• ベストアンサー
  • 困ってます

レガシィのオーバーヒート原因について

レガシィランカスター6平成14年D型 走行10万キロに乗っています。オーバーヒートぎみに水温計が上がる現象に時々なります。条件として、上り勾配(峠)等でスピードはノロノロでエンジンに負荷がかかる状況(エアコンON)が続くとみるみる水温計が上昇します。特に夏場にみられ、冬でも起きたことがあります。一度水温計が上昇してしまうとアイドリングで止まって いてもなかなか水温は下がりません。また、走り出すと水温計がみるみる上昇するということになってしまいます。ラジエータのクーラント水も定期的に交換しており、水量も適量に入っています。ラジエータFANも2台ともに正常に回ります。サーモスタット、ラジエーターキャップを交換しても治りませんでした。通常、平坦道、高速道などでは、水温計はほぼ真ん中を示しており問題ありません。何か原因として考えられる事はありませんでしょうか。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 国産車
  • 回答数5
  • 閲覧数7059
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • nazza
  • ベストアンサー率20% (5/25)

事情から推察すれば、サーモスタットの交換すみということで、 ラジエータコア内外の詰まり。 ・・かと思われます。 比較的年始式が古い方でないから、ウォータポンプの羽根の欠損は考えられませんが、 平成初期には、一般に羽根がスチールでしたので、錆びて溶けてオーバヒートがありました。 現在はステンレス製に変わっていますから、この点大丈夫と思いますが・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 自分的にもラジエータコアの詰りが怪しいと思っています。 アドバイスありがとうございます。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • ka2_abe
  • ベストアンサー率41% (1219/2923)

まさにポンプ不良が考えられる状況だと思われます。 完全摩滅ではなくブレードの部分摩滅かな? エンジン回転数が低い状況でオーバーヒートしやすい原因ですね。 ポンプ能力が落ちているので低回転だと流量が不足するのかな? ラジエターが詰まって不良であれば、 高回転時こそ起きますし、 ベルト不具合でも同様です=高回転高負荷の時にオーバーヒート。 もちろん流路の詰まりも考えられますね。 低回転だと流量不足する箇所が在る。 10万ですからどちらもあり得ます。 大体ウォーターポンプが逝かれるのも10万kmですし。 また。 クーラント交換?とありますが、 ラジエター内部だけ交換でしょうかね? 全量交換? まさかコンデンス(予備)タンク内だけ交換とか言いませんよね? =それは交換とは見なされません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。クーラントは車検毎全量交換しています。流量不足が原因とのことですが、場所の特定が難しそうです。ウォーターポンプの羽根不良かラジエータコアの詰まりなのか全て交換すると出費が半端ないので頭が痛いです。アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.4
  • vtec7
  • ベストアンサー率26% (192/720)

(1)水の循環に問題がなく、 (2)ファンが正常に稼動し、 (3)水量が適量入っていて (4)エア噛みしてなく、 (5)水漏れもなく、 (6)水温系が正常で、 (7)水温センサーも異常なしく、 (8)ウォーターポンプが正常に機能している。 この条件がそろってればオーバーヒートは考えにくいです。 とくに(1)はちゃんと確認できてますか。 どうやってLLCは交換されてましたか。 交換時に何リッター使いますか。 >ファンが2台ともに正常に回ります。 どのように動作しますか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。水の循環については確認できていません。ウォーターポンプ、ラジエータ内部等については状態についてはわかりません。通常、極端にエンジンに負荷が掛らない状況では水温計が正常位置(メーターの真ん中)です。ファンの回転については、整備士にも確認してもらっていますので問題ないかと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.3

>ラジエータFANも2台ともに正常に回ります。 サーモスタット、ラジエーターキャップを交換しても治りませんでした ラジエター本体の目ずまりはどうでしょうか 水温が上昇したとき ラジエター下のホースが冷たくない場合怪しいです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。確認してみます。

