• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本で、「ハア?」と思うような税金

  • 質問No.6736052
  • 閲覧数43
  • ありがとう数0
  • 回答数4

お礼率 5% (198/3897)

20の男子学生です。
20なったばかりで、まだ、保護者付きの身の上なので、分からないことが多いです。
1つに税金でした。
維持費とか掛る。って聞いた時、「ハア?」って感じでした。
どうして、個人の持ちモノに税金が掛るんだ?って具合。
税金を掛ける基準とかってあるんでしょうか?
何かしら一線があるのなら納得もするかもしれませんが、ただ高価なものや大金に掛るだけでしたらね・・・
相続税とかも、子供や家族のために残したい・あげたい。ではダメなんですかね?お金が動いたら、羽虫のように集まってきて。
日本で生まれたからしょうがない。のでしょうが、生まれるところは選べない。というのも、また理屈。
お手数ですが、ご回答お願いします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 49% (3865/7826)

>維持費とか掛る。って聞いた時、「ハア?」って感じでした。
えっ、そんな税金ありませんが…。
たとえば車を持っていれば「自動車税」や「重量税」、家や土地をもっていれば「固定資産税」、という税金はかかりますが。
維持費と言う税金はありません。

>どうして、個人の持ちモノに税金が掛るんだ?って具合
車にかかる税金は、道路の整備のためにかけられる税金です。
車をもっている人は、持っていない人に比べ道を使いますからね。
固定資産税は、確かに”持っている”という理由だけでかけられ、特に目的も決まっていません。
まあ、財産があるところろから取る、という発想でしょう。

>ただ高価なものや大金に掛るだけでしたらね・・・
高価なものということでかかる税金はありません。

>相続税とかも、子供や家族のために残したい・あげたい。ではダメなんですかね?
日本人はそういう傾向があるみたいですね。
ダメということではありませんが、高齢者はたくさんお金をもっている人が多く、そういう人たちが子のためにお金や財産を残さず使ってしまえば、景気のためにはいいでしょう。
欧米に相続税があるのかどうかは知りませんが、みんな子に残さず自分のために使いきることが多いと聞きます。

なお、震災の影響で法律の改正が成立していませんが、今年から相続税の控除額が大幅に減る見込みで、今までなら相続税かからない人もかかるようになりますし税額も増えます。
税収不足のおり、とれるところから取る、という発想でしょう。

>お金が動いたら、羽虫のように集まってきて。
物を買えば消費税、働いて所得を得れば当然所得税かかるし、株や土地などを売れば「譲渡所得税」、贈与すれば「贈与税」という税金かかります。
まあ、お金や財産が手に入った場合、なんらかの税金がかかるようになっていますね。

>日本で生まれたからしょうがない。のでしょうが
特に今、日本はただでさえ借金まみれのうえ、ますます進む高齢化社会のための社会保障費の増大、そして、東北の震災のため多額な復興費が必要になります。
今後、税金が増えることはあっても、減ることはありえないでしょう。

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 51% (2555/4940)

「維持費とか掛る」に。
おそらく自動車のことではないでしょうか。
20歳の男性でしたら、自分が自由に使える車が欲しい。
車を現金で買う金はないので、ローンを組んで買いたいと親に相談すると、親は
「おまえは、車の代金だけ考えてるが、維持費は考えているのか?税金だって払わないといけないんだよ」
とローンで買うことをたしなめる光景が想像できます。

私が勝手にそう思っただけですが、それを前提にして。
車は維持費がかかります。
任意保険料が必要です。
車検代も必要です。
自動車税もかかります。
エンジンオイルの交換もいりますし、オイルフィルターの交換もいります。
タイヤの交換もいります。
駐車場があればいいですが、無ければ借りないといけません。
出かける際には、当然ですがガソリン代が必要です。
出かけた先では、駐車料金が必要です。
有料道路代金もいります。
ちょっとした故障はチョコチョコと起きますが、ガス欠やキー綴じ込み事故なのへの対応のためJAFへの加入もしたほうがベターです。
車を手入れするためには、ワックスなどがいります。
消耗品としてはウインドウオッシャー液もいります。
洗車代もいります。
車の内装が殺風景だからとアクセサリーをつけたりします。
車に臭いがついたら消臭剤も必要です。
ドライブ中には、ドライブインで軽食を食べたりします。
ついでにお土産を買ってしまったりします。
友人とドライブに行った際に、友人にガソリン代を負担してくれといえないときもあります。
ぶつけたりすれば、修理代もいります。
自分の車を「いじる」ことを覚えたら、維持費どころではありません。
給与収入全部を車につっこんでるという人もいます。

行動範囲が広くなり自由に動けるという代償に「思ってもみない出費」が要ります。
それらを知ってる方は「維持費がかかるよ」というのだと思います。
維持費がもったいないなら車に乗るのをやめればよいのですが、それでは本末転倒してしまいますよね。

維持費の中には、乗らなくても払わないとならない税金が含まれます。
「ハァ?」という意見は、よくわかります。
車が欲しい欲求から、ローンを組んで買ったりすると、その支払いのために車を乗り回す金がない!!という事になりかねません。

後半の「相続税とかも、、」はまた別の問題だと思うのですが、、、。
税金は国税、地方税とあり、物凄く沢山の税目があります。
まずは、所得税あたりから税を知っていかれるとよろしいかなと思います。
  • 回答No.2
>税金を掛ける基準とかってあるんでしょうか?

取れそうなところから取る。
確実に取れる奴を制度化する。

一番わかりやすいのは消費税ね。
ガソリン税にも消費税がかかってます。

外国にも珍税は存在します。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874770703.html
  • 回答No.1

ベストアンサー率 7% (16/211)

日本語でおk
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