• 締切済み
  • 困ってます

外国語の習得

何か外国語を習得したいと思っています。 ただ他の言葉を話してみたいという浅はかな理由ですが。。 Q1:英語、日本語以外で勉強のしやすい言語はないでしょうか Q2:その言語のよい学習方法は? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数220
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.7

私は、フィリピンのタガログ語を勉強しています。 元々そんなに英語も得意ではありませんでしたが、タガログ語は5年ほどで、タガログ語のラジオ放送もほぼ理解できるくらい、現地の人と変わらないレベルになったと思います。 どうして英語にくらべて非常に早く習得できたかを振り返ってみました。次のような理由が挙げられます。 ・日本人でタガログ語を趣味で勉強している人がいて、その人と交流でき、良い辞書や勉強についての経験談を聞けたこと。 ・日常的に話せるフィリピン人の友人が何人もできたこと。 ・インターネットにおいて、ラジオ放送を聞いたり、タガログ語の新聞等を毎日読んで訳した。 ・本(小学校の教科書などを含む)や、マンガなどをフィリピンに行った時に購入して訳した。 ・フィリピン人に通じるジョークをいつも考えていた。 ・前述のフィリピン人の友人に訳文や、ジョーク、発音などをチェックしてもらった。 ・通じた喜びが大きく、勉強を継続する意欲が湧き、継続できたこと。 以上です。英語は非常にたくさんのテキストがありすぎて意欲がわきませんでしたが、こういうアジアの言語は逆に自分で勉強方法を工夫する楽しみがあったということも大きいです。 ところで、文法が簡単という意味ではマレーシア語は世界で一番簡単な言語らしいです。それにマレーシア語はDVDの映画でもテロップが出ますので、さらに勉強しやすいと思います。 どんな言語でも最初はやはり難しいですが、ある程度習得できてくれば現地の子供でも話しているわけですから加速がついてどんどん習得できます。楽しく長く勉強できると良いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である?

    英語はネイティブから習うのが効果的である ? 困り度: 暇なときにでも こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本では英語は外国語の中でも特に別格的な地位にありますが、日本でも認知度の高い他の外国語と難易度を比べるとどうでしょう? 英語はフランス語やドイツ語に比べると文法もシンプルですし、日本語は英語からの夥しい借用語があるおかげで単語も覚えやすく忘れにくいものが多いです。例えば、英語の beefはどんなに英語学習のブランクがあっても決して忘れないような単語ですが、ロシア語の говядинаなんかは覚えにくいし、覚えても忘れやすいです。 また、中国語は文法は英語よりは若干易しいものの、発音は英語よりも難しいです。韓国語は日本語と似ていると言われていますが、最初にハングルを覚えなければなりません。 そこで質問ですが、英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語であるとは言えるでしょうか?

  • 第2外国語は何がいい?

    今、第2外国語を学習しようと考えています。 英語は、過去にかなり勉強し、TOEICで870点を取ることができました。 が,英語ができる人はたくさんいますし、できれば英語をもっと磨きつつ、 もうひとつ何か習得できればと思っています。 そこで質問なのですが、今、勉強するのにいい外国語は何がありますか? スペイン語・ドイツ語・イタリア語などは需要も高いと思いますが、 できればちょっとめずらしい言葉を学んでみたいのです。 とはいえ、めずらしいだけであまり日本で必要性もない言葉もどうかと 思うので、仕事として考えたときに「そこそこ需要がありそうで」「学習している人が少ない言語」 だと、何が思い浮かびますか? たとえば「スウェーデン語」などどう思いますか?

