• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

オーバーヒート後の処置

みなさんこんばんは。 先代レガシィRSK(ターボ)にのっております。 先日、停車中に水温計の針がレッドゾーンまで後5mm程度まで上昇していることに気が付きました。 すぐにボンネットを開けて点検すると電動ファン2基中1基が不動でした。30秒程度観察していると水温がジリジリ上昇してレッドゾーンまであと4mmになったので、エンジンを停止しました。その後ディーラーで点検の結果、電動ファンコネクタの接触不良と判明。と、ここまでは良いのですが、オーバーヒートってエンジンにダメージが残りませんでしょうか? ディーラーで故障発生時の状況を聞かれ、「ラジエータキャップから蒸気が出たり、リザーブタンクから冷却水があふれたり、沸騰もありません。」と回答したところ、「では、エンジンにダメージはありません。大丈夫です」と言われ、コネクタのみ修理して返却されました。自分でエンジンオイルだけ交換したのですが、本当にダメージを受けてないんでしょうか? 将来的に不安要素があるとかがあれば、再度ディーラーに相談したいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3069
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

オーバーヒートはエンジンにダメージを残しますが冷却水がきちっと入っている状態でウォーターポンプにも異常なくラジエターキャップから冷却水が噴出していなければまだエンジンにダメージを与えるほどまで行っていないケースが多いです。 もしエンジンが歪むほどダメージを受けていた場合、オイルが冷却水に漏れてきたり圧縮抜け、冷却水が減る等が考えられます。 圧縮は修理工場でないと計測できませんが冷却水の量やエンジンオイルの状態は簡単に見る事が出来ますので心配でしたらたまにエンジンルームをチェックして見てはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃるとおりの状況でした。ダメージが残る可能性が少なそうとの事。安心しました。 本日、オイル交換しましたが、通常と同じ状態です。また、冷却水も以前の水位を保っています。 詳しい報告をディーラーから受けてないので、圧縮件も聞いてみようと思います。 今後こまめにチェックして、異常が無いか確認していきたいと思います。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#125826
noname#125826

エンジンオイル漏れによるオーバーヒートではないので,エンジンダメージはそんなに気にしなくても大丈夫ではないでしょうか。 ただ,冷却系は少し様子を見て,以前よりも水温計の針が少し上がり気味のようなことがあれば,ラジエータキャップなどを交換したり見てもらったりしたほうがよいかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 冷却水水位は、以前のままを保っております。 これからは、水温計に気を配り様子を見たいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2

 エンジンがオーバーヒートしそうな時や、オーバーヒートしてしまったときはエンジンを止めちゃだめですよ。    電動ファンが回っていなかったとのことですが、 ファンが回っていないなどのトラブルの場合は、 一時しのぎですが暖房を最大でつけましょう。  オーバーヒートすると、エンジンのブロックという部分が歪んでしまったりしますが、歪めばオイルの中に冷却水が混じったりしますので、オイル交換の時に気がつくはず。 (オイルに水が混じると乳白色になります)  ダメージを受けてないというのはハッキリはわかりませんが、普通に使われたエンジンよりはダメージを受けていると思いますが、今異常がなければそれほど深刻なダメージはないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

電動ファンが1基だけ動いていたので、アイドリングで様子見したのですが、ジリジリ上昇を始めたので、エンジン停止しました。冷却水、ファンに異常が無ければ、エンジン停止せずに水温が下がるのを待つのが良いみたいですね。当日は外気温37℃と言うこともあり、暖房をすることに気が回りませんでした。実際に異常が発生すると、気が動転してしまいだめですね。オイル交換の結果は異常がありませんでした。また、冷却水も以前の水位を保っています。 アドバイスありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#131426
noname#131426

越えてしまえば問題有りですが、越えていませんので今回は問題なしだと思います。 心配ならLLCとエンジンオイルの交換程度です。 しばらくは様子見してもらって、異常があるようなら考えましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

オイル交換しました。 オイルに水分混入もなく通常通りでした。 しばらく様子を見てみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • パジェロミニオーバーヒート 原因不明教えてー

