• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

2重積分の「置換積分」?

 I = ∬exp(x+y)dxdy ; 積分領域{(x,y)|0≦x≦1,0≦y≦1} という2重積分を、  t(x,y) = x+y と置き替え  ∂t/∂y = 1  0≦y≦1 ⇒ x≦t≦x+1 と思い  J(x) = ∫exp(t)dt ; 積分区間{t|x≦t≦x+1}  = {exp(1)-1}exp(x)  I = ∫J(x)dx ; 積分区間{x|0≦x≦1}  = {exp(1)-1}^2 のように定積分の置換積分の手法を用いて解いたら一応答えと合っていました。しかし、私としては、  ∂t/∂y = 1 ⇒ dt = dy のように考えている辺りがなんとなく間違っているような気がするのです。この問題だから偶然に答えが合っていたのでしょうか?もしくは、流れは正しくても、断りをもっと立てないといけないのでしょうか? パソコンでの数式の書き方に慣れていませんので、どうも見えにくくて申し訳ありませんが、ご教授のほどよろしくお願いしますm(_ _)m

noname#70525

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1110
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

多変数の積分の変数変換は公式があります。 dxdy=∂(x,y)/∂(u,v)dudv 今回の場合、x=x,t=t(x,y)の変換ですから x=x,y=y(t,x)となり dxdy=∂(x,y)/∂(x,t)dxdt ∂x/∂x=1,∂x/∂t=0となり ∂(x,y)/∂(x,t)=∂x/∂x・∂y/∂t-∂x/∂t・∂y/∂x =∂y/∂t すなわち、dxdy=∂y/∂tdxdt となって、結果はたまたまあっているのです(導出方法が間違い)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりました。 ∂(x,y)/∂(x,t)=∂x/∂x・∂y/∂t-∂x/∂t・∂y/∂x というのはヤコビアンを求めているのですよね?変数変換として、endlessriver様の仰るとおりに何度か解いて見たのですが、行列式の立て方はわかっても、積分領域がどうなるのかわからず、一回も正解にたどり着けづにいます。 差し支えなければ積分領域をどうすれば良いのか、重ねてご教授いただけませんでしょうか。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 置換積分法について

    今置換積分を一人寂しく学んでいる者です(´・ω・`) 聞きたいことはいろいろあります(;・∀・) ∫x/(x+2)^2dx があったとしたらx+2をtに置き換えますよね? そうしたらdxをdtに変換するじゃないですか? その変換の仕方がいまいちわかりません>< そもそもdxとはどういう意味かさえ危ないです>< 上の式を計算すると∫t-2/t^2dtになり ∫(1/t-2/t^2)dtになるそうです。 そしたら logltl+2/t+cになると書いてあるのですが、2/t^2を積分したら 6/t^3に自分が積分したらなってしまいました;; どうやったら2/tになるのでしょうか>< あとはtをXに変換して答えになるので問題ないです。

  • 自分の置換積分の間違いを教えて下さい

    置換積分で遊んでいる内に、置換積分で積分した時と通常の方法で積分した時に答えが異なるケースがありました。 こんな事はありえないと思うので、自分の考えが間違っていると思うのですが、どこが間違っているのか分かりません。 済みませんが、皆さんのお知恵をお貸しください。 問題のケースはx^4です(置換積分する必要性は全くありませんが、思考実験として)。 ・通常の積分 ∫(x^4)dx=(1/5)*(x^5)+C ・置換積分の場合 t=x^2とする。 dt/dx=2x dx=(1/2x)dt ∫(x^4)dx =∫t^2*(1/2x)dt =(1/3)t^3*(1/2x)+C =(x^2)^3/6x+C =(1/6)*x^5+C 係数が、通常の積分の場合は1/5に、置換積分の場合は1/6になってしまいました。 どこが間違っているのでしょうか?