  • 日本人が一番習得しやすい外国語

    こんにちは。似たような質問は既に何度かされていますが、私なりに論点を整理して質問を立てさせて頂きます。 ヨーロッパの人は外国語の習得が早いとよく聞きます。しかし、これは 母国語と外国語が近縁関係にあるのと、気軽に隣国と行き来したり出来るので、外国語を使う機会も多いからですよね。 しかし、日本人には外国語はどれも難しいものばかりです。それでも、日本人にも比較的習得しやすい外国語を挙げてみます。 (1)英語:日本語には夥しい英語からの借用語も入っていて 日常生活の所々入り込んでいるし、中学校から全員が習うので 親しみやすい外国語だとも言えます。また、フランス語やドイツ語よりも文法がシンプルですし、学習環境もダントツで恵まれています。(ですから、オランダ語やデンマーク語なんかは文法は英語のようにシンプルでドイツ語よりも簡単なのに、アクセスのしやすさが習得を困難にしています。) しかし、それでも、日本語とは全く系統の違う言語なので 日本人には 難しい部分も多いです。また、綴りと発音の大きな食い違いなどは他の外国語よりも大きいし、発音も容易ではありません。 (2)韓国語:日本語には近縁の言語がないと言われますが、その中でも 日本語と文法というかシンタックスの似ている言語と言えば韓国語が挙げられますね。このメリットは大きいですね。英語でさんざん悩まされた「返り読み」や「訳語の並び替え」と言った煩わしい作業の必要が殆どありません。また、日本語は韓国語と多くの漢語を共有していますが、これは 中国語とよりも共有率が高いそうです。そして、英語などからの外国語の多くも共有していて、中には和製英語が韓国語に輸入されたものもあるそうです。 しかし、韓国語には平音、激音、濃音という種類があり、これは日本語とも英語とも違うものです。そして何より、最初にハングルを覚える負担が大きいし、覚えても完全に慣れるには時間がかかるでしょう。 (3)中国語:漢字を使っているので日本人には親しみやすいと思います。簡体字と言っても 日本の略字や俗字と似たものも少なくなく、漢字で心配する必要はほとんどないと思います。また、文法も日本語とはかなり違うものの、英語よりはむしろ日本語に似ている部分もあるし、全体的には英語よりも簡単です。 しかし、中国語には声調もあるし、発音は英語よりも難しいです。特に耳で聞いて音から意味を認識するのは容易ではありません。例えば「チー」という音を聞いただけでは何が何だか分からなくなります。 (3)イタリア語∪スペイン語: 外国語の基本は音である原則に基づけば、イタリア語やスペイン語は日本人には比較的親しみやすいと思います。また、英語のような綴りと発音の不一致も少ないので、耳から単語を覚えてスペルを推察するのも英語よりもずっとやりやすいです。 しかし、イタリア語も日本語とはまるっきり系統の違う言語であり、文法は英語よりも複雑です。 (4)インドネシア語:文字は英語と同じアルファベットを使っているし、発音も文法も簡単だそうです。しかし、日本人には馴染みが薄いし、単語を覚えるのが大変そうです。 そこで質問です。これは人によっても違ってきますが、総合的に考えて 何語が日本人には習得しやすいと思いますか?

  • 回答No.6
noname#68428
noname#68428

「勉強しやすい言語」とは次のようなものでしょう。 学習環境の整っている言語(語学書が充実している、辞書がある、外国語会話の学校、映画、語学番組などがたくさんあるetc.)、文法が自分の言語に近い言語、自分の言語と共通する単語の多い言語、発音が自分にとって平易な言語。 発音や固有の単語以外の点では朝鮮語が上記の条件のほとんどに当てはまり、学びやすい言語だと思います。 文字の違いで挫けてしまうかもしれませんが、何度も書いていれば1週間以内に大体覚えることができるでしょう。 ただ上で除外したように、発音は日本語話者には難しい方ですし、なまじ共通する漢語が多いために、日本語・朝鮮語それぞれの固有の単語(大和言葉のようなもの)の形があまりにも似ていないという点が際立っています。 ※ちなみに発音に関して言えばスペイン語やイタリア語あたりは慣れ易いと思います。 ただし動詞の活用は(他のロマンス系言語と共通して)とても大変です。英語の不規則動詞のあの「三基本形」が子供だましに見えます(大げさかな?)。 「学習方法」 どんな言語にも共通して言えることですが、とにかく分かりやすい解説をしている語学書や辞書を購入すること(文法・語彙の習得)、 各種番組を見たり聞いたりすること(雰囲気を掴んだり、口・耳を慣らしたりする。学習意欲の持続)、 (これは可能ならばでいいのですが)できれば母語話者と親しくすること(実際の会話での訓練)、 その時点その時点での自分のレベルの判断を誤らないこと(ステップアップは身の丈を考えて行うこと)、 とにかく分かるようになるまで何度も反復すること、 分かるようになったら今度は忘れないようにすること、だと思います。 言語習得の動機に浅はかも何もありません。 むしろ「話してみたい」というのは立派な動機です。 ただ言語選択の最も大事な基準は、「自分にとってその言語は好きな・必要な言語か?」ということです。 嫌いな・不必要な言語なのに、ただ「文法が近いから」「発音が楽だから」「何語かを話してみたいから」などの理由だけで学ぼうとすれば、長続きなどしないでしょう。 ご自身のペースをしっかりと守りながら、長く続けていくとよろしいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
noname#68430
noname#68430

