• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

INVOICE と DEBIT NOTE の違いを教えて下さい。

  • 質問No.6037216
  • 閲覧数263583
  • ありがとう数182
  • 回答数1

お礼率 51% (17/33)

INVOICE と DEBIT NOTE の違いを教えて下さい。

INVOICEは送り状、納品書、請求書という解釈で貿易取引では一般的に通用していますが、DEBIT NOTE の位置付けがいまひとつよくわかりません。 DEBIT NOTEは借方票と訳され、相手方への請求書として解釈していますが、INVOICEとどの様に区別して使用すればよいのでしょうか? よく聞く説では役務提供料やダウンロードソフト等、物品の提供を伴わない取引にはINVOICEではなくDEBIT NOTE を発行するのだと言われます。しかし実際は物品を伴わない取引の請求にもINVOICEを発行されているケースをよく目にします。

私は職場で貿易実務に携わっておりこの2つの書類の使い分けを厳密に行いたいと思っており、どなたか専門的な知識をお持ちの方で決定的な違いがお分かりの方がおられましたらお知恵を拝借したいと思います。

宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 51% (969/1888)

DEBIT NOTE は正確な言い方ではありませんが、判りやすきいえば、日本語の赤伝に相当するものといえます。

INVOICEは先方への請求書で、お金の支払いを要求するものですが、同時に相手にこちらからの支払い義務がある場合、例えば前回の代金のうち不良品相当額などをDEBIT NOTEとして先方に送ります。
先方は両者を相殺してその差額をこちらに支払うことになります。

債権債務が両建てである場合、国際間で送金を2つ往復で行うのは面倒なので、相殺の手段として使われることが多いのではないでしょうか。
お礼コメント
BBYM

お礼率 51% (17/33)

買い手が売り手に対して返品や欠品に対して請求する場合にDEBIT NOTEを発行するのですね。物品であれ役務であれその対価の請求はINVOICEということですね。
ありがとうございました。
投稿日時:2010/07/15 15:08
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