• ベストアンサー
  • 困ってます

アパートに賃貸中ですが連帯保証人を立てられなくなりました。

アパートに賃貸中ですが連帯保証人を立てられなくなりました。 今まで父が連帯保証人でしたが、亡くなった為に保証人になってくれる宛がありません。 再来月にはアパートの更新になります。 保証会社に依頼しようと考えていますが 去年の実質収入が少なく(遺産整理などで仕事を休みがちでした) 源泉、給料明細などの提示を求められたら、困ってしまいます。 会社には事情を話し、保証会社から会社記入の用紙があった場合は 収入を高く書いてあげると言ってくれています。 貯金は200万程あり、ローンや借金などは一切ありません。 保証会社に必要な提示書類や流れを教えてくださると助かります。 家賃7万  賃貸年数20年(建った時から住んでいます) 大家さんとは、まあまあ仲良く問題なく付き合っています。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#203300
noname#203300

 大家しています。  『更新』では大家も管理会社も強く出たって仕様が無いのです。質問者様の状態なら、家賃の滞納や遅れがないという条件はありますが、裁判所に行っても質問者様を追い出せるような判決はもらえません。  結局、更新を拒否しても『法廷更新』となって、契約書もなく、滞納事故が起こらないことを“ただ祈るのみ”ってなります。それなら何とか保証人を探すなり、保証会社をつけることを約束した契約書を作って更新してしまった方が大家としては得策と考えるのですが・・・・  『大家さんとは、まあまあ仲良く問題なく付き合っています。 』と言うことですから管理会社ではなく大家さんに事情を話して相談してみましょう。大家さんがOKといえばOKです。  私なら、コミュニケーションも取れていて、問題なく住んで頂いている古くからの借主さんを“袖にして”、まだ人柄もわからない新しい方と契約するようなリスクは冒しません。  要は、まともな借主さん(ほとんどそうだと思うのですが)なら、保証人なんて居ようが居まいが関係なく、死んでしまってたって気にもならないって役回りです。逆に言えば、この“役者”が舞台に上がるようでは、信用ガタ落ち、人生終わりかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 内容を拝見してホッとしています。 今まで長く借りていて住み慣れてしまったために 何となく離れがたいアパートになってしまいました。 アパートの周りを掃除したり、ゴミ置き場の整理をしたりして 大家さんには感謝されていましたが、連帯保証人となると 話は別になるだろうと考えていました。 回答者さまが助言してくれたように『情』にすがってみます。 一番長く住んでいて、問題を起こした事も無く、掃除サービスもしているので 少し『情』に期待して大家さんに相談して見ます。 それが無理でしたら、諦めて保証会社にケタの少ない書類を提示します ありがたい助言、感謝しております。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

私が大家だったら、質問者さんの様な借家人は一番大切にしたいお客様と考えます。 優良なお客様に対しては、今後とも住み続けて頂くことを第一優先とし、第二優先で家賃の滞納リスクを考えます。 賃貸経営の立場からは、家賃の金額もさることながら満室率(24カ月中に何カ月家賃が取れたか)が重要です。 借家人が交代するときにはどうしても空室期間が発生し、満室率が100%になりません。 経営としては満室率=90%前後で十分採算がとれるように考えるものです。 今回のケースを考えると、連帯保証人云々よりも、次の契約期間24カ月の満室率を考えればよいわけで、質問者さんのような家賃滞納が無い優良なお客様が住んでいただけるのであれば、多少の優遇策を考えてもおかしくありません。 例えば「24か月前家賃で更新料なし」という条件なら大家として大歓迎ですね。 この案が合意出来た場合、 1.大家は今後2年間満室率100%が期待でき、家賃滞納リスクは無く、理論上、前受け金利を得ることができる。 2.借家人は24か月分の168万円を預けることで更新料一月分7万円と保証会社の料金が節約できる。 ただ、一般的に大家の方から前家賃を要求するという事はできませんので、質問者さんから提案してみる必要があります。銀行に168万円置いておいてもほとんど金利も付きませんが、168万円を大家さんに預けることで7万円の更新料が節約できるとすれば、単利計算でも4.2%も得しますよ。 賃貸契約は、貯金も無く”その日暮らし”の借家人であっても、家賃を取りはぐれないということを念頭に置いていますので、質問者さんのような余裕のある方の場合を想定してはおりません。また今後2年間で不測の事態が起きた場合を考え、前家賃の返却方法などを取り決め書面にしなくてはならないので面倒くさいのが難点ですね。 司法書士などに相談すれば書類の整備はしてもらえますので、一度、大家さんに打診をされてはいかがでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 今日、不動産屋から更新書類が届きました。 大家さんと不動産にはまだ相談していません(なかなか勇気がいるものです・・・) ご提案あったように私の方から、保証人の代わりに 家賃をまとめて支払う事を提示しないと話は進まないと理解できました。 確かに、大家さんからは言い難いし、不動産屋は保証会社の提案だけだと思います。 24ヶ月分となると少し不安なので 一年分か半年分を一括して払う事を相談してみます 段々と気持ちが楽になってきました。住む場所があるって大事な事ですね。 とても助かる提案内容で助かりました 本当にありがとうございました 無事に更新できたら再度お知らせいたします。