なぜ英語を外されたのでしょうか? もし、英語を既に一定レベルまでマスターされたなら、自分の興味のある国の言語ならどれでもOKです。 英語はリーディングは得意でもリスニングやスピーキングが苦手というのならスペイン語やイタリア語が学びやすいです。但し、動詞の変化が中途半端じゃありません。 英語の語順になかなか馴染めないというのなら、韓国語はその点、日本語と似ているので楽です。但し、最初にハングルを覚えなきゃいけないし、発音も若干難しいです。日本語と文法が似ているのは他にトルコ語とモンゴル語があります。 日本人にとって、取っつきやすく面白いのは中国語です。文法も英語よりは簡単です。但し、発音は英語よりも難しいです。 あと、これは外国語として扱われることが少ないですが、日本語に最も近いのは沖縄語です。日本語の方言として考えるにはあまりにもかけ離れていますが、それでも日本人には最も学びやすい言語です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

通訳です。 「浅はかな理由」とご自分で言うくらいですから日常会話程度を話せれば良いということなのでしょう。 少しでも知っていればあなたの価値を高める言語はやはり中国語でしょう。英語は話せる人はたくさんいますが、中国語は少ないです。ニーズは増えています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#111031
noname#111031

一番効率的なのは、その外国語をなぜ学ぼうとするか、はっきりした 動機を持つことです。それはどのようなことでもよいのです。 私は、英語、ドイツ語、を学校で正規の授業で学びました。それ以上に 自分の慾で、学校以外でも、本を読んだり、手紙を書いたりしておりました。ドイツ語は高校3年生で大学受験の際、英語ではない外国語として、以前から興味を持っていたドイツ語/ドイツ文学に興味を持っていたので、ドイツ文学科へ進みました。 卒業後は英語を使う業務を選びました、ドイツ語では色々な点から無理でした。 これらの2つの言語を学び、今も学んでいる積りですが、どちらも学ぶのは容易ではないと思います、どちらがどっちとは言えません。 英語もドイツ語も読み、書き、喋り、と同等に身に付けらえるように と自分で心掛けた積りです。発音、聴解力は共にそれらを母語とする 人の下で学びました。英語は学校ではないのですが。 外国語学習のよい方法は、個人個人によって異なると思いますが、読み、文法にしても、学習時間を規則的にきめ、継続して学ぶことが一番でしょう。ネイティーヴが必ずしも最善の教師では無いと思いますが、 発音だけはネイティーヴ(但し、外国人に教える技術を持つ人に限ります)がよいでしょう。 一般的には、出来る限り多くの参考書、辞書などが発行されている言語を学ぶ方が楽でしょう。私が、ここ5~6年学んでいるもので、低地ドイツ語 というものがありますが、日本で発行された参考書は僅か一冊だけで、辞書はありません。教えている大学は皆無です。従って、現地の友人から贈られた本(詩、小説類、辞書)やメール、ウェブサイト、CDなどで学んでいますが、全く喋る機会がありませんので、遅々として先へなかなか進めない状態です。 参考書は一冊を完全に通して済ませてから先へ進みましょう。階段を飛ばしてはいけませんね。必ずどこかで困ります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#125540
noname#125540

