• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

国有地を挟んだお隣に将来捺印をお願いする可能性は?

国有地(青地)を挟んだ裏のお宅より、国有地を時効取得したいので、うちの、実印の押印と、印鑑証明書を役所に行ってとってきてほしいと言われました。国有地は裏のお宅が20年以上占拠していて、固定資産税も払っているようです。(昔不動産屋から建売を買って、後から、家の乗っている土地の一部が国有地だと知ったそう。) ですが、人にものを頼む態度があまりにもひどく、押してやるものか、という気持ちです。 でも、ここで断ると、多分もし将来こちらが土地関連で押印をお願いすることがあっても、多分押してはくれないだろうな、という不安があります。うちは国有地を将来取得したいとか、土地を縦に分筆したいとか(もともと40坪もない土地ですので)、そういった意志は全くありませんが、もし引っ越しなどでうちの土地を不動産屋に売る場合、国有地を挟んでいても、裏の押印が必要になってきたりするのでしょうか? また、かなり気に食わなくても、今回のお願いに応じて実印を押した方が何かこちらの特になりますか?(うちの土地の価値として、裏に国有地がない方がよいとか、何かうちのメリットになることってあるのでしょうか??) 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数819
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

補足内容について回答致します。 不動産登記は法務局に申請し、登記簿も法務局が管理します。 一方の固定資産税というのは市役所の税務課(資産税課)が取り扱っております。 そして、市役所が固定資産税を課す場合には、地目(用途)に関しては現地の状況に併せて課税しますが、(例えば登記簿が田であっても現地が宅地であれば宅地課税します。)面積に関しては、市役所の職員がいちいち測量するわけではなく、登記簿の面積のまま課税します。これに例外は一切ありません。 よって、現地の面積が100坪でも登記簿が80坪であれば、80坪で課税します。 建物の場合は、通常登記簿の家屋番号(○番○)で課税台帳に記載されますが、未登記物件はA-0000といったような記載方法になります。 一方の土地に関しては、登記簿の地番(△番△)で台帳に記載され、未登記物件は台帳に記載されません。これも例外は一切ありません。 つまり、担当の測量士?(測量士はこういった登記にからむ測量はできないので、土地家屋調査士でないと違法行為になるのですが・・・)の方が役所のミスとおっしゃったようですが、このようなミスはあり得ないと思います。国有地は地番がついてない、つまり、未登記物件ですので、課税台帳に記載したくてもできません。 市役所の税務課に問い合わせてみてはいかがでしょうか? 次に国有地の取得についてですが、時効取得であろうが、払下げであろうが、財務局は当該国有地に接する全ての所有者から境界承諾及び払下げ等の承諾を頂かないと、所有権の手続きはできませんので、承諾頂けない場合は諦めるか、裁判上の手続きとなるでしょう。 よって、境界承諾書には、「土地の境界に承諾する」旨の他に「当該土地を申請者に売払う事に同意する」等の記載も必ずどこかに記載されているはずです。 そして、裏の方(相手方)の不動産屋からの購入時の話については、よくある話です。私が今まで手がけた払下げのお客様も同様の勘違いをしてらっしゃる方が多かったです。 重大なポイントは、建物の一部がかかっていたとしても不動産屋から購入したのは 『国有地抜きの土地』を購入したのであり、それを知らずに購入した相手方は過失があります。(法務局の公図等図面関係を通常売買契約書に添付するので、それを見れば自分が購入しようとしている土地に水路があることくらい気づくため) 仮に不動産屋が国有地も含めて売買したのであれば、その不動産屋が自己所有地でも無い土地を勝手に無断で売買しているわけですから、責任を持って今回の件に関して質問者が納得いくように説明をし、承諾を頂く義務があるかと思います。 しかし、通常はこのような事はありえないと思います。売買契約書の物件の表示に国有地の記載はないと思いますよ。 そして、質問者の土地を将来売却する際についてですが、先日回答したとおり、国有地との境に杭が打設してあっても、財務局は境界の確認をする際は必ず両側立会。つまり、国有地の幅も確認しなければ境界同意しませんので、国有地を挟んだ反対側、つまり相手方からも承諾を得ないと財務局からの境界同意は頂けないと思ってください。