    平成7年のH56A大事に乗っています。突然オーバーヒートしました。水温計上昇 エンジン内ボコボコと音がしています。とりあえず翌日エンジンルーム観察 水の量が少ない 400ccほど足してみました。エンジンルームに水漏れなし、エンジンは素直にかかります。5分ほど走行するとグングン水温計が上昇、エンジンを止めて気がついたのは水がリザーブタンクにいっぱい、ラジエーターキャップをはずすと子供の歯のようなプラスチック製の破片が浮いています。これは何か不明、オーバーヒートの原因は何でしょうか? 教えてください。

  • レガシィのオーバーヒート原因について

    レガシィランカスター6平成14年D型 走行10万キロに乗っています。オーバーヒートぎみに水温計が上がる現象に時々なります。条件として、上り勾配(峠)等でスピードはノロノロでエンジンに負荷がかかる状況(エアコンON)が続くとみるみる水温計が上昇します。特に夏場にみられ、冬でも起きたことがあります。一度水温計が上昇してしまうとアイドリングで止まって いてもなかなか水温は下がりません。また、走り出すと水温計がみるみる上昇するということになってしまいます。ラジエータのクーラント水も定期的に交換しており、水量も適量に入っています。ラジエータFANも2台ともに正常に回ります。サーモスタット、ラジエーターキャップを交換しても治りませんでした。通常、平坦道、高速道などでは、水温計はほぼ真ん中を示しており問題ありません。何か原因として考えられる事はありませんでしょうか。よろしくお願いします。

  • 軽トラが毎朝オーバーヒートします。

    走行20万キロの軽トラが最近毎朝10Kmくらい走行すると、オーバーヒートするようになりました。 水温計が徐々に上昇していきます。信号待ちなどで直る場合もあれば、しばらくエンジンを切ると直る場合もあります。 上昇が続く時もあるので、車内に水を入れたペットボトルを常備しています。 ただし一旦上昇した水温が元に戻ると、その後は1日走っていても水温が上がる事はありません。空でも荷物を一杯積んでも同じようになります。 ラジエーターの冷却水はサビのために、茶色くなっています。 修理は必要だと思いますが、原因としては何が考えられるでしょうか。

  • VTZがオーバーヒートします

    ネットオークションで買ったVTZ250なんですが、この夏オーバーヒートによるエンストで悩まされました。分からないのは、エンストするほどになっても、水温計の針はレッドゾーンまで行っていないのです。しかし、エンスト状態で、キーをONにして、ヘッドライトをつけると、水温計が振り切れます。エンストのときでも、ファンは回っていません。でもファンは、アース直結では回ります。ほかに気のつくことは、水温計の針が不自然な動きをすることがあります。またオーバーヒート気味になると、ウインカーの点滅が速くなることがあり、バッテリーが消耗した感じになります。現在、信号待ちのたびにラジエータに水をかけながら、往復60kmの通勤に使っています。

  • 車がオーバーヒート気味で、ヒーターをつけるとある程度落ち着く現象です。

    車がオーバーヒート気味で、ヒーターをつけるとある程度落ち着く現象です。 私の車は、平成10年式のアコードワゴン CF6で、エンジンは、F23Aです。 メーターに表示される走行距離は、97000キロですが、 5年前中古でヤフオクから買ったもので、 当時メーターに表示された走行距離は54000キロでした。 買う当時、メーターとは関係なく、走行距離欄に不明と書いてあったので、 実際何キロ走ったのか正確な数値はわかりません。 (ヤフオクで買った車でこんなに長く乗れたのは相当運がよかったと思います) 一週間前から水温計の針が落ち着きません。 その前までは、いくらエンジンに負荷をかけても渋滞にはまっても 針が真ん中の5mm下くらいまでしか指しませんでした。 1年前頃、ラジエータから冷却水が漏れ始め、 自分で交換し、もちろん冷却水も交換しました。 ウォータポンプが錆付いているのではないかチェックするために、 ラジエータキャップを開いて冷却水の色を確認したんですが、 茶色っぽくなったりしていなく1年前と変わっていません。 リザーブタンクから見た冷却水の量もエンジンが冷えた状態でMAXに達していまして、 走った後ボンネットを開けてラジエータ及びエンジンに繋がっているホースを触ってみたら熱く、 冷却水がエンジンを通っているのは間違いないと思います。 エンジンオイルの量をチェックしたらMINの近いところだったので、補充しましたが、 さすがに効果はありませんでした。 先週二日にかけて往復300キロを走ってきました。 5分くらい経つと水温が徐々に上がり始めました。 国道を走っていたらレッドゾーンの4mm下まで達し、 ヒーターを全開していたら、間もなく針が真ん中の少し上を指すくらいまで落ち着きました。(落ち着くとしても走っているうちは真ん中以上を指しています) ヒーターを切ると水温アップ、つけると水温ダウンの繰り返しでした。 質問が三つありまして、教えて頂ければとても助かります。 一昨日ヤフオクでサーモスタットを購入し、今週末交換する予定ですが、 1.この現象ってサーモスタットの故障が原因の可能性ってありますか。 2.それから電動強制ファンってどこに付いているもので、どのタイミングで働き始めるのですか。レッドゾーンに達しないと働かないものですか。 3.電源が供給されないサーモスタットが動ける原理を教えて頂けますか。 最後まで読んで頂き、誠にありがとうございました。

