• 締切済み
  • すぐに回答を!

これはベタ基礎で大丈夫なのか

新築するにあたって,地盤調査(スウェーデンなんとか方式)の結果なんですが, 5点(4つの隅と対角線が交わる1点)の結果を見ると 東側の2点と中央は下に強い岩盤があるが,西の2点が弱いということでした.強い部分と弱い部分の境目ということでしょうか. 補強として,ベタ基礎にするか,又はソイルパイル工法(深さ5mの30本らしいですが)の2つの提案を受けていますが,住宅メーカーはどちらの場合でも10年保証をつけるらしいです. ベタ基礎の方が安いのですが,地盤強度のばらつきがあるとまずいのでは?と思っています.調査地点の中央が強ければ,そこに乗るような形で大丈夫なものでしょうか. (大丈夫だから調査会社は保証する話だとは思いますが)

noname#5174
noname#5174

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数652
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.9
noname#8774
noname#8774

うちも、少し基礎が弱かったので、杭を39本うってからのべた基礎にしました。べた基礎のみは本当に危険です。豆腐の上にべた基礎があっても、そのまま地盤沈下しかねません。基礎は住宅の命ですので、お金にはかえられません。。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 地盤改良が必要なの???

    マイホームを建てるのに、土地を購入しました。土地の登記も終わり、いざ地盤調査となったのですが、何と地盤がやわらかい事が判明。5点測定のスウェーデン式サウンディングの結果、場所によりかなりばらつきがあるのですが、 表層から50cmは盛り土 換算N値 2.0~4.1 3.0mまでは換算N値 1.5~4.2の粘性土 6mまでが 換算N値 2.3~11の砂質土の地層。 杭を打ち込んでの地盤改良が必要で、100万位かかりそうとのこと。 その土地は、畑を2年前に宅地化分譲したもので、裏のお宅は地盤改良は全く必要なかったとのこと。すぐ隣でも地盤は違うと聞きますが、ここまで違うものなのでしょうか?建てるハウスメーカーや工法で地盤改良に差があるのでしょうか?(ちなみにウチは布基礎、40坪弱の二階建てを予定しています。)調査会社によっても、違うものなのでしょうか?(調査はハウスメーカーが提携している会社がしました。)周りは古くからの畑で、住宅もあり、平らな土地だったので、まさかそんなに改良が必要だとは考えてなく、大変困っています。

  • ベタ基礎の施工について

    新築予定を予定しております。ベタ基礎の施工方法について教えてください。 先日地盤調査の結果、地盤改良は必要なく、ベタ基礎での施工が決まりました。 そこで土地の現況は畑で、道路よりGLが100mmほど下がっております。 そして隣の家の基礎高よりも450mmほど下がっている状況です。 普通基礎をする場合には、土を掘って基礎を打つと思うのですが、 現況地面が下がっていますので、今の状態のまま転圧をかけて、 ポリエチレンフィルムを敷いた上に盛り土(基礎の高さにより調整)をして、砕石150mm、 ベタ基礎厚150mm(シングル筋)、基礎立上り400mm、土台柱を乗せる基礎の幅が150mm、という施工方法をとるそうです。 当然基礎部分は露出しますので、露出基礎部分に土をかぶせて処理するという説明を受けました。 このような施工法は問題ないのでしょうか?宜しくお願いいたします