但し、相手方から承諾頂けない場合は泣き寝入りではなく、費用と期間(通常6ヶ月)がかかりますが筆界特定制度という法務局に筆界を強制的に特定していただく作業をすれば問題ないです。 また、相手方からの境界同意が得られなくても売却はできます。 ただ、その不動産屋がおっしゃるとおり、境界の同意が頂けない土地というのは当然価値が下がりますので、躊躇する方も多いかと思います。 やはりそういう場合は価格を下げるか、筆界特定制度の利用となるでしょう。 押印に関しては、運転免許証等の番号まで教える必要はありません。土地家屋調査士に免許証等(顔写真付の身分証明書)を提示して本人に間違いないことを確認してもらうだけで結構です。 建物の建てかえの場合、現在は国有地の上に建築することはできません。よって、国有地として残しておくと当然接近した距離での建築は不可能と思います。 最後に今回の件につき相手方の申し出を拒否した場合(押印しない場合)のメリット・デメリットについて整理しますと、 メリット・・(1)国有地として残るため、この上に建物を建築することはできない。但し、ブロック塀等の建物でない工作物は本当はよくないことですが、設置することは可能です。 デメリット・・(1)近所付き合いが更に悪化する。 (2)自分が境界承諾の押印を頂きたい時に断られる可能性がほぼ100% (3)(2)の際には、法務局の筆界特定制度を利用しなければならず、半年という期間と自分が依頼した土地家屋調査士への測量費用の他に法務局へ支払う測量費用がかかる。 今思いつくのはこのくらいでしょうか? 最終的なアドバイスとしては、 1.承諾する場合・・(1)今回承諾するのだから、将来自己所有地の境界を確認しなければならない時には境界同意書への署名押印に必ず協力すること。及び当該境界線附近(50cm以内)に建物及び工作物(ブロック塀等)を新たに設置する際には必ず事前に連絡し、私の同意を得た後に工事施工する旨の記載をした書類に署名押印頂く。 (2)今回の境界承諾書を1部余分に作成してもらい、隣接地所有者及び財務局から押印頂いた原本(コピーはダメです!)をもらう。 2.拒否する場合・・(1)向こうの態度が悪くても、こちら側は丁重にお断りし、大人な態度で接する。これは、数年前土地の境界でもめた事により殺人事件に発展したケースがあるためです。断る場合でも、丁重に且つ、申し訳なさそうに断って下さい。決してケンカごしで断ってはなりません。 そして、どちらの場合に対しても言えることは、やはり市役所税務課及び財務局、法務局、最寄りの土地家屋調査士事務所に相談に行き、相手の情報のみでなく専門家の意見をふまえて判断することです。土地の境界に関しては、各地域によって慣習等が異なり、ネットのやりとりだけでは一般的な事は言えても、その地域性等によって微妙に変化する部分はわかりません。土地家屋調査士事務所は大抵無料で相談業務をするかと思いますが、念のため事前に電話確認してから行ったほうがよいかと思います。ヤフー等で「土地家屋調査士会 ○○市」とうつと、土地家屋調査士会のホームページが検出され、会員名簿を閲覧できます。 会員番号が若い番号(50番とか)はベテラン、新しい番号(1000番とか)は新人会員なので、ちょうど中間よりちょっと新しいくらいの土地家屋調査士が脂がのってていいかと思います(笑) 以上長くなり、申し訳ございません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事おそくななって申し訳ありませんでした。ありがとうございます。大変参考になりました。よく考えてみたいと思います。

関連するQ&A

  • 国有地隣接の土地、売却・相続時に隣地の実印必要?

    私の土地は国有地が隣接しています。私の土地を売却する場合、国有地を挟んだ向こう側の隣地から実印をもらう必要があると聞いたのですが、本当でしょうか?(それが記載してあるHPはありまか?) もし押してくれない場合、売る事は不可能なのでしょうか? また、私の土地は共有名義で、父も名義を持っています。私が相続する場合も、国有地を挟んだ向こう側の人の実印が必要になるのでしょうか?(もし得られない場合、相続はどうなるのでしょうか?) 今、国有地を挟んだ向こう側の人が、国有地(20年以上占拠)の時効取得を望んでいます。(うちに実印を要求しています。)認めた場合、国有地がなくなってお隣の土地になると思うのですが、その場合は、もしうちが売却する場合、裏の方からのくいの確認や、実印はもう不要になるのでしょうか?それとも、必要なのでしょうか?(裏の土地の持ち主が変わった場合はどうなりますか?)

