• 締切済み
  • 暇なときにでも

アイドリングストップ時間と燃費の関係は?

 この質問は、車の燃費の観点からのみの質問です。  ここでは敢えて、地球環境の観点に立った二酸化炭素削減については度外視しています。    今、各地で、路線バス等の信号待ちの際のアイドリングストップは、広く行われているところだと思いますが、まだマイカーのアイドリングストップはそれ程ポピュラーではないと感じています。  もう20数年以上も前になりますが、あるテレビの番組で、「マイカーの燃費向上に繋がるアイドリングストップの有効な方法は?」といった趣旨の実験をしていたのですが、その結果が、「5分以上停車するならアイドリングストップ、5分未満で再度発進するならエンジンは切らない方が、燃費の為にはいい。その主な理由は、エンジンスタートの時には結構ガソリンを喰うからで、その分のガソリンと停車中のアイドリングで消費するガソリンの量が同じになる時間(数分間)がキーポイント。」というものでした。  勿論、これはごく一般的なセダンを使ってやりましたので、車種によってその数値に違いはあると思います。    ここで私の疑問です。  今、路線バスのアイドリングストップは広く各地で実施されているところですが、これは果たして全てのケースで燃費向上に繋がっているのでしょうか。たくさんの車両で実施していますから、トータル的には燃料削減にはなっていると思うのですが、個々のケースを考えた場合、例えば、ほんの数秒間の信号待ちでもエンジンを切っているバスに乗り合わせた時によく思うのですが、果たしてこの行為は燃料削減になっているのでしょうか。  前述のような理由から、ディーゼル車にも、「燃費のことだけを考えれば、何分未満の信号待ちならエンジンを切らない方がいい。」といった数値があると思うのです。  再度、申し添えますが、地球環境のことを考えたら、1秒間でもエンジンは切ってもらいたいのはやまやまですので、ここはあくまでも燃費のことだけを考えて下さい。    上手くまとめることができなくて、長い文になってしまいましたが、皆さんどう思われますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.1
  • Hamida
  • ベストアンサー率23% (267/1151)

ジーゼルエンジンの場合は、エンジンが十分暖まっている場合は、排気ガス浄化システムを搭載した薄燃料ガス用のガソリンエンジンの様に起動に余分な燃料は消費しません。分単位の燃料消費の大きい大型車のエンジンは、アイドリングを止めることで燃料消費を押さえることに大きく貢献します。しかし、バッテリーの消耗が激しく、バッテリー製造に関するCO2の排出量を考えると、本当にCO2削減になっているかは疑問です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございました。 ディーゼルエンジンの場合は、数秒間でもアイドリングストップは燃料消費を押さえるのに貢献しているのですね。安心しました。 問題はガソリンエンジンの場合ですね。ディーゼルエンジンでやるようなような間隔をおかないON・OFFの繰り返しは、かえって燃料を消費してしまうような気がするのですが。

関連するQ&A

  • 燃費向上にアイドリングストップ

    燃費向上にアイドリングストップ 燃費向上の為に信号待ち等、5秒以上 止まるときはアイドリングストップは 有効とあるサイトに書いて有りました 私の様なオジサンドライバーは エンジンスタートに消費する燃料を 考えると、5秒程度停止させて 再スタートを繰り返す方が 燃費を悪くする感覚で居るのですが 最近の車は変わったのですか?

  • アイドリングストップって燃費が良いの?

    市バスが信号待ちでエンジンを切りますが あれって燃費に良いですか? エンジンをかける時に、沢山ガソリンを消費するような ことを聞いた事がありますが、実際どうなんでしょうか。

  • アイドリングストップとガソリンの関係

    信号待ちをしている時などに、アイドリングストップでエンジンを切ります。 これってガソリンの節約につながりますか? それとも、次にエンジンをかけるために、余計にガソリンがかかるとか!?

  • アイドリングストップは地球に優しいのか?

    近年、エコドライブの一環としてアイドリングストップを 実施しておられるバス、トラック、タクシーがありますが ちょっと疑問に思うことがあります。 近年のエンジンはアイドル燃費はほとんど消費はなく アイドル排ガスはとてもクリーンになってきています。 しかしエンジンを始動時はどうしても燃料を多く噴射するので どちらかと言うとちょっとした信号待ちなどでエンジンを停止させて また始動する方が燃費も悪く、それに伴い始動直後の 排ガスも悪いと思うのですが・・・。それにエンジン始動時が一番 バッテリーもしんどいですよね。 それでもアイドルストップは地球に優しいといえるのでしょうか?