  • ベタ基礎の配筋について

    ココでも色々な方が「ベタ基礎」について質問されているので、同じような質問になってしまうかとは思ったのですが・・・。 瑕疵担保保険が今年の10月より義務化されます。設計基準の「ベタ基礎配筋表」を見ました。とても厳しいな~と言うのが正直な感想です。 そこで、ベタ基礎の配筋基準を調べてみたのですが「構造計算により決定」と言うような記述をされているものがほとんどでした。と言うか全てにおいてそうでした。 しかし、地盤調査の結果においては「ベタ基礎」判定される事がありますよね?この「ベタ基礎」とは一体どのような基準なのでしょうか?スラブ厚、配筋径・ピッチはある程度確定されていると思ったのですが、どうなんでしょうか。 それが分かれば「配筋表」「構造計算」に頼らずとも、その書類を添付すれば良いかと思うのですが・・・。 配筋ピッチに関しては「厳しいと言う沢山の問合せがきている」との事でした。万全を期すと言う事だとは思うものの、このような仕事に関わっている人が法律を作るのではないんだろうなぁ~。何て改めておもいました。 ま、その方が甘えが無く良いとも言える??のかなぁ・・・。

  • 回答No.8
  • okmo
  • ベストアンサー率26% (31/116)

「ベタ基礎の方が安いのですが,地盤強度のばらつきがあるとまずいのでは?と思っています.」 まったくその通りです。べた基礎を採用する場合は弱い地盤の層厚ができるだけ均一でないと、層厚の厚いほうが多く地盤沈下しますので家が傾くことになります。この事をまず一番に考慮してください。 「調査地点の中央が強ければ,そこに乗るような形で大丈夫なものでしょうか」 やじろべえのような家を建てることになりますね。 今の場合はソイルパイル工法をお勧めいたします。 ちょっと話は変わりますが,今回の地盤調査は「スウェーデン式サウンディング試験」という調査です。住宅では最も行われている調査方法ですが、問題点は調査地点に大きな石とかガラがあったりした場合でも良好な岩盤と判断されてしまうことが多々あります。この疑問を解決するには、調査地点を少しずらして何箇所か検証するか、ボーリング調査により地盤を調査する必要があります。 参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#5925
noname#5925

>粘土層に限定した話になっています。 質問から当然粘土質です。砂質層にソイルセメントなんか施工しません。 砂質層なら液体化を想定して交換杭を打つのが一般的です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

どんな層は自分で調べる手立てはあるのでしょうか. ここは扇状地かもしれません.

  • 回答No.6
noname#5646
noname#5646

場合によってはベタ基礎でも全く平気です。 場合によっては地盤強度の境目への集中荷重で、基礎がまっぷたつになります。 ここでいう「場合」は、この場のやり取りでは判断が難しいと思います。 家を建てるのは普通一生に一度のことなのですから、信頼できる専門家に直接相談されることをお薦めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>場合によってはベタ基礎でも全く平気です。 こころ強い回答ありがとうございます.場合とは,例えばどのような条件でしょうか.(地盤の強さの違いが小さいとか) 地盤調査会社が出した案2つなようですが,その上で専門家とは,どのようなところに相談すればよいのでしょうか.

  • 回答No.5
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

粘土層に限定した話になっています。

参考URL:
http://www.mmjp.or.jp/honki/ie/kiso13/kiso13.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#5925
noname#5925

>良好な地盤のN値は50以上で、#1の方の数字が一桁違っています。 間違っていません。住宅の場合、N値が5以上であれば「良好」と判断しています。 N値が12もあれば岩盤状態でユンボで根切り(基礎を設置するために地面を掘ること)すらできません。 住宅用に一般に行なわれているスウェーデン式地盤調査でも貫入不可となります。 ビルや原子力発電所でも建設しない限り「ヒトケタ多い」N値は必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

地盤の固さにばらつきがあると、不同沈下を起す可能性があります。 ただ、弱い部分の面積比がどの程度か、 荷重の違い(弱い部分を平屋にする)によっても変ってきます。 住宅メーカーが、根拠なしに補償をつける事はしないので、詳しく説明を聞いて、納得がいく方法を探っていく方が良いでしょう。 あと、訂正させていただきますが、良好な地盤のN値は50以上で、#1の方の数字が一桁違っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • nobugs
  • ベストアンサー率31% (1061/3349)

地盤の固さにばらつきがあると、不同沈下を起す可能性があります。 ただ、弱い部分の面積比がどの程度か、 荷重の違い(弱い部分を平屋にする)によっても変ってきます。 住宅メーカーが、根拠なしに補償をつける事はしないので、詳しく説明を聞いて、納得がいく方法を探っていく方が良いでしょう。 あと、訂正させていただきますが、良好な地盤のN値は50以上で、#1の方の数字が一桁違っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます.弱い部分の面積比も関わってくるのですね.ただ,基礎施工予定地の5箇所だけを測って,強い面積が何割くらいか..などと計算で求められるのでしょうか.

