建築条件なしの土地のみの契約で、その後新築する予定である工務店とプランニング中です) 現在の状況はそのプランニングしている工務店さんと相談し、そちらと取引のある金融機関で融資してもらえるよう仮審査しているところです。 まだ結果はどうなるか分かりませんが、このまま工務店さん経由でローンを組んだ場合もこの「融資斡旋料」は不動産会社に支払わないといけないのでしょうか? この不動産会社の担当者がイマイチ信頼できず(言っていることが二転三転する、事前に見せてもらった契約書などの書類に不備が多い)それなのにこんな金額を支払うのが納得できません。この「融資斡旋料」は当たり前なものなのでしょうか?教えてください。宜しくお願いします。

  • 契約書の土地と建物の金額比率が広告と違う?

    先日、条件付土地すなわち売建住宅の契約書に押印しました。しかし、あとで見たら、総額は同じものの土地とウワモノの金額の比率が当初言っていたのとあまりに違うのです。土地が異常に高い!HPに出していた金額とも違います。建物が異常に安くてほんとにこの金額なら安普請みたいで怖いです。こういう場合は、不動産会社の瑕疵になるのでしょうか?それとも何らかの意味や意図があってそうするものなのでしょうか?まだ契約金は振り込んでいません。契約ははきできるのでしょうか?

  • 新築住宅 土地の手付金について

    新築の住宅を建てる際に土地を現金で決済することとして、手付金を支払いました。残金の支払は、定期が満期になるまでの半年間待ってもらうことで、不動産会社も了承してくれました。 ハウスメーカーも決まり、住宅ローンと役所の確認申請が通ったので、土地の代金決済前に着工しましたが、不動産会社からそれは契約違反だと言われました。 支払が終わっていない土地に、家を建ててはいけないということです。 しかし、土地を契約するときにそのようなことは言われておらず、売買契約書にも決済前に着工してはいけないとの文章は見当たりません。 残金支払い前の着工は、いけないことなのでしょうか?