  • 回答No.1
noname#184449
noname#184449

元業者営業です >源泉、給料明細などの提示を求められたら、困ってしまいます。 間違いなく求められます。 >収入を高く書いてあげると言ってくれています。 これは止めましょう。明らかな「偽造」ですから、下手したら訴えられます。 >保証会社に必要な提示書類や流れを教えてくださると助かります。 保証会社の殆どは「銀行」や「金融機関」が母体になってますから、必要な書類は「お金を借りる時と同様の書類」です。 源泉、身分証明書、印鑑証明等 何だったら2年分の家賃を貯金で一括支払いしてしまえば? 7×24=168万 貯金200万でお釣りが来ますよ。 当然、途中で退出する場合は残期間分の家賃は返還してもらうよう書面にして。 今迄に問題なく住んでいたのなら、この条件で大家さんも受けてくれると思いますが。 次の更新時には年収も通常になっているんでしょう? それなら普通に保証会社を利用できますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確実は保証会社にお願いする事と思いますが 何せ去年の所得が少なく提示することに抵抗があります。 貯蓄は他にもあるので、何ヶ月分かを先払いにしてもらえないかを 大家さんに相談してみます。 保証会社に依頼すると何パーセントか払わなくては いけない話を聞いています。 もったいない気がします。 大家さんに相談して、無理そうなら保証会社に依頼してみます。 不動産サイドからの助言、ありがとうございました。 とっても助かりました感謝しております。

関連するQ&A

  • アパートの連帯保証人の代わりの賃貸保証

    アパートを借りるとき、通常ならば、連帯保証人を立てますが、都合により、たれられないとき、賃貸保証会社を利用しますね。 で、保証会社と契約をする際に、契約書が2種類あり、連帯保証人を立てるかわりに、1月の家賃の40%を支払うのと、連帯保証人をたてずに連絡先だけを教えるかわりに1月の家賃の80%を支払うのとがある、といわれました。 40%で済むほうを考えていましたが、記入欄に連帯保証人と書いてあり、不動産屋さんは、形式的なもので、実際には連帯保証を負わされるようなことにはならないとか言っていますが、ちゃんと連帯保証人と書いてあるので、こわくて、ここに書く気にはなれません。 そもそも、連帯保証人を立てられない事情があるから、賃貸保証を利用するのに、賃貸保証を立ててもらうために連帯保証人の記入欄がある、というのが、理解できません。 わたしが聞いていたのは、連絡先がわかればいい、という話を聞いていたので、賃貸保証を立てようと思ったのです。 この賃貸保証会社と契約するときの連帯保証人って、なんなのでしょうか。本来の賃貸保証会社を通さず、普通にアパートを契約するときの連帯保証人と何か違うのでしょうか。連帯保証人が立てられるのであれば、保証会社を通さずに、普通の契約をすると思うのですが。。。 わたしが訪ねた不動産やさんの方は、多分、バイトか何かでよくわかっていないように思います。納得できる答えが聞けませんでした。

  • 連帯保証人ですが借り主と連絡がとれません

    知り合いに代わって質問させていただきます。 アパート賃貸の連帯保証人になりましたが、借り主が家賃を6ヶ月分滞納して、連絡が取れません。 会社には出勤しているようですが、携帯は留守電でアパートにも帰っていないので大家さんも知人も連絡が取れない状況です。 現在、大家さんから家賃を支払うよう毎日のように言われています。 本人は働いて収入もあるのに、払う意志が無いという理由で、連帯保証人が本人に代わって家賃を支払わなければなりませんか。