  • オーバーヒート シリンダ ヘッド ガスケット 抜け

    H7年式 三菱ミニカ H31A型 走行距離約6万キロ強のMT車なんですが、先日走行中、急に水温計がHの表示の所まではいかないものの、その下の線のあたりまで上昇していました。 水温計がそこまで上ったこと自体、初めてのことだったので、すぐに車を停めて、レッカーを呼びました。 その時点で、エンジンルームを開けてみると水漏れはなかったのですが、ラジエーター液の蒸発しているような臭いと、サブタンクのラジエーター液の量が半分くらいに減っていることに気づきました。 後日修理工場からの連絡で、ヘッドガスケットの抜けといわれました。 質問 1.この故障は初めてのオーバーヒートでヘッドガスケットが抜けたのでしょうか?それともヘッドガスケットが抜けてオーバーヒートしたのでしょうか? 2.一般的に考えて、皆さんなら修理しますか?それとも廃車にして、違う車をさがしますか?(車検は残り1年くらいあります) 3.修理するとすれば、エンジンを開けるみたいなので、ついでに交換すればいい部品はありますでしょうか? よろしくおねがいします。

  • オーバーヒート

    水温計が上がっているのに気付かずオーバーヒート、そのまま停止 してしまいました。 JAFに来てもらいゆっくりと水を入れてもらうと取り敢えずエンジン かかるようにはなったのですが、念の為レッカー&工場行きとなり ました。 現在修理中で、いくらくらい金額がかかるのか不安です。 やっぱり一回止まってしまってからの修理は全然違いますでしょうか?

  • オーバーヒート至急

    車に乗ったところ硫黄の臭いがして水温計がメーター振りきりhighになってました。しばらく休憩しまた動いたら今度はエンジンランプがつきました。止めようとしたらオーバーヒートしました。オーバーヒートと同時にエンジンから白い湯気?煙?が出ました。ラジエーターの水は入ってました。エンジンはつき車は動きます。都合により修理に出すのが来週になるんですが、だいたいの原因が知りたくて質問しました。よろしくお願いします

  • オーバーヒート??

    ヘッドガスケットが歪んでいるため、エンジンを回すとラジエーターに吹き返しがあります。 しかし、部品がないため修理が出来ません・・・ 車は S48年 MS60クラウン ガソリン車 SOHC ******************** このまま走り続けると、どうなりますか? 状態は酷くなりますか?水温計を見ながらなら騙し騙し行けますか? 走行中、エンジンがいきなり停止!などの重大なことはありますか?

  • ラジエーター、クーラントの減りついて

    最近、93年三菱マグナのステーションワゴンを購入したばかりなのですが、ラジエーターのリザーブタンク内の冷却水の減りがものすごく早く、原因が分からなくて困っております。 走行中に水温計には特に異常がなく、エンジンを止めると、冷却水がリザーブタンクのチューブより車体下に落ちてきます。量は1走行で、リザーブタンク内の1/3ぐらいです。エンジンルーム内を点検してみたのですが、特に漏れはないです。 これからラジエーターキャップを新品に交換してみようとは思うのですが、考えられる原因等ありましたら、教えてください。宜しくお願いします。