No.1です。 あ、でも「勉強しやすい」ということだと、参考書が簡単に手に入る、メジャーな言語がいいかもしれません。 まず思い浮かぶのは、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語。 イタリア語、ロシア語はNHKテレビ・ラジオ講座があります。 その次にポルトガル語(ブラジル発音が主だと思います。ポルトガルと異なる部分がある) http://www.nhk-book.co.jp/text/gogaku/index.html#foreign 東京かその近くに住んでいる人なら、他にもいろいろ選択肢があると思います。 本屋は大きいし、外国語教室もあるし。 本はネットでも購入可能ではありますが・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#125540
noname#125540

人によって、学習しやすいと感じる言語が違うらしいので、 自分が興味ある国の言葉をやってみるのがいいと思います。 結局、文化や生活にも興味がないと発展しませんので。 学習方法は、もしaleisterさんが英語を喋ったり使うために(学校英語でなく)勉強したことがあるならば、英語と同じで良いと思います。 語彙と文法と発音とリスニングと・・・・。 アルファベットでない言語なら文字の練習も。 アルファベットでないと難しいのかというとそうではなくて、ハングルは覚えてしまえば簡単だといいます。 私にはそうは思えないのですが。  ↑ このように個人差があります。

参考URL:
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4254710.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 外国語習得者の母国語発音について

    教育テレビで放送されている各種外国語学習番組の日本人の解説者の日本語の発音(発声)について疑問があります。 大抵の番組はその番組の目的である外国語を話す専門家(外人)とその言語に関する知識は素人並の日本人女性(グラビアアイドル?)が司会を担当し、随所で日本人のその外国語の専門家が解説を入れるスタイルだと思っているのですが、その解説を担当している日本人の日本語の発音がどうも気になるのです。 彼らの話す日本語は標準のものには聞こえません。 これは、日本人が外国語を習得する過程で、その当人が本能的に既成習得していたはずの日本語が変質してしまったということでしょうか? 私は全く言語に関する知識はないのですが、日本語はイントネーションが薄い(平坦な)言語だと思っています。反対に英語なんかはイントネーションが常に発生する言語だと感じています。 だから、英語を勉強した人はなんでもかんでもイントネーションを強調する癖みたいなものが染み付いてしまい、本来平坦であるはずの日本語でまでそれを発揮してしまうのだと考えています。 個人的なことなのですが、私はそんな平坦な日本語を愛しています。最近の若者たちはすでに平坦なスタイルを崩し、なにやら意味不明のイントネーションを使っていますが、それでも未だ多くの日本人は平坦な日本語を話してくれます。そういった人たちとの会話には何の根拠もなくじんわりと幸せが感じられます。 日本を内から揺さぶるような若者の文化は仕方ないとして、いわゆるグローバリゼーションの波というものによって、もし、日本語のスタイルが崩されようとしているならこれはなんだか我慢ならないことなのです。 異文化を学ぶということは必然的に自らの文化をそれと混ぜ合わせることになることはわかっています。しかし私は至極個人的な理由からそれを好みません。 外国語の習得によって母国語の能力は変化しますか?

  • 英語以外の外国語は習得が難しい?

    英語以外の外国語は習得が難しい? こんにちは。このカテには英語以外の外国語を学習された方も多いかと思います。英語以外の外国語を学ぶ時は初めてではないので、英語学習の経験から外国語を覚える要領もつかんでいるし、例えば スペイン語なんかは 英語の知識が大いに助けになるので習得が早いように思えます。しかし、ほとんどの場合、英語とスペイン語の力には格段の差があるのが普通です。一番大きな理由は学習時間の量にあると考えられます。確かにそうなんですが、少し補足して考える必要があると思います。 先ず、英語以外の外国語の場合、初級レベルに関しては上達が早くとも、これ以上はなかなか進歩しないことが多いようです。これは、結局は学習時間の量に帰結するかもしれませんが、日常生活においては、英語以外の外国語は英語に比べて格段に接する機会が少なく、2ヶ国語を平行して学習したとしても よほど意識しない限り、英語の方に力を置くからだと思います。 そこで、英語以外の外国語を英語と同等かそれ以上習得された方に質問です。どのようにして、英語以外の外国語を習得されましたか? 英語との関わりも含めて体験談をお伺いしたいと思います。

  • 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは?

