• ベストアンサー
  • 困ってます

不定積分が解答と一致しません

√{(x-1)/(2-x)}を積分せよ。という問題の答えが解答と一致しません √(2-x)=tと置いてx=2-t^2,dx==-2tdt  ∫√{(x-1)/(2-x)}dx =∫√(1-t^2)(-2tdt)/t =-2∫√(1-t^2)dt [∫√(1-t^2)dt]の部分は公式を使ったり、部分積分を用いたりして[{t√(1-t^2)+arcsint}/2](ここでは積分定数を省略) よって-√(x-1)(2-x)-arcsin√(2-x)+C(C:積分定数)だと思ったのですが、解答には arctan√{(x-1)/(2-x)}-√(x-1)(2-x)+Cとあります。 -√(x-1)(2-x)-arcsin√(2-x)+Cという答えはあっていますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数170
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • info22_
  • ベストアンサー率67% (2650/3922)

被積分関数の√内≧0から 「1≦x<2」です。 このxの範囲で考えます。 >解答には >arctan√{(x-1)/(2-x)}-√(x-1)(2-x)+C >-√{(x-1)(2-x)}-arcsin√(2-x)+C >という答えはあっていますか? 解答もあなたの答えも合っています。 「1≦x<2」なので x-1≧0, 2-x>0 arctan(√{(x-1)/(2-x)})=arctan((√(x-1))/(√(2-x)) =arcsin((√(x-1))/(√((x-1)+(2-x)))=arcsin((√(x-1))/1) =arcsin(√(x-1)) =(π/2)-arcsin(√(2-x) =arccos(√(2-x)) =(π/2)-arccos(√(x-1)) という関係にあります。π/2は積分定数に吸収されますので 以下のどの答えでも、不定積分の解答として合っています。 ●arctan√{(x-1)/(2-x)}-√{(x-1)(2-x)}+C ●arcsin(√(x-1))-√{(x-1)(2-x)}+C ●-arcsin(√(2-x)-√{(x-1)(2-x)}+C ●arccos(√(2-x))-√{(x-1)(2-x)}+C ●-arccos(√(x-1))-√{(x-1)(2-x)}+C 以下の関係(公式?)を覚えておくといいですね。 A>0,B>0、A^2+B^2=1のとき arcsin(A) =arccos(B) =arctan(A/B) =(π/2)-arcsinB =(π/2)-arccosA =(π/2)-arctan(B/A) (今回は A=√(x-1),B=√(2-x)が当てはまります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 arcsin(A)から様々な関係があるのですね。 逆三角関数は三角関数に直してから変形してまた逆三角関数に戻すと、これらが導けるのですね。 これからもよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 不定積分について

    大学一年の者です。問題に略解しかついていない某微分積分の教科書に記載されている問題なのですが、途中式がよくわからない問題があるので、質問させて頂きました。 ∫ dx/x(1+x^2)^2 なのですが、 ∫ dx/(1+x^2)^2 を積分して (x/1+x^2 + arctanx)/2 となり、これを用いて、部分積分による方法で解こうとしたのですが上手く解けません。ちなみにarctanxはアークタンジェントxのことです。  略解は   1/2(1+x^2) + log(x^2/1+x^2)/2 + C(積分定数) となっております。

  • 不定積分

    こんばんわ。私は今大学一年生で、今学期「解析概要」という授業をとっています。 そこでの不定積分の問題なんですが、分からないものがあったのでよかったら教えてください! (1)∫arcsin(x) dx (2)∫x^2/√(a^2-x^2) dx (1)はarcsin(x)=yとしてx=sin(y)で置換して積分したら、arcsin(x)sin(arcsin(x))+cos(arcsin(x)) と出したんですが、解答はxarcsin(x)+√(1-x^2)となっていました。どうすればこういう答えになるのでしょう? (2)は部分積分で挑戦しましたが出来ませんでした。 よろしくお願いします。

  • 数(3)・不定積分 : log(x+2)、log(1-x)の積分の仕方

    数(3)の不定積分で「log(x+2)」「log(1-x)」(どちらも底はeです)の積分をやったのですが、授業で理解しきれなかった事があります。 最初の問題は部分積分法の公式を使うと ∫log(x+2)=log(x+2)・x-∫1/(x+2)・xdx …(1)となり、 解答は log(x+2)・x-x+2log|x+2|+C (Cは積分定数) となるのですが、(1)式の右辺、「∫1/(x+2)・xdx」の部分を、何故、それぞれを約分して「∫1dx+∫1/2xdx」としてはいけないのかが判りません。 次の問題は、上と同じようにして部分積分法の公式を使うと ∫log(1-x)=log(1-x)・x+∫x/(1-x)dx …(2)となり、 解答は x・log(1-x)-x-log|1-x|+C(Cは積分定数) となるのですが、ここで、(2)式の右辺、∫x/(1-x)dxの部分を、部分分数に分けて∫{-1+1/(1-x)}にするのですが(今の式の『-1』は、(1-x)で割られない、普通の-1です)、そういう風に変形する意味が分かりません。 分かる方が居ましたら、教えて下さると嬉しいです!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