  • 「高校数学」置換積分法の公式について

    x=g(t)のときの置換積分法の公式∫f(x)dx=∫f(g(t))g'(t)dt についてなんですが、 dx/dt=g'(t)だから dx=g'(t)dtよりこれを左辺のdxに代入して 機械的に右辺の式になると考えるのは間違いでしょうか? 教科書では y=(左辺)として dy/dt=(dy/dx)(dx/dt)=f(g(t))g'(t)だから両辺tで積分して 右辺を作ってましたが・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

この場合、積分領域はx-tの座標を書いて、あるxのときのtの領域はあなたの指摘のように0≦y≦1 ⇒ x≦t≦x+1ですから、t軸に平行にx≦t≦x+1の線を引きます。この線を0≦x≦1まで重ねて書いてx-t座標での値域を得ました。 傾き45゜の平行四辺形です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

もう答えは得ていたのですね(汗 重ねてのご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

解法のチェックではないのですが、  ∂t/∂y = 1 ⇒ dt = dy がなんとなく腑に落ちない件について少し まず偏微分記号が普通の微分記号になるというのはよいでしょうか?これは1変数と考えるからということで。 次に微分の ∂t、∂y はそれぞれもともと微小の変化を表しているのですから、tの微小変化とyの微小変化の大きさの比が1であると考えれば、 ∂t/∂y = 1 ⇒ dt = dy は当然成り立つということになると思います。 実は私も昔は同じ疑問を持っていたのですが、∂やdを単なる微分の記号と考えてしまうとなかなか理解できません。∂x、dx などでxのある微小の大きさを表すと考えたほうが良いでしょう。 この辺、微分方程式などを解くと結構出てくるのでそのうち慣れてきますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事遅くなりました。 う~ん・・・ いつでも∂f=dfと成り立つんですかね? 微小な区間での変化というもののイメージがよくつかめなくて、さっぱりわかりません^^; ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 重積分の順序の交換

    非有界な関数f(x,y)を重積分(0≦x≦1,0≦y≦1)することを考えます。 具体的にはf(x,y)=(x-y)/(x+y)^3です。 この時、xで先に積分するか、yで先に積分するかで値が変わることはありますか? 僕が行った計算では、変数変換(x,z)=(x,x+y)とすると、ヤコビアンは1でdxdy=dxdzで、 ∫_0^1 dx ∫_0^1 f(x,y) dy =∫_0^1 dx ∫_x^{x+1} (2x-z)/(z^3) dz =∫_0^1 dx 1/(x+1)^2 = 1/2 zの積分はxを定数として計算しています。 ここで、逆の順序で積分すると、xとyの変数を入れ替えたものは等しいので、 ∫_0^1 dx ∫_0^1 (x-y)/(x+y)^3 dy =∫_0^1 dy ∫_0^1 (y-x)/(x+y)^3 dx = - ∫_0^1 dy ∫_0^1 (x-y)/(x+y)^3 dx =1/2 よって、 ∫_0^1 dy ∫_0^1 (x-y)/(x+y)^3 dx = -1/2 だと思うのです。 また、直感的には、交代式を直線x=yに対称な領域で積分するなら、 ∫_0^1 dx ∫_0^1 (x-y)/(x+y)^3 dy = 0 が正しいとも思えます。 どうかこの辺の事情をお教えください。

  • 広義積分について

    大学の微分積分のテストが追試になってしまい勉強中なのですが、広義積分が良くわからなくって困ってます。どなたかコツみたいなものを教えていただけないでしょうか?(正方形領域や円領域に簡単に近似できるものはわかります。) 例えば、次のような問題がよくわかりません。 ・∬e^(y/x) dxdy D={(x,y)|0<x≦1,0≦y≦x^2} ・f(x,y)=2(x-y)/(x+y+a)^3,(a>0)に対して次の値を求めよ。 ∫dx∫f(x,y)dy , ∫dy∫f(x,y)dx (積分範囲はすべて0~∞) どなたか解き方のヒントでもいいのでください。よろしくお願いします。

  • 【積分の途中でlimを?】広義積分の問題について

    ∬1/√(x^2-y^2) dxdy 積分する領域は、x^2>y^2 0<x<1 となってます。 増大列を用いて、 ∫[1/n → 1]dx ∫[-x-(1/n) → x-(1/n)] f dyとして、最後にnを∞に飛ばせばいいのですよね。 しかし、 ∫[-x-(1/n) → x-(1/n)] f dyをひとまず計算したところ、 2arcsin(1-1/nx)となりました。 これをxで積分したいとは思わないので、 この段階でnを飛ばして、2arcsin1 =πとし、これをxで積分して、 最終的にπ(1-1/n)となりました。 で、πに収束。 答えは合っていたのですが、疑問なのは途中でnを飛ばしてもよかったのかなーと。 たまたま答えがあっていたんじゃないかと不安です。 どなたか教えてください。

