• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

三国間貿易のスイッチインボイス

恥ずかしながら、我社我が部署は輸出専門の会社ではなく、 輸出相手も少ない会社ですので、輸出に関しての専門部署や詳しいものがおりませんので、皆様のお知恵をお借りしたいです。 A社(我社:日本)とB社(米国)間で取引を行っています。 A社=日本製作品売主→(輸出)→B社買主です。 今度、B社から「製品をタイのC社へ直接輸出してほしい」と要望がありました。 A、B、C社間は、グループ会社などではなく、別会社です。 B社から「C社へ輸出する時は、現品に売値価格のインボイスをつけないように」と言われたので、製品出荷時には、フォワダー業者にその指示を出し、B社へインボイスをメール送付しました。 ところが、タイ現地通関で「インボイスがないから輸入処理ができない」とフォワダー経由で連絡が入りました。 「B社がC社に別途インボイスを発行して、そのインボイスで輸入通関処理をする」と思っていたのですが、B社はなにもしてなかったようです。 すると、B社からA社に「適当に価格を変えたインボイス(proforma-invoice)を作って、それを輸出用インボイスとしてC社へ送り、B社には、今まで通り売値価格のインボイスをメールで送ってくれ」と言われました。 しかし、今回のスイッチインボイスはA社ではなく、B社がコントロールするものでは?と思います。 「買値でなければ、価格は適当でいい」と言われても、B社→C社へのインボイスを、A社が作るのはおかしいし、B社からC社への売値インボイスを作るならともかく、まったく根拠のない価格のインボイスを作り、それで通関することに問題はないのでしょうか? さらに?悪いことに、担当営業がB社のリクエストを受け入れてきたようなのです。 「客がやれといってるんだから、その要求にこたえるのは当然だろ」「B社は『他の業者もそのようにしてくれてる』と言っているから、うちだけやらないわけにはいかない」といった感じです。 ちなみに営業も輸出知識に長けているわけではありません。 さすがに、私を含む周りのものも「それは、うちじゃなくて本来B社が行うことでは?」と言ったのですが、「は?スイッチインボイスなんて三国間貿易では当然のことじゃん、知らないの?」と鼻で笑われ終わりました。 長くなりましたが、質問は二つです。 1.三国間貿易において、A社の立場の業者がproforma-invoiceを作成、インボイススイッチをコントロールすることは一般的なのですか? 2.適当価格のproforma-invoiceで通関処理を行うことに問題はないのですか? 上記以外にも、指摘事項がありましたら、ぜひお願いいたします。

noname#164421
noname#164421

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数12554
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

