• 締切済み
  • すぐに回答を!

不定積分∫log(1+x)/x dxが分かりません

不定積分∫log(1+x)/x dxが分かりません。教科書(理工系の微分積分学:学術図書出版)を読み漁ったのですが、見つかりませんでした。部分積分と、置換積分を考えてみて計算したのですが、私のやり方では両方うまくいきませんでした。(参考書としては、マセマの微分積分学の本を持っています。) 置換積分:1+x=exp(t)と置換する。(与式)=∫texp(t)/exp(t)-1 dtとなりうまく計算できません。 それともこれは何かでうまくはさんで解くタイプの問題なのでしょうか?(ハサミウチの原理などを利用) 大本の問題は広義積分の問題で、積分区間は、-1→1となっています。 何か知っていることがありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数5119
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.3
  • info22
  • ベストアンサー率55% (2225/4034)

xの定義域は 1+x>0つまり x>-1 です。 この積分は初等関数の範囲では積分不可能です。つまり解析的には解けません。高校までの数学の範囲では積分不可能(積分できない)というのが正解とされます。 ただし、定義域x>-1では、関数y=log(1+x)/xをプロットしてみていただけば連続関数となりますから数値積分は可能です。 初等関数の範囲では積分結果を表現できませんが 大学レベルの数学の範囲なら 特殊関数のオーダー2の多重対数関数のLi[2](x) http://wkp.fresheye.com/wikipedia/%E5%A4%9A%E9%87%8D%E5%AF%BE%E6%95%B0%E9%96%A2%E6%95%B0 を使えば積分結果が求められます。 -1<x<0の時 I=log(1+x)*log(-x)+Li[2](1+x)+C x=-1~0の定積分は ∫[-1,0]log(1+x)/xdx=(π^2)/6≒1.64493 x>0の時 I=-Li[2](-x)+C 定積分は上の積分結果の式を使って、xの範囲により分割して積分します。 ∫[-1,2]log(1+x)/xdx =∫[-1,0]log(1+x)/xdx+∫[0,2]log(1+x)/xdx =(π^2)/6 -Li[2](-2)≒3.08168 となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 広義積分

    ∫[-∞ → ∞] ((x-i)^2)e^(-x^2) dx の広義積分がわかりません。 e^(-x^2)の広義積分が√πになることを利用する、とかかれていたので部分積分から行くのかと思ったのですが、どうしてもできません。 よろしくおねがいします。

  • 不定積分と広義積分

    不定積分、広義積分を求める問題です。 (1) ∫x^2/(x^4+1)dx (2) ∫(x^2-1)^(3/2)dx (3) ∫(-∞から∞まで)1/(x^6+1)dx 三角関数で置換してやってみたりしましたが、どうも上手くいかないみたいで。何か良い解法があれば教えてください。

  • 広義積分

    積分計算で広義積分だあることを示してから積分計算をせよというのがあるのですが 広義積分かどうかを示すのは何をすればいいのですか

  • 回答No.2

定積分ならば 岩波全書 森口繁一他「数学公式I」1984年 の P241 では (0→1)∫log(1+x)/x dx=π^2/12 (0→1)∫log(1-x)/x dx=-π^2/6 となっていますので、後者を x = -t と置き、積分範囲を変えて組み合わせれば (-1→1)∫log(1+x)/x dx=π^2/12 + π^2/6=π^2/4 が得られます。最後の式の検算はお願い致します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Ae610
  • ベストアンサー率25% (385/1500)

不定積分∫[log(1+x)/x] dxは初等関数では表せないようです。 ∫[log(1+x)/x] dx =logx・log(1+x)+(1+x)+(1+x)^2/4+(1+x)^3/9+・・・+(1+x)^n/n^2+ ・・・ 分母がxではなく1+xであれば簡単に積分出来る(={log(1+x)}^2/2)のですが・・・、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ∫exp(x)/x dxの積分

    こんにちは。 ラプラス変換で微分方程式を解く問題をといておりましたところ、 以下の式が出てきました。 L{X(t)} = (3+2s)/{(1+s)(2+s)(3+s)} L{Y(t)} = (2+4s+s^2)/{s(2+4s)} これを逆ラプラス変換してX(t)およびY(t)を求めようと思います。 部分分数展開して積分を行ったのですが、その際どうしても以下の 積分を求める必要が出てきます。 ∫exp(s)/s ds ……(1) ∫exp(s)*s^n ds において、nが自然数なら、部分積分で求めることができるのですが、 nが負の整数の場合、部分積分を行うと(1)で手詰まりになってしまいます。 仮に(1)を部分積分しても、 [(log|s|)exp(s)] - ∫(log|s|)exp(s) ds となり、∫(log|s|)exp(s) ds を求めることができないので、先に進めません。 どうやれば(1)の積分は解けるのでしょうか?