  • 回答No.1

素人ですが、以下の確認をされてはいかがでしょうか。 ○ エンジンが冷え切った状態で、ラジエーターキャップを外して、液面がリザーブホース付近まであるか? 液面が低ければ、前回の補充時に「空気抜き」が出来ていないことになります。(エア噛みしてると、細かい泡が出たりします。) キャップを開けたままエンジンを掛け、補水しながら、ラジエータが暖まるのを待って、キャップをしてください。 ○ ウォーターポンプベルトの張りが正常か、点検してください。 メーカーの規定値範囲内か? あと、ラジエーターに取りつけられている、FANスイッチ(温度スイッチがあるハズです。)が正常かどうか? FANに12~13vの電圧が正しく印可されているかどうか、テスターで計測してはいかがですか? ここの電圧が低ければ、FANスイッチとその経路のヒューズに疑問が出てきます。 FANの電圧が計測しにくいならば、FANスイッチの両端で計測してください。 そこで、電圧が発生するようでしたら、かなり怪しいです。(0vに近いほど良い) リレーが噛んでいるなら、その経路も調べましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • オーバーヒートの原因

    サンバーに乗っています。 最近、オーバーヒートしやすく、そのたびに点検してもらっているのですが、 原因がなかなかわかりません。 直近では、9月上旬、渋滞中にオーバーヒートし、 このときは冷却水もなくなってしまいました。 しかし、工場で新たに冷却水を入れて点検したところ、漏れはなく、 その後も冷却水が減る様子がありません。 ラジエターキャップを外しても、圧力はかかっているようです。 ただ、気温による影響を受けやすくなっているようで、 涼しい日は以前よりも水温計の上がり方がゆっくりで、中央より下でストップし、 渋滞になったとたん、急に上昇し、中央よりやや上でストップする、 といった感じです。 気温が低くなってきているためこの程度で済んでいますが、 夏になるとまたオーバーヒートを起こすのではないか心配です。 ラジエターの目詰まり、サーモスタットの故障、 ウォーターポンプの故障などを疑っているのですが、 どうでしょうか。

  • クーラーと水温の関係について

    平成3年式1000ccローバーミニ、キャブ車に乗ってます。 クーラーを入れると水温がテキメンに上がってしまい、峠では休憩しながら走らせています。一人で乗っていてもそんな状態。平坦路走行で、クーラーOFFの時は補助ファンとヒーターだけで水温上昇は押さえることができますが、やはりクーラーを入れると平坦路でも上昇してしまいます。なので、なるべくクーラーは使わないようにしています。  ラジエターの点検をし、ウォーターポンプは新品に交換、ベルトの張り、クーラントも適量ですが、時々キャブから「ポンッ!!」という音が聞こえます。何か水温と関係があるのでしょうか?根本的な水温上昇の原因は何だと思いますか?

  • セルシオオーバーヒート

    セルシオの11系なのですが通常走行では問題ないのですがエアコンをつけると水温があがってきてしまいます。まだオーバーヒートはさせていません。 暖房にすると水温は下がりエアコンを切っても水温は下がります。 この時期エアコンを使わないで走行するのには厳しいです。 どなたか原因を教えてください。 ちなみにラジエター交換とサーモスタットの点検は行ってラジエター液も抜いてエア抜きもしてもらっています。 よろしくお願いします。

  • キャリィ オーバーヒート

    キャリィ F6A 約12万キロ走っています。 先日高速を走っていたところオーバーヒートしてエンジンチェックランプが電灯しました。 レッカーしてもらい数日放置し 昨日ラジエター洗浄をしてサーモスタットとギャップを交換しクーラント液も新品に交換しました。 今朝約15kmを走行 またオーバーヒートしてしまいました。 サブタンクにもHIまで入れていたのですが、逆流して溢れています。 エンジンが冷めるとサブタンクが空っぽになっていました。 マフラーからは少し白煙が、出ていたみたいです。 原因は何でしょうか? 宜しくお願いします。