  • 回答No.1
noname#5925
noname#5925

>弱いだけでは、なにも判断できません。N値を教えてください。 ちなみにN値が5以上であれば良好です。 N値が3~5の場合ベタ基礎が適しています。 3以下の場合、ベタ基礎では基礎ごと建物が沈んでいきます。 ソイルセメントを提案しているのであればN値は1~3でしょう。 ベタ基礎だと間違いなく沈みます。ソイルセメントよりベタが安いに決まっていますがあなたの場合、沈むでしょうね。 10年保障されるのであれば貴方にお任せしますが、間違いなく沈みます。その時にそのメーカーはジャッキアップするのでしょうね。多分。もしくは「許容範囲だ」と言われるかどちらかでしょう。 またそのメーカーが10年後あるかどうかは話は別です。ある2社は数年内にまちがいなくつぶれますし。 何十年も安心して住みたいのであればソイルセメントにしたほうがいいです。 提案したメーカーにしてもソイルセメントは高価なのは分っています。ベタで済むのであれば済ませたいです。 その上で長く住んで欲しい、と思って提案しているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます. N値がわからないということですが,その数値を聞くのは今日なのでしばらくお待ちいただいて,また後から御相談にのって頂けますでしょうか. ただ,何も判断できませんと言いながら,間違いなく沈むというのはどういうことなのかなと疑問にも思ったりします.(ベタは沈むものでしょうから,当然ですよね) 補強の工事は別途私が出すのに,住宅メーカーが保証するということ状況ですが,リスクの低い方だけを提案しないのはなぜでしょうか.と考えれば,ベタもそれなりに根拠があって大丈夫ということかなとも思いまして. 保証は,地盤調査会社の保証だそうでし,併せてメーカーもつけるらしいです.

関連するQ&A

  • 地盤調査報告後の追加工事について

    地盤調査で「ベタ基礎による対応が可能な地盤」と診断され、地盤改良はナシと言われました。 が、基礎工事が始まって土を一部掘ったところ下から水が出てきたので、工務店さんから「地盤調査会社に確認すると、一部深基礎の部分は改良工事をした方が良いみたいなんです。。。」と連絡がありました。 私ども素人的には「へ?じゃあ地盤調査で何を見てたん?」という疑問と怒りが湧いてきます。 正直、金銭的余裕もありませんし、知識もありません。 この改良工事は言われるがままに受け入れなければならないのでしょうか? また、調査をしていてもこのような事ってあるのでしょうか? 教えてください。

  • 土地について

    一番高いところで、3m弱の擁壁のある土地を購入しました。 地盤調査の結果、ベタ基礎で、という指定はあったものの安全性には問題なしと言われ、10年保証もつけてもらいました。地盤が大丈夫、ということは擁壁などが崩れる心配はないということですか?擁壁はどれくらいでメンテナンスが必要なのでしょうか?無知ですみません。よろしくお願いいたします。

  • JIOの検査範囲

    新築にあたり、シロートなのでJIOもお願いしました。 (大体16万円くらいとHMはいっていました) それで今日JIOの案内が届いたのですが、その資料に 地盤調査:約7万円 建築検査:約9万円 とありました。 ということは、JIOは建物検査だけでなく地盤調査も行ってくれるという意味なんでしょうか? でもその資料の「地盤調査」の説明に 布基礎、ベタ基礎は地番改良検査の必要はありません。 と書かれていました。 建てる建物は木造(在来工法だと思います)の注文住宅でベタ基礎です。 価格だけをみると地盤調査も含まれているような気もしますが、資料には調査不要とまったく逆の意味に思えるのですが、実際どうなのでしょうか?