  • 国有地の時効取得について

    裏の方が最近、自分の土地の一部に国有地(昔、青地だったようです)があることがわかったようで、それを時効取得をしたいそうで、裏の方に雇われた測量士さんと言う方が我が家にその説明に来ました。国有地はそんなに広くはないのですが、上に家が乗っています。裏の方は国有地があることを知らずに建売を買われたようです。住んで20年以上経過しているとのことで、隣地全員の実印と印鑑証明さえ揃えば、時効取得ができるそうで、そうするとただで土地をもらえるようですが、もし隣地全員の印鑑証明がそろわないと、時効取得は無理だそうで、そうなると国から買わないといけないそうで、そうすると市場価格の70%くらいの金額を出さないといけなくなるだろうとのことでした。 そこで質問なのですが、印鑑証明を渡すことによって我が家に不利益はないのでしょうか?将来に渡ってということです。どんなことでもかまいませんので教えて下さい。認印ならともかく、実印やら印鑑証明やらと聞いて、少し慎重になっています。(裏のご本人からまったく挨拶がないせいか不安なのもありますが・・・。) 一般的にわざわざこちらが電車に乗って、全くおつきないのない裏の方のために、区役所に行って印鑑証明までとってきてあげないといけないものなのでしょうか???(お車代は用意いたしますと測量士さんはおっしゃってましたが、それ以前に区役所が遠いのでつい手間暇を惜しんでしまいます。) でももしかして今回印鑑証明をとってきてあげないと、我が家がもし土地を売る時に困ったりしますか?(土地を売る時って境界線の確認でお隣の方の認印が必要?それがないと土地を売りにくい?) 印鑑証明、大変でもとってきてあげるのが常識と思いますか? 本当に何もわからなないので、何でもよいのでアドバイスをお願いします。 ちなみに、その国有地は、完全にブロック塀の向こうの土地で、しかも区が違います。さらに、我が家の土地とは段差もあり、お隣と家や物置があることから、我が家で今のところはほしいと思っているわけではありません。が、もしお隣が建て直しなどした時に、ものすごく安く買える可能性があるならば、それは買えれば、我が家もいつか建て直しをした時に土地を広げられるので(けんぺい率と容積率があがれば将来もし二世帯となった時、いまより大きな家を建てられるかも?)、いいかなあ、と少しよぎりました。が、そもそも我が家がそこを買える可能性なんてあるのでしょうか??またもし買えるとしたら坪いくらくらいになるのでしょう?ちなみにこのへんの坪単価(不動産屋さんから買う場合)は70万くらいです。金額はどこに聞けばわかるのでしょうか? 時効取得ではなく国から買う場合でも、隣地の印鑑証明が必要になってくるのでしょうか?それが得られない場合全く買えないのでしょうか? 買えた場合、国に払う土地代の金額の他にかかる費用はあるのでしょうか?手続きはどう進むのでしょうか?買った直後に転売は可能なのでしょうか? あと、そもそも、裏の方が時効取得も買い取りもできなかった場合、裏の方は土地を売れなくなったり、何か困ることがあるのでしょうか?今のままでは何かまずいのでしょうか? 基本的にご近所とはうまくやってはいきたいですが、でも自分に損のあることは避けたいです。 文章にまとまりがなくて申し訳ありません。

  • 国有地を買いませんか?について

     現在、建築条件付の土地を検討中なんですが、仲介の不動産業者から 「その土地と隣家の土地との間に、実は3~4坪の国有地があり、買い取 りの話が国側から現在の所有者である建築業者に出ています。建築業者側で は、(購入の)判断は次の所有者に任せるとのことなので、検討してみてく ださい」と連絡が入りました。(買い取り額は総額200~300万弱程度とのこと)  この分を含めると、土地が広がるだけでなく、限りなく正形地になるので メリットも多いのですが、この話を聞いた親の知人にあたる工務店の人の話 では「国有地を買ってくれという話があるなんて聞いたことがない。その程度の 土地だったら、事務手続きだけで払い下げられるんじゃないか?」と言って いるそうです。  たかが3~4坪とは言え、大きな出費になりますので、このようなケース に詳しい方は、ぜひアドバイスをお願いします。  また、もしこの分を買い取らなかった場合に生じる支障等がありましたら それも含めて教えいただくと助かります。よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