B社に代わって A社がインヴォイスを作るのは三国間貿易ではあまり聞いたことがないです。 例えば A社からB社への売値が100万円、B社からC社への転売価格が150万円とします。 A社がB社に成り代わってC社に対してインヴォイスを作る場合、インヴォイス価格が100万円であれば B社の仕入れ価格がC社にバレバレですし、150万円であれば、転売価格がA社にバレバレ。 「買値でなければ、、」と言うことは、100万円がC社にバレてはまずい訳でしょう? 転売価格がいくらか?A社は分からないのに、適当な価格とは一体いくらになるのでしょうか? A社が適当な価格でインヴォイスを作った場合、後日いろいろ問題が発生します。 150万円以上の金額で作った場合、C社が輸入するとき、余分な関税、付加価値税などを 払わなければいけない可能性が生じます。 150万円以下の場合、過少申告になりますので、関税、付加価値税などの脱税になります。 関税がフリーであったとしてもC社からB社へ商品代金を送金などで決済する場合も輸入通関価格と違っていれば 間違いなく問題になるはずです。 なぜ B社がインヴォイスをA社に作るよう依頼しているのか分かりませんが、 A社がインヴォイスをC社宛てに作るのであれば、インヴォイス価格をB社から 指示を仰ぐべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速の回答ありがとうございます。 >転売価格がいくらか?A社は分からないのに、適当な価格とは一体いくらになるのでしょうか? >なぜ B社がインヴォイスをA社に作るよう依頼しているのか分かりませんが、 B社の担当営業が社内で一人のため、この件に関しての顧客からの依頼や交渉内容が他の者にはほとんどわからないのです。 営業とB社のやり取りがわからず、営業からの伝達でしか内容を説明できないので、ssakkusuri様はじめ読んでいただく皆様にはわかりづらいかと思いますが、よろしくお願いします。 私も、A⇔B、B⇔C間の正式取引価格のどちらでもない、全く別の価格で通関申告をすることは問題だと思うのです。 しかし、営業は「proformaインボイスは、通関用の送付状的な意味を持つインボイスであって、請求書としてのインボイスではない。別途請求書インボイス(正規取引金額)を発行することに問題はない」「A⇔B間の正規取引インボイスで輸出業務を行い、タイでの通関の時はproformaに差し替える。そしたら、C社には価格はばれないし、proformaだからB社からC社には後々正規取引額インボイスを出し直しすれば問題はない」といいます。 ですが、輸出時と輸入時のインボイスは合致してなくていいのですか?(そんなわけはないと思います) もしくは、タイ輸入時の通関処理までは正規取引価格インボイスを使い、通関業務後フォワダー業者などがproformaインボイスに差し替えることはできるのですか? proformaインボイスはA社が作成・フォワダー業者とC社に送付し、B社がC社にproformaインボイスを差し替えてくれるわけではないです。 また、 >間違いなく問題になるはずです。 とありますが、問題が起こった場合、どのような経緯で発覚するのでしょうか。また、処罰の対象となるのはこの場合ABCどこですか? うちはすべてBの指示通りにやっているだけなのに、何かあった場合巻き込まれるのは必至です。(営業は「何も問題はない」と思っているので「何かある」とは思ってもない様子です) しかも、A社がC社に提示したproformaインボイスは、ssakkusuri様の取引金額の例で行くと100万円でも150万円でもなく、90万円なのです。 これは過少申告ではないのかといったら「だから、通関はうちとB社の正規取引額インボイスでやるんだ」と言っていました。

関連するQ&A

  • 通関時のインボイスについて

    こんばんは。どのカテゴリーで尋ねていいのか分からず、こちらに質問してみました。 あまり貿易実務に詳しくないのですが、 海外へ発送する貨物にインボイス(Commercial Invoice)を添付しますが、 このインボイスは、商品の内容物、数量、価格が明記され、輸出、および相手国での輸入の 申告の際に使用されるものだと思います。 ですので、輸出時のインボイスと、現地輸入時のインボイスを差し替えるという行為は、合法なのか、疑問です。 例えば、日本を輸出したときのInvoice価格は10,000円でしたが、途中で誤りに気付き、 輸出後に、物流会社(いわゆるフォワーダー)に依頼して、現地で輸入するときには、 このインボイスに差し替えてくださいと依頼して、5,000円の価格のInvoiceを渡す(FAXする)。 とか、 日本からは、海外の代理店A社宛てのInvoiceで、A社への販売価格5,000円のインボイスを添付して輸出するが、貨物は直接A社ではなく、最終エンドユーザーのB社へ輸送するため、 現地輸入通関には、B社の購入価格の10,000円の価格のインボイスで輸入通関するよう、 フォワーダーへ10,000円のInvoiceを送付して差し替えてもらう。 このようなふたつの事例は、海外との貿易というか商流が複雑化していくなかではありえることだと思うのですが、 実際、輸出時のInvoiceと輸入時のInvoiceが異なる(差し替える)ということに、違和感を感じております。 合法なのか、それともグレーなのか、ちょっと知りたく相談してみました。 お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

  • 三国間貿易インボイスについて

    貿易事務初心者です。教えてください。三国間貿易で代替品を生産国からフランスへ船で送り、日本でインボイスを作成しますが、代金は$0ですが、インボイス$0とは通関上記入できないと聞きました。いくらまでなら無税になるのでしょう?どのようにしたらよいのでしょうか?