  • 地盤調査

    現在、新築で家の購入を予定しています。 地盤調査してもらったところ、調査会社から 「地盤10年保証するためには柱状改良したほうが良い」と 連絡があり、工事金額は約90万円にもいたります。 地盤調査会社から保証できないということを聞くと、改良しないと 地震などの際には家が傾くのでは?と不安になるのですが 土地改良するかどうかの判断基準は、どこにあるのでしょうか? 金額的にも小さくはないので、悩んでいます。

  • 地盤調査結果

    JIO21という調査会社の地盤調査結果の見方を教えてください! 調査結果を見せられて改良が必要ですねといわれてもわかりません。 監督の方もあまりわかっていないようで不安です。

  • 地盤保証につきまして。

    現在、建売物件の購入を検討中で、先週金曜日に申し込みを済ませ、今週土曜日に契約を交わす予定です。そのため、不動産コンサルティングの方に物件調査を依頼し、建物検査のため地盤調査報告書を取り寄せたのですが、改良前の地盤状況としましては、"台地と谷地にまたがる造成済みの更地。粘性土、礫質土で現況-1.5~2mまで盛土層(ガラ多量交じりる)かつ全体的に不均一な状態。3m付近より礫質土層と考えられ貫入不能"だそうです。その後、問い合わせて、さらに"地盤調査後、3.5mの鋼官を95m2の敷地に32本打ち込むことによって、地盤改良が行われている"との報告書を調査会社からもらいました。そもそも地盤調査会社の行ったテストは、地盤保証に関してのものなので、当然、地盤保証が付くものと思って建売業者に確認したところ、地盤保証は現況ではついていないと言われました。そこで、不動産コンサルティングの方に確認しましたら、"この建売業者は、基礎まで保証をつけており、地盤改良がなされて問題ないとすれば、地盤保証は特に付けない方針なのだろう。大手の建売業者ではよくあること。"と回答をいただきました。私としては、改良前の地盤に不安があったことから、地盤保証まであった方が安心できるのですが、この建売業者のように基礎の保証だけで十分なのでしょうか。また、元は畑地でもともと強くはない地盤ですが、地盤改良をすれば、戸建てを長期間にわたって維持するに十分な地盤とみなすことができるようになるのでしょうか。ご存知の方、何卒、よろしくお願いします。

  • 盛土と地盤調査について質問です。

    盛土と地盤調査について質問です。 このたび、新築を考えている者です。 新築予定の土地が少し低かったため、30cm程度の盛土をしました。 しかし、親戚に聞いたところ、 「地盤調査前に盛土をすると軟弱地盤と判定されて地盤改良が必要になるよ」・・・と言われました。 一方、建築業者の話では、 「スウェーデン式の地盤調査だから、100mの地下まで調べるから関係ない」と言われました。 何が信用できるのか分からなくなったため、お知恵をお貸しください。 (現状は土をそのまま入れて均した状態であり、土を圧縮して固くするようなことはしていません) 1、元々の地盤は固い地盤のようなのですが、盛土をしてしまったばかりに、本来であれば必要なかった地盤改良をしなければいけないのでしょうか? (盛土をしたことで地盤調査に影響があるのでしょうか?) 2、盛土を取り払い、地盤調査をしてもらうことは可能でしょうか? 3、入れた土が、浜辺にあるようなサラサラの砂(砂漠にあるような砂)なのですが、これは山砂なのでしょうか?(請求書では「山砂入れ」となっていましたが・・・) すみませんが、よろしくお願いします。

  • 地盤改良、した方がいいの?