  • 賃貸保証会社と連帯保証人

    宜しくお願いします。 私には叔父(70代、生活保護)がいます。 十年程前に叔父が生活保護をうけるためアパートを借りる時、 父(叔父の弟)が連帯保証人になっております。 考えたくないことですが、叔父や叔父のアパートに何かが起きたとき、 現状ですと連帯保証人である父に請求が行くことになると思います。 最近父が病で体調を崩し、現在入院しており、回復の目処はたっておりません。 また父は退職し、年金以外の収入がありません。 そこで可能なら連帯保証人を父にやめて貰いたいところですが、 他の保証人をみつけたりしないと連帯保証人をやめることは出来ないようです。 福祉事務所の方に相談したところ、10年前とは違い現在は賃貸保証会社があり、 生保の人など連帯保証人がいないとき、保証人の代わりになることが多いとお聞きしました。 そこで質問ですが、 1.連帯保証人を父から保証会社に変えることは出来るのでしょうか? 私の考えでは、仮に保証会社に入ったところで、 大家さん・不動産屋さんとしては請求先確保するため、 父に連帯保証人をやめさせてくれないように思いますが、 ただ、もし父が連帯保証人として残っていたとしても、 大家さん側としては支払いの迅速な保証会社に請求することになるのかと思います。 2.その際保証会社からの請求は、連帯保証人である父の元へもいくのでしょうか? 3.その請求がいくのは、保証会社に加入する際に保証会社の連帯保証人として父が同意した場合になるのでしょうか?(賃貸契約の連帯保証人は関係ないのですか?) 4.そもそも保証会社に入れるのでしょうか?入った方が良いのでしょうか? (保証会社に入っても、結局父の所に請求が行くのであれば、 取り立てが大家さんや不動産屋さんから保証会社にかわり、 保証会社の料金が増えるだけで、入るメリットがないように思います。) 叔父も何かの際に父に迷惑がかかることを懸念しており、 可能なら連帯保証人を変えることにも同意しております。 また叔父は家賃をちゃんと納めており、滞納したことはありません。 ネットで保証会社に関する情報が少なく、あまり評判が良くないこともあり、 同じようなケースも見あたらなかったため、質問させていただきます。 詳しい方に返答いただけたら助かります。 長文でわかりにくいところがありましたら、ごめんなさい。

  • 賃貸契約で連帯保証人を立てているのに

    賃貸物件を探している者です。 いい物件があったので、契約をする方向で話がまとまりかけていた のですが、契約をする際、賃貸人の指定する連帯保証人代行会社と 賃借人が契約することが条件となっていました。 賃貸人からの指示で連帯保証人(隣の市に住んでおり、勤続年数も 収入も十分かと思います)も立てていますし、連帯保証人の提出書類 もあります。敷金も、家賃の3ヶ月分を支払うことになっています。 これらに加えて、さらに連帯保証人代行会社も必要なものなので しょうか? 契約書が届いたところ、当初聞いていなかった7万円という金額が 加算されていて驚いたのですが、保証会社に支払う保証金とのこと でした。以降は、毎年1万円ずつ更新料を保証会社に支払うそうです。 なんだか釈然とせず、このまま契約を進めていいか迷っています。 貸主が、「借主と保証会社が契約を結ぶことが条件」と言っている 以上、この条件を飲まない場合は契約不可能なのでしょうか。 それともこのようなケースが一般的でないのでしたら、その点を 指摘して真意を尋ねてみたいと思っています。 こうした事例に詳しい方、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、 ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 賃貸アパートの保証人

    (信用できない)親戚から賃貸アパートの連帯保証人になってくれと頼まれました。 印鑑証明をとって、実印を貸して欲しいと言われたんですが 勿論、大切な実印は渡さず、用紙を確認してから自分で押印しようと思いますが アパートを借りる際、保証人まで「印鑑証明」って必要なんですか?