No.2の方の回答はとても参考になりますね。 もしそうなのだとしたら、将来の事を考えると、貴方も相手が時効取得と合わせて承諾書を取っておくと言うのは良いアイデアだと思います。 (この場合の承諾書を貰う相手は国とお隣さんなんでしょうかね?) もちろん、気分が乗らないのであれば断るのも自由かもしれません。 しかしながら、一応デメリットも考えておいてください。 まぁあくまでも可能性の話ですが、相手が「時効取得できないなら安く買い取る」という行動に出ると、場合によっては国から再度境界確定書の作成の協力を依頼される可能性はありますよね? それを断ると、境界を確定しないままに所有権が移転する事になるような気がします。 貴方の思うように、ずっと青道で残るという可能性が100%ではないので、この場合、多少の費用がかかってでも、一度土地家屋調査士にメリットとデメリットを整理してもらった方がいいんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

土地家屋調査士をしております。 まず、裏の方(以下相手方といいます)が国有地を時効取得するということですが、通常は『払下げ手続き』といって、国から土地を安く買い受ける(通常は路線価等の半額計算)作業を行います。その払下げ手続きは、その国有地に接する両隣が取得する権利を有しています。 お互いが欲しいと言った場合は、半分ずつ購入するなどします。 但し、例外として数十年以上使用し続けている場合に財務局が特例で取得を許可する場合があります。 そして、その国有地に関して、相手方が固定資産税を払っていることは100%ありません。断言できます。 建物に関しては法務局に登記していなくても(未登記といいます)固定資産税はきます。しかし、土地に関しては未登記物件には固定資産税は課されません。今現在国有地(青地)ということは、土地に地番がついていない状態。つまり、未登記状態です。よって、固定資産税を課すことはできません。 次に、実印での押印及び印鑑証明書の件ですが、これは承諾したとしても、認め印で結構です。財務局から購入した後に、払下げの登記(土地表題登記といいます)を法務局に申請しますが、財務局は元から隣接地所有者の印鑑証明書を求めておらず、又、法務局では確かに数年前まで隣接地所有者の実印で押印した承諾書及び印鑑証明書の添付を求めていました。 しかし、現在では詐欺等が多発する時代ですので、法務局がここまで求めることはないです。各法務局の事務取扱要領にも隣接地所有者の印鑑証明書を省略できる旨の記載があります。 実際に私も筆界確認書等に署名・押印頂く際に実印でお願いすることは今はありません。 これを知らないのは勉強不足の土地家屋調査士か、若しくは土地家屋調査士の資格を持たない測量士です(これは土地家屋調査士法違反になりますので、最寄りの土地家屋調査士会へ通報して下さい。) よって、隣接地所有者が行う手続き的に、あなたが実印での押印及び印鑑証明書を提示する必要は皆無です。 心配ならば、財務局及び法務局へ相談してみればいいと思います。 あとは、数年後あなたが土地を売買する際ですが、売買時に測量・境界確認をするとなると、やはり国有地をまたいだ相手方からも同意を頂かなくてはならなくなります。(財務局は、境界確認する際に片側確定ではなく、必ず国有地の両側確定をしなければならない役所です。) そこで一つ提案ですが、「境界の同意をするためには、自分の土地が法務局の登記簿と比べて面積がとれているかわからないと同意はできない。だから、自分の土地も測量して図面を作成して頂けないか?そして、最終的に隣接地所有者らが署名押印した承諾書を1部私にも下さい。」と言ってみてはどうでしょうか? ちなみに私は言われなくても隣接地全てを測量し、登記簿の面積との比較結果の報告及びその図面等を配布して業務を行っております。 そしてその承諾書及び実測図面を大切に保管しておけば、後日自分が売買する際には今回の承諾書でもって、相手方との土地に関しては境界同意がなされているわけですし、自分の土地の実測図もあるわけですから、測量しなくてすむかもしれません。 もし測量しなければならなくなり、相手方が立会に応じなくても今回の承諾書でもって、証拠として残すことができるわけですから。