    新築一戸建てを建てるため、先日JIOで地盤調査をしてもらいました。 (スウェーデン式サウンディング試験) 調査の結果、地中8.25mまでは地盤に問題なく (もらった資料を見ると全ての測点の各深さで荷重1.00kNで合格? ところどころ0.75kN、一箇所だけ6.25mの深さで0.5kNというのがありました) 考察は 「建物荷重の応力範囲において緩い層が分布している地盤です。対策としては、全体に入念な締め固めを実施した上で荷重分散効果の高い ベタ基礎の採用が適当であると考察します」と 調査書には書いてありました。 設計者からは調査結果が良かったので地盤改良の必要はないが もし「念のため」と思うのであればやってもいいと言われました。 費用は132万円です。 木造2階建て、ベタ基礎なのでJIOの調査結果を信頼して 改良しないで建てようか? それとも安心料として132万円支払って改良してもらうか 迷っています。 地盤改良をせずに建ててしまっても 地震や地盤沈下は大丈夫なのでしょうか? みなさんは、地盤改良をしないくても良いと調査結果が出ていても 地盤改良はされますか? 建ててしまって、後で後悔したくないのでお聞きしました。 よろしくお願い致します。

  • 業者さんの意見が正反対です!どっちが本当?

    木造2階建て、ベタ基礎仕様、一階施工面積15坪ほどの住宅を建築予定です。 それに先立って、地盤調査を依頼したのですが。。。(調査はまだしてません) 地盤調査を依頼した業者とハウスメーカーお抱えの土木やさんとの話が まったく逆なのでどちらを信じて良いのかわかりません。 地盤調査を依頼した業者さんがおっしゃるには 「地盤調査の結果、地耐力に合った基礎を設計するべきで  最初から基礎がきまっているのはおかしい。  ベタ基礎は平面積に加重が分散されるといえど地中の深い位置まで  加重がかかるため補強(柱状改良)が必要になる。  同じ地耐力であれば、布基礎は基礎の下を  幅1メートル程の補強(表層改良)ですむ。  基礎に地盤を合わせるのは無駄な改良になるし、木造2階建てなら布基礎 で十分。」 一方ハウスメーカーお抱えの土木やさんは 「少々地盤が弱くてもベタ基礎は大丈夫、布基礎はグラグラッときたらポキッと折れる」 とのことです。 また、建築予定地は100坪ほどあり 道路までの高低差がある為、1メートルの盛土が必要ですが 地盤調査を依頼した方は 「30センチごとに転圧し締め固める」 土木やさんの方は 「転圧しなくても土をならして走ってるうちに締まる」 双方の造成のみの費用には100万ほど見積もりに差があります。 過剰な工事はしたくないものの、必要な工事はきちんとしたいのですが どちらが本当なのかわかりません。 どうかご教授ください。

  • 地盤改良工事について

    GW明けに夢のマイホーム着工予定の者です。 地盤調査の結果、柱状地盤改良工事が必要との判定となりました。 我が家の場合土地を造成販売した不動産業者と住宅建築メーカーは別の業者です。住宅メーカーには地盤調査に基づく保証が付いており、この地盤調査により軟弱地盤であることが判明しました。地盤改良工事を行わないと不同沈下の恐れあり、また当然保証も受けられないということになります。 この造成地は元は田んぼであり、住宅メーカーからは最悪ベタ基礎になるかもしれないとの話は聞いていましたが、今回の結果はそれを上回る状況でした。 地盤とは土地という商品の一番重要な品質。この品質に問題が有る以上、不動産業者に責任があると思います。標準の布基礎以上の基礎の構造変更、地盤の改良の費用は造成した不動産業者に負担させることが可能でしょうか? (事前に不動産業者が地盤調査なりを行い、土地の品質を表示した上で商品を売り出すできではないでしょうか?) 業界の常識など、ご教授頂ければ幸いです。

専門家に質問してみよう