  • 置換積分法について

    たとえば, ∫(x+1)√(2x+3)dx を計算する場合, t=√(2x+3)とおき, t^2=2x+3 …(*) x=(t^2-3)/2 から, dx/dt=t ∴dx=tdt が導かれ, 置換積分を行うのが高校数学の教科書通りだと思うのですが, (*)からいきなり, 2tdt=2dx とやってよいのでしょうか? つまり, f(t)=g(x) の状態から,xがtの関数であることを利用して両辺tで微分して, f'(t)=g'(x)・dx/dt となり, f'(t)dt=g'(x)dx としてよいのでしょうか?

  • dy/dx・dxは置換積分を使ってdy?

    次の微分方程式を解け 2yy'=1 とありました。解答は -------------------------------- 2y・dy/dx=1の両辺をxで微分して ∫2y (dy/dx) dx=∫dx 置換積分法により ∫2y dy=∫dx ゆえに y^2=x+C (Cは任意定数) -------------------------------- となっています。ここで疑問に思ったのが ”置換積分法により”という箇所です。 これはdy/dx・dxを”約分して”dyにしてはならず、 ”置換積分法により”dyにしなくてはならない、 ということが言いたいのだと解釈しました。 疑問1. そこで、ここにおける”置換積分”とは具体的には どのような作業を指すのでしょうか? 疑問2. 以下は全て同じことを表現したいと意図している のですが、誤解を招くことはないでしょうか? 2y・dy/dx・dx    2y (dy/dx)・dx   2y dy/dx dx 2ydy/dx dx 2y*dy/dx*dx 2yとdyの間に半角スペースを入れた方がよいか ・と*と半角スペースどれが妥当か dy/dxは()でくくるべきか などなどです。

  • 置換積分

    ∫1/(2e^x+1)dxを t=2e^x+1として置換し積分すると log|2e^x/(2e^x+1)|となると思いますが 回答はlog|e^x/(2e^x+1)| 答えを微分すると どちらも被積分関数に戻ると思います 置換の仕方に数学的に 何か重要なミスあるのでしょうか? それ違うならこの方法のダメところ教えてください 多分バカな質問だと思いますが 教えてください

  • 累次積分に関しての質問です。

    回答者の皆様にはいつもお世話になります。 ∫∫(x+y)dxdy 積分範囲 x≧0, y≧0, 1/2≦x+y≦1 を累次積分するときですが、下図の様にグラフで考えると、 1/2-x≦y≦1-x, 0≦x≦1と考えてよろしいのでしょうか? それとも、点(0,0) (1,0) (0,1)の大きい三角形の積分から、 点(0,0) (1/2,0) (0,1/2)の積分を引く形、つまり {∫[0 1]dx∫[0 (1-x)](x+y)dy}-{∫[0 (1/2)]dx∫[0 (1/2-x)](x+y)dy}と表した方が良いのでしょうか? ご指導願います。

  • 2重積分

    2重積分の質問です。 2重積分の計算で D={(x,y)|a≦x≦b,ψ1(x)≦y≦ψ2(x)}のとき ∬f(x,y)dxdy=∫[a→b]{∫[ψ1(x)→ψ2(x)] f(x,y)dy}dxですが ∬f(x,y)dxdy=∫[ψ1(x)→ψ2(x)]{∫[a→b]f(x,y)dx}dyでも可能でしょうか?? よろしくお願いします。

  • 置換積分の公式

    置換積分について (1)∫f(x)dx=∫f(g(t))g‘(t)dtただしx=g(t) (2)∫f(g(x))g‘(x)dx=∫f(t)dtただしg(x)=t (1)(2)はどのように使い分けるのでしょうか? 教科書や問題集をこなしてもいまいちわかりません。

  • 二重積分の積分範囲がわかりません

    &#8750;&#8750;D xy dxdy x=<y=<-x+2 ,0=<x=<1 での積分範囲がわからず困っています 外側はdyより 0→2だとおもうのですがdxは求めれません よろしくお願いします