• 締切済み
  • すぐに回答を!

図形の問題です。

【問題2】AD∥BC,AD<BCを満たす台形ABCDがある。辺BC上の点Eは,BA:BD=BE:BC,AE∥DCを満たしているとする。このとき,AEとBDの交点をFとすると,ΔBAFは2等辺三角形であることを証明せよ。 よろしくお願いします。 比を使って二つの角が等しい→2等辺三角形というのでしょうか^^; わかりません…

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数38
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2
  • debut
  • ベストアンサー率56% (913/1604)

BAの延長とCDの延長との交点をGとすると AE//GCより、BA:BG=BE:BC BA:BD=BE:BCなので、BG=BD よって、∠BGD=∠BDG 平行線の同位角は等しいから・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございましたw

関連するQ&A

  • 中3の数学の問題が分かりません

    下の写真のように AD//BCで、AD=4cm、BC=8cmの台形があり、 その中の三角形APDと三角形BPCの面積の比3:2とする時 1)Pから直線AD、BCに垂線をひき!交点をQ、Rとする この時、PQとPRの比を求めよ。 2)三角形APB+三角形CPDと台形ABCDの面積の比を求めよ。 と言う問題です。 どうしてもわからないので、説明付きのご回答よろしくお願いします

  • 図形の証明なのですが

    「正方形ABCDで、線分ADに対してAおよびDから正方形内にそれぞれ15°の直線を引き 、たがいの交点をPとする。 このとき三角形PBCが正3角形であることを、証明せよ。」 _________________________________________________________________________________________________________________ (1)正方形ABCDに正三角形ADRをくっつける(ADは共有) AB=AD=ARより三角形ABRは二等辺三角形。角ABR=角ARB・・・・・・ (2)線分ABに対してAおよびBから正方形内にそれぞれ15°の直線 を引き、たがいの交点をSとする。 (中略) DPSBCは正12角形の1/4になるので, 三角形PBCが正3角形 (1)(2)は前回ここで良回答をいただいたきました。 これ以外で三角関数を使わない証明があれば教えてください。

  • 平面図形の問題です。教えて下さい。

    平行四辺形ABCDにおいて、2辺CD、ADの中点をそれぞれE、Fとし、線分AEと線分BFの交点をGとする。このとき、三角形EFGと三角形BCEの面積の比を、最も簡単な整数の比であわしなさい。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

や, 比を使って BA = BF ではないかと.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 平面図形

    三角形ABCがある。AB=6、BC=10であり、AC上に点Dをとり、DCの長さを6とし、DBの長さを6とする。 また、ADの中点をEとする。辺ABを3:1に分ける点をFとする。 辺DBの延長と辺EFの延長して、交わった点をGとする。 このときAEの長さを求めよ。またBGの長さを求めよ。 と言う問題です。 わかっていることをまとめると 長さがわかっているのは AB=DC=DB=6 BC=10 ADを1:1に分ける点をE ABを3:1に分ける点をF △DBCと△ABDは二等辺三角形である と言うことが文章からわかると思います。 まずAEの長さを考えると 点DからBCに垂線を引き、その交点をHとする。 また△ABDは二等辺三角形だから、点Eと点Bを結ぶ △CDH∽△CBEであるから CD:CB=CH:CE 6:10=5:CE 6CE=50 CE=25/3 CD=6より DE=CE-CD  =25/3-6  =7/3 となり DE=EAなので AE=7/3となりました。 次に 辺の比を使って何とかGBの長さを求めようとしたのですがさっぱりわかりません。 すいませんが、詳しい解説をお願いします。またこのような問題の考え方がありましたら教えてください。

  • 数学Aについての平面図形の問題です。至急よろしくお願いします。

    問.AB=16、BC=14、AC=12である三角形ABCにおいて、  角Aの二等分線と辺BCとの交点をDとする。DCの長さを求めよ。 この問題について説明しなければならないので、二つ質問させていただきます。 (1)まず、BD:DC=AB:ACがわかります。 何故このようになるのかは、定理の「ADが角Aの二等分線で、点Dが辺BCをAB:ACに内分するから」という説明で正しいですか? (2)DCの長さは、比から DC=3/7BC  =3/7×14  =6 ですが、何故3/7BCで求まるのですか? 説明は「BD:DCが4:3だから」ではダメですか? どうか今日中によろしくお願いいたします。

  • 証明

    AD//BCである台形ABCDにおいて、対角線ACとBDの交点Pとする。また、点Pを通り、辺BCに平行な直線lを引き、辺AB、CDとの交点をそれぞれE,Fとする。 このとき、(1/AD)+(1/BC)=(2/EF)を証明する問題で。        A-----------D / \     /         \ /           \      /           \     B-------------------------C どのように考えるか分からないのでこの書き込みは消されてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。 この問題をまず解くには ・AE:EB=AD:BC ・DF:FC=AD:BC を考えるそうですがこの比の作り方(考え方がよくわかりません。) まとめると、 Pはこの図の中心点。 点Pを通るよく線はl ABとDCで交わった直線lをE,Fと置く。

