-PR-
締切済み

クーポンテストについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.51612
  • 閲覧数105
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 60% (15/25)

現在、クーポンテストによるマーケティングを行っております。
紙媒体および、iモード画面を利用した2種類の実験を行っております。
そこで、実際のクーポンの利用状況を調査したいと思っておりますが、
その方法を思案中です。
通常ですと、クーポンチケットを回収し、集計すればいいだけのことです。
しかし、諸事情により、クーポン活用の店舗にその作業を依頼できないという
おかしな状況なのです。そのため、他の方法で、利用数を確認しなくてはなりません。たとえば、クーポン利用客ごとに”正”の字を記入していく、カウンタをレジに設置し、利用客を把握するなどです。
私自身、原始的な方法を取りたくはありません。
私の会社自体が、マーケティングの知識が薄く(最近、入社したのですが)
上記の方法以外で、クーポン利用状況を把握する方法を考えてほしいと依頼されています。
iモードクーポンに至っては、さらに利用効果測定が難しいです。
どなたか、教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

roadnessさん、こんにちは。 同類の質問がもうひとつありましたが こちらでまとめて回答させて頂きます。 roadnessさんが実施されているのは Direct Responceマーケティング、通称DRいわれているモノですね。 DRマーケティングは一番効果測定がしやすいのが強みなのですが その測定システムがない、というのはシンドイです。 残念ですが原始的な方法をとるべきです。 それ ...続きを読む
roadnessさん、こんにちは。
同類の質問がもうひとつありましたが
こちらでまとめて回答させて頂きます。

roadnessさんが実施されているのは
Direct Responceマーケティング、通称DRいわれているモノですね。
DRマーケティングは一番効果測定がしやすいのが強みなのですが
その測定システムがない、というのはシンドイです。
残念ですが原始的な方法をとるべきです。
それが嫌ならITによるインフラ整備の問題になります。
どちらも嫌なら、現在入手可能なデータから
評価基準をつくるしかありません。
例えばTSUTAYAのiモード半額クーポンキャンペーンは
クーポン実施時/非実施時の
*顧客数の比較
*顧客単価の比較
*売上高の比較
で評価していました。
本格的なDRなら、表現/媒体毎にクーポンや電話番号を変えて
各々の効果をCPR(Cost per Responce)で評価していくのが主流です。
ただし、CPR評価だけではもう効果は図れない、というのが
私の個人的意見です。
いずれも事前の評価基準の決め方(計画)がポイントです。
通常は計画>>テスト>>チェック>>修正といったフローで行ないます。
頂いた質問からはこの程度の答しか思いつきません。
必要とあらば補足を。
関連するQ&A


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