  • 広義積分

    広義積分の問題が解けません。ヒントでもいいので教えてください。 問題 以下の広義積分の値を求めよ。 ∬log√(x~2+y~2)dxdy 積分範囲D:x~2+y~2<=1です(<=は以下の意味です) とりあえず x=rcosθ,y=rsinθの置換を用いて計算していったのですがしっくりきません。 最初の式変形は ∬rlogr drdθで合っているかも不安です。。 どなたか助け舟をお願いします。

  • 微分積分の問題でいくつか解からない問題があります。

    微分積分の問題でいくつか解からない問題があります。 (1)x^(1/3) / {x^(1/2)-1} を積分せよ。 (2)log(sinx)は0からπ/2の区間で広義積分が収束することを確かめよ。 (3)logx/(1+x^2)は0から∞の区間で広義積分が収束することを確かめよ。 以上の3つです。 (1)は置換積分だと思うんですが何を置換すればいいのか…x^(1/2)=tでしょうか? (2)(3)は絶対収束の判定のための定理(「x^λを掛けて有界ならば絶対収束」とかの定理)を使うと思うんですが、条件を満たすλが見つかりません。 誰か解いてください、お願いします

  • ∫[0→t] exp(-a^2/x)dxの計算

    よろしくお願いいたします。  I=∫[0→t] exp(-a^2/x)dx (aは正の定数です。) この定積分の計算ができなくて困っています。 ご存知の方よろしくお願いいたします。 置換積分や部分積分をしてますが、うまくいきません。 a/√x=zと置いて置換すると∫[a/√x→∞] {exp(-z^2)}/z dz という積分項が出てしまい更に分からなくなってしまいました。

  • ∫log sinx dxや∫log cosx dx のやり方

    ∫log sinx dxや∫log cosx dxの計算をやっているのですが、置換積分や部分積分をフル活用しているのですが、先が見えません。助けて下さい。

  • 広義積分の収束・発散

    こんばんは。私は現在大学で微分積分を学んでいるものです。 広義積分の収束・発散を求めろという問題があるのですが、 関数f(x)が区間(a,b]で連続であり、|f(x)|≦g(x)、g(x)の(a,b)の積分が存在するとき、f(x)の広義積分が存在するとあるのですが、実際に問題を解くときは、どうやってg(x)を見つけるかわかりません。 ぜひ教えてください。

  • 積分の問題です

    途中で間違えていたため訂正しました; 積分の計算の質問です。 (1)∫(-π/2~π/2)(tanx)^2dx これは広義積分を0までと0からに分けて定義して、 その後(tanx)^2の不定積分を求めるためにt=tanxとおいて計算すると tanx-xが求まり、それを広義積分に当てはめると lim(ε→0)(-π/2+ε+1/tanx)+lim(η→0)(-π/2+η+1/tanx) となったんですが、これは答えが正の無限大となると考えればよいのでしょうか? (2)∫(0→π)(1/1+2cosx)dx これはxが2π/3のとき分母が0になってしまうので、そこを境に広義積分を定義して 次にt=tanx/2とおいて1/1+2coxの不定積分を求めると 1/3*log|(√3+tanx/2)/(√3-tanx/2)|が求まり、 それを広義積分に当てはめるとx=πのところで値がlog|∞/∞| のようになってしまうように思うんですが、 これは途中で間違っているのでしょうか?それとも何か考え方が違うのでしょうか? (3)∫(0~π/2)(π/2-x)tanxdx これは解き方の方針が思いつきません。 どれか1つでもいいので、 回答いただけるとうれしいです><

  • 積分の問題

    積分の問題 ∫x^3・e^(-x)dx 積分区間は0→∞です。 これと ∫x^6・e^(-2x)dx 積分区間は0→∞です。 上の2問についてです。 この二つは部分積分法で解こうとすると不定形がでてくるので不可能でした。 そこで、広義積分という方法が考えられますが、どのように解いていいのか分からないんです。 教科書等は読んで理解しましたが、例題にはe^(-x)のようなものがでてこず、1/(x^2)+1のような分数関ばかりなので困っています。 分かる方、お力を貸してください。 宜しくお願いします。

  • tanとlogの積分

    いつもお世話になっています。 独学で数学を勉強し始めて、積分の範囲をやっていたのですが、 tanとlogの積分は区分求積法でも出来ず、 微分と積分が逆ということを知った後でも 基本的な関数の中でtanとlogの積分だけがわかりませんでした。 少し先を見て、部分積分をやるところでlogの積分、 置換積分をやるところでtanの積分の結果が載っていました。 私は自分で思いつく前に教科書の結果を見てしまったのですが、 logの積分で係数の1をxの微分とすることなどは思いつくものなのでしょうか? 自然な流れで思いつくのか、技巧的なのかがわからないので 皆さんの印象を教えてください。

  • 不定積分

    微分方程式を定数変化法で解いている途中で下のような積分の計算が出てきたのですが、解き方がわかりません。 exp((-1/2)x^2) アドバイスを下さい。よろしく御願いします。