  • 図形の問題

    弟に高校入試対策の図形の問題を聞かれ、答えられなくて困ってます。 図がないのですが、問題は 「四角形ABCDの辺BC上に適当に点Eをとり、∠EADの二等分線と辺CDとの 交点をFとするとき、AE=BE+DFであることを証明しなさい。」 初めから手が出せなかったのですが、AFの延長線とBCの延長線の交点を仮に Gとすると∠EAG=∠EGAとなり三角形EAGが二等辺三角形になることに気付いて AE=EG=BE+DFを証明すればいいだろうということは思いつきました。 しかしその先がさっぱりです。 もしかすると、初めから考えが間違ってるかもしれないですが、 分かる方は教えてください。お願いします。

  • 数学の問題を教えてください!

    私は中3の受験生です。 数学の入試の過去問題を解いているのですが、わからない問題があって困っています。 わかりやすく解説していただけるととってもありがたいです。 よろしくお願いします。 問題 図のように、AD=3cm、BC=2√2cm、CD=√2cm、角BCD=90°の四角形ABCDがあり、角BAC=角BDCである。 線分ACと線分BDの交点をEとする。 このとき、次の問いに答えよ。 1.線分BDの長さを求めよ 2.三角形EABと三角形EDCの面積の比を最も簡単な整数の比で表せ。 また、三角形EBCと三角形EADの面積の比を最も簡単な整数の比で表せ。 3.三角形EABの面積を求めよ

  • 図形

    (1) △ABCで、BCを1:2に内分する点をD,ADを2:3に内分する点をEとし、BEの延長とACとの交点をFとする。このとき、AF:FCの値を求める。 BFに平行な直線DGをひくと △BCFでBD:DC=2:3はわかるのですが EG:GC=1:2がわかりません また、△ADGでAE:ED=2:3はわかるのですが AF:FG=2:3がわかりません。 そして、 このあとどのように求めるのかわかりません。 (2) 正三角形ABCをBCに平行な2直線DE,FGで切って、P,Q,Rという3つの図形を作った。P,O、R面積の比が4:5:16であるとき、△ADE,△AFG、△ABCの相似比に着目して考えると、P,Q,Rの周りの長さの比はいくら。 △ADE∽△AFG∽△ABCで 面積比は 4:(4+5):(4+5+16)=4:9:25 3つの三角形の相似比は2:3:5ですが、 このあとの、P,Q,Rの周の長さの比の求め方がわかりません。 お願いします

  • 三角形の長さ

    三角形ABCにおいて角Aの外角の二等分線と辺BCとの交点をDとする。また角Bの内角の二等分線と辺CAとの交点をEとしADとBEとの交点をFとする。AB=9、BD=6、AF=3のとき、EDとAEをもとめろという問題で、AFとFDの比を出すとこまではできたんですがその先がわかりません。余弦定理を使っては解けたんですがほかのやり方をあるそうなんですがそれを教えてください。

  • 図形の問題

    弟に高校入試対策の図形の問題を聞かれ、答えられなくて困ってます。 図がないのですが、問題は 「正方形ABCDの辺BC上に適当に点Eをとり、∠EADの二等分線と辺CDとの 交点をFとするとき、AE=BE+DFであることを証明しなさい。」 初めから手が出せなかったのですが、AFの延長線とBCの延長線の交点を仮に Gとすると∠EAG=∠EGAとなり三角形EAGが二等辺三角形になることに気付いて AE=EG=BE+DFを証明すればいいだろうということは思いつきました。 しかしその先がさっぱりです。 もしかすると、初めから考えが間違ってるかもしれないですが、 分かる方は教えてください。お願いします。 質問投稿日時:08/12/16 23:30 質問番号:4561485

  • 三角形の相似条件について

    円に内接する四角形ABCDにおいて、AB=√10、AC=30/√19 、BD=√190/2, BC=2√10、CD=3、DA=6であるとし、対角線ACとBDの交点をEとする。 このとき、BEをBDを使ってあらわせ。 という問題があったのですが、解答では 三角形AEDと三角形BECが相似なので、それを利用していていました。 なぜ三角形AEDと三角形BECなのでしょう? 三角形の相似条件は、(1)3組の辺の比が等しい(2)2組の辺の比が等しく、そのはさむ角が等しい (3)2組の角が、それぞれ等しい だったとおもうのですが、この場合どこに該当していますか?∠BECと∠AEDが同じくらいしか 私にはわかりません。

  • 角度を求める問題で

    正方形abcdの辺bc上に点eを取り、二点a.eを通る直線と辺dcの延長との交点をfとする。aeとbdの交点をg、線分efの中点をhとする時、角gchの大きさを求める問題です。回答は、hcとhfが同じ長さだということと、三角形bcgと三角形bagの合同だということを利用して解いています。どうしてhcとhfが同じ長さだといえるのかが分かりません。何かの法則を忘れてるだけかもしれないのですが、教えてください。