参考URL:
http://blogs.yahoo.co.jp/koutarou19802007

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。私も、国有地に固定資産税を払っているわけがないと思ったのですが、今回の担当の測量師の方が調べたら、役所のミスと言いますか、登記する管轄と、税金を徴収する管轄が違うことから、どうやら、本当に、ずっと、固定資産税も払い続けているそうです。しかし、それであっても、はやり、その国有地に隣接している3軒の承諾がないと、時効取得はできないそうです。裏の方は、お金を払って取得する意志は全くないようで、あくまでも、「うちが不動産屋からお金を払って買ったんだから、ただでもらって当然なんだから、はんを押せ。」状態なのです・・・。 うちの土地を買った時の不動産屋さんに聞いてみたところ、もしうちの土地を売る時は、買った時に国有地との境にはきちんと境界線のくいを打ってあるので、その確認を得るのは、裏のお宅ではなく、国になるというのです。ただし、うちの土地を縦に分筆する場合は、国有地をまたいだ裏の方の承諾も必要になってきます。と言われたのですが、間違いなのでしょうか?(また、もし今回、うちが承諾して、国有地を裏が時効取得した場合は、うちが将来土地を売る時のくいの確認は裏のお宅から必要になるが、万が一確認に応じてくれなくても、売ることはできる。ただし、裏の確認がない土地としてうることになるので、買い手の方にもをれを承諾してもらって買ってもらう形になるので、買い手によっては躊躇されるかも、といわれたのですが。) あと、おっしゃるように、実印でなくても、認めと、健康保険証や運転免許証の番号で、手続きが簡単にできると、先日裏から言ってきました。 でも、やはり、態度が横暴なので、全然押す気にはなれないのです。(一度謝礼の話を聞いてみたのですが、そんなの払う義理はないといいますし。)気が合わない裏の方だからこそ、青地で距離をあけておいた方が、万が一建て直す場合は、青地の向こうに建てるでしょうから、距離もあいていいなという気持ちもあって、青地を残しておいた方がよいと思うのですが・・・。

  • 回答No.1

私は土地家屋調査士でも無いので実は良く分からないのですが、自分の敷地内で完結してる国有地を時効取得するのであれば、臨地の所有者の印鑑証明書とはならない気がするのですが、要は筆界確定書を作成して添付すると言う話なんでしょうかね…。 だとすると、最初に確認するのはその国有地(青道なんですよね?)はどこを通っているか、じゃないでしょうか。 青道であるなら、可能性としては、臨地にも延びていませんか? 分筆しなきゃいけないために筆界確定が必要なのであれば、一度調べてみてください。 もし筆界作成が必要なのであれば、なんとなく…ですが、ここは協力しておかないと、おかしな恨みを持たれて、質問者さんが将来土地を売る時に境界確認書を作成しなくならなくなった時には不利に働きそうな気がします。 40坪に満たないとは言え、東京では15坪で家を建てている時代ですから、将来の子供さんの事も考えると、面倒は避けたいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうなのです。青地は、うちと、両隣にも伸びているので、裏の方は、うちだけではなくて、全部で3軒の承諾を得ないと時効取得はできないそうです。 わたしの地域では、60坪以上ないと土地を半分に分けてそれぞれの土地に家を建てることができなくなったので、多分この先、分筆はないように思います。 参考になりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 国有地を買い取りたい

    我が家の駐車場の横に一坪ほどの国有地があります。 図面には「水路」と記されていますが、土地を購入した時点から水が流れている事もなく現在は空き地になっています。 数年前に県の合同庁舎へ問い合せをし、自転車や車を停めるなどに使用して良いと許可をいただきましたが、これは書面ではなく、口頭で許可を得たものです。 実際、その土地の草刈などの管理は我が家がしているため、使って良いということです。 そこで、この国有地を購入したいのですが、お伺いしたい事があります。 (1)場所によって差はあるでしょうが、国有地は一坪あたりだいたいどのくらいの価格なのでしょうか。 (2)書面などの手続きを行政書士の方に依頼をした場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。 (3)また逆に行政書士の方に頼らず、自分ですべて手続きができるものなのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • 国有地の不法占有