  • 連帯保証人について

    アパートの大家ですが、今回の震災で連帯保証人になっている方が亡くなってしまいました。 連帯保証人になってくださる方が見つかりません。本人にも探して貰っているのですが、知り合いが殆ど亡くなってしまい、本人もどうしたらいいか、途方にくれている状態です。 この方だけでなく、今後もこのようなことが起きます。何か良い知恵ありましたら教えてください。 不動産会社は連帯保証人と、保証会社両方に契約をしてもらうよう奨めていますし、入居案内で話しています。 この不景気で家賃を払わないで夜逃げしたり、滞納者が増えて、両方の契約がないと大家さんの物件管理が出来ない状態に追い込まれると話していました。 よろしくお願いします。

  • 賃貸契約書について(連帯保証人等)

    カテゴリ違いでございましたら申し訳ございません。 現在住んでおりますアパートですが、住み始める時に、大家さんと賃貸契約書を作成しませんでした。 理由は、知人が住んでいたアパートをそのまま借りた為です。(知人とともに大家さんに挨拶に行き、住む許可をいただきました。) この度、賃貸契約書が必要となりました。私の名前で賃貸契約書の作成をします。 大家さんに相談したところ契約書は大家さんが作成するので、私は、通常の契約に必要なものを調べて用意するようにと指示をうけました。 具体的にはとお尋ねしたところ、だいたい以下の内容とのことでした。 ・連帯保証人となるひとからの委任状 ・連帯保証人の住所、電話番号 ・連帯保証人の印鑑 ・敷金/礼金 上記必要となるものについて以下の疑問がございます。 ●不足、間違えがございますでしょうか。 ●連帯保証人を外国人の方にお願いしようと思っています。(結婚ビザで日本に長く住んでおられるかたです)通常、外国人でも連帯保証人にはなれるのでしょうか。なれる場合、印鑑を用意する必要があるのでしょうか。 ご存知の方がおられましたら教えていただければ幸いです。

  • 賃貸の連帯保証人について

    実兄と母(無職 70代)が引越しをするにあたり賃貸の連帯保証人を頼まれました。 親戚は皆高齢のため頼めるのは自分だけになると思います(正社員です)。 連帯保証人は家賃の滞納や破損など発生した際に代理で支払う義務があります。 賃貸契約は長期に渡ると思いますので躊躇っています。 保証会社とも契約するようですが、保証会社ありと、連帯保証人のみの契約では連帯保証人の責任の重さは変わりますか? 家族ですから力になってあげたいですが、今後自分も定年を迎えた時に代理で支払うことになったとしたら金銭的に無理になると思い悩んでいます。1年程度の家賃なら負担できます。永遠に払うとなると無理です。 どうするのがベストかアドバイスお願い致しますm(__)m

  • 義妹のアパート契約の保証人になることとなりました。

    義妹のアパート契約の保証人になることとなりました。 提出書類にわたしの印鑑証明と「源泉徴収票」があります。 わたしは自分で会社を経営しており、義妹もわたしの会社の社員です。 義妹も自分の源泉徴収票を提出します。(わたしの会社が作成したものです) ここで質問です。 「源泉徴収票」は、アパート契約者である義妹と、連帯保証人である私のものとそれぞれ必要書類として提出するのですが、義妹はわたしの会社から給料をもらっているので、「源泉徴収票」の会社名欄は2人とも同じものが記載されています。 不動産会社の側の立場からすると、契約の審査に保証人の「源泉徴収票」まで提出させるほど、きびしく審査をするのであれば、契約者の収入と連帯保証人の収入元が同じ会社であるとわかれば、ちょっとマイナスイメージにならないでしょうか? もしも私の会社が倒産したら、契約者の義妹も連帯保証人のわたしもどちらも収入がなくなります。 これだと連帯保証人を立てる意味がないような気がします。 わたしはそう思ってるのですが、、常識的に考えてどうでしょうか? 審査で落とされる可能性ありますでしょうか? 物件は新築の賃貸アパート物件です

  • 連帯保証人を立てずに賃貸は借りられますか?

    私は、静岡で賃貸住宅を契約しています。 先日、連帯保証人が亡くなってしまい、不動産会社に相談をすると、連帯保証人を新たに立て直すようにとのことでした。 基本的には、親族でないといけないという条件で提示されていまいましたが、私には身寄りがなく、最悪の場合友人や知人にお願いしようとも思いましたが、迷惑もかけられないし、困っています。 どうにか連帯保証人を立てずに契約し直す方法はないのでしょうか? また、正直、今の家賃を一人で支払っていくには、少し不安なので身の丈にあった家賃の部屋を探そうとも思っています。 最近では、保証会社というものがあり、連帯保証人をたてなくても契約できるとききました。 静岡で、そのようなことができる不動産屋さんがあれば、教えて頂きたいです。