• ベストアンサー
  • 困ってます

特許料の納付について

特許料納付時に、万一金額が多かったり少なかったりした場合には、 特許庁から納付者に通知が届いて再手続きすることができるのでしょうか。 再手続きが納付期限を超えていた場合には、追加料金がかかるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数487
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

弁理士です。 このような特許庁の運用に関係する内容は、特許庁に聞いてみるのが一番です。 匿名でも答えてくれますし、非常に親切です。 問い合わせフォームもあります。 http://www.jpo.go.jp/toiawase/toiawase1.htm#kenri なお、審査請求については、期限前に100円でも支払って審査請求書を提出すれば、 料金が足らないという補正命令が来て、その応答期限内に支払えばOKです。支払い額が0の場合は分かりません。 また、商標の登録料について問い合わせたことが有りますが、100円でも支払えば、足りない分については、補正命令が出されますが、0円の場合は、補正命令なしで却下されるらしいです。実際にやったことはないので、真偽は不明ですし、運用なので変わるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

特許庁の問い合わせフォームを利用し、特許庁から回答をいただきました。 特許年金が足りない場合でも補正指令に対応すれば、最初の納付日が担保されるとのことでした。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 特許法44条4項について

    特許法44条4項では、30条4項の書面は新たな特許出願と同時に提出されたものとみなす。とあります。 そこで疑問なのですが、 原出願で30条の適用を受けているとして、新たな特許出願で30条の適用を受けようとする場合は、30条適用の旨および証明書の提出が省略されることから、出願人はなんら特許庁に対して手続きする必要がなく、勝手に特許庁が判断しちゃうのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 出願書類の納付金額記載について

    減免申請者の納付金額記載について以下5つの質問お教え頂きたくお願い致します。 書類作成上の記載金額として「(1)出願料」プラス「(2)特許及び登録料」の合計金額なのですが、私の場合資力に乏しい個人ですので減免措置の手続きで出願しようと思っています。その場合、 Q:1)そこに記載するべき金額は(1)だけの金額で良いと思うですが、「書式チェック」でエラーがでます。 (1)(2)の合計金額を記載するとOKが出ますのでとりあえずそれで提出しておけばよいのか。    Q:2)納付額は減免措置で免除される金額を除いて(1)のみを納付しておけばよいのか? Q:3)又、減免申請書と添付書類を出願と同時に提出し支払いの補正が来るまで待ってから指示された金額を納付すればよいのか? Q:4)減免申請書の提出期限ってあるのですか? Q:5)申請書の提出後、特許庁から「受理しました。」とかの案内は来るのですか?来ない場合その確認方法は? 以上、よろしくお願い致します。

  • すでに特許が取得済みになっている、

    すでに特許が取得済みになっている、 システムやサービスの開発や提供を行う場合は 特許庁などへの手続きなどはあるのでしょうか?

  • 納付期限の過ぎた納付書が届いた!

    昨年末(2004年12月)に退職し国民年金加入の手続きをした際に、納付書が届いたら納付するよう窓口で言われました。昨日納付書が届いたのですが、昨年の12月分と今年の1月分については既に納付期限が過ぎています。 納付書自体は使用期限内ですのですぐに納付したものの、なんだか納得がいきません。退職後すぐに手続きしたにもかかわらず納付期限が過ぎてから納付書が届くなんて。 遅延した事によって将来不都合が生じる事がありますか?市役所の年金課に電話すると「あるかもしれません。が、社会保険事務所がやってることなので・・・。」と。社会保険事務所に電話してもずっと話し中でつながりません。 どなたか教えて下さい。宜しくお願いします。