    -------------- 道路 -------------- |国有地|Aさんの土地建物| -------------- 河川 -------------- |当方の土地建物     | -------------- 現在、上記の状況で、Aさんが隣の国有地を占有しています。 当方としましては、国有地からAさんの占有を撤去してもらい、国有地→河川と言う形で当方への通路をできればと思っております。 尚、この国有地は元々、道路の一部に組み入れる予定だったものらしいです。 (1)この場合、Aさんの時効取得は可能なのでしょうか? 既に、Aさんの占有は20年を越えています。 ただ、占有当初より、国有地をブロック塀で囲み、近隣には私有地と虚偽を述べ、今まで、数回、役所より撤去をするように注意されています。 また、役所で聞いた所、道路と言う公共性もあり、近隣の許可なし、Aさんへ売却はしないと言うことです。 (2)当方は当初の計画通り、国有地が道路となりますと、現在より、建物の規制が緩和されます。 と言うことは、これをAさんによって、邪魔されているわけですから、Aさんの損害賠償ができるのでしょうか? (3)役所の見解として、「90%以上、国有地と判明。しかし、強制撤去などはできない。」と言われました。 なぜ、できないのでしょうか? (4)当方としては是非とも、占有を止めてもらい、通路を確保したいのですが、それにはどうしたら良いでしょうか? 弁護士を立て、行政訴訟になるのでしょうか? Aさんへの民事訴訟になるのでしょうか? 長文になって申し訳ありません。 現在、別の通路がありますが、この通路の方が通路として大きな物となり、また、建物の規制緩和を考えると、将来的にも、大変、困っております。 何卒、お教え頂ければ幸いです。

  • 隣接する国有地が連絡なしに国交省から財務省に

    河川に面した家屋ですが、河川側に高さ3メートル程度の堤防ができたため、家屋と堤防に幅10メートル程度の空地ができました。その土地は、当初、建設省(約40年前)現国交相、の国有地になりました。私のところはその国有地に隣接した家屋になりますが、今年、先月、国有地が、国交省から、財務省に所有が変更になっている事がわかりました。何の連絡もなかったのですが、大丈夫でしょうか。というのは、 以前、このサイトで、「国有地に隣接する所有者の同意なしには、国有地は売買できない。」と知りました。堤防が完成した当時、有料で、払い下げの提示がありました。当時は、購入しませんでした。現在、土地は、直径8cm程度のアルミのパイプを突き刺し、囲んでいます。他人による分筆なども心配いりませんか。就業の転勤で、25年間空けておりました。堤防は、その間に完成しました。

  • 国有地の売払に関して

    先日インターネットで財務局による国有地の売払の情報を見ました。どのようにして入札するかなどの手法はわかったのですが、実際にこれで土地を購入して得なのかどうかがわかりません。詳しい方がいれば情報をお願いします。

  • 国有地の払い下げについて

    財務局の国有地の払い下げのことを新聞で知り、めぼしい土地があったので入札できないものかと考えています。現況は宅地ですが、特に何も建物はありません。つきましては、以下の点について教えていただけませんでしょうか。 1.素人が入札するにあたり注意すべき点はどのような点でしょうか。考えられる危険性はどんなものでしょうか? 2.不動産屋さん等、プロの方に見ていただいたほうがよいものでしょうか?その場合、どのような方にお願いするのがよいものでしょうか。 3.価格は相場に近い金額を入れるべきものでしょうか。最低入札価格は相場より2,3割安いようです。 4.こういった入札はプロの方が参加する者であまり素人は手を出さない方がよいのでしょうか? 以上どうぞよろしくお願い致します。

  • 国有地の不法占有2

    前回、この質問を投稿しましたが、回答1件、是非、他の方のご意見もお聞きしたく、再度、投稿致しました。現在、非常に困っており、再投稿、お許し下さい。 -------------- 道路 -------------- |国有地|Aさんの土地建物| -------------- 河川 -------------- |当方の土地建物     | -------------- 現在、上記の状況で、元々、道路の一部に組み入れる予定だった隣の国有地をAさんが占有しています。 当方は、国有地からAさんの占有を撤去し、国有地→河川と言う形で当方への通路を希望しております。 (1)この場合、Aさんの時効取得は可能なのでしょうか? 既に、Aさんの占有は20年を越えています。 ただ、占有当初より、国有地をブロック塀で囲み、近隣には私有地と虚偽を述べ、今まで、数回、役所より撤去をするように注意されています。 また、役所で聞いた所、道路と言う公共性もあり、近隣の許可なし、Aさんへ売却はしないと言うことです。 (2)当方は当初の計画通り、国有地が道路となりますと、現在より、建物の規制が緩和されます。 また、現在、当方の自宅に至る通路の幅は2m弱(緊急車両等が入れるか不安)で、この道路による通路では幅4mは確保できます。 と言うことは、これをAさんによって、邪魔されているわけですから、Aさんの損害賠償ができるのでしょうか? (3)役所の見解として、「90%以上、国有地と判明。しかし、強制撤去などはできない。」と言われました。 なぜ、できないのでしょうか? (4)当方としては是非とも、占有を止めてもらい、通路を確保したいのですが、それにはどうしたら良いでしょうか? 弁護士を立て、行政訴訟になるのでしょうか? Aさんへの民事訴訟になるのでしょうか? 長文になって申し訳ありません。 何卒、お教え頂ければ幸いです。