  • アイドリングストップってほんとに有益なのでしょうか?

    よく路線バスなどで「アイドリングストップして環境に配慮しています」とかって謳ってますよね。でも、たとえば信号で停車したときにすぐにエンジンをストップする。信号ってすぐ変わったりして時にはほんと、30秒もたたないくらいにエンジンを再度入れて発進したりしてるバスによく遭遇します。確かに何時間もアイドリングするとか、長時間の場合は有益なのはわかるんですが、数分、数十秒のためにエンジン停止、またかけ直しってのは返ってエネルギーの無駄になるのではないのでしょうか?アイドリングはどれくらいの停車時間から有効だとか、きちんと明示すべきだと思います。そして、どれくらいの停車ならばアイドリングをストップしたほうがいいのでしょうか?教えてください。

  • アイドリングストップはエンジンに悪いでしょうか?

    こんにちは 別にガソリンが高いからじゃないんですが、信号待ちの停車中、エンジンがうるさいので エンジンをきるようにしたら、燃費がよくなりました。 今後もやりたいと思いますが、 ある人(ど素人)に話したら、車屋がそれはエンジンに一番悪いといっていたそうです。 本当かなと思ったんですが、どうなんでしょうか? エンジンが高温になっているとき、いきなりエンジン切るのはよくないなどの 話は聞いたことがありますが、そんなような話なんでしょうか? その理由は何なんでしょうか?(最悪焼きつくとか…) しかし、そんな状態でアイドリングのままにしておくと まあ水冷ならファンが回っていずれ下がるとは思いますが、かなり時間がかかりそうですし、 空冷なら下がりそうもないですが、どうなんでしょうか? 降車するとき、いちいちそんなことしている人もあまりいないですよね? またアイドリングストップをした場合、エンジンをかける回数が一日何十回にもなると思いますが、 スターター関係の部品の寿命などは、どうでしょうか?

  • アイドリングストップまでの間隔

    皆様、アイドリングを実行するのは信号で何秒くらい待つ時にしていますか? 私は赤に変ったときに停車している場合のみ、Nにしてサイドブレーキをかけアイドリングストップしていますがあまり短い信号だと再度エンジンをかける時間などロスタイムとエンジンをかけるときのガソリン消費であまりアイドリングストップの価値がないと思います。 皆様のご意見をお聞かせください。

  • アイドリング・ストップは本当に意味がありますか?

    最近はあまり見かけなくなったようですが、以前はよく保冷車などの後部に、『アイドリング・ストップ車』などと書かれた車がありました。先日、久し振りに見かけたのですが、信号待ちなどの時にアイドリング・ストップするのは、本当に環境にいいのだろうかと疑問に思いました。 エンジンを停止している間は確かに排気ガスが出ませんが、発進する時にはかなり汚い排気ガスが出るような気もします。 また、燃料の面(燃費)から言っても、大して節約にはならないような気もします。 また、エンジンオイルが熱くなった状態で、再々エンジンを止めたりするのも、あまり車にいいとも思えないのですがどうでしょう?以前ほど、アイドリング・ストップ車を見かけなくなったのには、何か理由でもあるのでしょうか? ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

  • アイドリングストップ車の疑問

    アイドリングストップ車は、赤信号等で止めればエンジンストップし、また走り始めるときに エンジンがかかるのですが、これってアイドリングストップ車ではない車と比べると、 バッテリーの消耗は激しいのでしょうか? またその都度エンジンがかかったり、止まったりして燃費って悪いのですか?

  • 気動車はなぜアイドリングストップしない(できない?)

    バスなどでは信号待ちの間でもエンジンを止めることが見うけられるようになりました。 一方、JRの気動車は結構長時間停車するときでもアイドリングしっぱなしのことが多いと思うのですが、アイドリングストップしないのは性能上の理由があるのでしょうか? JR東日本のウェブページに、環境保全コストとして「気動車のアイドリングストップ方式の開発」とありましたので、JRが全然気にしていないということは無いようですが。 エコロジー・環境に関することですが、鉄道カテゴリの方がご存知の方がいるように思いましたので、こちらにしました。