そうか、同じだった。失礼。 両者の C が異なることは、例えば、 x = 3 を代入してみれば解るね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 これからもよろしくお願いします。

  • 回答No.2

合ってます。 微分すれば元の関数に戻ることが確認できます。 ついでにあなたの導いた答えが解答と同じものであることを示しましょう。 arcsin(√(2-x))=yとおく。 sin(y)=√(2-x) tan(y)=sin(y)/cos(y)={√(2-x)}/√{1-(2-x)}=√{(2-x)/(x-1)} となります。 ここでz=π/2-y とおくと tan(z)=1/tan(y)=√{(x-1)/(2-x)} z=arctan[√{(x-1)/(2-x)}] となります。 つまり、 arcsin(√(2-x))=y=π/2-z=π/2-arctan[√{(x-1)/(2-x)}] -arcsin(√(2-x))=arctan[√{(x-1)/(2-x)}]-π/2 となり、あなたの導いた答えと解答は同じものであることが示せました。 (π/2の違いは積分定数で吸収できます。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 このようにして逆三角関数を変換することができるのですね。 定数はCに収納されて・・・解答と一致しました。 また機会があればよろしくお願いします。

  • 回答No.1
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

違っている気がする。 -√{(x-1)(2-x)} - arccos√(2-x) + C か -√{(x-1)(2-x)} - arcsin√(x-1) + C かなんじゃね? tanθ = √{(x-1)/(2-x)} と置いて、 sinθ を計算してみるよろし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 このコメントを入力している時は[rnakamra様][info22_様]の回答がございました。 これからもよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 積分の回答があっているか教えてください

    以下の計算問題を解いたのですが、 よくわかってないまま解いたところもあり、あっているか自信がありません。 わかる方、ご指南おねがいします。 (1) ∫{1→2}1/(x+1) dx x+1=tとおく。 (dt)/(dx)=1→dx=(dt)/1 x | 1→2 --------- t | 2→3 ∫{2→3}1/t dt= [log |t|]{2→3} F(x)=log|3|-log|2| (2) ∫x^2/(1+x^2) dx 公式 1?(1+x^2) dx=arctan(x)+Cより F(x) = x-arctan(x)+C (Cは積分定数)

  • 積分がわかりません

    いくつかわからないので教えていただきたいです。∫は省略します。 まずlog(1+√x)dxですが、t=√xと置換してdx=2tdtとなり 2tlog(1+t)dtとなります。しかしここからのやり方がわかりません。 次にcos^3xsin^2xdxですが、部分積分を使ってやってみたのですがどうもうまくいきません・・・しかし部分積分を使うのは間違いなさそうなんです。 次に(1/(x^3-x))dxですが、この式は1/x(1-x)(1+x)に変形できます。 分母が2つの掛け算ならば部分分数にできるのですが3つの掛け算なのでどうしたらいいのかわかりません。 次に(x/(x^3+1))dxですが、この式をx/(x+1)(x^2-x+1)と変形したあとのやり方がわかりません。 最後に、これが一番聞きたいことなんですが (1/cosx)dxの積分です。 分子分母にcosxを掛けてcosx/cos^2xとします。 sinx=tとおくと、dx=dt/cosxとなり、最初の式はdt/(1-t^2)になります。 部分分数にして1/2∫(1/(1+t)+1/(1-t))dtになります。 よって1/2(log|1+t|-log|1-t|)=1/2log|(1+sinx)/(1-sinx)|になりますよね?? でも、解答にはlog|(1+sinx)/cosx|って書いてあるんです。 どこが間違ってるのかわかりません。 以上長いですが教えていただけたら幸いです。

  • 高校数学 積分

    ∫-1→1 (x+2)log(x+2)dx という問題で、部分積分法で解くのに、解答はx+2を積分して(x+2)^2としています。確かにこれだと、処理が簡単なのですが、1/2x^2+2xとしても微分するとx+2になるのですが、これで計算すると、(面倒くさいやり方ですが)答えが合いません。積分定数はなんでもよいのではないのでしょうか?わかりにくい説明ですみませんが、どなたかわかる方、お知恵を貸してください。

  • 積分の問題について

    積分について質問です。 ∫(x^2)/(x^2+a^2)^2 dx この積分の解答過程を教えてください。 aは0でない定数です。 分母が全体が2乗されてます。 答えは (1/2)*{-x/(x^2+a^2)+(1/a)*arctan(x/a)} arctanはアークタンジェントです。 解答よろしくお願いいたします。

  • 不定積分の問題です

    ∫(x^4 + x + 1)/(x^3 - 2x^2 + x)dx の答えは 1/2x^2 + 2x + log(x-1)/x + 1/(x-1) + C(積分定数) で、合っていますか?

