• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

(306) But if desire ……この英文はどのように訳せばよいでしょうか

  • 質問No.5669574
  • 閲覧数74
  • ありがとう数4
  • 回答数2
(1)(ll. 618-640) But if desire for uncomfortable sea-faring seize you; when the Pleiades plunge into the misty sea 1333 to escape Orion's rude strength, then truly gales of all kinds rage. (2)Then keep ships no longer on the sparkling sea, but bethink you to till the land as I bid you. (3)Haul up your ship upon the land and pack it closely with stones all round to keep off the power of the winds which blow damply, and draw out the bilge-plug so that the rain of heaven may not rot it.
(4)Put away all the tackle and fittings in your house, and stow the wings of the sea-going ship neatly, and hang up the well-shaped rudder over the smoke.

次の文章は“Works and Days” by Evelyn Whiteの一節です。
(1)(2)(3)は連続した文章です。
試し訳と語彙について質問します。

(1)(ll. 618-640) But if desire for uncomfortable sea-faring seize you; when the Pleiades plunge into the misty sea 1333 to escape Orion's rude strength, then truly gales of all kinds rage.
(1)(ll. 618-640)
しかし、もしかすると、船旅を喜べないとの願望がお前を捉えるかもしれない。
オーリーオーンの強い力を逃れるために、プレイアデスが霧のかかった海
に突入するとき(10~11月)、その時は、あらゆる種類の憤怒の疾風が
吹く(からだ)。
<質問>
(a)あまり明解な文章ではない。
このif 文は条件節だけで、帰結節がないようです。
   そのため、「もしかすると……かもしれない」という一筆の文となる。
if文→when文→then文 という構文の配列を
        when文→then文→if 文 と考えことも出来る。
しかし、倒置を避けて、書かれた語順で訳したい。
この考え方と訳は正しいでしょうか。
備考;脚注1333;The end of October or beginning of November.
備考;Pleiades;冬の七つ星団、雄牛座、昴

(2)Then keep ships no longer on the sparkling sea, but bethink you to till the land as I bid you.
その時は、最早、輝く海に船を(浮かべて)置くな、しかし、私がお前に云う通りに、土地を耕すことを考えるのだ。
<質問>
(a)be think to till the landについて
   be think tilling the landなら分かりやすい。
      辞書にこんな例文があるでしょうか。

(3)Haul up your ship upon the land and pack it closely with stones all round to keep off the power of the winds which blow damply, and draw out the bilge-plug so that the rain of heaven may not rot it.
お前の船を陸に引き上げ、湿って吹きつける風の力を避けるように、周りを全部、しっかり石を詰め込むのだ。そして、ビルジ(船底の湾曲部)の栓を抜け、そうすれば、天からの雨がそこを腐らせることはないだろう。
備考;rain from heavenについて 
当たり前のことを当たり前のように述べたのだろうか。
Heaven=Zeusを念頭においた言葉だろうか。
    文字通りに訳す。

(4)Put away all the tackle and fittings in your house, and stow the wings of the sea-going ship neatly, and hang up the well-shaped rudder over the smoke.
お前の家の中に道具や付属品を全部しまい込め、そして、海を渡る船の帆を
うまくしまい込め。また、良い形の舵を煙の上に吊るすのだ。
<質問>
(c)hang up the well-shaped rudder over the smoke.について
このoverについて、「舵を吊るして、煙で覆う」ではない。
    だが、「煙の上」というのも、少し変な気もする。
    かといって、「天上に吊るす」とは書いてない。
家には、炉があって、その真上でなくとも、上であれば、over smokeと
いうのだろうか。overを副詞句と考えれば、
  hang up the rudder overという文章が成り立つはずですが、こうい
う文章は辞書を見ても例文があるのだろうか(見当たらない)。
やっぱり、overは前置詞で、訳は「煙の上」で良いのだろうか。
      

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 26% (1499/5698)

▼(a)あまり明解な文章ではない。
このif 文は条件節だけで、帰結節がないようです。そのため、「もしかすると……かもしれない」という一筆の文となる。
if文→when文→then文 という構文の配列をwhen文→then文→if 文 と考えことも出来る。しかし、倒置を避けて、書かれた語順で訳したい。この考え方と訳は正しいでしょうか。
備考;脚注1333;The end of October or beginning of November.
備考;Pleiades;冬の七つ星団、雄牛座、昴

▽「もしかすると……かもしれない」でいいと思います。
when文→then文→if 文・・・と考えることも出来ますが、むしろこのまま訳す方が素直だし、訳しやすいと思いますが。