    こんにちは。 外国語をネイティブ並に、ほとんど「外国語」という認識すら持たずに使いこなせるような方に、外国語を理解・使用する感覚について質問します。 (以下、[ネイティブ言語]と[習得外国語]という用語で説明させてください。) (1)インプット(読む聞く)の場合、[習得外国語]を頭の中で[ネイティブ言語]に変換して理解しておられるのでしょうか? 逆に、アウトプット(書く話す)の場合は、[ネイティブ言語]を[習得外国語]に変換してからアウトプットしておられるのでしょうか? (2)[習得外国語]をある程度成長してから学校での勉強等を通じて習得した人と、誕生時または幼少時から生活の中で習得した人([ネイティブ言語]と[習得外国語]の区別が曖昧な場合)では、感覚は違うと思われますか? (3)日本語と英語だと、文法や単語などかなり離れた言語のように思われます。逆に、英語や仏語や独語などは系統的に近い言語のように思います。 そこで、[ネイティブ言語]と[習得外国語]が英語と日本語だと理解するのにワンクッションの変換が必要だけど、英語と仏語なら変換不要、ということはありますでしょうか? (4)2つ以上の言語感覚は、常にスイッチオンの状態なのでしょうか?それとも、どれか1つだけがオンでその他はオフなのでしょうか? (例えば、[ネイティブ言語]で会話中に、不意に[習得外国語]で話しかけられたとき、きちんと理解できるか) 「外国語を外国語のまま理解する」感覚とは一体どんなものなのか、教えていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 大学の、習得が比較的容易な外国語

    現在高校3年生です 進路を決めるに当たり外国語学部にいきたいのですが 今の僕の英語は自慢になってしまいますが ほとんど勉強しなくても駿台でも全国1000番位くらいとります 帰国子女でもないし他の教科は全く冴えないのに なぜか英語だけが特化しています 理由は分かりません 本題ですが 英米学科も魅力的なのですが 先生に他の言語を選ぶよう勧められ、僕自身そうしようかと 思います そこでより習得が容易な言語を選びたいのですが(もちろんどれを選んでも困難はあると思います)以下のうち どれですか? ドイツ語 フランス語 中国語 スペイン語 また、実用性は習得の難易度に関わらずどれが 一番だと思いますか? それぞれ解答していただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 既習の外国語で新しい外国語にアタック

    日本では殆ど100%の人が英語を習い、大学に進学した人や、英語が得意で英語以外の外国語にも興味を持った人が第2外国語を学習しますよね。 典型的なパターンとして 中学で英語を習い始め 大学でフランス語やドイツ語などを学習しますが、ところどころ英語と関連付けて教わるものの、基本的には日本語を介してですよね。英語と外国語の開始時期には6年の開きがあり、その間 かなり高度な英語を学習しているにも拘わらず、大部分の人は 英語で第2外国語を学ぶほど、英語力も熟達していないですよね。 しかし、この方法は私も実践していて かなり有効な手段だとも思っています。この方法だと 既習の外国語にも磨きをかけられるし、日本語を仲介するよりも むしろ手っ取り早い面もあり 似通っている言語同士を比べた方が よりその言語のディテール的な特徴も掴みやすいとも言えます。・・・・これ以上は うまく説明できないのですが、この方法を実践された方に質問です。この方法は他にどんなアドバンテージがあり、また どのような落とし穴があるのか、補足や意見を下されば幸いです。