  • 退職後、一括納付しましたが・・・

    税金のカテゴリですが、年金・健康保険についても教えていただければと思います。 7月末に民間企業を退職しました。 その際には転職先が決まっていなかったため、すぐに市役所へ手続きに行きました。 しばらくして国民年金、住民税の納付通知書がきました。 納付期限を忘れてしまってはいけないと思い、今年度分を一括納付しています。 その後、12月入社で就職が決まりました。決まったあとで、国民健康保険の納付通知書が来ましたので、これにつきましては納付期限が18年11月28日までの分を支払いました。 ここで教えていただきたいのが、一括納付した国民年金と住民税は、就職した後どうなるのか?ということです。 二重払いということはないですよね!?もしくは、還付手続きを自らとるのでしょうか? (ちなみに、就職先は一部上場企業です) また、12月入社で会社の健康保険組合に加入する私は、いつまでの国民健康保険を支払えばいいのでしょうか?納期限が12月28日までの分かな? 長々と申し訳ありません。わかる方がいらっしゃいましたが、よろしくお願いします。

  • 特許のことでお聞きしたいのです。

    いま、もっているアイデアで特許をとりたいのですが もうすでに他の誰かが特許をとっているかどうか 調べるには、どうすればよいのでしょうか? 特許庁のHPを検索してみたのですが、よくわかりません。 ご存知の方、いらっしゃれば教えてください。

  • 若年者納付猶予について教えてください

    私は28歳の主婦です。 一昨年に会社を解雇され(そのときはまだ入籍してませんでした)一時的に国保に加入したのですが、 その後、都合上金額の少ないアルバイトをするしかなかったので国保を払えず、 仕方ないので二年の猶予期限をもらい、その間に支払う、 という話にしてもらったので、7か月分をちょっとづつ支払い始めました。 ところが、一ヶ月目はちゃんと支払えたのですが、 二ヶ月目分と三ヶ月目分が、支払っても、社会保険事務所より還付の通知が来てしまうのです。 通知書には、若年者納付猶予に該当している期間のため、保険料は充当されました、還付いたします、と書かれています。 また同じようなことがおきると予測できるので、なんとなく支払うのを戸惑ってしまいます。 20代前半頃に一度職を変えたとき、こんな充当・還付に関する通知なんて一度も来たことありません。 一体どういう経緯で若年者納付猶予に該当し返金されるという事態になるのでしょう? ちなみにそのような手続きを行った記憶はありません。そのような手続きが存在するのでしょうか?教えてください。 私は今後どうしたらいいのでしょう・・・?

  • 特許 審決送達時の期限管理について

    特許事務または実務担当者の方よろしくお願いします。 特許について、審決を受領した場合 特許審決なら、設定納付期限が 拒絶審決なら、審決取り消し訴訟の出訴期限が発生しますが、 条文上、その期間はそれぞれ謄本の送達があつた日から30日となっています。 オンラインの発送なら発送日=送達日なのでどちらでも問題ないと思いますが 郵便の場合は発送日は送達日と異なりますよね。 このようなとき、みなさんの事務所ではどちらで管理していますか? 本来は条文通りで管理すべきだと思うのですが こちらで受け取った日付(送達日)が特許庁でも送達日と認識されるのか 若干心配です。実際どうされているか教えていただければ嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 特許法第41条第1項について

    ある出願の包袋資料を見ていましたら、特許庁から以下の手続きがなされておりました。題名が「優先権主張無効の通知」であり、理由が「特許法第41条第1項の規定による優先権主張に関する特別授権を得ていることを証明する書面が提出されていない」と言うことで無効になっていました。この特許庁が述べている理由は、上記条文のどこから読めるのでしょうか? また、もう一つ質問があります、本件は指定国を日本、他2カ国にしており、国際公開され、国内書面提出期間に上記書類を提出していないため却下となりました。この時、国際出願した日に日本の出願番号も付与され、再公表特許公開前に上記理由で手続き却下となっても、その日本の出願番号は残ったままなのでしょうか(審査経過情報の一覧にも記載されるのでしょうか)? どうぞ宜しくお願い致します。

  • スパコンは特許?

    スパコンは特許ですか? 特許庁にいけばスパコンの特許は見られますか?