  • 三国間でEXWの際のインボイス

    うまく説明できているか分かりませんが下記おしえていただきたくお願い致します。 三国間、建値EXWで出荷するものがあります。 売主A、請求先はBで直送先はCとします。 一度Bへの請求インボイスを日本国内通関用に作成し Cの現地輸入用インボイスと一緒に乙中へ渡しました。 その際乙中には通関用のインボイスは貨物に添付したりCに開示されることのないよう依頼をして出荷しました。 しかしBより依頼をしてもAの通関用インボイスが添付されてしまうリスクがあるため 通関用インボイスとしてCの現地輸入用インボイスと同じ金額で無償インボイスを発行し、別途Bへの請求インボイスを発行できないか確認してほしいと依頼されました。 これは可能なのでしょうか? 輸出の申告価格が違ってしまうし、本来は有償のものを無償で出荷することになります。 参考となるご回答をいただければありがたいです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 三国間貿易ならぬ2国間3者変則貿易?について

    弊社は、タイに現地法人があります。 タイの顧客に、弊社の製品を売るに当たって、弊社中国工場に製造させて 売ろうと思っています。 その中国製品の輸出者は、弊社の香港現地法人です。 ここでは、話を簡単にするために、香港で作って輸出、と言う事にします。 一般的には、香港現法〔輸出)->タイ現法〔輸入)->(売却)タイ顧客 と言う流れになると思いますが、タイ現法がやりたがっているのは、 物は、直接、香港現法〔輸出)->タイ顧客〔輸入者) で、お金の流れだけ、香港現法->タイ現法->タイ顧客 にしようと 言う物です。 そこで、質問ですが、 タイ現法->タイ顧客 は、タイの通貨であるバーツで取引です。 よって、タイ現法->タイ顧客 間のBILING INVOICEは、Bahtになります。 香港現法->タイ現法 は、US$取引です。 よって、香港現法->タイ現法 間のBILING INVOICEは、US$になります。 では、香港現法〔輸出)->タイ顧客〔輸入者) 間のINVOICE は SHIPPER 香港現法 CONSIGNEE タイ顧客 INV.VALUE タイ現法からタイ顧客に売る時のバーツでの売価 でいいのでしょうか それとも、 タイの輸入通関で、INVOICEをSWITCHING して、 SHIPPER タイ現法 CONSIGNEE タイ顧客 INV.VALUE タイ現法からタイ顧客に売る時のバーツでの売価 と言うINVをタイ現法が作り、タイ顧客が輸入通関する際に、このINVを 使わせる、と言う様にした方がいいのでしょうか あるいは、どっちもダメ、こうした方が良い、などご意見ご指摘が ございましたら、ご教授下されば、幸いです。 INVをどうするか、と言う以前に、そもそも、こういう商流が成り立つのか 可能なのか、と言う観点からも、ご意見ご指摘いただけると、有り難いです。 よろしくお願い致します。

  • 貿易の通関用インボイスと商業用インボイス

    貿易で使うインボイスには主に通関用と商業用のインボイスがあると思うのですが、用途の違いはわかるのですが、どのように通関で使われるのか、又どのように流れるのかの違いがよくわからないので、どなたか詳しい方、教えて下さい。時々、海外のお客から低く金額が設定してあるインボイスがくるときがありますよね。これは、輸入用(現地通関用)としてお客に送り、エア/クーリエの場合はこっちをattach(通関でチェックされる?から、書類的には現地(海外)にいってしまうのがわかりますので、輸入用と一致させないといけませんよね?)して、支払用と日本通関用は(日本側では正規の値段をきちんと申請するとして)別途商業用インボイス(こちらの売値)を日本側の乙仲とお客に送る・・というやり方は解釈としてあってるのでしょうか?(インボイスを分けるのは違法だと思うのですが、この際は質問ということで無視して下さい。)日本の通関で使った書類もしくはデータ等は、現地に行くのでしょうか?船/エア/クーリエ、それぞれの場合どうなるのか、教えて下さい。 質問を書面にするのがなかなか難しくて支離滅裂だとは思いますが、わかる範囲・理解できる範囲で結構ですので、ご回答下さい。よろしくお願い致します。