  • 今まで最も簡単に感じた外国語

    日本人にとって最も習得しやすい外国語は韓国語というのは通説になっており、実際そうだと思いますし、 異義を唱える人も少ないでしょう。 でも、私の場合は 韓国語はそれほど簡単には感じませんでした。確かに 韓国語⇔日本語の翻訳は 英語⇔日本語よりも容易ですが、、。 私の場合は、英語は小学生から学習し馴染んでいますので 比較的スイスイ覚えましたが、最初の外国語だけに比較するものもなく、簡単だとか難しいとかはよく 実感できませんでした。そして、中学生からフランス語を勉強したんですが、英語と似ている面も多く、覚えやすい面もある一方、英語とも違うスペルの読み方や発音に戸惑いましたし、あの複雑な動詞の活用を覚えるのには やはり苦労しましたし、日本語にも英語にもない「性」は厄介に感じましたし、その他 英語と似ているようで違う部分で混乱したこともあります。 その次に学習したのはイタリア語なんですが、かなり 簡単に感じました。語学には無いと言われる「王道」 を歩んだ気がしました。でも、その割には途中で学習を放棄してしまい、中途半端なレベルですけど。 さて、質問です。今まで 最も簡単に感じた外国語を 教えてください。同時に それとは逆の回答も歓迎します。

  • 外国語習得の方法について

    とまべじという人が提唱する、外国語習得法ですが、クリティカルエイジをすぎても、可能であるとのことです。その方法は、日本語に訳することを一切せずに赤ちゃんのように英語を聞き続けるということで、要するに、英語の領域を新しく脳に作るそうです。 彼によれば、英語を習得するときにDVDなどでも絶対に日本語字幕を見てはいけない、また、英文でも日本語訳を考えてはいけないそうです。 日本語脳の上に英語を習得しようとするから無理なのであって、新しく英語脳を作るべきだという主張かと思います。 なんとなく共感できそうなんですが、では、同時通訳の人たちはどのように英語をとらえているのか気になります。かれらはどのように「瞬時」に翻訳をしているのでしょうか。

  • 日本人にとって最も習得しやすい外国語

    今まで似たような質問が何度かありましたが、私の意見も交えて書いてみますので、何カ国語か学習経験のある方にお尋ねします。 日本人にとって最も馴染みの深い外国語は言うまでもなく英語ですが、 日本人にとって英語は易しいとは言えませんよね。文法にしても発音にしても戸惑いの連続です。しかし、日本人にとって英語よりも習得しやすい外国語もあるはずですよね。 一つ目は韓国語ですが、文法は日本語と似ているので、語順で悩むことはありませんが、最初にハングルを覚えなければならないし、濃音や激音など日本語にはない発音のシステムがあります。 二つ目は中国語ですが、漢字を使っていて、文法も英語よりは若干簡単なので、日本人にとっては取りつきやすい感じがしますが、発音は英語よりも難しいですね。 三つ目はスペイン語やイタリア語ですが、発音は日本人にも親しみやすいですが、文法は英語よりも複雑ですね。 四つ目は、何だかんだ言っても、英語かな。日本語には英語からの外来語も多く、小さい頃から何かしら英語に断片的に触れる機会も多いので、これが大きなアドバンテージかなあとも思います。それに、英語が難しいと言っても、ロシア語やアラビア語に比べたら はるかに易しいはずです。 そこで質問ですが、総合的には何語が日本人には習得しやすいでしょうか? 特に、私が挙げた以外の外国語でも 比較的易しい外国語がありましたら教えてください。

  • 外国語を「習得する」「習得した」とは?

    ここのカテで、「○○語を習得するには」とか「○○語を習得した」という表現をしばしばみかけます。 私は外国語学習者ですが、言葉を学ぶということはいつまでたっても学び続けることであり、母語(「母語を習得した」とは言いませんが)でさえ、日々新しい発見の連続です。 私は完ぺき主義ではありませんが、外国語学習において「習得した」というレベルはないと思っています。 ひとくちに「習得した」といっても、人によって ・読み書きに不自由しない ・会話に不自由しない ・流暢ではないが意思疎通は出来る ・読み書き、会話の両方に不自由しない ・ある分野でのみ、読み書き・会話ができる ・学校で習う範囲、教養として知っている ・難しいことはわからないが、勘を頼りになんとなく使える など、様々なレベル・技量が想定されていると思いますが、外国語を「習得した」と言えるのはどういったレベル・技量だと思いますか。 決まった答えはないと思うので、みなさんのご意見をお聞かせください。

  • 言語学と外国語の習得

    言語学の勉強は外国語の習得に役立ちますか。