  • 国有地の払い下げについて(個人、住宅用)

    現在土地を探しています。希望の地区に国有地があり、近々、公示されるとのことです。ぜひ入札したいのですが、国有地の入札相場は何を参考にしたらよいのでしょうか。周辺の坪単価よりもやや安めにはなりやすいと財務局の方は言っていたのですが、地域の不動産業者に問い合わせて、周辺の坪単価や入札価格の相場は教えてもらえるものでしょうか。 また土地の大きさは40坪、50坪、200坪の3つが同時に公示されるのですが、40坪、50坪という小さな土地でも不動産業者の方が入札する例は多いのでしょうか。 まったくの素人なので、どこから調べたらよいのか分かりません。何か注意点がありましたら、合わせて教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 区画整理の国有地とはどのような土地でしょうか?

    現在気になる土地が近所にあります。その土地がタイトルにも書きましたが財務局が売却している(売却予定の)国有地なんです。ただその土地を含め辺りは現在区画整理をしており実際すぐ近くは区画整理組合が既に区画整理地として販売しております。 ここで私が質問したい内容は (1)なぜその土地は区画整理組合が販売するのではなく財務局が販売する国有地なのでしょうか?(考えられるパターンが複数ある場合はなるべく多く教えて頂きたいです) (2)その土地を購入する際気をつけなければいけないことがあるとすればどのようなことでしょうか?リスクがあるなら詳しく教えて頂けるとありがたいです。 国有地や区画整理地については他の方のを読んだのですがこのようなケースに関しては載っていなかった為ご存知の方もしくは同じような土地を購入した方はぜひアドバイスをお願い致します。

  • 登記費用と国有地について

    国有地を購入して、注文住宅を建てました。 この度、不動産登記等が完了し、司法書士と土地家屋調査士の報酬について、請求書が郵送されてきました。 (1) 国有地を購入して家を建てたのですが、土地の調査や測量は必要なのでしょうか。 請求書に 建物表題・地目変更・敷地調査と書いてあります。 請求額は15万円超です。内訳の中にその他という項目もあり3万円請求されています。 (2) 司法書士からの請求額が11万円あります。 2300万円の抵当権設定・所有権保存・所有権名義人表示変更・謄本、閲覧、物件調査等・添付書類一式の費用なのですが、友人が「高いんじゃない?」と言います。 友人は素人で、最近家を買った人です。   不安がつのっていますので、意見を伺えると助かります。 宜しくお願いします。

  • どうしても落札したい国有地があるのですが・・

     約120坪 最低公示価格1260万(坪単価 約10万5千円)の国有地があります。 もともと80~100坪の土地を探していたので、20坪程大きいのですが、地形・場所・環境的にも良く、なんとしても落札したいと思っています。  入札法は一般競争入札なのですが、最初は落札希望者が一同介して、その場で競り合うのかと思っていたら、入札時に入札希望額を書き込み複数希望者がいた場合は一番高い入札額を記入していた希望者が落札できるというものだということを知りました。  因みに、その近辺の土地の坪単価は14~15万円程度です。また、造成工事が必要で、業者に見積もりを取ってみたところ、おおよそ250万円ぐらいでした。  自分なりに考えてみたのですが、二世帯を考えている方(個人)、不動産業者、建売り業者が入札に参加してくると予想しています。 そこで(特に不動産業、建売り業に従事している方に)ご質問させて頂きたいのですが、このような国有地を落札、あるいは個人所有の土地を購入しようとする場合、どのようなことを考えて入札(購入)するのでしょうか? 個人の希望者の場合は入札額は予想しづらいかと思います。 建売り業者さんの場合、土地で多少は損をしてでも落札(購入)する(その分建物で儲ける)ことはあり得るのでしょうか?  また、何でも良いですので何かアドバイスがありましたらお教え下さい。よろしくお願いします。m(_ _)m