  • 三国間貿易時のINVOICEの作り方について

    繊維関係の仕事をしているのですが、三国間貿易時のINVOICEの作り方について教えて欲しいです。 先週韓国のA社から商品を仕入れて台湾のB社に商品を売りました。A社でINVOICEを作成してもらったのですが、A社はうちに対する売値でINVOICEを作成しました。当然、うちの仕入値なので、台湾側にとったら安くなるのですが、台湾側はそのINVOICEにて通関を行ってしまい、INVOICE上の金額だけでしか、払えないと言ってきました。(決済条件はT/T送金です。)理由は台湾側の税関に申告した金額と支払う金額とに差が出てくるのがまずいのでとのことでした。結局は、修正申告で解決したのですが、通常3国間貿易の場合、INVOICEの単価はどのようにしたらいいのでしょうか?仕入先にはうちの売値を知られたくないですし、得意先には仕入値は知られたくありません。また、決済条件をL/Cの時はどうなるのかも教えて下さい。宜しく御願い致します。

  • 暫8のインボイス数

    現在暫8の貨物で、暫8該当・非該当にかかわらず、全て契約書ごとにインボイスを分けて通関するため、手数料がものすごくかかっています。輸出時・輸入時全てです。これは正しい処理なのでしょうか?

  • 三国間貿易の通関・保険の質問(タイ)

    三国間貿易の質問です。 物流・・・欧州からタイへ(建値CPT/by air) 商流・・・欧州A社=>日本代理店=>日本商社=>タイ商社 建値がCIF、CIP以外の場合、タイの輸入通関で保険請求書(証券?)が必要ですが、 輸出時のINV金額と、タイ輸入時のINV金額が異なります。 保険は、INV金額によって付保する額が変わるので、タイでの通関時にINV額と保険のカバーする金額が異なると問題にならないでしょうか。 CPTなら輸入側で保険をかけるのが普通だと思うのですが、メーカー側でかけて欲しいとしいうことで輸出国側で付保(shipmentをカバー)しています。 アドバイスおねがいします。

  • 三国間貿易のINVOICE作成

    貿易初心者ですが、三国間貿易時のINVOICE番号について教えてください。 現在、A社(海外工場),B社(海外顧客),I社(日本国内拠点で海外営業している会社)があり、A社→B社へダイレクトに航空便で物品を発送しています。仕入れ価格を知られないよう、I社→B社へINVOICEを作成、送付しています(A社→I社へはA社作成のinvoiceが届けられます)。そこで、昨今、A社が発送する際に添付するAWBやその他の書類にA社発行のinvoice番号が記載され、通関時にC社のinvoice番号と違う理由で、貨物を止められました。A社は税金やシステムの問題があり、I社と同じ番号にはできないと言っています。また、I社もA社のinvoiceに番号を揃えられません。さて、どのようにしたら、A社、I社のinvoice番号不一致を解消し、納入できるのでしょうか?誰か、教えて下さい。

  • 委託加工貿易のインボイスに関してご教示願います

    貿易業務初心者です。 恥ずかしながら今回初めて「順委託加工貿易」という言葉を知りました。 先日も、三国間のエンドユーザに直送という、私にとっては厄介な件を こちらの過去トピを拝見して、なんとか無事に終えることができました。 今回は順委託加工貿易(おそらくこれに該当すると思うのですが・・・)の輸出時のインボイスに関して教えてください。 海外A社より無償で支給された原材料を、当社で加工後、A社あてに輸出します。 その際のインボイスですが、 (1)加工賃 (2)無償支給された原材料代(no commercial valueで) を記載すればよいのでしょうか?その際のインボイスは2枚作成することになりますか? また(2)に関しては、 原材料の輸入時の重量(kg)と同じ重量を記載するものなのでしょうか? その他、留意すべきことはございますでしょうか? 初心者(ほぼ素人)ゆえ、まったく的外れな質問をしているかもしれません。。。 どなたかご親切な方、ご説明いただけると大変助かります。