▼(a)be think to till the landについて、be think tilling the landなら分かりやすい。辞書にこんな例文があるでしょうか。

▽通常は be think to tillですねぇ。
What time do you think to come back? とか。
Cats are supposed to have nine livesとか?。

▼rain from heavenについて、当たり前のことを当たり前のように述べたのだろうか。Heaven=Zeusを念頭においた言葉だろうか。文字通りに訳す。

▽rain from heaven といった一見余計にも見える記述は旧約聖書など古い記述には時々見られます。さらには、ひどい横殴りの風や海上の大波に対比させているのかもしれません。

▼(c)hang up the well-shaped rudder over the smoke.について、
このoverについて、「舵を吊るして、煙で覆う」ではない。だが、「煙の上」というのも、少し変な気もする。かといって、「天上に吊るす」とは書いてない。家には、炉があって、その真上でなくとも、上であれば、over smokeというのだろうか。overを副詞句と考えれば、hang up the rudder overという文章が成り立つはずですが、こういう文章は辞書を見ても例文があるのだろうか(見当たらない)。
やっぱり、overは前置詞で、訳は「煙の上」で良いのだろうか。

▽これは簡単です。舵のような木製の船具を囲炉裏の上に釣って煙で燻すと、木の目が詰まり、硬く腐りにくくなるからです。私も一艘小型のヨットを持っていましたから、そうした感覚は分かるような気がします。

▽また、ビルジというのは、日本では通称アカと言いますが、船底に溜まる水のことで、放置しておくと船底が腐ったり、量によっては船の安定や速度にも影響を及ぼします。当時のビルジプラグとはちょうど硬くねじ込んだお風呂の栓とかワインのコルク栓のようなものですが、今日ではビルジコックというハンドル付きの金属製のものに変わっています。

▽さらに、台風が近づくと、瀬戸内海航路の帰帆船などは、わざわざ海水を船体の中に注ぎこんで船体を重くすることも行われます。


しかし、もし、プレイアデスがオリオンの粗暴なまでの強さから逃れようと霧の深い海に飛び込むようなら、あらゆる怒りを集めたような大嵐になってしまい、けっして快適な船旅にはなりそうにないという思いがお前を襲うかもしれない。だからそんな時には、すくなくとも沸き立つ海になど船は出さず、私が言ったとおりに、土地を耕すことを考えるのだ。お前の船は陸に引き上げ、じっとりと吹きつける風の力を避けられるように、しっかり石を詰め込むのだ。そして、天から降ってくる雨が溜まって船を腐らせないように、ビルジ栓を抜いておけ。お前の家の中に道具や付属品はすべて片付けてしまい、そして、海を渡る船の帆きちんと畳んでおけ。また、良い形の舵を煙の上に吊るすのだ。

As Time Goes By は私の大好きな曲、趣味の範囲ですが、クラブのステージでもお客様の前で何度か歌いました。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
備考;Pleiades;冬の七つ星団、雄牛座、昴
備考=Pleiades=冬の七つ星団、雄牛座、昴

英文でのセミコロンは文法的に貴方の上記日本語での使用法と同じです。セミコロンを抜かした文に書き換えると、

If desire for uncomfortable sea-faring seize you(when the Pleiades plunge into the misty sea to escape Orion's rude strength, then truly gales of all kinds rage), then keep ship ....
then keep ship ....が主節

Haul up your ship upon the land and pack it closely with stones all round to keep off the power of the winds which blow damply, and draw out the bilge-plug so that the rain of heaven may not rot it.
it = ship
天からの雨がそこを腐らせることはないだろう の”そこ”は×

bilge-plug 2 船底にたまった汚水 = 船底の汚水栓を抜け。
http://dic.yahoo.co.jp/search?stype=0&ei=UTF-8&dtype=2&p=+bilge

over the smoke
”暖炉の上の天井に吊るせ”
http://kenmin.kir.jp/user_data/kunen.php
お礼コメント
noname#171580
回答を読んで
質問者のうっかりミス、いや、完全なミス
(1)draw out the bilge-plug so that the rain of heaven may not rot it
この文のitはbilge -plugのこと
  bilgeは「汚水」(yahoo,dic)
(2)hang up the well-shaped rudder over the smoke
over the smokeの意味は「暖炉の上の天井に吊るせ」の意味 
   (kenmin.kir,jp)
以上の点を確認させていただきました。
  意味は良く分かりました。
ありがとうございました。

*何回繰り返しても間違い、調査不十分を避けられない。
 いつも、貴重な回答をいただいて、問題点が明確になり助かって
 います。 
   今後とも、よろしくお願いします。
投稿日時:2010/02/12 18:00
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