  • 原因不明のオーバーヒート

    みなさん、こんにちは。 私は、メカニックをやっている者です。 うちの代車(スズキKei)をお客さんに貸し出した所 原因不明のオーバーヒートを起こして戻ってきました。 よくある水漏れ等をすぐに調べましたが、漏れている箇所は見当たりませんでした。 サブタンクにも、ちゃんとFullレベルまで水は入っていました。 エンジンガスケットの吹き返しもありません。 ラジエターの錆やつまりなどもありません。 エンジンオイルも適量入ってます。 お客さんから戻って来て、エンジンがある程度冷めてからラジエターキャップを外し エアー抜きを行い、エアー抜きの時にしばらくエンジンをふかしたりしてましたが 水温計は半分まで上がって安定した状態でした。 それから、キャップを閉めて、エアコンを入れた状態でしばらく空ぶかし等をするも 水温計は安定したままで、オーバーヒートしないのでなにが原因なのか検討もつきません。 わかる方がいたらコメントお願いします。 ちなみに、走行距離15万キロ。 電動ファンも問題なく回っています。

  • サーモスタット交換

    本日オーバーヒートしました。水温系がマックスまで達し停車して様子を見てみるとリザーブタンクから冷却水が吹き出していました。タンクの水量も増えていました。原因を明らかにするのは難しいと思うのですが、少し前にラジエーター内をフラッシング液で洗浄しています。次回はサーモスタットの交換をしてみようと思うのですが必要な物、価格等の情報をお持ちの方がいましたらよろしくお願いします。

  • 水温計が徐々に上がってオーバーヒート気味になってしまいます

    1992年式三菱シグマ:距離は21万キロなのですが 慢性オーバーヒート状態で困ってます。 サーモスタット、冷却水交換は交換しました。ラジエターファンは、以前純正が壊れ社外品2つと交換してあります。気になるのは片方のファンの風の圧がもう片方の正常のファンに比べ3分の2くらいしか出てないようです。 アイドリングを20分ほど続けたあたりから水温計が少しずつあがってきて気がつくとHIまで行ってしまうんです。 ラジエター本体も今日までに一度交換しました。 ウォーターポンプはまだ交換してないです。 今日は走行中(郊外で平均時速50キロ位)気がついたら水温計が半分より少しHI気味になってしまいました。 いったい何が原因と考えられますか?お力をお貸しください~。

  • 軽トラが毎朝オーバーヒートします。

    走行20万キロの軽トラが最近毎朝10Kmくらい走行すると、オーバーヒートするようになりました。 水温計が徐々に上昇していきます。信号待ちなどで直る場合もあれば、しばらくエンジンを切ると直る場合もあります。 上昇が続く時もあるので、車内に水を入れたペットボトルを常備しています。 ただし一旦上昇した水温が元に戻ると、その後は1日走っていても水温が上がる事はありません。空でも荷物を一杯積んでも同じようになります。 ラジエーターの冷却水はサビのために、茶色くなっています。 修理は必要だと思いますが、原因としては何が考えられるでしょうか。

  • バリオス2のラジエーター

    最近、水温警告灯が点灯します。冷却水と ラジエーターキャップは交換しましたが改善しません。リザーブタンクの水量は上下してるのでポンプは動いてるのかな?警告灯は点いたり消えたりしてるのでサーモスタットは大丈夫かな?ラジエーター本体が怪しいかなと思うのですが、ラジエーターの交換費用ってどれ位かかるものでしょうか?

  • オーバーヒート後の処置

    みなさんこんばんは。 先代レガシィRSK(ターボ)にのっております。 先日、停車中に水温計の針がレッドゾーンまで後5mm程度まで上昇していることに気が付きました。 すぐにボンネットを開けて点検すると電動ファン2基中1基が不動でした。30秒程度観察していると水温がジリジリ上昇してレッドゾーンまであと4mmになったので、エンジンを停止しました。その後ディーラーで点検の結果、電動ファンコネクタの接触不良と判明。と、ここまでは良いのですが、オーバーヒートってエンジンにダメージが残りませんでしょうか? ディーラーで故障発生時の状況を聞かれ、「ラジエータキャップから蒸気が出たり、リザーブタンクから冷却水があふれたり、沸騰もありません。」と回答したところ、「では、エンジンにダメージはありません。大丈夫です」と言われ、コネクタのみ修理して返却されました。自分でエンジンオイルだけ交換したのですが、本当にダメージを受けてないんでしょうか? 将来的に不安要素があるとかがあれば、再度ディーラーに相談したいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。