  • 積分 ∫arcsin(2x)dx を解くのに苦戦しています。

    積分 ∫arcsin(2x)dx を解くのに苦戦しています。 部分積分を用いてx*arcsin(2x)-∫x/(√1-4x^2) dx としたのですが、後半部分の積分がうまくいかず、 解答である x*arcsin(2x)+{(√1-4x^2)/2}になりません。 恐縮ですがご教授いただけると幸いです。よろしくお願いします。

  • 不定積分の問題

    不定積分の問題です。mを自然数とするとき、                n       (1)∫(cosx)^(2m-1)dx=Σa(k)(sinx)^k+C                k=1 (Cは積分定数) (a(k)のkは添え字です。) を満たす自然数nおよび実数a(k)(k=1,2,…,n)を求めよ。 (2)f(t)を多項式とするとき、 ∫f(cosx)dx-∫f(-cosx)dx=g(sinx)+C (Cは積分定数) を満たす多項式g(t)が存在することを示せ。 という問題です。 (1)はn=2m-1     a(k)=0(k=2.4.…n-1)        (k=1,3,…n)のときは式が複雑なので記載するのは控えます。 分からないのは(2)で解答には     n f(t)=Σb(k)t^k とおけるので、n=2L-1とおくと    k=0        L f(t)-f(-t)=Σ2b(2m-1)t^(2m-1)      m=1 となっているんですが、なぜ n=2L-1とおくのか、f(t)-f(-t)の右辺のΣのmが1→L なのかがわかりません。 宜しくお願いします。

  • 不定積分

    ∫x^2lnxdt=x^2(lnx)t+C (Cは積分定数) これで合っていますよね? ちなみに定積分で積分範囲が1~4のときの答えは、 3x^2lnx で合っていますよね? すいません解答が無いので質問させていただきました。

  • 不定積分の計算で出た定数は捨てて良いのでしょうか

     46歳の会社員です。思うところがあって、1 年前から数学を独学で勉強しています。  非常にレベルが低い質問をしているのかもしれませんが、周りに聞ける人がいないのでここに質問をすることにしました。  不定積分の計算で出てきた定数は積分定数と扱って捨ててよいのでしょうか ?  例えば、 ∫(x + 1)^2 dx ((x + 1)の 2乗を積分) を ∫(x^2 + 2 * x + 1) dx に変形すると、 x^3 / 3 + x^2 + x になりますが、 x + 1 = t とおいて ∫t^2 dt に変形すると、 x^3 / 3 + x^2 + x + 1 / 3 となり、定数 1 / 3 が出てきます。  また、 ∫{2 / (2 * x + 2)} dx を ∫{1 / (x + 1)} dx に変形すると、 log|x + 1| になりますが、 2 * x + 2 = t とおいて ∫(2 / t) * (1 / 2) dt に変形すると、 log|2 * x + 2| になります。  これを log|2 * x + 2| = log|(x + 1) * 2| = log|x + 1| + log|2| と変形すると、定数 log|2| が出てきます。  これらの定数は積分定数として扱って捨ててよいのでしょうか ?

  • 不定積分の問題

    不定積分の問題ですが、部分積分法で解く問題ですが、考えても解答通りにならないので、ここで質問するに至りました。途中計算等を教えてください。お手数になりますが、どうか宜しくお願いします。 (1)∫x sec^(2)(x) dx 私が解くと、xtanx- sec^(2) + c になります。 (2)∫Tan^(-1)(x)dx (3)∫Sin^(-1) (x/3)dx (4)∫e^(-2x) sin3x dx ↑部分積分法を繰り返してもとめるのですが、どのような切り口で求めるのかが分かりませんでした。 答え (1) x tan(x) + log | cos(x) | + C (2) xTan^(-1) (x) - (1/2)log{x^(2) +1} + C (3) xSin^(-1) (x/3) + √(9-x^(2)) + C (4) {-e^(-2x)/13 } (2sin3x + 3cos3x ) + C